ハイパーガジェットチャンネル

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aを撮り比べ!あまりにもハッキリと分かれた明暗。買うべきスマホはこっち

Pocket

OPPO Reno3 Aからパフォーマンスを上げすぎたOPPO Reno5 A

OPPOの大人気スマートフォンOPPO Reno3 Aの後継モデルとなるOPPO Reno5 A。先日両モデルの処理能力を実機検証したところ、OPPO Reno5 Aはランク違いにアップグレードしている事が明らかに。

OPPO Reno5 A

スマートフォンの性能をトータルで示すAntutuのベンチマークスコアがOPPO Reno3 Aの約1.5倍に向上。ディスプレイは滑らかかつレスポンスが俊敏になり、データの読み書き速度も比較にならないレベルにアップ。

おサイフケータイや最高レベルの防水防塵(IP68)といった大人気機能、メモリ6GB、ストレージ128GBの大容量はそのまま維持。メーカー希望小売価格は若干値上げされ43,800円(税込)。それでも十分安いです。

OPPO Reno5 A
【実測】OPPO Reno5 AはOPPO Reno3 Aから3段飛びな進化!性能上がりすぎて格差が凄い。5Gにも対応

記事に書かれている内容1 5G対応のフラッグシップモデルは電池が大容量化2 一般ユーザーの使い方に合わせてワンランク上にスペックを上げたOPPO Reno5 A3 OPPO Reno3 Aではやや物足 ...

続きを見る

しかしもう一点どうしても気になるのがカメラ画質。いくら高性能でもカメラ画質が悪くては嫌だという人は意外と多いはず。私は嫌です。

OPPO Reno3 Aはカメラ強化モデルとして登場しているので、処理能力等を高めすぎたOPPO Reno5 Aではコストを削られて画質で勝てない可能性も。実際にどうなのか、両モデルで撮り比べした結果をご覧ください!

<<OPPO Reno5 Aを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルワイモバイル

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラスペック

OPPO Reno3 AOPPO Reno5 A
メインカメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:1.7
  • 焦点距離:4.71

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2
  • 焦点距離:1.64

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • 焦点距離:4.73
  • センサーサイズ:1/1.97
  • レンズ枚数:6
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2
  • 焦点距離:1.66
  • レンズ枚数:5
  • 単焦点

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラ画質を比較!

OPPO Reno5 A

メインカメラ(AIはOFF)で撮影。解像度はWEB用に2000×1500ピクセルに縮小。さらに圧縮率を上げています。画像を選択すると拡大表示可能。

画質比較1:紫色の紫陽花を撮影。明るさ、色鮮やかさで圧倒的な差をつけるOPPO Reno5 A

紫の紫陽花1

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/1961、ISO:100、焦点距離:4.71mm

紫の紫陽花2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/757、ISO:100、焦点距離:4.73mm

少し枯れかけている紫陽花の花。OPPO Reno3 Aはシャッタースピードが速すぎて露出が足りず暗い印象。光量が少ないのでOPPO Reno5 Aと比較してダイナミックレンジが狭くなっています。OPPO Reno5 Aは適正露出。あまりシャッタースピードを遅くすると空が白飛びしてしまうのですが、青空をしっかり残しつつ紫陽花も鮮やか。これは1枚目から衝撃の結果です。

画質比較2:ピンクの紫陽花を撮影。シャッタースピードが速すぎて暗くなってしまうOPPO Reno3 A。ソフトウェアの問題かも?

ピンクの紫陽花1

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/1919、ISO:100、焦点距離:4.71mm

ピンクの紫陽花2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/1198、ISO:100、焦点距離:4.73mm

今度はピンク色の紫陽花。OPPO Reno3 Aは比較2も暗め。個人的には好きな雰囲気ですが、露出調整なしでこの明るさはやはり暗すぎ。シャッタースピードが速すぎる事が原因です。OPPO Reno 5Aはピンクが鮮やか。無理に露出を上げて撮っている訳ではないので自然な明るさ、そして色味です。

OPPO Reno3 AとOPPO Reno5 Aはイメージセンサーのサイズが非公表。OPPO Reno5 AはDevCheckアプリで調べたところ1/1.97インチである事が分かりました。しかしOPPO Reno3 Aに関しては情報が非掲載。

OPPOはSONYのイメージセンサーをメインに使用している印象ですが、1/1.97インチで6,400万画素の解像度に対応するセンサーをSONYは出していません。そうなると恐らくSamsung製でしょう。

OPPO Reno3 Aが搭載する4,800万画素の解像度に対応するイメージセンサーは複数存在。SONYであればMX 586、582のいずれかで1/2インチ。Samsungの場合はISOCELL GM1が1/2インチでISOCELL GM2が1/2.25インチ

センサーサイズが極端に大きく違うとは考えづらいので、シャッタースピードを近づければ同様の明るさで撮れる可能性も。それであればソフトウェア側に問題がありそうですね。

<<OPPO Reno5 Aを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルワイモバイル

画質比較3:シャグマユリ?を撮影。明るく撮るだけでなくメインの被写体をしっかりと引き立てるOPPO Reno5 A

シャグマユリ1

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/2232、ISO:101、焦点距離:4.71mm

シャグマユリ2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/1146、ISO:100、焦点距離:4.73mm

3枚めの比較になるともう両モデルの特性が何となく分かってきます。OPPO Reno3 Aは影が深いですね。異なるディスプレイで別々に見るとあまり画質差が分かりません。同じディスプレイで2つの画像を並べてみて、初めてはっきりとした違いに気が付きます。

OPPO Reno 5Aのカメラが素晴らしいと感じるのは、メインの被写体にしっかりスポットを当てつつ背景はややトーンを落とす事で臨場感をアップ。単純に明るく撮っているだけではありません。2枚を見比べるとソフトウェアの進化を如実に感じられます。

