AQUOS sense4が格安SIMのセールで7,810円に!人気お勧めスマホを月額770円でお得に運用!4月16日まで

Pocket

記事に書かれている内容

4月1日からOCNモバイルONEは利用料金を大幅値下げ!

4月1日から新料金プランをスタートさせた格安SIMのOCNモバイルONE。下記の通り全てのプランが大幅に値下げされています。最安となる1GBプランは月額1,298円から770円(税込)に。最大容量となる10GBですら3,168円1,760円(税込)に。電話番号を付与される音声対応SIMが月額770円(税込)で使えるというのはただただ驚きです。

OCNモバイルONE音声対応SIM新旧料金比較(税込)

旧料金プラン新料金プラン
1GB:1,298円1GB:770円
3GB:1,628円3GB:990円
6GB:2,178円6GB:1,320円
10GB:3,168円10GB:1,760円

OCNモバイルONEを選ぶ理由は利用料金の安さ以外にも盛りだくさん

そして利用料金の安さだけがOCNモバイルONEのお勧めポイントではありません。約しない理由が見つからないほど、下記の通りサービス内容が充実しています。

  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 全国8万箇所以上に設置されたWi-Fiスポットが無料で使い放題
  • グローバルIP接続(動的)による安定した通信環境
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額に(4月17日から)
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円
コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

OCNモバイルONEでは4月16日午前11時までスマホ大特価セールを開催中!目玉のAQUOS sense4が7,100円(税込:7,810円)!

SIMのみを契約するのも勿論アリですが、4月16日午前11時までは、期間限定でスマートフォンの大特価セールを開催中。OCNモバイルONEでスマートフォンを購入出来るのはSIMの契約時のみ。しかもセール期間中であれば、なんと大人気モデル『AQUOS sense4』が7,100円(7,810円)に。

OCNモバイルONEのスマホ大特価SALEでAQUOS sense4が7,100円に!

AQUOS sense4』が売れているのには、下記の通りしっかりとした理由があります。

AQUOS sense4が売れている理由

  • 19種類の耐久テストをクリアして米軍調達規格となるMIL-STD-810Hを取得
  • FeliCaチップの内蔵によりおサイフケータイGoogle Payといった決済アプリに対応
  • SocにSnapdragon 720Gを採用。電力効率と処理能力が大幅に向上
  • 最高レベルとなる防塵(IP6X)防水(IPX5/8)規格に準拠。キッチンやお風呂での利用に最適
  • 自社開発による省エネ、高発色なIGZOディスプレイ搭載。水に濡れた状態で操作する事が可能
  • 4,570mAhの大容量電池と電力効率の高いSnapdragon 720Gの組み合わせによる長い電池もち
  • AI機能を強化した光学2倍ズームに対応する3眼カメラ
  • docomo、Softbank、au、楽天の回線にフル対応

女性ユーザーが多かったAQUOS senseシリーズですが、『AQUOS sense4』では3Dゲームが快適に遊べるレベルに処理能力が向上したことで、男性ユーザーも増えたイメージ。高品質なSHARPのスマートフォンを、高品質な通信サービスOCNモバイルONEでしっかりと運用しましょう!ただし超人気モデルとなるので、売り切れにはくれぐれもご注意ください。

AQUOS sense4の外観デザインについて

AQUOS sense4に関するレビュー

高い耐久性と引きかえの無機質なデザイン

ややマットな質感で、そのままの状態だと『見た目が格好良い』と言い難い『AQUOS sense4』。ただしこの端末の魅力は見た目より中身です。19種類の耐久テストをクリアし『MIL規格』に準拠。デザインを優先してしまうと『強靭な耐久性』がおざなりに。それでは『AQUOS sense』シリーズの魅力が半減してしまいます。見た目のイメージを変えたい場合は豊富にラインナップされている『ケース』を装着しましょう。

