Fire HD 10 Pro開封レビュー!旧モデルと比較しながら進化したポイントをチェック!予想以上に良くなってて驚き

Pocket

Fire HD 10 Plus開封レビュー

Fire HD 10シリーズの最上位モデルとなるFire HD 10 Plus。発売日に在庫ありだったので我慢出来ずに購入。実機が届いたので、旧モデルと比較しながら開封レビューを行いたいと思います!

Fire HD 10 Plus開封レビュー

Fire HD 10 Plusのパッケージ

Fire HD 10 Plusの付属書類

有線での充電速度はやや物足りなさあり

Amazonのロゴマークが上部に刻印されたシンプルな充電器。表面に指紋が目立たないような加工が施されています。最大出力は9Wとタブレット用の充電器にしてはやや弱め。専用のワイヤレス充電スタンド最大15W急速充電に対応しているので、スピードを重視するのであればそちらを購入した方が良いでしょう。

Fire HD 10 Plusに付属する充電器1

Fire HD 10 Plusに付属する充電器2

スピードと手軽さ重視であればワイヤレス充電がお勧め

私はFire HD 8 Plusのワイヤレス充電スタンドをFire HD 10 Plusと併用しようと考えていたのですが、試してみたところ安定した状態での充電は不可能。仕方なく今はスマートフォン用のもの(10W出力)を使用しています。

Qi規格に準拠しているものであれば基本的に充電可能。個人的には専用のワイヤレス充電スタンドの方が見た目もよくスタイリッシュなのでお勧めですが、スマートフォン用のワイヤレス充電器であれば最大15Wの高出力ながら千円以内で買えるものも。お金を節約したいという人はスマートフォン用のワイヤレス充電器を使うのも一つの手です。

Fire HD 10 Plusの充電にお勧めなワイヤレス充電器

付属の充電ケーブルはやや硬めな作り

充電ケーブルはUSB-CとUSB-Aコネクタを採用する汎用的なもの。色はブラックでやや硬め作り。もう少し柔らかめだと取り回しがし易いのですが。しかしそれだと耐久性が落ちて断線の原因になるのかもしれませんね。

Fire HD 10 Plusに付属する充電ケーブル

フォルムが丸くなりかわいらしさと持ちやすさがプラス

旧モデルから一新されたデザイン。丸みが強調され女性にも人気が出そうな可愛らしいフォルムに。湾曲部分は持った時に手にしっかりとフィット。見た目と機能性がどちらも向上しています。

Fire HD 10 Proは見た目と持ち安さが向上

おどろく程薄く軽く。想像以上の物理的進化

旧モデルと横に並べてみると厚みの違いに驚きます。薄くなったのは製品ページを見て知っていましたが、まさかここまでとは。湾曲部分がすべてカットされたイメージ。ここまで薄くして電池の容量が変わらないのは凄いです。重量も40g近く軽量化。性能面だけでなく物理的な進化を強く感じられるモデルチェンジ。

背面はサラサラとしたシリコンの様な手触り

質感は樹脂っぽさが無くなりシリコンの様にサラサラした手触りに。ケースを着けて背面を隠すのがFireタブレットの正しい使い方だと思っていましたが、これならケース無しで使いたいくなりますね。ロゴが無ければFireタブレットだと気づかない人が多そうです。

ディスプレイのベゼルは左右上下均等幅に

ディスプレイは左右上下のベゼル幅が均等に。高さが大きく削られ横幅はやや拡大。10.1インチサイズは持つというより背面を支える感じになるので、少し幅が広くなっても問題なし。しっかり支えたい場合はハンドストラップを活用しましょう。

左右上限のベゼル幅が統一されたFire HD 10 Plus

旧Fire HD 10とFire HD 10 Plusの比較

フロントカメラは横向きで使いやすい位置に移動

フロントカメラは縦から横向きに合わせて位置を変更。スマートフォンの場合は画面縦向きの状態でビデオチャットを行いますが、10.1インチではパソコンのように横向きで使う人が殆どのはず。ユーザーの要望を取り入れた上での調整ですね。

Fire HD 10 Plusのフロントカメラ

グラデーションの表示が高精細に。Amazon Photosの利用に最適

ディスプレイの表示に関しては旧モデルも十分に綺麗だったので、そこまで大きな改善は期待していませんでした。しかしカラーのグラデーションの表示に大きな違いを発見。

旧Fire HD 10とFire HD 10 Plusのディスプレイ

左:旧Fire HD 10 右:Fire HD 10 Plus

旧モデルの場合はグラデーションの途中に線が入っています。Fire HD 10 Plusでは線が消えて滑らか。6月1日からGoogleフォトが有料となり、丁度画像のバックアップを全てAmazon Photosに切り替えたところ。画像を表示する上でグラデーションの滑らかさはとても重要。今後フォトストレージとして使用する機会が増えるFire HD 10 Plus。これはとても嬉しい結果ですね。

