AndroidでAmazon Music HDのロスレス音源を最高品質で聴くには?千円台のUSB DACで検証してみた

Pocket

千円台で購入出来るUSB DACの絶大な効果

Apple MUSICが料金据え置きでロスレス音源に対応。月額980円はAmazon Music HDの半額!

Apple Musicが追加料金なし(月額利用料金980円)でロスレス音源の配信に対応。私が契約しているAmazon Music HDは月額1,980円(プライム会員は1,780円)、でした。それが6月9日ついに月額980円(プライム会員は780円)に大幅値下げ。海外からは約1ヶ月遅れましたが、安くなったなら結果全て良し!ユーザーとしては感謝感謝です。

ロスレス音源配信サービスApple Music、Amazon Music HD、mora qualitasを比較

サービスApple MusicAmazon Music HDmora qualitas
曲数7,500万曲7,000万曲非公表
ロスレス品質44.1kHz/16bit~192kHz/24bit44.1kHz/16bit~192kHz/24bit44.1kHz/16bit~96kHz/24bit
ロスレスフォーマットALACFLACFLAC
3Dオーディオ対応(空間オーディオ:Spatial Audio)対応(360 Reality Audio)非対応
月額利用料金980円(税込)980円(税込)※アマゾンプライム会員:780円2,178円(税込)

ロスレス音源を聴くなら音が安定する有線接続がお勧め。ただしiPhoneとAndroidでは準備するものに違いあり

ロスレス音源を聴くのにお勧めなのはやはり有線接続iPhone変換アダプタとハイレゾに対応するイヤフォン/ヘッドフォン、もしくはLightningコネクタを採用するイヤフォン/ヘッドフォンが必須となります。

urBeats3

かたやAndroidはイヤフォンジャックを搭載する端末が多いので、大体の場合はハイレゾに対応するイヤフォン/ヘッドフォンを用意するだけでOK。iPhone対応製品はMFiの認証が必要になるので、どれも価格が割高。揃えるには手間だけでなくお金もかかります。手軽にロスレス音源を楽しみたいのであれば、やはりiPhoneではなくAndroidがお勧め。

Androidはイヤフォンジャックを搭載

Apple Music、Amazon Music HDを最高音質で楽しむにはDACが必要

Apple MusicAmazon Music HD44.1KHz/16bit~192KHz/24bitの周波数/ビット数に対応しています。最高の音質を求めるのであれば、192KHz/24bitの周波数/ビット数で聴ける環境を整える必要があります。iPhone及びAndroid端末が対応する最大周波数/ビット数は48kHz/24bit。つまりデフォルトの状態でApple MusicAmazon Music HDの最高音質に非対応。そこで必要になるのがDACです。

超安価な千円台のDACがどの程度使えるのかを検証

もっとも、DACを拡張せずに聴ける48kHz/24bitでも音質は十分過ぎる程高精細。仮にDACの価格が高ければ不要という人が実際は殆どのはず。そこで今回は千円台で購入出来る超リーズナブルなDACがどの程度使えるのかを検証する事に。

AndroidでAmazon Music HDの音質、端末の性能、接続状況、コーデックを表示

Amazon Music HDでは曲の音質(再生している音源の最大音質)、端末の性能(OSで報告されている端末で再生可能な最大音質)、現在の接続状況(現在再生中の音質)、コーデックをそれぞれ確認する事が可能です。Redmi Note 10 ProRedmi Note 9SRedmi 9Tmoto g30Zenfone 7では下の画像の通り情報が表示されます。先述している通り、DACを利用しなければ最大周波数/ビット数は48KHz/24bit

Android端末でAmazon Music HDを利用した時に表示される画像

表示されている端末の性能(OSで報告されている端末で再生可能な最大音質)は同じでも、勿論端末によって音の聴こえ方は異なります。Redmi Note 10 ProRedmi Note 9SRedmi 9Tmoto g30Zenfone 7の中で、私が個人的に一番気に入っているのがRedmi Note 10 Pro。聴覚テスト機能まで備えるこのスマホ。只者ではありません。

iPhoneでAmazon Music HDの音質、端末の性能、接続状況、コーデックを表示

iPhone 12 miniに表示されている内容はコチラ。Android端末と変わりません。ただし、イヤフォンジャックに対応させるには別途変換プラグが必ず必要になる事を忘れずに。

iPhone 12 miniでAmazon Music HDの情報を表示

Android端末に一番安い千円台のUSB DACを接続

続いてUSB DAC(もどき?)を接続してみましょう。この製品はHi-Fiチップ利用と書いてあり、DACという表記はありません。しかし性能は似たようなものなので、今回の検証に使用する事に。ロゴマークのデザインが微妙なので普段は殆ど使っていません。効果は微妙かと思いきや驚きの結果が!

千円ちょっとで音質をアップ出来るUSB Dac

なんと最大周波数が48KHzから96KHzに上がっています。千円足らずで明確な性能アップを得られるとは。きちんとDACとして作用している証拠かと。しかし最高音質は192KHz/24bitなのでその領域には届いていません。

一番安いUSB DACを接続した結果

2番目に安いUGREENのUSB DACをAndroid端末に接続したらまさかの結果に

2番めは安価ながら見た目も格好良いUGREENUSB DAC。こちらはきちんとDACという表記があります。それでいて価格は先程のものと対して変わりません。どちらを買うか悩んだら間違いなくこっちをお勧めします。そのはっきりとした理由が接続結果からも明らかに。

2番目に安い千円台のUSB DAC

周波数がAmazon Music HDの最高値となる192KHzに到達!Android端末であれば、千円台のUSB DACを接続すればApple MusicAmazon Music HDの最高音質に対応する事が判明。素晴らしいコスパですね。実際にこのUSB DACを装着すると認識出来るレベルで音が向上します。とんでもない数の高評価がついているのも理解出来ますね。

UGREENのUSB DACを接続したら周波数が最大値となる192KHzに向上

Lightningコネクタ対応のDACを買ったと思ったらただの変換プラグだった!

そしていよいよiPhoneの出番です。iPhone用のDACを持っていなかったので、ビックカメラに買いに行きました。一番安いもの(ELECOM)をセレクトしたら、DAC機能の無いただの変換アダプタでした!きちんと説明を読めば良かった。しかし変換アダプタが3商品の中で一番高額という事実。MFi恐るべし。

Lightningをイアフォンジャックに変換するアダプタ

今回は仕方が無いので、Lightningをイヤフォンジャックに変換した場合の結果を検証する事に。その結果がコチラ。予想通りですが変化無し。有線で音楽が聴けるようになっただけでした。音質はイヤフォンジャックに直接イヤフォンを接続したRedmi Note 10 Proの方が上と感じるので、やはりロスレス音源を聴くにはあまり適していないという事か。

Lightningイヤフォンジャック変換アダプタを接続した結果

UGREENのLightning DACをAmazonで購入!

iPhoneだけ変換アダプタ出検証というのはまずいので、Android用のDACで最高のパフォーマンスを発揮したUGREEN製DACAmazonで購入しました。なんとMFi対応でギリギリ千円台!探せばあるんですね。レビューを別記事にしているのでよろしければご覧ください!

【絶望】iPhone 12 miniにDAC機能搭載アダプタ接続もAndroidの様な性能アップなし。ロスレス不向き?

Apple Musicは6月からロスレス音源の配信を開始します。最大周波数/ビット数は192kHz/24bit。しかしiPhoneが対応している周波数/ビット数はデフォルトで48kHz/24bit。B ...

続きを見る

お勧めなハイレゾ対応イヤフォンはコレ!

1万以上の製品と比較しても音質的に負けていないと感じたのがCCA C12というイヤフォン。リケーブルタイプなのでケーブルを自分好みにカスタムする事も可能です。デザインが特徴的なので万人受けするとは思いませんが、適当な価格で高音質なイヤフォンを探している人にはお勧めです!

この記事に関連する動画

この記事に関連するカテゴリー

AppleAmazonBluetoothイヤフォン

格安SIMに関連する記事

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

超豪華!格安SIMスマホセールにOPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Pro登場

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

Mi 11 Lite 5G
IIJmioでMi 11 Lite 5Gが次回入荷未定。OCNモバイルONEも品切れ。セールでの購入が難しい状況に・・

格安SIMの『OCNモバイルONE』『IIJmio』で開催されているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの期間限定キャンペーン。 OCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時まで2万円(新規 ...

mi 11 lite 5g
OCNモバイルONEでMi 11 Lite 5Gを2万円で買えるのは7月16日まで!駆け込み需要の品切れに気をつけろ!

OCNモバイルONEが7月16日(金)午前11時まで行っているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの発売記念特価SALE。セール期間中であればメーカー参考価格43,800円(税込)のMi 11 L ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon Music, Amazon Music HD, Amazon Music Unlimited, Android, Apple, Apple Music, Apple NEWS, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 家電実機レビュー, 総合レビュー
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信