AQUOS sense4の外観デザイン

AQUOS sense4の外観デザイン2

AQUOS sense4の外観デザイン3

Spigenのケースで着せ替えすれば見た目&耐久性がWでアップ

私は数あるケースの中から『Spigen』の『リキッドエアー』を購入しました。見た目のイメージが一変するのは当然として、立体的なオリジナルテクスチャは指紋を目立たなくするだけでなく滑り止めの効果も。さらに『リキッドエアー』は『AQUOS sense4』と同じく『MIL規格』に準拠。『ダブルMIL規格』という圧倒的な安心感を得られるのは『Spigen』と『AQUOS sense4』の組み合わせだからこそ。

AQUOS sense4にSpigenのリキッドエアーを装着

AQUOS sense4で無双するならSpigenのリキッドエアー!見た目&持ちやすさが向上!WMIL規格で怖いものなし

続きを見る

AQUOS sense4の処理能力について

Antutuのベンチマークスコアは一般的なミッドレンジを遥かに上回る27万台後半

スマートフォンの性能を決めるのは『CPU』『GPU』が集積された『Soc』です。『AQUOS sense4』が搭載しているのはハイミッドレンジ用の『Snapdragon 720G』。日本市場ではXiaomiの『Redmi Note 9S』が先行搭載し、高い処理能力が話題となり、Xiaomiブランドが日本で浸透するきっかけを作りました。スマートフォンの処理能力はAntutuのアプリで測定する事が可能です。『AQUOS sense4』のスコアは『275,783』。このスコアがどの程度の高さなのかを、同価格帯のミッドレンジモデルと比較してみましょう。

AQUOS sense4の高い処理能力

SHARP AQUOS sense4のAntutuベンチマークスコア

OPPO Reno Aの処理能力

OPPO Reno AのAntutuベンチマークスコア

OPPO Reno3 Aの処理能力

OPPO Reno3 AのAntutuベンチマークスコア

Xperia X IIの処理能力

SONY Xperia 10 IIのAntutuベンチマークスコア

ご覧の通り、『OPPO Reno A』とは5万以上、『OPPO Reno 3A』『Xperia 10 II』とは10万近いスコア差がついています。前モデルとなる『AQUOS sense3』には『Snapdragon 630』という低スペックなSocが搭載されていたので、『AQUOS sense4』に高性能なSocというのは意外な組み合わせなのかもしれません。しかし『Snapdragon 720G』が搭載されているというのは紛れもない事実。『AQUOS sense』シリーズの性能は『AQUOS sense4』で2ランク程度向上しました。

CPU性能もSnapdragon 665搭載モデルを遥かに上回る

CPUの性能を計測するのに特化している『Geekbench 5』。『AQUOS sense4』の計測結果はシングルコアは『570』、マルチコアは『1794』。『Snapdragon 720G』のCPUは最大クロック周波数2.32GHzの高性能コアが2つ、1.80GHzの高効率コアが6つの合計8コア構成。高い処理能力を持ちつつも、実は効率性を重視した設計になっています。『Snapdragon 720G』搭載モデルの駆動時間が長いのはこの為ですね。

AQUOS sense4のCPU性能

SHARP AQUOS sense4で計測したGeekbench 5のスコア

比較するのは『Snapdragon 665』を搭載する人気のミッドレンジモデル『OPPO Reno 3A』。『Snapdragon 665』は最大クロック周波数2.02GHzの高性能コアを4つ、1.80GHzの高効率コアを4つ搭載。意外にも、高性能コアの数では『Snapdragon 720G』を上回っています。しかしスコアはシングルコアが『310』でマルチコアが『1370』と、どちらも『AQUOS sense4』を一回り下回る結果に。『処理能力』『効率性』の両面において両モデルには大きな差あるという事です。『AQUOS sense4』では『サクサク快適な動作』と『驚くほど長い電池持ち』を体験可能。これは実際に使ってみれば分かります。

OPPO Reno3 AのCPU性能

AQUOS sense4の防水性能について

大量に水をこぼしても壊れないという安心感

AQUOS sense4は最高レベルの防水性能を持つ

AQUOS sense4』は高い耐久性を示す『MIL規格』に加え、『IPX5/IPX8』という最高レベルの防水規格に準拠しています。IPX0(保護なし)~8まで9段階に分けられており、最上位となる『IPX8』は『潜水状態の使用に大して保護』すると定義。しかしメーカーは水中での撮影を推奨していないので、あくまでその程度の保護力があるとだけ認識しておきましょう。

