Fire HD 10が世代交代!速く、軽く、明るく、薄く、強く、便利に進化。Bluetoothキーボード搭載純正ケースも

Pocket

AmazonのFire HD 10が最新世代に。メモリ増量。ガラス強化。さらに軽くなって超絶進化

Amazonがメーカーとして取り扱っているFireタブレットシリーズ。その最上位モデルとなるFire HD 10がついにアップデート。ラインナップにはFire HD 10 Plusが追加され、Bluetoothキーボードを搭載する専用ケースもアクセサリーとして初登場。すでに予約の受付が開始されており、発売開始予定日5月26日。これまでの経験からいくと、予約の申し込みが遅れるとその分発送日は後ずれ。発売開始日=発送日ではありません。Fire HD 10のアップデートを心待ちにしていた人は沢山いるはずなので、早めの予約をお勧めします。

旧Fire HD 10、New Fire HD 10 、Nes Fire HD 10 Plusスペック比較

モデルFire HD 10New Fire HD 10New Fire HD 10 Plus
ディスプレイサイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
サイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
ガラス:強化アルミノシリケート
明るさ:+10%
サイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
ガラス:強化アルミノシリケート
明るさ:+10%
サイズ262 x 159 x 9.8mm247 x 166 x 9.2mm247 x 166 x 9.2mm
重量約504g約465g約468g
CPU2.0GHz オクタコアプロセッサ2.0GHz オクタコアプロセッサ2.0GHz オクタコアプロセッサ
メモリ2GB3GB4GB
ストレージ32GB/64GB32GB/64GB32GB/64GB
Micro SD対応(512GBまで)対応(1TBまで)対応(1TBまで)
電池もち最大12時間最大12時間最大12時間
充電有線:最大9W
無線:非対応
有線:最大9W
無線:非対応
有線:最大9W
無線:対応
コネクタUSB-C(2.0)USB-C(2.0)USB-C(2.0)
スピーカーデュアルステレオ(Dolby Atmos)デュアルステレオ(Dolby Atmos)デュアルステレオ(Dolby Atmos)
カメラ前面:200万画素
背面:200万画素
前面:200万画素
背面:500万画素
前面:200万画素
背面:500万画素
カラーブラック、ホワイト、ブルーブラック、デニム、オリーブストレート
2画面表示非対応対応対応
Alexa対応対応対応
専用キーボードカバー非対応対応対応
価格15,980円~(税込)15,980円~(税込)18,980円~(税込)

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusはここが進化した

  • ガラスに強化アルミノシリケートを使用
  • ワイヤレス充電に対応(New Fire HD 10 Plus
  • ディスプレイの明るさを10%向上
  • 重量を500g台から400g台に軽量化厚みも7%削減
  • メモリを2GBから3GBNew Fire HD 10)、4GBNew Fire HD 10 Plus)に増量
  • 対応するMicro SDカードの容量が512GBから1TB
  • 専用のBluetoothキーボード搭載純正カバーが用意
  • 複数のアプリを同時に使える2画面表示対応
  • 背面カメラの解像度が200万画素から500万画素に向上
  • ブラック・デニム・オリーブにカラー変更

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusのディスプレイは耐久性と明るさが向上

化学的な加工を加えたアルミノシリケートガラスを採用。一般的なガラスと比較して6倍の表面強度を持つ強化ガラスの採用により耐久性が格段にアップ。さらに明るさが10%向上した事で明るい場所でも表示内容が見やすく。屋内だけでなく屋外に持ち出して使いたい実用的なタブレットに進化しました。

New Fire HD 10のディスプレイは明るく頑丈に進化

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusはメモリの増量で動作が軽快に

これまでFireタブレットシリーズの中で、最も大きなメモリ容量を持っていたのはFire HD 8 Plus3GB。今回のアップデートにより、Fire HD 10標準モデルのメモリ3GB、上位モデルとなるFire HD 10 Plusはメモリ4GBに増量。メモリの容量が増えると複数のアプリを同時に利用している時の動作が快適に。すでにFire HD 10を持っているとしても、日常的に使用しているアプリが増えて動作にもたつきを感じているようであれば、新世代への乗り換えを検討しましょう。

