進化したFire HD 10、Fire HD 10 Plusが26日から発売開始!専用のキーボードケース欲しすぎる!

超パワーアップしてお値段据え置きなFire HD 10が26日から発売開始

Amazonがメーカーとして販売しているFireタブレット。その最新及び最上位モデルとなるのがFire HD 10シリーズです。お値段据え置きながらメモリの増量、ディスプレイガラスの強化、重量の軽量化、10.1インチの大画面を活かして2画面表示など、様々なアップグレードが行われています。上位モデルとなるFire HD 10 Plusはワイヤレス充電にも対応という盤石ぶり。

そして同タブレット初となる専用のキーボードケースも見逃せません。iPad用の専用アクセサリーは高すぎて(Fire HD 10の本体より高額)買うのを躊躇してしまいますが、Fire HD 10専用のキーボードケース5,980円(税込)。届くまで品質が分からないサードパーティの製品を買う必要が無くなりました。

本体に加えてアクセサリーも超魅力的なFire HD 10シリーズ。遂に5月26日から発売スタートです!いつもの流れだとすでに在庫以上に予約注文が殺到しており、発売日当日もしくは翌日にFire HD 10シリーズを手に入れられる人はごく一部の筈。

私は前モデルを所有しているので、買い換えようか悩んでいる内に時間が経過してしまいました。前モデルでは専用のキーボードケースが使えないので、やはり最新モデルが欲しい!運良く発売日当日に在庫が残ってたら飛びついてしまいそうです!

新Fire HD 10とは

Fire HD 10シリーズにMicrosoft 365 Personal 1年版がセットになったエッセンシャルセット価格一覧

Fire HD 10Fire HD 10 Plusにはそれぞれ専用のキーボードケースFire HD 10 Plusは+充電スタンド)とMicrosoft 365 Personal 1年版がセットになったエッセンシャルセットが用意されています。エッセンシャルセットの販売価格は以下の通り。

Fire HD 10シリーズとOfficeがセットになったエッセンシャルセット

Microsoft 365 Personal 1年版の参考販売価格は12,019円(税込)。では、Microsoft 365 Personal 1年版とはどんな商品なのでしょうか。詳細は以下の通り。

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessがインストール可能 (PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能)
PC(Windows, Mac)、タブレット(iPad、Android、Windows)、スマートフォン何台でもインストール可能(同時利用可能台数5台)
常に最新バージョンのアプリケーションと継続的にアップデートされる最新の機能が利用可能
1TB分オンラインストレージ『OneDrive』、世界のスマートフォン、固定電話に毎月60分通話できるSkype通話プランが付帯。

事務系の仕事で使用するアプリケーションはほぼ全て網羅。台数無制限でインストール出来るというのも利便性抜群です。さらに1TBのオンラインストレージに加え、スマートフォンや固定電話への60分間分/月の通話(Skype利用)までついてくる。たとえOfficeアプリはたまにしか使わないとしても、かけ放題なしの格安SIMを利用していたり、大容量のオンラインストレージを求めている人にとってはとても魅力的なパッケージ。一ヶ月に換算すると利用料金は千円程度。これはかなり安いです。

この超コスパが高いMicrosoft 365 Personal 1年版がセットになったエッセンシャルセット。セットで購入するとどれだけの割引を受けられるのか、単品で購入した場合と比較してみましょう!

エッセンシャルセットは単品で購入した場合と比較してどの程度お得なのか?

Fire HD 10 PlusとキーボードとOfficeと充電スタンドがセットになったエッセンシャルセットは1万円以上お得

ご覧の通り、エッセンシャルセットはそれぞれを単品で買うより8,999円~10,979円お得Microsoft 365 Personal 1年版がオマケでついてくる様な感覚ですね!Microsoft 365 Personal 1年版の内容に魅力を感じた人は、間違いなく単品ではなくエッセンシャルセットの購入がお勧め。アップグレードしたFire HD 10をパソコン感覚で最大限に活用しましょう!