IGZOディスプレイは画面や手が濡れた状態でも操作可能

また、『AQUOS sense4』は水に濡れた状態でもスマートフォンの操作が可能です。全く濡れてない状態と比較するとやや操作性は劣りますが、動画をご覧いただけば分かるとおり、スクロールやリンクの選択も問題なし。通常水に濡れた状態だと画面タッチを認識してくれなかったり、誤作動を起こします。美しさだけでなく実用性も兼ね備える『IGZOディスプレイ』。お風呂場やキッチンでスマートフォンを利用したい人は、この要素だけとっても『AQUOS sense4』は買いですね。

AQUOS sense4のディスプレイについて

ディスプレイメーカーSHARPならではの正しく美しい感動的な色表現

言わずと知れたディスプレイメーカー『SHARP』が開発している『IGZOディスプレイ』。これまでは量販店で『綺麗だな』と眺めているだけでしたが、Snapdragon 720G搭載を機に自身初となる『AQUOS sense』を手に入れました。『発色の美しさ』は『有機EL』の特権のはずですが、『IGZOディスプレイ』を見ているとその価値観が覆ります。輝度をやや高めに設定した時の美しさは見惚れるレベル。わざとらしくないクッキリとした原色の色表現が液晶である事を忘れさせてくれるでしょう。

AQUOS sense4の美しいIGZOディスプレイ

AQUOS sense4の美しいIGZOディスプレイは電池もち抜群

AQUOS sense4の美しいIGZOディスプレイは自社開発

低消費電力をとことん追求した超省エネ仕様

AQUOS sense4』では『IGZOディスプレイ』のアップデートが行われており、同じ消費電力で明るさが5%アップ。見るコンテンツによって自動的に消費電力を制御してくれる独自機能も備え、『省電力性能』を極限まで高めています。様々な面で進化した最強ディスプレイ『IGZO』。満足度高すぎ。

AQUOS sense4の美しいIGZOディスプレイは省エネ駆動で電池もちを向上させる

IGZOディスプレイが使えるAQUOS sense4

AQUOS sense4のカメラ画質について

IGZOに似た感動を味わえるトリプルカメラ

AQUOS sense』シリーズはあくまで『耐久性』『利便性』『ディスプレイ』に特化したモデルであり、カメラに関しては正直オマケ程度という認識でした。なので試し撮りがちょっと面倒だなと感じていたのですが・・・実際撮ってみると、良いじゃないですか!AIエンジンが優れているのか、感動が増す様な雰囲気作り絶妙。これは『IGZOディスプレイ』にも通ずる部分があります。

AQUOS sense4で撮影した画像1

AQUOS sense4で撮影した画像2

AQUOS sense4で撮影した画像3

AQUOS sense4で撮影した画像4

日が暮れてくるとピントが合うまでに少し時間がかかりますが、手ブレが多発する事はありません。空と雲の色合いが私は特に好きですね。難点があるとすれば、『IGZOディスプレイ』が綺麗過ぎるので、パソコンのディスプレイで表示した時に最初違和感を感じるかもしれません。

AQUOS sense4で撮影した画像5

AQUOS sense4で撮影した画像6

AQUOS sense4で撮影した画像7

AQUOS sense4で撮影した画像8

AQUOS sense4で撮影した画像9

AQUOS sense4で撮影した画像10

AQUOS sense4で撮影した画像11

新たに搭載された劣化の無い光学2倍ズームカメラ

AQUOS sense4』には『光学2倍ズームカメラ』が搭載されています。『デジタル』とは違い物理的に拡大するので画質が劣化しません。『2倍』という数字は小さいですが、実際に撮影してみると驚くほど被写体に近寄れます。ミッドレンジの価格帯ではコストが上がるので『光学ズームカメラ』搭載モデルは少ないです。折角のプレミア機能、どんどん活用しましょう!