New Fire HD 10はメモリを3GBに増量。複数のアプリを快適に使える

指示系統となるCPUの性能は変わりませんが、元々Fire HD 8 Plus(2.0GHz:4コア)より高性能なプロセッサ(2.0GHz:8コア)を使用。搭載メモリが3GBを超えた事で、処理能力でも明確に最上位モデルとしての地位を取り戻したと言えるでしょう。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusは軽量化により外出時の持ち運びにも適応

旧Fire HD 10の重量は504g。ノートパソコンと比較すれば半分以下の重さですが、持ち運ぶ事を前提にすれば重量は軽いにこした事はありません。電池の容量を減らせば簡単に軽量化を行えますが、それだと駆動時間が短くなります。

Fire HD 10は軽量化により持ち運びが楽ちんに

最大連続駆動時間を最大12時間に留めたまま、New Fire HD 10465gNew Fire HD 10 Plus468gまで軽量化。Amazonのメーカーとしての魂を感じます。

New Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電に対応。タブレットをよりスマートに

Fire HD 8 Plusにはじめて搭載されたワイヤレス充電機能New Fire HD 10の上位モデルNew Fire HD 10 Plusでも利用可能に。ワイヤレス充電は手軽に充電出来る事が一番のメリットですが、Fireタブレットの場合はそれだけではありません。タブレットはスマートフォンと違ってサイズが大きいので、充電する時邪魔になりがち。

Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電に対応

Fire HD 8 PlusNew Fire HD 10 Plusには専用のワイヤレス充電スタンド(Anker製)が用意されているので、充電中は立て掛けておけば無駄にスペースを使わず見た目もすっきりしてお洒落。さらに充電中は自動的にShowモードに切り替わるので、New Fire HD 10 Plusスマートディスプレイとして使う事も。充電収納スマートディスプレイという3つの要素に対応するNew Fire HD 10 Plusのワイヤレス充電機能。New Fire HD 10 Plus充電スタンドはセットで購入すると割引が受けられお得です。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusは2画面表示によるパソコンライクな使い方が可能に

スマートフォンではなくタブレットで使うべき機能の一つが2画面表示New Fire HD 10シリーズが持つ10.1インチの広い表示領域があれば、画面を分割しても情報をしっかりと認識出来ます。

新しいFire HD 10シリーズは2画面表示に対応

ネットで調べ物をしながらプライムビデオを観たり、スケジュールを確認しながらメールを作るといったパソコンライクな使い方が可能に。メモリ増量のメリットもフルに活かせます。処理能力に合わせて利便性が増したNew Fire HD 10シリーズ。家でも外出先でも手放せない究極の一台に。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 PlusにはBluetoothキーボードを搭載する純正ケースを用意

メモリ容量がアップし2画面表示も可能。パソコン的な使い方をするのであれば、やはり必要になるのがキーボードです。サードパーティからはすでにキーボードを搭載するFireタブレット用のケースが発売中。しかしレビューを見ると品質やキー入力に関する不満の声がチラホラ。

Fire HD 10には日本語配列に対応するBluetoothキーボードケースが用意されている

New Fire HD 10シリーズにはFireタブレットとしては初となる専用のキーボード搭載ケースが用意されます。これまでにケースや充電スタンドといったMade for Amazon認定製品を購入しましたが、どれもクオリティは抜群。

Amazon純正アクセサリーはクオリティが高い

5,980円という販売価格はApple製品と比較すれば桁違いな安さ。使い慣れている日本語配列であったり、ケース部分を着脱して持ち運べる点も魅力。このキーボード搭載ケース欲しさに新モデルを購入する人、沢山いそうですね。

Fire HD 10用のキーボードケースは着脱して本体部分だけを持ち運び可能

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plus、キーボードケース、Micro Soft 365をまとめた超お得なエッセンシャルセット

