ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gはどっちが買い?カメラ、ディスプレイを比較

Pocket

Xiaomi Redmi Note 10 Pro Mi 11 Lite 5G

記事に書かれている内容

Xiaomiの最新スマートフォン!自分の用途に合わせて買うべきモデルをしっかりと選定しよう!

スマートフォンのカメラ画質を最も大きく左右するのはイメージセンサー

スマートフォンのカメラ画質に最も大きな影響を与えるのがイメージセンサーです。イメージセンサーのサイズが大きくなる程光の取得量が上がり、低ISO、手ブレのしづらい状態での撮影が可能に。幅広いシーンにおいて画質が向上します。

イメージセンサー

Redmi Note 10 Proは1/1.52インチの大型イメージセンサーを搭載

Xiaomi Redmi Note 10 Proは、メーカー参考価格34,800円という低価格ながら1/1.52インチの大型センサーSamsung ISOCELL HM2を採用。Redmi Note 10 Proのカメラ画質がフラッグシップモデルと比較しても互角であるのは、イメージセンサーが大型である事がもっとも大きな理由として挙げられます。


Mi 11 Lite 5Gは1/1.97インチのイメージセンサーを搭載。カメラで選ぶならRedmi Note 10 Proの方がお勧め

6月24日に日本発売が決定しているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの想定市場売価は43,800円gsmarenaいわく、イメージセンサーには1/1.97インチSamsung GW3を搭載。ISOCELL HM2と同時期にリリースされたイメージセンサーで、位置づけ的には下位モデル。

Redmi 9TやRedmi Note 9Sに採用されているイメージセンサーのサイズが1/2なので画質的にはそれらに近いものとなるでしょう。よって、カメラ画質を優先するのであればRedmi Note 10 Proの方がお勧めです。

<<Redmi Note 10 Proを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場IIJmioBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE

レンズのレイアウトから立体デザインにまでこだわりをみせたRedmi Note 10 Proのカメラ

快適にスマートフォンを使いたいのであれば、ディスプレイスペックの高いモデルを選ぶべき

ディスプレイについてもRedmi Note 10 ProとMi 11 Lite 5Gを比較してみましょう。Redmi Note 10 Proのディスプレイは120Hzリフレッシュレート240Hz(実測値は300Hz超え)のタッチサンプリングレートに対応。そしてピーク輝度1,200nitsとどれもフラッグシップ並の高性能。

リフレッシュレートが高い程画面表示は滑らかになり、タッチサンプリングレートが上がるとタッチレスポンスは向上させます。ピーク輝度はHDRコンテンツの表示を明瞭に行う上でとても重要。さらに直射日光下での視認性がアップします。少しでも快適にスマートフォンを使いたいのであれば、ディスプレイスペックの高いモデルを選ぶ必要があるという事です。

Mi 11 Lite 5Gのディスプレイ性能はRedmi Note 10 Proを下回る

Mi 11 Lite 5Gはリフレッシュレート90Hz、そしてピーク輝度は800nitsに留まり、Redmi Note 10 Proのディスプレイからはスペックを落としています。HDR10+への対応はメリットと言えますが、HDRコンテンツを表示する上でもっとも重要なのは輝度。

いくらコンテンツに対応していても、輝度が低いディスプレイではHDRコンテンツを美しく表示する事は出来ません。Redmi Note 10 Proが対応するHDR規格は10ですが、ピーク輝度が1,200nitsなのでHDRコンテンツを見るのに適しているのはRedmi Note 10 Proのディスプレイである事が明確です。

<<Redmi Note 10 Proを購入出来る店舗>>Amazon楽天市場IIJmioBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE

Redmi Note 10 ProはHDRコンテンツの再生に対応。iPhone 12 miniと同等の美しい表示

上からRedmi 9T、Redmi Note 10 Pro、iPhone 12 mini

ゲーム性能で選ぶならSnapdragon 780Gを搭載するMi 11 Lite 5Gがお勧め

Mi 11 Liteの方が明らかに優れていると言えるのはSoc性能Snapdragon 780Gは700シリーズの中でもフラッグシップよりの処理能力を持つ高性能モデル。カメラ画質、ディスプレイ性能よりゲームプレイ環境を重視するのであれば、Mi 11 Lite 5Gを購入すべき。

Mi 11 Lite 5GはFeliCaチップ搭載でおサイフケータイに対応

Mi 11 Lite 5GはFeliCaチップを搭載するのでおサイフケータイの利用が可能。ただしRedmi Note 10 ProもNFCに対応するのでVisaのタッチ決済が使えます。単純にQRコードの表示が面倒だという人はVisaのタッチ決済で十分に事足りるはず。通学、通勤の定期をスマートフォンに入れていない人は検討してみては。

Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proはどちらを買うべきなのか?