AQUOS sense4カメラのズーム性能

等倍で撮影

AQUOS sense4は光学2倍ズームに対応

光学2倍ズームで撮影

AQUOS sense4の電池持ちについて

電池の容量は増えても重さは実用的な170g台をキープ

AQUOS sense4』は電力効率を重視した『Snapdragon 720G』を搭載しています。電池容量は同シリーズ最大となる『4,570mAh』。電池容量が増えると駆動時間が長くなりますが、重くなるというのがネック。しかし『AQUOS sense4』は実測値で僅か『177.44g』。この程度であれば、片手で長時間持っていても疲れません。

AQUOS sense4は177gと軽量

1日以上使い続けられる驚異の電池もち。優秀過ぎるSnapdragon 720G

連続駆動時間』を知る為に利用するアプリはお馴染みの『battery life』。『battery life』は様々な利用シーンを想定してスマートフォンを自動的に動かし、電池が100%から20%に減るまでの時間を計測してくれます。『AQUOS sense4』の電池が20%まで減るのにかかった時間がこちら。

AQUOS sense4の電池もちは24時間以上

なんと『24時間35分』。スマートフォンを操作し続けても1日以上電池がもつという事です。公開されている『battery life』のTOPランキングと比較して全体の『6位』に入る素晴らしい長時間駆動。ちなみに『Redmi Note 9S』以外のモデルは重量が『300g』近かったりと実用的とは言えず、実質『Redmi Note 9S』が1位で『AQUOS sense4』が2位。『Redmi Note 9S』は『AQUOS sense4』と同じ『Snapdragon 720G』搭載機。高い電力効率によるトップクラスの長時間駆動が実証されました。

世界のスマホ電池もちランキング

充電品質も『SHARP』クオリティ。抜群の速さと安定感

電池もちの良さは十分すぎる『AQUOS sense4』。充電する回数は他のモデルと比較して明らかに少ないでしょう。しかし大容量モデルなので、あまりに充電速度が遅いとフル充電するまでに時間がかかりストレスに。『AQUOS sense4』の充電速度はどの程度か、『Ampere』というアプリを使って計測してみました。

AQUOS sense4の充電速度

電流値は『2630mAh~2640mAh』とかなり安定しています。これがどの程度の速さなのかを知る為、同じ充電器を使って『OPPO Reno A』の充電速度を計測。結果は最大速度が『1140mAh』と半分以下。そして短い時間内に『720mA』まで電流値が落ちているので安定性にかけると言えるでしょう。『AQUOS sense4』は『4.158V』と電圧値も高く、充電に関しては『OPPO Reno A』に圧勝。『充電品質』もかなり高めである事が分かった『AQUOS sense4』。作り込みが完璧ですね。

OPPO Reno Aの充電速度

AQUOS sense4の音質について

ハイレゾ音源の再生に適した高解像度

AQUOS sense4』は『ハイレゾ音源』の再生に対応しています。イコライザ機能は非搭載ですが、音の解像度が高めなのでハイレゾストリーミングサービス『Amazon Music HD』との相性は良好。イコライザは『Amazon Music HD』側で調整すれば良いので問題ありません。

AQUOS sense4はハイレゾ音源対応

USB Type-Cからの音声出力に対応

イヤフォンジャックを備えるので手持ちのイヤフォンを使ってそのまま聴くのも良いですが、『AQUOS sense4』はUSB Type-Cポートからの音声出力を行う事も出来ます。つまり『USB-DAC』の使用が可能。千円台の『USB-DAC』でも音がかなり変わるので、既存の音に物足りなさを感じた時は是非取り入れてみてください。

AQUOS sense4はUSB-Cからの出力にも対応

AQUOS sense4の便利機能

マスク着用時もスムーズにロックが解除出来る指紋認証

AQUOS sense4』のディスプレイ下部分には『指紋認証センサー』が搭載されています。『iPhone SE 2nd』の様な丸形ではなく横長なデザインを採用。形状的に解除しづらいのではと思いましたが、軽く触れる程度で瞬時にロックは解除。何の問題もありませんでした。横長なのでベゼルを広げる必要もなく、目で認証部分を確認出来るのでミスが減ります。

AQUOS sense4は指紋認証対応でマスク着用時にも容易にロック解除

Googleアシスタントが瞬時に起動する専用アシスタントキー

AQUOS sense4』は『音量調節ボタン』と『電源ボタン』の間にGoogleアシスタントを起動するための『専用アシスタントキー』を搭載。『専用アシスタントキー』を押す事で『OK Google』が省略されます。

AQUOS sense4はショートカットキーを装備

画面を明るくして』『スクリーンショット撮って』『写真撮りたい』など、話しかけた内容に合わせて『AQUOS sense4』が動作。家にいるときはGoogleアシスタントを利用した方がタッチ操作するより間違いなく楽ですね。電化製品の操作が苦手という人にもお勧め。

AQUOS sense4を操作するのに便利なGoogleアシスタント

FeliCaチップを搭載し『おサイフケータイ』や『Google Pay』の利用が可能。素早く起動するショートカット機能あり

AQUOS sense4』には『FeliCaチップ』が内蔵されているので、定番となる『おサイフケータイ』に加え、一元管理で使い勝手が良いと評判の『Google Pay』の利用が可能。支払い機能は日本のスマートフォンユーザーにとって『防水』と共に必須。『AQUOS sense』シリーズの人気を支える要素の一つです。

AQUOS sense4はおサイフケータイに対応

AQUOS sense4はFeliCaチップを搭載

支払い機能』の利便性を更に高めるのが『AQUOS sense4』の『Payトリガー』。指紋認証部分に長く触れる事で、決済アプリを瞬時に起動。『Google Pay』を設定しておけば『Google Pay』が開きます。『AQUOS sense4』ではアシスタントキーと併せて2つの物理的なショートカットが使えるので、これに慣れてしまうとショートカットの無いスマートフォンには機種変出来なくなりますね。

AQUOS sense4が対応している周波数帯

AQUOS sense4はdocomo、Softbank、au、楽天モバイルの回線にフル対応

AQUOS sense4(SH-M15)が対応する4G(LTE)における周波数帯

Band1 / Band3 / Band5 / Band8 / Band12 / Band17 / Band18 / Band19 / Band39 / Band41

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

主要となる周波数に対応

Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

主要となる周波数に対応

Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

主要となる周波数に対応

Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

主要となる周波数に対応

Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

Redmi Note 10 ProのバックアップにはGoogleフォトよりマイポケット×OCNモバイルONEがお勧め!

記事に書かれている内容1 Xiaomiブランドを日本市場に浸透させるきっかけとなった高いガメラ技術2 Redmi Note 10 ProはMi Note 10の1億800万画素を引き継ぎつつイメージセ ...

OCNモバイルとマイポケットを組み合わせれば1100円でオンラインストレージがいつでもカウントフリー
【超裏技】OCNモバイルONEとマイポケットなら月額1,100円でオンラインストレージの利用がいつでもカウントフリーに!

記事に書かれている内容1 マイポケットはNTTコミュニケーションズが提供。安心して使えるオンラインストレージ2 まもなく楽天モバイルの利用料金無料キャンペーン(通信容量無制限)が終了。オンラインストレ ...

楽天モバイルなら利用料金3ヶ月無料で通信し放題
楽天モバイルが3ヶ月利用料金無料(容量無制限)キャンペーン開始!さらにスマホ同時購入で最大2万5千円相当のポイント還元!

記事に書かれている内容1 楽天モバイルの1年間利用料金無料キャンペーンが4月7日で終了2 楽天モバイルは無料キャンペーンが終わった後も通信量を1GB以内に抑えれば無料運用可能3 楽天モバイルでは新たに ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

シャオミの黒船Redmi Note 10 Proが発売開始!IIJmioは即在庫切れ。Amazonでも入荷予定日後ずれ!

4月16日、Xiaomiは最新ミッドレンジモデルRedmi Note 10 Proの発売を開始しました。格安SIMのIIJmioはギガプランのスタートを記念したキャンペーン特価が適用(MNPの場合)さ ...

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

Redmi Note 10 Proは120Hzディスプレイだから電池の持ちが悪い?
シャオミのRedmi Note 10 Proは120Hz対応だから電池持ちが悪そう!Redmi 9TやiPhoneと比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラとディスプレイがフラッグシップなネオミッドレンジ2 Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.