moto g100とBlack Shark 4はどっちが買い?Snapdragon 870搭載スマホを比較してみた!

Pocket

motog100とblackshark4

Snapdragon 870の構成はSnapdragon 865 Plusとほぼ同じ。クロック周波数が僅かに引き上げられていますが、その差を体感出来るかは微妙なところ。Snapdragon 865 Plusのままだと旧型感があるので、名前をリニューアルして新型感を出したというのが正直なところでしょう。

Snapdragon 870

では、なぜわざわざリニューアルしてまでSnapdragon 865 Plusの使いまわしを行っているのか。それはすでに、Snapdragon 865 Plusの性能があれば、ほぼ全てのコンテンツを最高のクオリティでプレイ出来てしまうから。

Xiaomi POCO F3はMi 11に近いパフォーマンスでAsphalt 9をプレイ出来る

現行最高モデルとなるSnapdragon 888は、Snapdragon 870よりも処理能力は上です。ただし発熱の問題が複数のモデルで確認されており安定性にかける部分も。オーバースペックと言えるSnapdragon 888より、むしろ安定して動作するSnapdragon 870搭載モデルの方が実は買いなのかもしれません。価格も安いですしね。

Snapdragon 888

2021年6月2日現在、日本では2種類のSnapdragon 870搭載モデルを選択可能です。1台はモトローラのmoto g100。すでに発売が開始されています。そして2台めはBlack Shark 4。6月4日に予約、7月20日から正式発売が開始されます。スマホゲーマーには特にお勧めしたいSnapdragon 870を搭載する2モデル。どちらを買うべきなのかを比較していきたいと思います。

Snapdragon 870搭載スマホ!moto g100とBlack Shark 4を比較

moto g100とBlack Shark 4のSocを比較

moto g100Black Shark 4
Soc:Qualcomm Snapdragon 870(7nm)
  • CPU:Kryo™585
    1コア Cortex-A77 @ 3.2GHz
    3コア Cortex-A77 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU: Adreno 650
Soc:Qualcomm Snapdragon 870(7nm)
  • CPU:Kryo™585
    1コア Cortex-A77 @ 3.2GHz
    3コア Cortex-A77 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU: Adreno 650

先述している通り、両モデルともSnapdragon 870を搭載しているのでSocの性能は同じです。Snapdragon 870はGPU性能が高いので、グラフィック負荷の重いコンテンツにおいても最高のクオリティでプレイする事が可能。ウェブページを開くなど日常的な操作速度もミッドレンジの比になりません。Snapdragon 700シリーズからのモデルアップには最適です。

moto g100とBlack Shark 4のメモリ・ストレージを比較

moto g100Black Shark 4
8GB/128GB、12GB/256GB
  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ: UFS3.1
8GB/128GB、12GB/256GB
  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ: UFS3.1

両モデルともメモリはLPDDR5、ストレージがUFS3.1という最新規格を採用しています。LPDDR4X、UFS2.1といった下位規格と比較してデータの読み書きがスムーズに。moto g1008GB/128GB一択なのに対し、Black Shark 412GB/256GBの大容量モデルを選ぶ事も。ここまでの容量を使い切る人は実際少ないと思いますが、Black Sharkは生粋のゲーミングスマートフォン。大容量モデルの方が売れそうですね。

moto g100とBlack Shark 4のディスプレイスペックを比較

moto g100Black Shark 4
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: 液晶
  • 解像度:1080×2520ピクセル
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • ピーク輝度:560nits(HBM)
  • HDR10
  • DCI-PC3
  • 21:9比率
  • サイズ:6.67インチ
  • 種類: 有機EL(Samsung E4)
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • タッチサンプリングレート:最大720Hz
  • ピーク輝度:1300nits
  • HDR10+
  • DCI-P3 111% TYP
  • MEMCテクノロジー

ディスプレイは性能差がかなり明確。moto g100液晶なのに対しBlack Shark 4は有機ELです。しかもSamsung E4というオマケつき。私はXiaomi Mi11でSamsung E4の有機ELを初体験。これまで使ったスマートフォンディスプレイの中で最高品質だと感じました。よってBlack Shark 4のディスプレイにも十分期待出来るでしょう。

