Redmi Note 10 Proのカメラ画質に大満足してる人はGCamを使って欲しい!AF性能向上で更に化けます。

Pocket

GCamで撮影

記事に書かれている内容

最新フラッグシップモデルとカメラ画質を比較したら同等の画質だったRedmi Note 10 Pro

XiaomiのネオミッドレンジRedmi Note 10 Proはメインカメラが特徴的。イメージセンサーにはフラッグシップ仕様となる1/1.52インチサイズのSamsung ISOCELL GN2を採用。つまり良い画質で撮るならこのメインカメラを活用すべき。

Redmi Note 10 Pro

私はこれまでにXiaomiの最上位モデルとなるMi 11、そしてiPhoneの最新モデルiPhone 12 miniとRedmi Note 10 Proのカメラ画質比較を行いました。結果はほぼ同等。8万円台と3万円台のスマートフォンである事を鑑みれば、Redmi Note 10 Proのコストパフォーマンスは圧倒的と言えるでしょう。

これまでの画像比較はデフォルトのカメラアプリを使用。GCamを入れるとどうなるのか?

これまでの画質比較は全てXiaomiのデフォルトカメラアプリで撮影。Redmi 9Tといった下位モデルの場合、デフォルトカメラアプリではあまり納得のいく画質が得られず、別途GCam(Google Playの認証を受けていないアプリなのでインストールは自己責任で。適合する端末であれば無料で使えます)を導入していました。GCamを入れると夜景時の画質、色合い、そしてオートフォーカス性能が劇的に改善。

【神アプリ】シャオミのRedmi 9TにGCam入れたらカメラ画質が別次元に向上。オートフォーカス、夜景、露出、低ノイズ

Rakuten Handにインストールしたら劇的にカメラ画質が向上したGCam。 Rakuten Hand以外のスマートフォンにもインストールして、どの程度画質が違うのか試しています。今回検証を行った ...

続きを見る

個人的にはデフォルトのカメラアプリでも十分な画質を得られていると感じるRedmi Note 10 Proですが、GCamで撮るとどうなるのかはやはり気になるところ。そこで今回はデフォルトアプリとGCamの画質差を検証していきたいと思います!

Redmi Note 10 ProのデフォルトカメラアプリとGCamの画質を比較

デフォルトアプリはAIをOFF、GCamはGOOGLE AWBをONにして撮影。掲載画像はWEB用にサイズは幅を1,024Pixelに縮小し、JPEGの圧縮率を上げています(画像を選択すると原寸サイズで表示)。フォトストレージはAmazon Photosを使用。

画質比較1:デフォルトアプリは緑、GCamは青が強め

紫陽花の画像1

F値:1.9、シャッタースピード:1/110秒、ISO:50、焦点距離:6mm

紫陽花の画像2」

F値:1.9、シャッタースピード:1/134秒、ISO:46、焦点距離:6mm

まずは5~6月が見頃となる紫陽花の画像から。色の違いが一目でわかります。どういった色の構成なのかを右下の葉っぱ部分で解析。デフォルトアプリはR:167、G:200、B:70。GCamはR:143、G:159、B:94。デフォルトアプリは緑、GCamは青が強めである事がわかります。

デフォルトアプリにはホワイトバランスを調整可能なProモードが用意されており、色温度を自分の好みに変えられます。Proモードを選択して他の項目はオートのままホワイトバランスのみを調整すれば、青すぎる、黄色すぎるといった状況を撮影前に回避出来ます。

Proモード

画質比較2:オートフォーカス性能の高さを発揮するGCam

アネモネ1

F値:1.9、シャッタースピード:1/50秒、ISO:68、焦点距離:6mm

アネモネ2

F値:1.9、シャッタースピード:1/100秒、ISO:122、焦点距離:6mm

比較2は小さめな花。Googleで検索したらアネモネと出てきましたが何か違うような?被写体が小さくなるとデフォルトアプリはピントが甘め。花びらのディテールもGCamの方が鮮明である事が分かります。