旧Fire HD 10、New Fire HD 10 、Nes Fire HD 10 Plusスペック比較

モデルFire HD 10New Fire HD 10New Fire HD 10 Plus
ディスプレイサイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
サイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
ガラス:強化アルミノシリケート
明るさ:+10%
サイズ:10.1インチ
解像度:フルHD
ガラス:強化アルミノシリケート
明るさ:+10%
サイズ262 x 159 x 9.8mm247 x 166 x 9.2mm247 x 166 x 9.2mm
重量約504g約465g約468g
CPU2.0GHz オクタコアプロセッサ2.0GHz オクタコアプロセッサ2.0GHz オクタコアプロセッサ
メモリ2GB3GB4GB
ストレージ32GB/64GB32GB/64GB32GB/64GB
Micro SD対応(512GBまで)対応(1TBまで)対応(1TBまで)
電池もち最大12時間最大12時間最大12時間
充電有線:最大9W
無線:非対応
有線:最大9W
無線:非対応
有線:最大9W
無線:対応
コネクタUSB-C(2.0)USB-C(2.0)USB-C(2.0)
スピーカーデュアルステレオ(Dolby Atmos)デュアルステレオ(Dolby Atmos)デュアルステレオ(Dolby Atmos)
カメラ前面:200万画素
背面:200万画素
前面:200万画素
背面:500万画素
前面:200万画素
背面:500万画素
カラーブラック、ホワイト、ブルーブラック、デニム、オリーブストレート
2画面表示非対応対応対応
Alexa対応対応対応
専用キーボードカバー非対応対応対応
価格15,980円~(税込)15,980円~(税込)18,980円~(税込)

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusはここが進化した

  • ガラスに強化アルミノシリケートを使用
  • ワイヤレス充電に対応(New Fire HD 10 Plus
  • ディスプレイの明るさを10%向上
  • 重量を500g台から400g台に軽量化厚みも7%削減
  • メモリを2GBから3GBNew Fire HD 10)、4GBNew Fire HD 10 Plus)に増量
  • 対応するMicro SDカードの容量が512GBから1TB
  • 専用のBluetoothキーボード搭載純正カバーが用意
  • 複数のアプリを同時に使える2画面表示対応
  • 背面カメラの解像度が200万画素から500万画素に向上
  • ブラック・デニム・オリーブにカラー変更

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusのディスプレイは耐久性と明るさが向上

化学的な加工を加えたアルミノシリケートガラスを採用。一般的なガラスと比較して6倍の表面強度を持つ強化ガラスの採用により耐久性が格段にアップ。さらに明るさが10%向上した事で明るい場所でも表示内容が見やすく。屋内だけでなく屋外に持ち出して使いたい実用的なタブレットに進化しました。

New Fire HD 10のディスプレイは明るく頑丈に進化

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusはメモリの増量で動作が軽快に

これまでFireタブレットシリーズの中で、最も大きなメモリ容量を持っていたのはFire HD 8 Plus3GB。今回のアップデートにより、Fire HD 10標準モデルのメモリ3GB、上位モデルとなるFire HD 10 Plusはメモリ4GBに増量。メモリの容量が増えると複数のアプリを同時に利用している時の動作が快適に。すでにFire HD 10を持っているとしても、日常的に使用しているアプリが増えて動作にもたつきを感じているようであれば、新世代への乗り換えを検討しましょう。

New Fire HD 10はメモリを3GBに増量。複数のアプリを快適に使える

指示系統となるCPUの性能は変わりませんが、元々Fire HD 8 Plus(2.0GHz:4コア)より高性能なプロセッサ(2.0GHz:8コア)を使用。搭載メモリが3GBを超えた事で、処理能力でも明確に最上位モデルとしての地位を取り戻したと言えるでしょう。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusは軽量化により外出時の持ち運びにも適応