Xiaomi Mi 11

液晶は応答速度、輝度、発色に加え、ダークモード時に低消費電力効果が得られないなど有機ELに劣る要素が多々あります。

さらにmoto g100は対応するリフレッシュレートがBlack Shark 4より低く、タッチサンプリングレートは非公開。Black Shark 4の最大720Hzというタッチサンプリングレートは業界最高の値なのでmoto g100の方が優れている可能性は限りなく0。表示、操作性においてBlack Shark 4のディスプレイは全てのスマートフォンと比較してもトップクラスです。

最高性能を持つBlack Shark 4のディスプレイ

ゲームを快適にプレイする上で最も重要なのはGPU性能です。その次にくるのがディスプレイ。そのディスプレイ性能がmoto g100Black Shark 4はミッドレンジとフラッグシップレベルに開きあり。ゲームプレイを目的に購入するのであれば、Black Shark 4を躊躇なくお勧めします。

moto g100とBlack Shark 4の電池・充電スペックを比較

moto g100Black Shark 4
  • 電池容量:5,000mAh
  • 充電速度:最大20W
  • 電池容量:4,500mAh
  • 充電速度:最大120W

電池容量はmoto g100の方が500mAh大きいです。ただしBlack Shark 4は充電最大速度が120W(同梱されている充電器は最大67W)。休憩している時間中にフル充電が完了すると考えれば、電池の容量差を気にする必要は無いかもしれません。むしろ長いサイクルで考えればBlack Shark 4の方が利便性は高いかと。

Black Shark 4は最大120Wの急速充電に対応

moto g100とBlack Shark 4のスピーカー性能を比較

moto g100Black Shark 4
シングルスピーカーステレオスピーカー

moto g100はシングルスピーカーなので音をしっかり聴きたい時はイヤフォンやヘッドフォンを使用した方が良いでしょう。Black Shark 4のステレオスピーカーはDTS Ultra X イントロダクションの認証を受けており、画面上の動きに追従した立体的なサウンド効果を得る事が可能です。ハイパワーアンプによるワンランク上の音響がゲームをとことん盛り上げます。

Black Shark 4はハイパワーアンプ搭載

moto g100とBlack Shark 4のカメラスペックを比較

moto g100Black Shark 4
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:6400万画素
    F値:1.7
    センサーサイズ:1 / 1.97
    画素サイズ:0.7µm(1.4µm【1600万画素】)
    オートフォーカス:PDAF、レーザーAF
  • 超広角カメラ
    解像度:1600万画素
    F値:2.2
    画素サイズ:1.0µm
    オートフォーカス:PDAF
    マクロ撮影
    リングフラッシュ
  • 深度測定カメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
    画素サイズ:1.7µm
    オートフォーカス:ToFレーザーオートフォーカス
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1600万画素
    F値:2.2
    画素サイズ:1.0µm
  • 超広角カメラ
    解像度:1600万画素
    F値:2.4
    画角:118度
    画素サイズ:1.12µm
  • メインカメラ
    解像度:4800万画素
    F値:1.8
    センサーサイズ:1 / 2
    画素サイズ:0.8µm(1.6µm【1200万画素】)
    オートフォーカス:PDAF
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.2
    画角:水平120度
    画素サイズ:1.12µm
  • マクロカメラ
    解像度:500万画素
    F値:2.4
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:2000万画素
    F値:2.0
    画素サイズ:0.8µm

メインカメラはmoto g100が6,400万画素、Black Shark 4は4,800万画素の解像度に対応。イメージセンサーのサイズが同程度なので、メインカメラ自体の性能はあまり変わらないと考えた方が良いでしょう。

ただしmoto g100は深度測定カメラにToFレーザーオートフォーカス機能を備えるので、被写体との距離の測定を正確に行えます。背景ボケを活かした遠近感のある画像を撮影する際に有効です。

motog100のカメラ

moto g100はマクロ撮影可能な超広角カメラにリングフラッシュを搭載。肉眼で捉えるには難しい距離で被写体を明るく撮影する事が出来ます。カメラを目的に両モデルを購入する人はあまりいないと思いますが、少しでも高いカメラ性能を求めるのであればmoto g100の方がお勧めですね。

moto g100写真2

moto g100とBlack Shark 4はどちらを買うべきか?

ゲームプレイをメインとして購入するのであれば、迷う余地無くBlack Shark 4をお勧めします。Black Shark 4にはファンクーラー、ゲーミングトリガーといった専用アイテムが用意されているので、本体を購入した後に必要に合わせて機能を拡張する事も可能です。

ただしゲーミングスマートフォンなのでデザインはやや特徴的。ゲームはあまりしないけど処理能力の高いスマートフォンが欲しい。写真もたまに撮るという人にはmoto g100がお勧め。一度Snapdragon 870を体感したら、もう700シリーズには戻れないと思いますよ!同Soc搭載機となるPOCO F3 5G(グローバルモデル)のレビューを行っているので、よろしければ参考程度にご覧ください。

Xiaomi POCO F3 5Gレビュー!高すぎる処理能力とディスプレイ品質!未知の臨場感!カメラはHEIFで撮れる!

記事に書かれている内容1 Xiaomi POCO F3 5GのAntutuベンチマークスコアは2回連続で安定の60万超え。GPUは最上位モデルMi 11に迫る高性能1.1 Antutu(ver8.5. ...

続きを見る

moto g100とBlack Shark 4の販売価格

Black Shark 4の対応周波数帯に関する情報

  • 3G: 1/6/9/19
  • 4G: LTE 1/3/5/8/18/19/26/28/34/38/39/41
  • 5G NR: Sub-6GHz band
    n1/n3/n8/n28/n41/n77/n78

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Motorola moto g100の対応周波数帯に関する情報

  • 3G: W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8
  • 4G: LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B32/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B66
  • 5G: Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiMotorolamoto g100Black Shark 4

格安SIMに関連する記事

Xiaomi Redmi Note 10 Pro Mi 11 Lite 5G
Xiaomi Redmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gはどっちが買い?カメラ、ディスプレイを比較

記事に書かれている内容1 Xiaomiの最新スマートフォン!自分の用途に合わせて買うべきモデルをしっかりと選定しよう!1.1 スマートフォンのカメラ画質を最も大きく左右するのはイメージセンサー1.2 ...

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

LDACに対応するヘッドフォン
月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

記事に書かれている内容1 Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応2 遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!3 Apple Musicは無 ...

LINEモバイル
LINEMOではなくLINEモバイルがSoftbank回線ユーザー対象に基本料金0円&容量2倍のキャンペーン開始!

2021年3月31日に新規の申し込みを終了したLINEモバイル。しかしサービス提供自体は未だ続いており、ユーザーも存在します。今はすっかり入れ替わった感のあるLINEMOではなくLINEモバイルが、既 ...

楽天モバイルを0円運用するならRakuten Handがベストな理由。物理SIMをeSIMに変えて設定するまでのやり方

記事に書かれている内容1 楽天モバイル契約から一年が経過し無料キャンペーン期間が終了2 通信料を1GB以内に抑えれば国内通話かけ放題で通信利用料金0円3 楽天モバイルはWi-Fi接続時に通話が非通知に ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
LDAC対応ヘッドフォン
AndroidユーザーはプライムデーでAir Pods Proを買わないで1万ちょっとでLDAC対応ヘッドフォン買おう

iPhoneとAndroidスマートフォンでは対応するBluetoothのコーデックが異なります。iPhoneが対応するのはSBCとAACのみ。かたや最近発売されているAndroidスマートフォンの殆 ...

4Kテレビ
Fire TV Stick 4Kが無くてもプライムビデオを4Kで観れちゃうテレビがプライムデーなら45,800円だよ!

Amazonプライムデーで3.980円に大幅値下がりしているFire TV Stick 4K。欲しいものランキングで常に上位に入っているどう商品。プライムデー開始と同時にゲットした人が沢山いる事でしょ ...

Echo Show 8
Amazon Echo Show 5とEcho Show 8はプライムデーで第1世代を買わないときっと後悔する理由。

Alexaに対応するディスプレイ付きスマートスピーカーEcho Show 5とEcho Show 8。5月にアップデートが行われ、第2世代が登場しました。一般的な心理からしてニューモデルが欲しくなりま ...

任天堂 Switch Lite
AmazonプライムデーはNintendo Switch Lite、Switch本体とゲームソフトのセットがお得!

6月22日23時59分までの期間限定で開催されているAmazon最大級のイベントプライムデー。対象商品にはつい最近まで品薄状態で手に入らなかったあのゲーム機もラインナップ。ゲームソフトにオリジナルアク ...

Amazonデバイス価格一覧
Amazon Echo、Kindle、Fire TV、Fireタブレットプライムデー価格&割引率一覧!一番得なのはコレ

6月22日23時59分までの期間限定で開催されている2021年最大級のセールイベントAmazonプライムデー。中でもダントツの割引率となるのが同社がメーカーとしてリリースしているAmazonデバイスで ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Black Shark 4, Gadget NEWS, moto g100, MOTOROLA, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信