ハイパーガジェットチャンネル

格安5Gスマホ『OPPO A54 5G』『OPPO Reno5 A 5G』の違いとは?価格と性能を総合的に比較してみた

Pocket

OPPOの5Gスマホ

OPPOの最新スマートフォン『OPPO A54 5G』『OPPO Reno5 A 5G』。5G世代のエントリー、ミッドレンジモデルです。メーカー希望価格はOPPO A54 5Gが31,800円(税込)でOPPO Reno5 A 5Gが43,800円(税込)。両モデルのスペックを比較して、どの程度性能に違いがあるのかを検証していきたいと思います!

OPPOの5Gスマホ『OPPO A54 5G』『OPPO Reno5 A 5G』を比較

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5GのSocを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
Soc:Qualcomm Snapdragon 480(8nm)
  • CPU:
    Kryo 460 Gold×2コア @ 2.0GHz
    Kryo 460 Silver×6コア @ 1.8GHz
  • GPU: Adreno 619
Soc:Qualcomm Snapdragon 765G(7nm)
  • CPU:
    Kryo 475 Prime×1コア @ 2.4GHz
    Kryo 475 Gold×1コア @ 2.2GHz
    Kryo 475 Silver×6コア @ 1.8GHz
  • GPU: Adreno 620
Antutu(Ver.9)

314,057(GIZMOLOGI参照)

Antutu(Ver.9)

365,620(実測)

OPPO Reno5 Aが搭載するSnapdragon 765Gには高周波数コアが2コア採用されており、プロセスサイズもやや小さめとなる7nmSnapdragon 480もエントリーモデルながら最大周波数が2.0GHzと高め。GPUにはSnapdragon 750Gと同じAdreno 619を採用するなど、全体的にかなりしっかりとした構成に。

Antutuのトータルベンチマークスコア差は5万程度。Snapdragon 480の方が低いのは当然ですが、エントリーモデルながら30万を超えているのは驚異。Snapdragon 665を搭載するOPPO Reno3 AのAnutuベンチマークスコア200,427(実測)を遥かに超えています。ウェブブラウジングなどが日常的な使い方の人はまず不自由を感じる事は無いでしょう。

ただしゲームをするならSnapdragon 765Gがお勧め。元々フレーム落ちの無い安定した表示が特徴でしたが、最近GPUが最適化されたのかAsphalt 9の表示がフラッグシップモデル並に滑らかに。没入感が格段に向上しました。最高のグラフィックパフォーマンスを求めるならフラッグシップモデルですが、気分転換にゲームをする程度であればOPPO Reno5 Aで十分すぎるかと。

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gののメモリ・ストレージを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
4GB/64GB
  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ: UFS2.1
6GB/128GB
  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:不明

Soc性能は大健闘なOPPO A54 5Gですが、メモリとストレージ容量に関してはミッドレンジを超えられません。最近はメモリ大容量モデルが人気なので、Soc性能ではなく6GBメモリに惹かれてOPPO Reno5 Aを選ぶ人もいるのでは。

OPPO Reno5 Aはメモリとストレージが大容量というだけでなく、データの読み書き速度がとにかく速い(実測)!メモリにLPDDR4X、ストレージにUFS2.1を採用するOPPO Reno3 Aとは比較したところ驚く程の差が出ました。

メモリサイズが大きいメリットは複数のアプリを同時に使用しても動作スピードが遅くならない事。さらにデータの読み書きが素早いOPPO Reno5 A。軽い動作環境を求めるのであれば、やはり上位モデルとなるミッドレンジを選ぶのが吉です。

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gのディスプレイスペックを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • DCI-P3:100%
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • 色彩深度:1677万色(8ビット)
  • 色域::96%
  • NTSC:100%
  • DCI-P3

公開されている情報は若干異なりますが、恐らく同じディスプレイが使われているのかと。有機ELではなく液晶が使用されているのはやや残念なポイントですが、90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、60Hzのディスプレイと比較して表示は格段に滑らか。

OPPO Reno5 Aタッチサンプリングレートは180Hzと公表されていますが、実測したところ250Hz超え。滑らかな表示に加えて手に吸い付くようなタッチレスポンスを体感出来ます。2年程度前に購入したスマートフォンからの機種変であれば、操作性の向上にきっと驚きますよ!