キーボード搭載ケースMicrosoft 365 Personal(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessのインストールに加えOneDriveを1TB利用可能)1年分のライセンスをセットにしたビジネス向けの超お得なエッセンシャルセットも。セット販売価格は以下の通り。

合計:33,147円(税込)

割引セット価格:24,980円(税込)

合計:36,147円(税込)

割引セット価格:27,980円(税込)

Fire HD 10、Fire HD 10 Plusをお得に買うならチャージする度に最大2.5%の還元が受けられるAmazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージが一番お得

Amazonで最もお得に商品を購入する方法の一つ『Amazonチャージ(現金払い)』。プライム会員が1度に9万円以上のチャージを行えば、還元率はMAXの『2.5%』。ポイントバックに関する詳細がコチラ

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%還元を受けられる

聴き放題の音楽配信サービスはAmazon Music Unlimitedがお勧め!

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

Amazonプライム会員』であれば、利用料金は『780円(税込)』の『Amazon Music Unlimited』。他社より『200円』安いんです。この『200円』の影響は、サービスを利用する期間が長くなればなる程大きくなります。例えば一年継続した場合は『2,400円』。なんと『Amazon Music Unlimited』であれば『3カ月分』の利用料金に相当します。とてつもなく大きいですよね。

長期間音楽聴き放題を利用するならAmazon Musicが一番お得

そして、『Amazon Music Unlimited』をお勧めしたい理由はもう一つ。音楽配信サービスを利用していて、そのサービスを想像以上に気に入ってしまった場合。『もっと良い音で聴きたい』と思うはず。なぜなら私がそうでした。しかし『Amazon Music Unlimited』以外には、さらに上のプランが用意されていないんです。『Amazon Music Unlimited』であれば、ハイレゾ音源が聴ける上位プラン『Amazon Music HD』に移行する事が可能。

Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

利用料金は『+1,000円』になりますが、ハイレゾ音源1曲単位で購入する事を考えれば激安。『本気で音楽を聴きたい』という人でも十分満足出来るのが『Amazon Music HD』です。

関連する動画

関連カテゴリー

タブレット

格安SIMに関連する記事

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

【超品薄】OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30をゲットするには?狙い目な時間はココ

OCNモバイルONEで開催されているRedmi Note 10 Proとmoto g30の発売記念特価SALEがとんでもない事になっています!当初予想していた通り、セール初日でどちらも品切れ状態に。ア ...

moto g30で楽天モバイルのSIMは使えない?使えるようにする超簡単な方法をわかりやすく解説!1GBまでなら0円運用

先日、Motorolaのmoto g30で楽天モバイルのSIMが使えるか試したところ、デフォルトの状態だと4Gアイコンが半透明になり通信不能。 勿論APN設定は完了しています。VoLTEも点灯している ...

OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活!これがラストチャンスの可能性!

5月11日(火)午前11時から発売記念特価SALEをスタートし、その数時間後には品切れになってしまったRedmi Note 10 Proとmoto g30。前回のセールと同様の動きでした。当日中に在庫 ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

5月のAmazonタイムセール祭りでお勧めな家電5選
5月23日~Amazonがタイムセール祭り開始!Anker、ブラウン、象印、シロカの家電、Kindleがプライスダウン

5月23日(日)午前9時からから5月25日(火)午後11時59分まで、Amazonが恒例のタイムセール祭りを開催します。タイムセールの対象商品にはAnker、ブラウン、象印、シロカ、そしてAmazon ...

moto g100は日本モデルとしてSnapdragon 870を初搭載!ゲームを超快適に遊べるスマートフォン!

Motorolaが新たに日本市場に投入した最新スマートフォンmoto g100。日本では初登場となるSnapdragon 870搭載モデルです。Snapdragon 870はSnapdragon 86 ...

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

Xiaomiの最新TWS FlipBuds Pro
シャオミがANCに対応するTWSの最上位モデルFlipBuds Proをリリース!40dbの強烈なノイズキャンセル効果!

イヤフォンジャック非搭載の端末が増え、年々需要が高まるBluetoothイヤフォン。今回XiaomiがリリースしたのはANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWSの最新モデル『FlipBuds ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.