ハイパーガジェットチャンネル

Redmi Note 10 ProはMi Note 10シリーズ並の高品質!付属ケースを装着すればフロスト調に大変身!

Pocket

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proの簡単開封レビューはYouTubeチャンネルで

日本では4月16日から発売が開始されるXiaomiの最新ミッドレンジスマートフォンRedmi Note 10 Pro。私は3月中にグローバル版を注文しており、それが先日ようやく届きました。簡単な開封レビューをYouTubeチャンネルで公開しているのでよろしければご覧ください。

Redmi Note 10 Proは控えめな鏡面仕上げ

レンダリング画像ではフロストカラーに見えるRedmi Note 10 Pro。しかし実際は違います。明るすぎない程度の上品な鏡面仕上げ。Mi Note 10シリーズとMi 11の中間といった印象。Redmi Note 9Sと比較すると高級感ではRedmi Note 10 Proが上回ります。

Redmi Note 10 Proは明るすぎない上品な鏡面仕上げ

Redmi Note 10 Proは上位モデルに勝るとも劣らない質感

Mi Note 10シリーズの中で最も廉価なMi Note 10 Liteは38,800円(税込)で販売中。34,800円(税込)のRedmi Note 10 ProMi Note 10 Lite、さらにその上位モデルとなるMi Note 10と比較しても全く見劣りしません。

Redmi Note 10 ProはMi Note 10 Lite、Mi Note 10と比較しても見劣りしない高級感

Redmi Note 10 Proの発売で二度目の価格破壊が起こる

もっとも、メインカメラ、ディスプレイ、処理能力といった主要性能に関しては全てRedmi Note 10 Proが上。優れているのは外観だけではないのです。Redmi Note 9Sを発売して一度目の価格破壊を起こしたXiaomiRedmi Note 10 Proの発売はさらに大きなインパクトを市場に残す事となるでしょう。

高性能故に物理的にやや目立ってしまうRedmi Note 10 Proのカメラ

Redmi Note 10 Proのカメラは付属のケースがしっかりとガード

Redmi Note 10 Proの主役となるカメラ。高性能故出っ張りがやや気になります。しかしこの出っ張りを目立たなくしつつ、さらに傷からしっかりとガードしてくれるのが付属のケースです。これまで私が見たことのあるXiaomiの付属ケースは全てクリア。しかしRedmi Note 10 Proの場合は違いました。

Redmi Note 10 Proの付属ケースはカメラリングが傷からしっかりとレンズをガード

Redmi Note 10 Proの付属ケースはクリア&半透明の切り替え仕様

側面部分はこれまで同様にクリア。しかし異なるのは背面です。曲面に合わせて半透明素材に切り替わっており、鏡面仕上げのRedmi Note 10 Proがフロスト調に。高級感はやや損なわれますが、落ち着いた雰囲気が好きな人であれば間違いなく気にいるはず。サラサラとした質感で指紋が目立ちません。これがミッドレンジに同梱されているケースとは信じられない。

Redmi Note 10 Proに同梱されているケースはフラッグシップクオリティ

Redmi Note 10 Proの付属ケースはカメラに加えてディスプレイもガード

しっかりとしたガード機能はカメラ部分だけではありません。ディスプレイ面も四隅が高めに設計されており、机に置いた時などはこの四隅が本体を支える構造に。ディスプレイ面に擦り傷が発生するのを防いでくれます。ガラスフィルムで二重にガードすれば完璧ですね。

Redmi Note 10 Proの付属ケースは四隅でディスプレイをしっかりとガード

Redmi Note 10 Proが34,800円で買えるのは間違いなくお買い得

もともとケースメーカー並にハイクオリティなXiaomiの付属ケース。今回はいつもより更に気合が入っているような。外観デザイン、カメラ性能、そしてケースまでもがフラッグシップクオリティなRedmi Note 10 Pro。34,800円(税込)は間違いなく、超がつくほどお買い得です。

