月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

Pocket

Amazon Music HDを聴くのに最適なヘッドフォン

Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応

5月17日(日本時間)、Apple Musicが利用料金据え置き(月額980円)でロスレス音源の配信に対応する事が発表されました。私はすでにAmazon Music HDを契約していたのですが、月額利用料金は1,980円(プライム会員は1,780円)。海外ではApple Musicに合わせて早々と値下げ対応が行われましたが、日本は1,980円のまま。

Apple Musicが料金据え置きでロスレス音源と空間オーディオに対応
Apple Musicありがとう!Amazon Musicもロスレス配信サービス大幅値下げ(日本はまだ)。両社を比較!

5月17日(日本時間)、Appleは自社が提供するサブスクリプション音楽配信サービスApple Musicが『ロスレス』や『3D音源』に利用料金の引き上げなしで今年6月から対応する事をアナウンスしまし ...

続きを見る

遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!

Amazon Music HD

Apple Musicのロスレス音源配信は6月に入ってから行われるとされていたので、それまでには日本でもAmazon Music HDが値下げされると予想していました。しかし6月になっても値引きはされない・・・。その状況でApple Musicのロスレス音源配信が遂にスタート。終わった・・・と思ったその翌日、日本でもAmazon Music HDが月額980円(プライム会員は780円)に値下げされました。このタイミングだったのか!

Amazon Music HD
Amazon Music HDが遂に980円(プライム会員780円)に値下げ!さよならApple Music!

記事に書かれている内容1 Apple Musicと比較して高すぎると感じていたAmazon Music HD2 Apple Musicを実際に使ってみると微妙すぎた・・・3 Apple Musicでロ ...

続きを見る

Apple Musicは無料お試し期間内で解約決定

Apple Musicも実際に試してみましたが、ロスレス音源を日常的に聴くの適したサービスとは言えず、しかもメインで使っているAndroidはロスレスの配信に非対応。Amazon Music HDも無事値下げされたので、無料お試し期間での解約が決定しました。

月額1,780円でも満足していたロスレス音源聴き放題なAmazon Music HD

私は元々1,780円(プライム会員価格)支払う価値があると感じていたからAmazon Music HDを契約していました。だってロスレスの曲をダウンロードして聴くとしたら、1,780円で何曲揃えられるのか。聴き放題という環境を考えれば、1,780円でも十分お得だったんです。

音の解像度に合わせてデータ量も跳ね上がるので注意

ロスレスなので解像度が高く音が良いのは当然ですが、それ故のデメリットも。静止画や動画と同じく解像度が上がるとデータの容量も比例して大きく。Amazonが公表していSD、HD、UltraHD解像度を一曲分(長さは3分半程度)の最大データ量が下記の通り。

  • SD(ロッシー圧縮):9MB
  • HD(ロスレス、44.1 kHzサンプルレート):51MB
  • Ultra HD(ロスレス、最大192 kHzサンプルレート):153MB

あくまでも最大のデータ量なので1曲で153MB消費される事は殆どありません。それでも数時間聴いていればあっという間に1GBを超えます。つまりAmazon Music HDのデータ通信が無制限になるSIMを契約していない人は、Wi-Fi環境下でしかロスレス解像度を楽しめないという事になります。折角聴き放題なのに!

通信データ量

ロスレス解像度で聴き放題、YouTubeも観放題になる楽天モバイル

外出先でも自由気ままにロスレス解像度を楽しめるお勧めなSIMが2つあります。1つは楽天モバイル。3,278円支払えばデータ通信し放題。ロスレスが聴き放題になるだけでなくYouTubeも観放題。さらにRakuten Linkアプリを使えば国内通話かけ放題。ハードユーザーにとってはたまらないモバイル通信サービスです。

毎月使ったデータ分だけ支払う 毎月使ったデータ分だけ支払う

月額780円でAmazon Music HDが聴き放題になるOCNモバイルONE

そしてもうひとつがOCNモバイルONEMUSICカウントフリーサービス。音声対応SIM契約者であれば全員がが加入出来る無料オプション(別途申し込み必要)。対象となる音楽配信サービスの通信がカウントフリーに。

Amazon MusicはOCNモバイルONEのMUSICカウントフリーに対応している

Amazon Musicの対応はPrime Music、Amazon Music Unlimitedとなっていますが、2021年6月11日時点でAmazon Music HDがロスレス解像度で聴けています。

Android端末でAmazon Music HDを利用した時に表示される画像

OCNモバイルONEは4月に利用料金の大幅な引き下げを行い、音声対応SIMが月額770円から利用可能に。YouTubeを観るには適していませんが、Amazon Music HDを聴きまくるには間違いなく最強の格安SIM。節約(低速)モードに設定していてもAmazon Music HDを聴く時は自動的に高速通信に切り替えてくれるのも便利。

Bluetoothでロスレスを聴くならLDAC対応のイヤフォン・ヘッドフォンがお勧め

Amazon Music HDのロスレス音源をどこでも聴ける通信環境が整ったら、次は何を使って聴くかです。安定して聴くには有線接続が妥当ですが、SONYが開発したBluetooth規格LDACに準拠するイヤフォンヘッドフォンであれば通常(Bluetooth A2DPのSBC【328kbps,44.1kHz時】)の約3倍のデータ転送が可能。LDACは日本オーディオ協会からHi-Res Audio Wirelessとして認定されています。