旧Fire HD 10

Fire HD 10 Plus

明るく堅牢になったディスプレイ

グレースケールは旧モデルが赤と緑、Fire HD 10 Plusは赤と青を強めに表示。明るさではFire HD 10 Plusが上回っています。つまり屋外など明るい場所で見やすくなったという事。強化アルミノシリケートガラスを採用し耐久性が増したFire HD 10 Plus。重量も軽くなったので外出先に持ち出す機会が増えそうです。

旧Fire HD 10とFire HD 10 Plusのディスプレイにグレースケールを表示

左:旧Fire HD 10 右:Fire HD 10 Plus

音がハッキリと聴こえるようになったDolby Atmos対応ステレオスピーカー

スピーカーは横向きに合わせて上部左右に2つ備えられています。Dolby Atmosに対応しており、分離されたステレオサウンドを楽しむ事が可能。旧モデルはメリハリがやや弱めでしたが、Fire HD 10 Plusではっきりと聞こえるように調整されています。

Fire HD 10 Plusのステレオスピーカー

本格的に音楽を聴くのであれば別途Echoシリーズを用意した方が良いと思いますが、映画のバックミュージックや作業音の再生であればこれで十分です。

Fire HD 10 Plusのステレオスピーカー

1TBのMicro SDカードに対応。容量を自由に拡張

iPadでは使えないMicro SDカードFire HD 10 Plusであれば1TBの容量拡張が可能です。プライムビデオのデータをMicro SDカードに保存する事も出来ます。Fire HD 10 Plus32GB64GBの2モデルを用意。価格差が4千円あるので、すでにMicro SDカードを持っているという人は32GBモデルを購入した方がコスパは高くなるかと。

Fire HD 10 PlusのMicro SDカードスロット

 

Google Playを入れてAndroid化が可能。所要時間5分

Fire HD 10 Plusが採用しているFire OSはAndroidがベースになっているので、一手間(所要時間5分程度)かければGoogle Playストアを入れる事が可能です。非公式な方法になるので自己責任にはなりますが、使えるアプリの数が一気に増えるので私の中には入れないという選択肢はありません!折角のメモリ4GBモデルなので、色々なアプリを入れてとことん使い倒したいですからね。

Fire HD 10 Plus、Fire HD 10にグーグルプレイを入れてAndroid化する方法!所要時間僅か5分

Amazonが5月26日にFire HD 10シリーズの最新世代を発売開始。私は最上位モデルとなるFire HD 10 Plusを購入しました。Fire HD 10 Plusはワイヤレス充電に対応する ...

続きを見る

ホーム画面のPlay Storeが追加

Fire HD 10 Plusは買うべきか?

実機に触れるまでは機械的な性能アップに関する事しか分からなかったFire HD 10 Plus。一番気に入ったのは何気にデザインでした。これまで旧Fire HD 10のデザインをあまりマジマジと見た事が無かったのですが、Fire HD 10 Plusと比較すると正直かなりダサいです。フォルムが丸くなりベゼルが整えられ、更に質感まで変わっているので旧Fire HD 10の面影はほぼ無くなっています。

そして嬉しい誤算だったのがディスプレイ。グラデーションの表示が高精細になったので、Amazon Photosで写真を確認するのがより楽しみに。メモリ4GBなのでアプリの入れすぎを心配する必要も無くなりました。複数台所有しているFireタブレットの中で利用頻度が一番高くなりそうな予感!ワイヤレス充電機能までついて1万円台は文句なしですね。

Fire HD 10シリーズで一番コスパが高いのはエッセンシャルセット
Fire HD 10、Fire HD 10 Plusをお得に買うならコスパ最強なエッセンシャルセットがお勧めな理由!

すでに予約が受け付けられており、5月26日から発売が開始される進化したFireタブレットの最上位モデルFire HD 10。標準モデルとなるFire HD 10に加え、メモリが4GBに増設され、ワイヤ ...

続きを見る

Fire HD 10、Fire HD 10 Plus、エッセンシャルセットをお得に買うならチャージする度に最大2.5%の還元が受けられるAmazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージが一番お得

Amazonで最もお得に商品を購入する方法の一つ『Amazonチャージ(現金払い)』。プライム会員が1度に9万円以上のチャージを行えば、還元率はMAXの『2.5%』。ポイントバックに関する詳細がコチラ

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%還元を受けられる

この記事に関連する動画


この記事に関連するカテゴリー

タブレットFire HD 10 Plus

格安SIMに関連する記事

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

超豪華!格安SIMスマホセールにOPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Pro登場

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

Mi 11 Lite 5G
IIJmioでMi 11 Lite 5Gが次回入荷未定。OCNモバイルONEも品切れ。セールでの購入が難しい状況に・・

格安SIMの『OCNモバイルONE』『IIJmio』で開催されているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの期間限定キャンペーン。 OCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時まで2万円(新規 ...

mi 11 lite 5g
OCNモバイルONEでMi 11 Lite 5Gを2万円で買えるのは7月16日まで!駆け込み需要の品切れに気をつけろ!

OCNモバイルONEが7月16日(金)午前11時まで行っているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの発売記念特価SALE。セール期間中であればメーカー参考価格43,800円(税込)のMi 11 L ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon Fire HD 10, Android, Fire HD 10, Fire HD 10 Plus, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, タブレット, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信