スペックがかなりハッキリと分かれているので、比較的選びやすいかと思います。カメラとディスプレイを重視するのであればRedmi Note 10 Pro。ゲーム環境とおサイフケータイが必要なのであればMi 11 Lite 5Gです。5Gネットワークへの対応は、日常的に利用出来る環境がまだ当分整いそうにないのであまり考慮しなくて良いかと。あと価格差が9千円程度ある事も忘れずに!

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大33W急速充電)
重量193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,250mAh(最大33W急速充電)
重量159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC対応
オーディオデュアルスピーカー
OSMIUI12(Android 11)

Redmi Note 10 Pro販売価格一覧(6月19日時点)

  • Amazon34,800円(348ポイント還元)
  • 楽天市場34,800円2,784ポイント還元楽天モバイルユーザー、楽天カードでの支払い)
  • IIJmio:【新規】32,450円、【MNP(他社からの乗り換え】19,800円
  • イオンモバイル:【新規、MNP(他社からの乗り換え】33,800円
  • BIGLOBEモバイル:【新規、MNP(他社からの乗り換え】34,689円20,000円相当ポイント還元
  • OCNモバイルONE:【新規、MNP(他社からの乗り換え】18,000円(31日まで限定セール)

格安SIMの音声対応SIM利用料金一覧(税込)

OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルイオンモバイル
1GB:770円2GB:858円1GB:1,078円0.5GB:1,023円
3GB:990円4GB:1,078円3GB:1,200円2GB:1078円
6GB:1,320円8GB:1,518円6GB:1,870円3GB:1,298円
10GB:1,600円15GB:1,848円-5GB:1,518円
-20GB:2,068円-10GB:2,068円

音声対応SIMの利用料金が一番安い格安SIMはOCNモバイルONE

最も利用料金が安いのはOCNモバイルONE(限定セール中)。容量は1GBと少なめですが、在宅ワークに切り替わり、インターネットの利用は殆どWi-Fi接続という人にとっては最適なプラン。容量にやや余裕を持たせたいという人はIIJmioの2GBで858円もお勧め。千円以内でスマートフォンが持てる時代がやってきました。

OCNモバイルONEなら月額770円でスマートフォンが持てる

OCNモバイルONEを利用するメリット

格安SIMのOCNモバイルONEは月額770円でスマホが運用出来る!音楽聴き放題!Wi-Fiスポット使い放題!

  • 音声対応SIMの利用料金が770円(1GB)~
  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 容量128GBで月額330円(税込)のオンラインストレージマイポケットの通信がカウントフリー
  • グローバルIP接続(動的)による安定した通信環境
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引を受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円

>>OCNモバイルONE(限定セール中)

IIJmioを利用するメリット

IIJmioは月額857円で2GB使える!低速300kbsで5Gネットワークにも対応!

  • 音声対応SIMの利用料金が858円(2GB)~
  • みおふぉんダイヤルアプリを使えば通話料金半額
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引が受けられる
  • docomo/auから回線を選べる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 高速/低速の切り替えが可能
  • 低速時の速度が最大300kbps
  • 5Gネットワークが使える
  • 解約金及びMNP転出手数料0円

>>IIJmio

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

続きを見る

BIGLOBEモバイルを利用するメリット

BIGLOBEモバイルと言えばエンタメフリーオプション!308円追加するだけでYouTubeが観放題、対応音楽配信サービス聴き放題に!

  • 月額308円のエンタメフリー・オプションに申し込めば対象となる動画、音楽、電子書籍配信サービスに関する通信がカウントフリー
  • BIGLOBEでんわアプリを使えば通話料金半額
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引が受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • docomo/auから回線を選べる

>>BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでRedmi Note 10 Proが限定セール中
格安SIMのBIGLOBEモバイルでXiaomi Redmi Note 10 Proが実質12,689円!早い者勝ちだ!

記事に書かれている内容1 4月16日からXiaomi Redmi Note 10 Proの発売がスタート!BIGLOBEモバイルなら実質12,689円2 格安SIMのBIGLOBEモバイルではXiao ...

続きを見る

イオンモバイルを利用するメリット

イオンの店舗で気軽に契約出来るイオンモバイル

  • イオンでんわアプリを使えば通話料が半額
  • 余ったデータを翌月に繰越し可能
  • 高速/低速の切り替えが可能
  • docomo/auから回線を選べる
  • 最低契約期間及び解約金なし

>>イオンモバイル

自分にとってベストな格安SIMをチョイスすればコストパフォーマンスは大きく変わる!