LDAC

データ容量が大きく増えたBluetooth5.0以降の規格に対応する事が理想

LDACに対応するイヤフォン、ヘッドフォンの中で特にお勧めしたいのはBluetooth 5.0以上のもの。なぜかと言えば、前規格となる4.2と比較してデータ容量が8倍にアップ。さらに通信範囲4倍に拡張され途切づらい環境も構築されています。

LDAC対応のWH H910Nはロスレス音源を聴くのにピッタリ

私が使用しているのはSONYのWH-H910N(Bluetooth5.0)。LDACに対応するヘッドフォンはこれが初めてですが、Wi-FiではなくBluetooth接続でここまでの音が聴けるのかと感動しました。

WH H910N

1万円台で購入可能なBluetoothイヤフォン等とは正直比較になりません。ロスレスに対応するBluetooth規格は他にもaptX HDなどがありますが、今のところAmazon Music HDにもっとも適していると感じるのはLDACですね。

Amazon Music HDをスピーカーで聴くなら3D音源の再生に対応するEcho Studio

イヤフォンやヘッドフォンではなく、スピーカーで聴くのであれば、360 Reality Audioに対応するEcho Studioがお勧め。EchoシリーズはBluetoothではなくWi-Fi接続。LDACはBluetooth接続の規格としてはかなり優秀ですが、大容量のデータ転送に優れているのはやはりWi-Fiです。

Echo Studio

3D音源に対応しつつロスレス音質をしっかり楽しめるEcho Studio。その上Alexaによる音声操作が可能。私は実際にEcho Studioを使っていますが、音響専門メーカーでは無いAmazonがどうやってここまで音質を高められたのか謎。ロスレスや3D音源を聴くだけでなく、Fire TV Stickと接続すればホームシアタスピーカーとして迫力ある音を奏でてくれるハイコスパモデル。スピーカー選びに迷っていたらお試しください。

この記事に関連する動画

この記事に関連するカテゴリー

AppleAmazonBluetoothイヤフォン

格安SIMに関連する記事

Xiaomi Redmi Note 10 Pro Mi 11 Lite 5G
Xiaomi Redmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gはどっちが買い?カメラ、ディスプレイを比較

記事に書かれている内容1 Xiaomiの最新スマートフォン!自分の用途に合わせて買うべきモデルをしっかりと選定しよう!1.1 スマートフォンのカメラ画質を最も大きく左右するのはイメージセンサー1.2 ...

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

LDACに対応するヘッドフォン
月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

記事に書かれている内容1 Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応2 遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!3 Apple Musicは無 ...

LINEモバイル
LINEMOではなくLINEモバイルがSoftbank回線ユーザー対象に基本料金0円&容量2倍のキャンペーン開始!

2021年3月31日に新規の申し込みを終了したLINEモバイル。しかしサービス提供自体は未だ続いており、ユーザーも存在します。今はすっかり入れ替わった感のあるLINEMOではなくLINEモバイルが、既 ...

楽天モバイルを0円運用するならRakuten Handがベストな理由。物理SIMをeSIMに変えて設定するまでのやり方

記事に書かれている内容1 楽天モバイル契約から一年が経過し無料キャンペーン期間が終了2 通信料を1GB以内に抑えれば国内通話かけ放題で通信利用料金0円3 楽天モバイルはWi-Fi接続時に通話が非通知に ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
LDAC対応ヘッドフォン
AndroidユーザーはプライムデーでAir Pods Proを買わないで1万ちょっとでLDAC対応ヘッドフォン買おう

iPhoneとAndroidスマートフォンでは対応するBluetoothのコーデックが異なります。iPhoneが対応するのはSBCとAACのみ。かたや最近発売されているAndroidスマートフォンの殆 ...

4Kテレビ
Fire TV Stick 4Kが無くてもプライムビデオを4Kで観れちゃうテレビがプライムデーなら45,800円だよ!

Amazonプライムデーで3.980円に大幅値下がりしているFire TV Stick 4K。欲しいものランキングで常に上位に入っているどう商品。プライムデー開始と同時にゲットした人が沢山いる事でしょ ...

Echo Show 8
Amazon Echo Show 5とEcho Show 8はプライムデーで第1世代を買わないときっと後悔する理由。

Alexaに対応するディスプレイ付きスマートスピーカーEcho Show 5とEcho Show 8。5月にアップデートが行われ、第2世代が登場しました。一般的な心理からしてニューモデルが欲しくなりま ...

任天堂 Switch Lite
AmazonプライムデーはNintendo Switch Lite、Switch本体とゲームソフトのセットがお得!

6月22日23時59分までの期間限定で開催されているAmazon最大級のイベントプライムデー。対象商品にはつい最近まで品薄状態で手に入らなかったあのゲーム機もラインナップ。ゲームソフトにオリジナルアク ...

Amazonデバイス価格一覧
Amazon Echo、Kindle、Fire TV、Fireタブレットプライムデー価格&割引率一覧!一番得なのはコレ

6月22日23時59分までの期間限定で開催されている2021年最大級のセールイベントAmazonプライムデー。中でもダントツの割引率となるのが同社がメーカーとしてリリースしているAmazonデバイスで ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon Music, Amazon Music HD, Android, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, LDAC, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ハイレゾ, ファブレット, ロスレス, 格安SIM
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信