GCamはISOを高めてシャッタースピードを短く調整していますが、Redmi Note 10 Proは大きめのイメージセンサーを搭載しているので、ISO122程度では画質の劣化は見られません。

花びらの色を解析すると、デフォルトアプリはR:203、G:162、B:158。GCamはR:222、G159、B141。比較1では緑が強めだったデフォルトアプリですが、今度は緑ではなく青が強く寒色よりの仕上がりに。もっともこの比較2はピントの問題があるので、ホワイトバランスを調整しても納得のいく画像にはなりませんね。

画質比較3:被写体が小さすぎてデフォルトアプリではオートフォーカス出来ず

トウワタ1

F値:1.9、シャッタースピード:1/50秒、ISO:55、焦点距離:6mm

トウワタ2

F値:1.9、シャッタースピード:1/100秒、ISO:92、焦点距離:6mm

比較3は比較2よりさらに小さな被写体。Google画像検索曰くトウワタという種類。まだ咲きかけですね。本来であればマクロで撮影すべきサイズなので、小さい被写体が苦手なデフォルトアプリはピントを合わせる事が出来ませんでした。

しかしGCamではしっかりとフォーカス。同じ深度測定カメラを使用しているのに一体なぜここまで差が出るのか。Gcamのオートフォーカス精度の高さには毎度驚かされます。F値が適正なので背景のボケが美しいですね。

<<Redmi Note 10 Proを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場IIJmioBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE

画質比較4:GCamはISOを高くしてシャッタースピードを速める傾向

どんぐりと落ち葉1

F値:1.9、シャッタースピード:1/50秒、ISO:224、焦点距離:6mm

どんぐりと落ち葉2

F値:1.9、シャッタースピード:1/100秒、ISO:364、焦点距離:6mm

比較4は暗めの場所で撮影したのでISOが高くなっています。しかし廉価スマートフォンの様な画質の劣化は見られません。これが大きめなイメージセンサーを搭載するRedmi Note 10 Proの強み。デフォルトアプリはコントラストが強く、若干黒つぶれを起こしているのは残念なポイント。続けてデジタルズーム2倍で撮影した画像を見ていきましょう。

F値:1.9、シャッタースピード:1/33秒、ISO:168、焦点距離:6mm、デジタル2倍ズーム

F値:1.9、シャッタースピード:1/100秒、ISO:433、焦点距離:6mm、デジタル2倍ズーム

一昔前は物理的な光学ズームに優位性を感じていましたが、今はデジタルズームの画質が上がり2倍程度の拡大率では常用の域に到達。ISOは変わらず高めですが、等倍と比較して大きく画質が劣化したとは感じません。

一般的にデジタルで拡大してISOを高めると画質が下がる傾向にありますが、Redmi Note 10 Proは拡大率2倍、ISO433でもまだ余裕あり。明瞭かつクリアな画質を残しています。

Redmi 9Tで撮影した時はISO100を超える事がほぼ無かったGCam。カメラ性能に合わせてISOの数値を調整している事が今回の撮影で分かりました。有能ですね。

画質比較5:暗い箇所も細かいディテールで高精細に仕上げるGCam

国道画像1

F値:1.9、シャッタースピード:1/914秒、ISO:50、焦点距離:6mm

国道画像2

F値:1.9、シャッタースピード:1/613秒、ISO:34、焦点距離:6mm

比較5は広角画像。デフォルトアプリでは多くの箇所で色かぶりや黒つぶれが発生。GCamは全体的に明るく仕上げており、葉が分離していてディテールが立体的に。黒つぶれもほぼ発生していません。やや彩度が低めな気もしますが、生憎の曇り空なのでこれが適正かと。最近の撮影は曇りの日が多めです。ISO34というとても低い数値に抑えている点にも注目。

画質比較6:AIをOFFにしても色鮮やかに仕上げようとするデフォルトアプリ

公園の画像1

F値:1.9、シャッタースピード:1/1533秒、ISO:50、焦点距離:6mm

公園の画像2

F値:1.9、シャッタースピード:1/1124秒、ISO:34、焦点距離:6mm

比較6も広角撮影。デフォルトアプリのAIはOFFの状態ですが、それでも芝生の色は補正したかの様に鮮やか。映えるのはこちらかもしれません。曇り空なのでどうしても浮いてしまいますが。木の葉のディテールは比較5と同じくやや崩れ気味です。

悪天候の為やや冷たい雰囲気ですが、素材としては優秀なGCamの画像。そこで今回はRedmi Note 10 Proに用意されているスカイフィルターで遊びを加えます。

スカイフィルターは被写体と空の境界線を自動的に識別し、空の部分を入れ替えるもの。曇り空を青空に変えるだけでなく、夕焼けや星空も設定可能。空だけが入れ替えると間違いなく不自然な画像になりますが、フィルター効果は全体に適用されるので簡易合成的な安っぽさは皆無。フォトショップ要らなクオリティの高さ。

青空

夕焼け

星空 月明かり

スカイフィルターは画像編集からを選択すると誰でも簡単に利用可能。まだ使った事が無い人は是非試してみてください。楽しいですよ!

スカイフィルター

Redmi Note 10 ProのデフォルトカメラアプリとGCamの違いは?

デフォルトカメラアプリでも十分だと感じていたのですが、GCamはやはり凄かった。カメラの性能に合わせて画質がしっかりとアップしています。よく考えたら当然の結果ですね。オートフォーカスの精度が向上した事でRedmi Note 10 Proのカメラはほぼ無敵な状態に。ピントが合わない問題とお別れです。

GCamはGOOGLE AWBをONにするとややクール(自然)に仕上がる傾向にあるので、もう少し暖色よりが好みの人はOFFにして撮った方が良いかもしれません。撮ってから調整するのもアリですけどね。

<<Redmi Note 10 Proを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場IIJmioBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE

Redmi Note 10 Proで使えるGCamのダウンロードはコチラから

GCamはGoogle Playの認証を受けていない野良アプリです。端末とバージョンが合わなければアプリが起動出来ない場合も。私がRedmi Note 10 Proにインストールして不具合なく使えているのは『8.1.101.345618084』というバージョンのGCam。コチラのページ内からダウンロード可能です。

GCamのダウンロードはコチラから

Redmi Note 10 Proに関連する最新セール情報

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

【初月無料】Redmi Note 10 Proの在庫がBIGLOBEモバイルで本日復活!実質12,689円!争奪戦に!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならRedmi Note 10 Proを実質12,689円で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOB ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

【超品薄】OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30をゲットするには?狙い目な時間はココ

OCNモバイルONEで開催されているRedmi Note 10 Proとmoto g30の発売記念特価SALEがとんでもない事になっています!当初予想していた通り、セール初日でどちらも品切れ状態に。ア ...

Redmi Note 10 Proを一番安く買うには
シャオミのRedmi Note 10 Pro 日本版を一番安く買えるのは?Amazon、楽天、格安SIMセール情報!

発売開始から人気が沸騰し、品薄状態のRedmi Note 10 Pro。人気の理由はカメラとディスプレイ性能の圧倒的な高さ。メーカー販売価格34,800円(税込)という価格帯で、日本市場においてRed ...

Redmi Note 10 Proに関連する動画

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大33W急速充電)
重量193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proに関連する記事

Redmi Note 10 Pro
Redmi Note 10 Proがプライムデーで3,480円OFF!Spigenの専用ケースも激安に!揃えちゃえ!

6月22日の23時59分まで開催されているAmazonプライムデー。なんとXiaomiのRedmi Note 10 Proが対象商品に!Redmi Note 10 Proが格安SIM以外で値下げされて ...

Xiaomi Redmi Note 10 Pro Mi 11 Lite 5G
Xiaomi Redmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gはどっちが買い?カメラ、ディスプレイを比較

記事に書かれている内容1 Xiaomiの最新スマートフォン!自分の用途に合わせて買うべきモデルをしっかりと選定しよう!1.1 スマートフォンのカメラ画質を最も大きく左右するのはイメージセンサー1.2 ...