料金の安さとサービスの充実度はOCNモバイルONEがダントツ

音声対応SIMが770円から利用。一番安いのに対象サービスのカウントフリーが無料で使えて、グローバルIP接続(動的)なので通信は安定。通話割引を受けるのに専用アプリ不要。オプション目的でOCNモバイルONE(限定セール中)の1GBプランを利用するのは大いにアリですね。ちなみにOCNモバイルONE(限定セール中)は低速時の速度を最大200kbpsと公表していますが、実測して200kbpsを下回った事がほぼ無いのは嬉しい誤算。

>>OCNモバイルONE(限定セール中)

低速300kbps、5Gサービスが使えるIIJmio

IIJmioのサービスはただ安いだけではありません。なんとデフォルトで5Gサービスに対応しています(6月以降提供予定)。ただし5Gに関しては通信キャリアですらまともに使えない状況なので、あくまでオマケ程度と考えましょう。5Gより遥かに魅力的なのが低速時の速度。元々200kbpsだったのを4月からは300kbpsに引き上げ。2GBで契約しても思っている以上に利便性が高そうです。

>>IIJmio

格安SIMでも動画や音楽をトコトン楽しみたいならBIGLOBEモバイル

格安SIMではBIGLOBEモバイルのみが提供している、対象の動画、音楽、読書サービスがノーカウントで通信し放題になるエンタメフリーオプション。オンラインサービスヘビーユーザーは、モバイル通信の利用料金が5千円を超えている人が多い筈。BIGLOBEモバイルであれば1,628円で放題環境を構築可能。格安SIM=通信量節約という概念を取っ払ってくれます。

>>BIGLOBEモバイル

3社と比較するとやや魅力にかけるイオンモバイル

OCNモバイルONE(限定セール中)IIJmioBIGLOBEモバイルと比較するとややサービス内容に魅力を感じないイオンモバイル。あくまでイオンの店舗で手軽に契約出来るのが一番のメリットといったところでしょうか。オンラインから契約する場合は他社の方が良いかもしれませんね。

>>イオンモバイル

Redmi Note 10 Proに関連する最新セール情報

超人気スマホ
人気絶頂の4Gスマホ!Xiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7700円。お勧めしない理由がない

Xiaomiより 『BCNランキング』や『Amazon売れ筋ランキング』でTOP10の常連になっている超人気スマートフォン『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。Redmi Note 1 ...

redmi note 10 pro
一推しの4GスマホXiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7,700円の投げ売り状態に突入!

Xiaomiより 最近主流となっているのは『5Gネットワーク』に対応するスマートフォン。しかし一般的に5Gが普及するにはまだ時間がかかるので、コストパフォーマンスで選ぶなら5Gスマホと比較して割安な『 ...

8/2迄!OPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Proが格安SIMで激安SALE

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

【初月無料】Redmi Note 10 Proの在庫がBIGLOBEモバイルで本日復活!実質12,689円!争奪戦に!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならRedmi Note 10 Proを実質12,689円で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOB ...

Redmi Note 10 Proに関連する動画

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大33W急速充電)
重量193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proに関連する記事

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

iPhone 13のカメラ画質を検証
カメラの画素サイズが拡大したiPhone 13とiPhone 12 mini、Pixel 5a、激安スマホを撮り比べ!

画素サイズが1.7µmに拡大し、光を47%多く取り込めるようになったとされるiPhone 13のメインカメラ。iPhone 12シリーズでは最上位モデルとなるiPhone 12 Pro Maxにのみ搭 ...

本家グーグルカメラ『Pixel 5a』とGCamを入れたXiaomi Redmi Note 10 Proを戦わせてみた

51,700円(税込)という手頃な価格で購入可能なグーグルの『Pixel 5a』。Pixelシリーズと言えば高画質な『Googleカメラ』の評価が高いスマートフォン。カメラを目的に購入している人は多い ...

Redmi Note 10 Pro
シャオミのRedmi Note 10 Proで楽しく節約!10月8日までは格安SIMで7,700円!買うなら今でしょ!

Xiaomiより 円安が一気に進み、スーパーや量販店に行くと毎回何かしらの商品が値上げされています。消耗品は一度購入して終わりでは無いので、年に換算すると恐ろしい出費に。例え数十円の値上げでも侮っては ...

超人気スマホ
人気絶頂の4Gスマホ!Xiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7700円。お勧めしない理由がない

Xiaomiより 『BCNランキング』や『Amazon売れ筋ランキング』でTOP10の常連になっている超人気スマートフォン『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。Redmi Note 1 ...

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiRedmi Note 10 Pro格安SIM

格安SIMに関連する記事

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

普段着みたいに使えるスマホRedmi 9T
ガンガン遊べるラクなスマホ!『Xiaomi Redmi 9T』を普段着感覚で使い倒そう!25日まで格安SIMで1円!

家の中で着ている普段着に対して『生地を傷めるから着るのを控えよう』といった気遣いはしないですよね。気遣いしなくて良いからこそ楽に気持ちよく着れるのが『普段着』です。 そんな普段着の様に気兼ねなく使える ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi 11 Lite 5G, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信