画質比較4:たんぽぽの綿毛を撮影。明るさが逆転!その理由は綿毛のディテールにあり

たんぽぽの綿毛1

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/421、ISO:101、焦点距離:4.71mm

たんぽぽの綿毛2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/294、ISO:100、焦点距離:4.73mm

明るく撮るのが特徴だと思っていたOPPO Reno5 Aですが、今回は様子が違います。OPPO Reno3 Aよりシャッタースピードが遅いです。しかしなぜシャッタースピードを遅めにしたのかは、メインの被写体となるたんぽぽの綿毛を拡大すると分かります。

OPPO Reno3 Aは露出が強すぎて一部が白飛び。OPPO Reno5 Aは暗くなりすぎない程度の露出を維持し、白飛びをしっかりと抑えています。この1枚でOPPO Reno5 Aの持つ適応能力の高さが実証。予想を超えたポテンシャルの高さです。

画質比較5:晴天下でとうもろこし畑を撮影。明るい描写でその場の雰囲気がしっかりと伝わる一枚に

とうもろこし畑1

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/4000、ISO:103、焦点距離:4.71mm

とうもろこし畑2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/2082、ISO:100、焦点距離:4.73mm

青空が映えるとうもろこし畑。広角は光量によって全体の雰囲気がきく変わります。OPPO Reno3 Aは影が強く出すぎて花や葉のディテールが一部曖昧に。日当たりの良い場所ではありますが、それでもシャッタースピード1/4000は速すぎです。

OPPO Reno5 Aは最後方の木の葉までしっかりと解像。ポップな雰囲気をしっかりと演出しつつ立体感も感じられる完成度の高い仕上がり。iPhone 12 miniで撮影した時の描写に少し似ている様な気がします。

画質比較6:やや逆光気味の森林を撮影。両端末のカメラ性能差がハッキリと

緑の木陰

【OPPO Reno3 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/475、ISO:100、焦点距離:5mm、露出:-1.2

緑の木陰2

【OPPO Reno5 A】F値:1.7、シャッタースピード:1/103、ISO:100、焦点距離:4.73mm、露出:-1.2

逆光気味だったので露出を-1.2に調整して撮影しています。OPPO Reno3 Aは元々が暗めなので、露出を下げると木のディテールが黒つぶれしてほぼ分からない状態に。

OPPO Reno5 Aは露出を下げてもまだ余裕がありますね。後方の青空をうっすらと認識出来ているのも優れたポイント。OPPO Reno3 Aは露出を下げても白飛びを抑えられませんでした。逆光を撮影するには適していないと言えますね。カメラ性能の差がハッキリと出てしまった一枚です。

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラはどちらが優れていたか?

先述している通り、OPPO Reno3 AはOPPO Reno Aからのカメラ強化版として発売されたスマートフォンです。その強化版がまさかここまで画質差をつけられるとは。

明るさを調整すれば何とかなるだろうと最初は思ったのですが、比較6を見るとそれだけではない事が分かります。処理能力に加えてカメラも驚くべき進化を遂げていたOPPO Reno5 A。これ、4万円台前半で本当に良いんですか!?

<<OPPO Reno5 Aを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルワイモバイル

OPPO Reno5 Aの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 765G 5G(7nm)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
電池4,000mAh(最大18W急速充電)
重量182g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • HDR10+:対応
  • 色彩深度:1677万色(8ビット)
  • 色域::96%
  • NTSC:100%
  • DCI-P3
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • 焦点距離:4.73
  • センサーサイズ:1/1.97
  • レンズ枚数:6
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2
  • 焦点距離:1.66
  • レンズ枚数:5
  • 単焦点

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点
おサイフケータイ対応
防水防塵IP68
センサー地磁気センサー、環境光センサー、色温度センサー、近接センサー、加速度センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、歩数計
OSColorOS 11 based on Android™ 11

OPPO Reno5 Aにお勧めな格安SIM

OPPO Reno5 Aが対応する周波数帯

  • 5G:n3/n28/n77/n78 (NSA)
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
    TDD-LTE 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:850/900/1800/1900

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

OPPO Reno5 Aに関連する記事

どこでも便利に使えるスマホ『OPPO Reno5 A 5G』が格安SIMで15,400円!スマホ選びに迷ったらコレ!

家電製品は全般的に『高性能』を求めるとその分価格が上がります。スマートフォンも当然例外ではありません。総務省が公表している『情報通信白書のポイント(令和3年版)』によると、スマートフォンの世帯保有率は ...

SONYから名ばかりの下位機種Xperia 10 III Lite登場!OPPO Reno5 Aと優れたポイントを比較

SONYから5G対応の最新スマートフォン『Xperia 10 III Lite』が登場しました。4月14日に既にリリースされている『Xperia 10 III』との違いとしては、まずストレージが128 ...

OCNモバイルONEでスマホセール第二弾開始!OPPOが超安!Reno 5A 5Gが1万7千!Reno Aは1円に!

格安SIMのOCNモバイルONEが、スマホSALEの第二弾をスタート。期間は8月20日(金)午前11時から9月3日(金)の午前11時まで。セールの対象となっているスマートフォンとセール特別価格は下記の ...

すっかり人気が定着!OPPOが前年比+81%で2021年第2四半期は日本スマートフォン市場でも第4位のメーカーに躍進!

大手グローバルスマートフォンメーカーの『OPPO』は、日本スマートフォン市場において、2021年度第四半期に前年比で出荷台数+81%を達成(調査会社Canalysが発表した2021年第2四半期スマート ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Reno3 A, OPPO Reno5 A, SIMフリー, カテゴリー, カメラ, カメラ, カメラネタ, カメラ比較, カメラ画質比較, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信