Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Pocket

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受付が開始され、発売は7月以降。Softbankの独占販売となります。発売予定価格は18万7920円(税込)。

Leitz Phone 1

Softbankより

Leitz Phone 1はカメラにAQUOS R6と同じ1インチサイズのイメージセンサーを採用。焦点距離19mmのSUMMICRONレンズを7枚使用しています。『Leitz Looks』という専用のモノクロ撮影モードを備え、ライカらしい美しい仕上がりの写真をスマートフォンで撮る事が可能です。

AQUOS R6もライカの監修なので、色味などが微妙に違うのかは注目すべきポイント。

Softbankより

ディスプレイはAQUOS R6と同じ6.6インチのPro IGZO OLEDを採用。リフレッシュレートは1Hz-240Hz(120Hz分は黒を挿入)の自動変動式。10億色(10bit)表示に対応し、撮影した動画や写真を色鮮やかに表示。ライカが発信する厳選写真『LFIギャラリー』にも対応します。

Softbankより

SocにはSnapdragon 888を採用し、メモリ12GB/256GBの大容量。セキュリティ強度20倍、指紋認証速度2倍、検出エリアが11倍に拡大した3D超音波指紋センサーを備えます。

デザインはドイツのミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが行っており、ライカらしい機能美と手にとった時の寒色の良さを追求。ライカのロゴマークが入ったマグネット式のレンズキャップに加え、ホコリや湿気から端末を守るオリジナルケースも付属。

オリジナルレンズキャップ

Softbankより

オリジナルケース

Softbankより

18万円を超えるのでスマートフォンにしては高く感じますが、100万近いライカのデジカメを使っている人からするとお得に感じるのかもしれません。

AQUOS R6とLEITZ PHONE 1の主要スペック比較

モデルAQUOS R6LEITZ PHONE 1
SocSnapdragon 888Snapdragon 888
容量12GB/128GB12GB/64GB
電池5,000mAh5,000mAh
サイズ約74×162×9.5mm約74×162×9.5mm
重量約207g約212g
Micro SDmicroSDXC(1TBまで)microSDXC対応(1TBまで)
画面サイズ:6.6インチ
種類: Pro IGZO OLED
解像度:1260×2730ピクセル
コントラスト比:20000000:1
リフレッシュレート:最大240Hz(120Hzは黒挿入)
ピーク輝度:2000nits
10bit表示:対応
サイズ:6.6インチ
種類: Pro IGZO OLED
解像度:1260×2730ピクセル
コントラスト比:不明
リフレッシュレート:不明
ピーク輝度:不明
10bit表示:対応
カメラ
リアカメラ

メインカメラ(ライカ監修)
解像度:2020万画素
F値:1.9
レンズ構成:7枚(SUMMICRON)
センサーサイズ:1 インチ
焦点距離:19mm(35mm換算)
深度測定:ToF

フロントカメラ

メインカメラ
解像度:1260万画素
F値:2.3

リアカメラ

メインカメラ(ライカ監修)
解像度:2020万画素
F値:1.9
レンズ構成:7枚(SUMMICRON)
センサーサイズ:1 インチ
焦点距離:19mm(35mm換算)
深度測定:ToF

フロントカメラ

メインカメラ
解像度:1260万画素
F値:不明

おサイフケータイ対応対応
防水防塵IPX5/8(お風呂防水対応)/ IP6XIPX5/IPX8
Bluetooth5.25.2
スピーカーステレオ不明
OSAndroid11Android11

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォンSHARP

格安SIMに関連する記事

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

超豪華!格安SIMスマホセールにOPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Pro登場

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

Mi 11 Lite 5G
IIJmioでMi 11 Lite 5Gが次回入荷未定。OCNモバイルONEも品切れ。セールでの購入が難しい状況に・・

格安SIMの『OCNモバイルONE』『IIJmio』で開催されているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの期間限定キャンペーン。 OCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時まで2万円(新規 ...

mi 11 lite 5g
OCNモバイルONEでMi 11 Lite 5Gを2万円で買えるのは7月16日まで!駆け込み需要の品切れに気をつけろ!

OCNモバイルONEが7月16日(金)午前11時まで行っているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの発売記念特価SALE。セール期間中であればメーカー参考価格43,800円(税込)のMi 11 L ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Leitz Phone 1, SIMフリー, SoftBank, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, ,

© 2021 ハイパーガジェット通信