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

Redmi Note 10 Proのカメラ画質に大満足してる人はGCamを使って欲しい!AF性能向上で更に化けます。

記事に書かれている内容1 最新フラッグシップモデルとカメラ画質を比較したら同等の画質だったRedmi Note 10 Pro2 これまでの画像比較はデフォルトのカメラアプリを使用。GCamを入れるとど ...

【初月無料】Redmi Note 10 Proの在庫がBIGLOBEモバイルで本日復活!実質12,689円!争奪戦に!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならRedmi Note 10 Proを実質12,689円で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOB ...

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiRedmi Note 10 Pro格安SIM

格安SIMに関連する記事

Xiaomi Redmi Note 10 Pro Mi 11 Lite 5G
Xiaomi Redmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gはどっちが買い?カメラ、ディスプレイを比較

記事に書かれている内容1 Xiaomiの最新スマートフォン!自分の用途に合わせて買うべきモデルをしっかりと選定しよう!1.1 スマートフォンのカメラ画質を最も大きく左右するのはイメージセンサー1.2 ...

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

LDACに対応するヘッドフォン
月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

記事に書かれている内容1 Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応2 遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!3 Apple Musicは無 ...

LINEモバイル
LINEMOではなくLINEモバイルがSoftbank回線ユーザー対象に基本料金0円&容量2倍のキャンペーン開始!

2021年3月31日に新規の申し込みを終了したLINEモバイル。しかしサービス提供自体は未だ続いており、ユーザーも存在します。今はすっかり入れ替わった感のあるLINEMOではなくLINEモバイルが、既 ...

楽天モバイルを0円運用するならRakuten Handがベストな理由。物理SIMをeSIMに変えて設定するまでのやり方

記事に書かれている内容1 楽天モバイル契約から一年が経過し無料キャンペーン期間が終了2 通信料を1GB以内に抑えれば国内通話かけ放題で通信利用料金0円3 楽天モバイルはWi-Fi接続時に通話が非通知に ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
4Kテレビ
Fire TV Stick 4Kが無くてもプライムビデオを4Kで観れちゃうテレビがプライムデーなら45,800円だよ!

Amazonプライムデーで3.980円に大幅値下がりしているFire TV Stick 4K。欲しいものランキングで常に上位に入っているどう商品。プライムデー開始と同時にゲットした人が沢山いる事でしょ ...

Echo Show 8
Amazon Echo Show 5とEcho Show 8はプライムデーで第1世代を買わないときっと後悔する理由。

Alexaに対応するディスプレイ付きスマートスピーカーEcho Show 5とEcho Show 8。5月にアップデートが行われ、第2世代が登場しました。一般的な心理からしてニューモデルが欲しくなりま ...

任天堂 Switch Lite
AmazonプライムデーはNintendo Switch Lite、Switch本体とゲームソフトのセットがお得!

6月22日23時59分までの期間限定で開催されているAmazon最大級のイベントプライムデー。対象商品にはつい最近まで品薄状態で手に入らなかったあのゲーム機もラインナップ。ゲームソフトにオリジナルアク ...

Amazonデバイス価格一覧
Amazon Echo、Kindle、Fire TV、Fireタブレットプライムデー価格&割引率一覧!一番得なのはコレ

6月22日23時59分までの期間限定で開催されている2021年最大級のセールイベントAmazonプライムデー。中でもダントツの割引率となるのが同社がメーカーとしてリリースしているAmazonデバイスで ...

Xiaomi TWS
AmazonプライムデーならXiaomiのBluetooth TWSが1,245円~!Mi Band 5は3,816円

6月22日23時59分で終了してしまうAmazonプライムデー。早くも売り切れ商品続出中です。最近まで品薄が続いていた超人気スマートフォンRedmi Note 10 Proも初セール。Spigenの専 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, カメラ, カメラ, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信