旧Fire HD 10の重量は504g。ノートパソコンと比較すれば半分以下の重さですが、持ち運ぶ事を前提にすれば重量は軽いにこした事はありません。電池の容量を減らせば簡単に軽量化を行えますが、それだと駆動時間が短くなります。

Fire HD 10は軽量化により持ち運びが楽ちんに

最大連続駆動時間を最大12時間に留めたまま、New Fire HD 10465gNew Fire HD 10 Plus468gまで軽量化。Amazonのメーカーとしての魂を感じます。

New Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電に対応。タブレットをよりスマートに

Fire HD 8 Plusにはじめて搭載されたワイヤレス充電機能New Fire HD 10の上位モデルNew Fire HD 10 Plusでも利用可能に。ワイヤレス充電は手軽に充電出来る事が一番のメリットですが、Fireタブレットの場合はそれだけではありません。タブレットはスマートフォンと違ってサイズが大きいので、充電する時邪魔になりがち。

Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電に対応

Fire HD 8 PlusNew Fire HD 10 Plusには専用のワイヤレス充電スタンド(Anker製)が用意されているので、充電中は立て掛けておけば無駄にスペースを使わず見た目もすっきりしてお洒落。さらに充電中は自動的にShowモードに切り替わるので、New Fire HD 10 Plusスマートディスプレイとして使う事も。充電収納スマートディスプレイという3つの要素に対応するのがNew Fire HD 10 Plusのワイヤレス充電機能です。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 Plusは2画面表示によるパソコンライクな使い方が可能に

スマートフォンではなくタブレットで使うべき機能の一つが2画面表示New Fire HD 10シリーズが持つ10.1インチの広い表示領域があれば、画面を分割しても情報をしっかりと認識出来ます。

新しいFire HD 10シリーズは2画面表示に対応

ネットで調べ物をしながらプライムビデオを観たり、スケジュールを確認しながらメールを作るといったパソコンライクな使い方が可能に。メモリ増量のメリットもフルに活かせます。処理能力に合わせて利便性が増したNew Fire HD 10シリーズ。家でも外出先でも手放せない究極の一台に。

New Fire HD 10、New Fire HD 10 PlusにはBluetoothキーボードを搭載する純正ケースを用意

メモリ容量がアップし2画面表示も可能。パソコン的な使い方をするのであれば、やはり必要になるのがキーボードです。サードパーティからはすでにキーボードを搭載するFireタブレット用のケースが発売中。しかしレビューを見ると品質やキー入力に関する不満の声がチラホラ。

Fire HD 10には日本語配列に対応するBluetoothキーボードケースが用意されている

New Fire HD 10シリーズにはFireタブレットとしては初となる専用のキーボード搭載ケースが用意されます。これまでにケースや充電スタンドといったMade for Amazon認定製品を購入しましたが、どれもクオリティは抜群。

Amazon純正アクセサリーはクオリティが高い

5,980円という販売価格はApple製品と比較すれば桁違いな安さ。使い慣れている日本語配列であったり、ケース部分を着脱して持ち運べる点も魅力。このキーボード搭載ケース欲しさに新モデルを購入する人、沢山いそうですね。

Fire HD 10用のキーボードケースは着脱して本体部分だけを持ち運び可能

Fire HD 10、Fire HD 10 Plus、エッセンシャルセットをお得に買うならチャージする度に最大2.5%の還元が受けられるAmazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージが一番お得

Amazonで最もお得に商品を購入する方法の一つ『Amazonチャージ(現金払い)』。プライム会員が1度に9万円以上のチャージを行えば、還元率はMAXの『2.5%』。ポイントバックに関する詳細がコチラ

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%還元を受けられる

この記事に関連する動画

新Fire HD 10とは

この記事に関連するカテゴリー

タブレット

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon, Android, Fire HD 10, Fire HD 10 Plus, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, タブレット, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , , , , , ,