Redmi Note 10 Proが日本市場に降臨!6GBモデルが34,800円!他のXiaomiスマホとコスパを比較!

Pocket

最高のディスプレイとカメラ性能を持つRedmi Note 10 Pro

記事に書かれている内容

Redmi Note 10 Proの日本販売価格は6GB/128GBモデルが34,800円(税込)!

3月31日、XiaomiがついにSIMフリースマートフォンの大本命Redmi Note 10 Proを日本市場に投入しました。価格は6GB128GBモデルが34,800円(税込)。発売開始は4月16日から。

Xiaomi Redmi Note 10 Proが日本スマートフォン市場に登場!

Xiaomiがこれまでに日本投入した中で、最強のコスパモデルはRedmi Note 9Sだった

これまでにXiaomiは、Mi Note 10、Mi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10 Lite、Mi 10 Lite、Redmi 9T、Redmi Note 9Tといった複数のスマートフォンを日本市場に投入してきました。

Xiaomiが日本市場に投入したRedmiシリーズ

Xiaomiが日本市場に投入したMi シリーズ

私はMi Note 10、Redmi Note 9S、Mi Note 10 Lite、Mi 10 Lite、Redmi 9T、Redmi Note 9Tを実際に使ってきましたが、その中でもっともコストパフォーマンスが高いと感じたのがRedmi Note 9Sでした。

Xiaomi Redmi Note 9S

24,800円(税込)という日本スマートフォン市場ではエントリーモデル並の低価格ながら、Socにはゲームを安定的にプレイ出来るSnapdragon 720Gを搭載。

さらにカメラはピクセル統合機能を備える高画質仕様。大きくて観やすい6.67インチのディスプレイ。使用されている素材は前面、背面共に耐久性の高いゴリラガラス5。コストパフォーマンスを重視する全ての人にお勧め出来るスマートフォンです。

Xiaomi Redmi Note 9Sのディスプレイ

Redmi Note 9Sをコスパで上回るスマートフォンが存在しない状態が続いていた

しかしRedmi Note 9Sのコストパフォーマンスがあまりに高いので、それを超える端末が中々登場しませんでした。Redmi 9Tは1万円台ながら高画質なカメラが魅力。しかしRedmi Note 9Sほどの処理能力はありません。

1万円台のXiaomi Redmi 9Tと8万円台のiPhone 12 miniのカメラ画質を比較!ピクセルビニング炸裂

1万円台で購入出来るスマートフォンXiaomi Redmi 9T。格安モデルながら4つのピクセルを1つに統合し、1.6μmの画素サイズを実現する4-in-1 スーパーピクセルというピクセルビニング機能 ...

続きを見る

Redmi Note 9Sの次にコスパが高いと感じていたのはMi Note 10 Lite。大型イメージセンサーを搭載しているので、カメラ画質はミッドレンジの中でも頭ひとつ抜け出ています。ただし処理能力はRedmi Note 9S以下。市場販売価格が1万円以上高いので、ややコスパが低下。

【超進化】大型カメラセンサー搭載!Xiaomi Mi Note 10 LiteにGCamを入れたら弱点無しの神カメラに!

ZenFone 7シリーズと同じカメラセンサー、SONYのIMX 686を搭載するXiaomi Mi Note 10 Lite。一般的なミッドレンジモデルが採用しているカメラセンサーのサイズは、大きい ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proはこれまでの日本モデルを凌ぐ高性能。Redmi Note 9Sを超える最強ハイコスパスマホに

しかしついにMi Note 10 Liteを、そしてRedmi Note 9Sすらを超えるハイコスパモデルが登場しました。それがRedmi Note 10 Proです。日本での販売価格は34,800円(税込)。Redmi Note 9Sより高めの価格設定ですが、処理能力、カメラ、ディスプレイ、充電速度など、全てにおいて性能は上。Redmi Note 9Sとの比較詳細はコチラ。

Xiaomi Redmi Note 10 Proが絶対に買いな理由。画面とカメラの性能が高すぎる
Xiaomi Redmi Note 10 Proは画面とカメラが絶対買いな理由をRedmi Note 9Sとの比較で解説

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 10 Proは3月31日に日本市場登場。4月16日発売開始2 Xiaomi Redmi Note 9SとRedmi Note 10 Pro ...

続きを見る

次に日本で発売されている他のモデルとディスプレイ、カメラ性能を比較してみましょう。

Xiaomiのスマートフォン日本発売モデルディスプレイ性能比較

端末ディスプレイスペック
Redmi 9T
  • サイズ:6.53インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:170~180Hz(実測)
  • ピーク輝度:400nits(標準)
  • コントラスト比:1500:1
  • 素材:ゴリラガラス3
Redmi Note 9S
  • サイズ:6.53インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:170~180Hz(実測)
  • ピーク輝度:450nits(標準)
  • コントラスト比:1500:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
Redmi Note 9T
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:170~180Hz(実測)
  • ピーク輝度:450nits(標準)
  • コントラスト比:1500:1
  • 素材:ゴリラガラス5
Mi Note 10 Lite
  • サイズ:6.47インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:165~170Hz(実測)
  • ピーク輝度:430nits(標準)、600nit(HBM)
  • コントラスト比:400000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
Mi Note 10
  • サイズ:6.47インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:170~175Hz(実測)
  • ピーク輝度:430nit(標準)、600nit(HBM)
  • コントラスト比:400000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
Mi Note 10 Pro
  • サイズ:6.47インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:170~175Hz(実測)
  • ピーク輝度:430nit(標準)、600nit(HBM)
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
Mi 10 Lite
  • サイズ:6.57インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:220~225Hz(実測)
  • ピーク輝度:430nit(標準)、600nit(HBM)
  • コントラスト比:4300000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
Redmi Note 10 Pro
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz(公表値)
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HBM)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5

Redmi Note 10 Proは表示、操作性全ての面において既存の国内モデルを上回るディスプレイ性能

Redmi Note 10 Proは有機ELを採用しているので、その時点で液晶モデルよりもグレードは上。さらにピーク輝度とコントラスト比、リフレッシュレート、タッチサンプリングレートでは5万円以上の価格で販売されているMi Note 10シリーズを圧倒。日本国内で販売されているXiaomiのスマートフォンの中では、Redmi Note 10 Proが最高のディスプレイ性能を持つ事になります。

Redmi Note 10 Proのディスプレイは日本モデルの中で最高のスペック

Redmi Note 10 Proのリフレッシュレートは120Hz。スクロール時の表示が超滑らか

リフレッシュレートが高いと画面を素早くスクロールした時の表示がとても滑らかに。120Hzという数値は1秒間に120コマの表示に対応する事を示します。iPhone 12シリーズは60Hzなので、Redmi Note 10 Proの方が2倍滑らかに表示。すでにMi 11で120Hzの有機ELディスプレイを体験済みですが、60Hzとは驚くほど違います。

Redmi Note 10 Proは120Hzのリフレッシュレートに対応

Redmi Note 10 Proのタッチサンプリングレートは240Hz!あらゆる操作が快適に

タッチサンプリングレートは公表値で240Hz。経験上、公表値は実測値より低めに設定されています。つまり240Hz以上の可能性が高いという事(実機を手に入れたら測ってみます)。タッチサンプリングレートが高いと、触れた瞬間にディスプレイが反応。文字の打ち安さや画面の切り替え速度が驚速に。120Hzのリフレッシュレートとの相性も抜群です。

Redmi Note 10 Proのタッチサンプリングレートは240Hz。ゲームも操作も全てが超快適に

Xiaomiのスマートフォン日本発売モデルカメラ性能比較

端末カメラスペック
Redmi 9T
メインカメラ
  • 解像度:4800万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/2.0
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • 視野角:水平120度
  • F値:2.2
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Redmi Note 9S
メインカメラ
  • 解像度:4800万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/2.0
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • 視野角:水平119度
  • F値:2.2
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Redmi Note 9T
メインカメラ
  • 解像度:4800万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/2.0
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Mi Note 10 Lite
メインカメラ
  • 解像度:6000万画素
  • イメージセンサー:SONY IMX 686
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/1.72
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF、レーザーAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.2
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:500万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Mi Note 10
メインカメラ
  • 解像度:1億800万画素
  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HMX
  • F値:1.7
  • 焦点距離:25mmm
  • センサーサイズ:1/1.33
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF、レーザーAF
  • 手ブレ補正:光学式
  • レンズ:7枚
望遠カメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.0
  • 焦点距離:50mmm
  • センサーサイズ:1/2.55
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
  • 望遠:光学2倍
ペリスコープカメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 画素サイズ:1.0µm
  • オートフォーカス:PDAF
  • 望遠:光学3.7倍、ハイブリッド5倍
  • 手ブレ補正:光学式
超広角カメラ
  • 解像度:2000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:13mmm
  • センサーサイズ:1/2.8
  • 画素サイズ:1.0µm
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Mi Note 10 Pro
メインカメラ
  • 解像度:1億800万画素
  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HMX
  • F値:1.7
  • 焦点距離:25mmm
  • センサーサイズ:1/1.33
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF、レーザーAF
  • 手ブレ補正:光学式
  • レンズ:8枚
望遠カメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.0
  • 焦点距離:50mmm
  • センサーサイズ:1/2.55
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
  • 望遠:光学2倍
ペリスコープカメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 画素サイズ:1.0µm
  • オートフォーカス:PDAF
  • 望遠:光学3.7倍、ハイブリッド5倍
  • 手ブレ補正:光学式
超広角カメラ
  • 解像度:2000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:13mmm
  • センサーサイズ:1/2.8
  • 画素サイズ:1.0µm
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
Mi 10 Lite
メインカメラ
  • 解像度:4800万画素
  • イメージセンサー:Omnivision OV48B
  • F値:1.8
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/2.0
  • 画素サイズ:0.8µm
  • オートフォーカス:PDAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:15mmm
  • 視野角:水平120度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
    • 解像度:200万画素
      F値:2.4
Redmi Note 10 Pro
メインカメラ
  • 解像度:1億800万画素
  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:500万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
    • 解像度:200万画素
      F値:2.4

Xiaomi Mi Note 10はイメージセンサーにISOCELL HMXを採用。スマホで撮ったとは思えない高画質を連発

Xiaomiを代表するカメラスマートフォンMi Note 10 シリーズ。メインカメラのイメージセンサーには大型のSamsung ISOCELL HMXを採用。ミッドレンジながらフラッグシップ以上の高画質を得る事が出来ます。これまでにMi Note 10で沢山の写真を撮影しましたが、スマートフォンなのにこのクオリティで撮れるのかと驚かされてばかり。

Mi Note 10 で撮影した画像1

Mi Note 10 で撮影した画像2

Mi Note 10 で撮影した画像3

Mi Note 10 で撮影した画像4

Redmi Note 10 Proは1/1.52インチの大型センサーISOCELL HM2を搭載

スマートフォンのカメラ画質はイメージセンサーと画素のサイズで決まると言っても過言ではありません。Mi Note 10 が搭載しているイメージセンサーSamsung ISOCELL HMXは1/1.33インチとかなり大型。しかしRedmi Note 10 ProSamsung ISOCELL HM2も1/1.52インチと近いレベル。

スマートフォンのカメラ画質はイメージセンサーの大きさで決まる

Redmi Note 10 ProのメインカメラはMi Note 10より大きな画素サイズで撮影出来る

Samsung ISOCELL HMX、HM2はどちらもピクセルビニング機能に対応しており、標準モードでは画素を統合して撮影を行います。統合時の画素サイズがMi Note 10は1.6µmでRedmi Note 10 Proは2.1µm。そう、Redmi Note 10 Proの方が画素サイズは大きいんです。

Redmi Note 10 ProのメインカメラはMi Note 10 より高画質で撮影出来るかもしれない

画素サイズが大きくなると、光の取得量が増えて低ノイズで明瞭な画質生成が可能に。これはもしかすると、Mi Note 10を上回る高画質が期待出来るかもしれません。34,800円なら買うしか無いでしょう!

【解像度VS画素サイズ】1億800万画素とピクセルビニングはどっちが高画質?Xiaomi Mi Note 10で徹底検証

スマートフォンのカメラは、解像度が高い程美しく撮影出来ると思っていませんか?ある一定の条件であれば、解像度が高い=美しいというのも当てはまります。フルHDと4Kのテレビ、4K解像度のコンテンツを綺麗に ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

YmobileLINEモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

シャオミの黒船Redmi Note 10 Proが発売開始!IIJmioは即在庫切れ。Amazonでも入荷予定日後ずれ!

4月16日、Xiaomiは最新ミッドレンジモデルRedmi Note 10 Proの発売を開始しました。格安SIMのIIJmioはギガプランのスタートを記念したキャンペーン特価が適用(MNPの場合)さ ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

Redmi Note 10 Proは120Hzディスプレイだから電池の持ちが悪い?
シャオミのRedmi Note 10 Proは120Hz対応だから電池持ちが悪そう!Redmi 9TやiPhoneと比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラとディスプレイがフラッグシップなネオミッドレンジ2 Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシ ...

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

Redmi Note 10 ProのバックアップにはGoogleフォトよりマイポケット×OCNモバイルONEがお勧め!

記事に書かれている内容1 Xiaomiブランドを日本市場に浸透させるきっかけとなった高いガメラ技術2 Redmi Note 10 ProはMi Note 10の1億800万画素を引き継ぎつつイメージセ ...

OCNモバイルとマイポケットを組み合わせれば1100円でオンラインストレージがいつでもカウントフリー
【超裏技】OCNモバイルONEとマイポケットなら月額1,100円でオンラインストレージの利用がいつでもカウントフリーに!

記事に書かれている内容1 マイポケットはNTTコミュニケーションズが提供。安心して使えるオンラインストレージ2 まもなく楽天モバイルの利用料金無料キャンペーン(通信容量無制限)が終了。オンラインストレ ...

楽天モバイルなら利用料金3ヶ月無料で通信し放題
楽天モバイルが3ヶ月利用料金無料(容量無制限)キャンペーン開始!さらにスマホ同時購入で最大2万5千円相当のポイント還元!

記事に書かれている内容1 楽天モバイルの1年間利用料金無料キャンペーンが4月7日で終了2 楽天モバイルは無料キャンペーンが終わった後も通信量を1GB以内に抑えれば無料運用可能3 楽天モバイルでは新たに ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

シャオミの黒船Redmi Note 10 Proが発売開始!IIJmioは即在庫切れ。Amazonでも入荷予定日後ずれ!

4月16日、Xiaomiは最新ミッドレンジモデルRedmi Note 10 Proの発売を開始しました。格安SIMのIIJmioはギガプランのスタートを記念したキャンペーン特価が適用(MNPの場合)さ ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

Redmi Note 10 Proは120Hzディスプレイだから電池の持ちが悪い?
シャオミのRedmi Note 10 Proは120Hz対応だから電池持ちが悪そう!Redmi 9TやiPhoneと比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラとディスプレイがフラッグシップなネオミッドレンジ2 Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.