Redmi Note 9SとRedmi Note 10 Proの主な仕様比較

Redmi Note 9SRedmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 720G(8nm)
CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
GPU:Adreno 618(750MHz)
Snapdragon 732G(8nm)
CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
GPU:Adreno 618(810MHz)
容量4GB/64GB、6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS2.1
6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大18W急速充電)5,020mAh(最大33W急速充電)
重量209g193g
画面サイズ:6.67インチ
タイプ:液晶
解像度:FHD+
リフレッシュレート:60Hz
タッチサンプリングレート:170~180Hz(実測)
ピーク輝度:450nits(標準)、
HDR10:対応
素材:ゴリラガラス5
サイズ:6.67インチ
タイプ:有機EL
解像度:FHD+
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート:240Hz
ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
コントラスト比:4,500,000:1
HDR10:対応
素材:ゴリラガラス5
カメラ【メインカメラ】
イメージセンサー:Samsung ISOCELL GM2
解像度:4800万画素
F値:1.79
焦点距離:26mm
センサーサイズ:1/2.0
画素サイズ:0.8µm、1.6µm(ピクセル統合時)
オートフォーカス:PDAF【超広角カメラ】
解像度:800万画素
画角:水平119度
センサーサイズ:1/4.0
F値:2.2
画素サイズ:1.12µm【マクロカメラ】
解像度:500万画素
F値:2.4
オートフォーカス:対応【深度測定カメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
【メインカメラ】
イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
解像度:1億800万画素
F値:1.9
焦点距離:26mm
センサーサイズ:1/1.52
画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
オートフォーカス:デュアルピクセルAF【超広角カメラ】
解像度:800万画素
画角:水平118度
センサーサイズ:1/4.0
F値:2.2
画素サイズ:1.12µm【マクロカメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
オートフォーカス:対応【深度測定カメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
防水防塵撥水コーティングIP53
オーディオシングルスピーカー3.5mmヘッドフォンジャックデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proに関連する記事

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

iPhone 13のカメラ画質を検証
カメラの画素サイズが拡大したiPhone 13とiPhone 12 mini、Pixel 5a、激安スマホを撮り比べ!

画素サイズが1.7µmに拡大し、光を47%多く取り込めるようになったとされるiPhone 13のメインカメラ。iPhone 12シリーズでは最上位モデルとなるiPhone 12 Pro Maxにのみ搭 ...

本家グーグルカメラ『Pixel 5a』とGCamを入れたXiaomi Redmi Note 10 Proを戦わせてみた

51,700円(税込)という手頃な価格で購入可能なグーグルの『Pixel 5a』。Pixelシリーズと言えば高画質な『Googleカメラ』の評価が高いスマートフォン。カメラを目的に購入している人は多い ...

Redmi Note 10 Pro
シャオミのRedmi Note 10 Proで楽しく節約!10月8日までは格安SIMで7,700円!買うなら今でしょ!

Xiaomiより 円安が一気に進み、スーパーや量販店に行くと毎回何かしらの商品が値上げされています。消耗品は一度購入して終わりでは無いので、年に換算すると恐ろしい出費に。例え数十円の値上げでも侮っては ...

超人気スマホ
人気絶頂の4Gスマホ!Xiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7700円。お勧めしない理由がない

Xiaomiより 『BCNランキング』や『Amazon売れ筋ランキング』でTOP10の常連になっている超人気スマートフォン『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。Redmi Note 1 ...

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

月額550円で1円スマホを維持する方法
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリーも使えるぞ!

本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 OCNモバイルONEより ...

ocnmobileoneのSIMの使い方
スマホを激安で買える『OCNモバイルONE』のSIMを『電池の減りを気にせず』使う方法。シャオミのスマホとは相性抜群!

NTTドコモの傘下となる『NTTコミュニケーションズ』が運営する『OCNモバイルONE』。スマートフォンを安く買える格安SIMとしてもっとも有名なのが恐らくココ。期間限定で行われているセール中は『1円 ...

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

月額550円で1円スマホを維持する方法
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリーも使えるぞ!

本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 OCNモバイルONEより ...

Android 12 アップデート
Android 12にアップデートしたらCPU性能とアプリ動作速度が向上。廉価なスマートフォンの動作が改善されるかも?

GoogleがAndroid 12(正式版)の配信を、自社端末となるPixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 4、Pixel 4a、Pixel 5、Pixel 5aに開始しま ...

ocnmobileoneのSIMの使い方
スマホを激安で買える『OCNモバイルONE』のSIMを『電池の減りを気にせず』使う方法。シャオミのスマホとは相性抜群!

NTTドコモの傘下となる『NTTコミュニケーションズ』が運営する『OCNモバイルONE』。スマートフォンを安く買える格安SIMとしてもっとも有名なのが恐らくココ。期間限定で行われているセール中は『1円 ...

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信