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gの電池・充電スペックを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
  • 電池容量:5,000mAh
  • 充電速度:最大18W
  • 電池容量:4,000mAh
  • 充電速度:最大18W

電池容量ではエントリーモデルのOPPO A54 5Gがリード。Socのプロセスサイズが8nmまで縮小しているので、長い電池もちを期待できるでしょう。90Hzのリフレッシュレート設定、5Gネットワークへの接続時は消費電力が上がりやすくなります。ゲームはあまりしないけどスマートフォンの使用時間が長いという人は、OPPO A54 5Gを選択した方が利便性の高さを感じられるかもしれません。

OPPO A54 5G

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gのデザインを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
縦: 約162.9mm
横: 約74.7mm
厚さ: 約8.4mm
質量: 約190g
指紋認証:側面
カラー:ファンタスティックパープル、シルバーブラック
縦: 約162.0mm
横: 約74.6mm
厚さ: 約8.2mm
重量: 約182g
指紋認証:背面
カラー:シルバー・ブラック、アイスブルー
OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

OPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno5 A 5G

サイズと重量にはそこまで大きな違いがありません。OPPO Reno5 A 5Gは片手でも持ちやすく軽いです。ただどうしても気になってしまうのが背面にある指紋認証OPPO A54 5Gは指紋認証が側面。なぜOPPO Reno5 Aだけ背面!認証精度に関しては側面より背面の方が優れていると感じるので、全てがデメリットという訳ではありませんが。

カラーはシルバーブラックが共通色となり、OPPO A54 5Gにはグラデーションが鮮やかなファンタスティックパープルOPPO Reno5 A 5Gには落ち着いたアイスブルーが用意されています。カラーに関してはケースを装着するとカスタマイズ出来るので、デザインに拘りがある人は指紋認証の位置で選んでしまっても良いのかも!

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gのカメラスペックを比較

OPPO A54 5GOPPO Reno5 A 5G
メインカメラ

  • 解像度:4,800画素
  • F値:1.7

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

    • 解像度:1,600万画素
    • F値:2.0
メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

    • 解像度:1,600万画素
    • F値:2.0
    • 画角:79度

カメラは公開されている情報が少なく、イメージセンサー等の詳細が分かりません。よって実際に撮ってみるしかないのです。OPPO Reno5 AOPPO Reno3 Aと実写比較を行いました。OPPO Reno3 Aはカメラ画質強化モデルなので、もしかしたらOPPO Reno5 Aの方が低画質なのでは。と撮影する前は思っていました。

しかし実際に撮り比べてみるとそれはとんでもない勘違い!OPPO Reno5 Aは最大解像度が上がったというだけでなく、画質がはっきりと分かるレベルに向上。今後OPPO A54 5Gも購入し、OPPO Reno5 Aと実写比較を行う予定。カメラに拘りのある方は少々お待ちください!

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aを撮り比べ!あまりにもハッキリと分かれた明暗。買うべきスマホはこっち

記事に書かれている内容1 OPPO Reno3 Aからパフォーマンスを上げすぎたOPPO Reno5 A2 OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラスペック3 OPPO Reno5 ...

続きを見る

OPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5Gはどちらを買うべきか?

処理能力的にはエントリーモデルとミッドレンジ程の差を感じさせないであろうOPPO A54 5GとOPPO Reno5 A 5G。ディスプレイスペックも同等なので、負荷の重いゲームはせず、You Tubeの視聴や音楽鑑賞(LDAC対応)がメインという人はOPPO A54 5Gで満足出来ると思います。電池容量も大きめですしね。

OPPO Reno5 A 5Gはメモリとストレージ容量が大きくゲーム性能も高め。そして恐らくカメラ画質も上です。さらにおサイフケータイに加えて最高レベルとなる防水防塵規格IP68をサポート。伊達にワンランク上の階級ではありません。

どちらも5Gネットワークに対応するので長く使えるスマートフォンである事は間違いなし。利用用途をしっかりと考えて自分にあったモデルをセレクトしましょう!

OPPO A54 5Gの主な仕様

重量約190g
サイズ(mm)約75mm×163mm×8.4mm
連続通話時間約2,700分
連続待受時間約400時間
電池容量5,000mAh
充電時間約136分(18W(9V/2A)のUSB PD/ACアダプター使用時)
充電Qualcomm®Quick Charge™ 2.0(18W)
USB Power Dellvery2.0(18W)
OSColorOS 11 (Based on Android™ 11)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
オクタコアCPU:2.0GHz×2+1.8GHz×6
内部メモリRAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC™ 最大1TB
SIMカードスロットトリプルスロット
nanoSIM×2+microSD×1
SIMタイプnanoSIM
ディスプレイ約6.5インチ/フルHD+(2400×1080)/TFT-LCD/90Hz
アウトカメラ【メイン】約4,800万画素(F値1.7)
【超広角】約800万画素(F値2.2/画角119°)
【モノクロ】約200万画素(F値2.4)
【マクロ】約200万画素(F値2.4)
インカメラ約1,600万画素(f/2.0 絞り値)
対応周波数GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41/42
5G NR: n3/n28/n77/n78
無線通信方法Wi-Fi®:2.4/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
テザリング対応
BluetoothVer.5.1
位置情報GPS / Beidou / GLONASS / QZSS
USBポートUSB Type-C™ / USB 2.0対応 / OTG対応
センサー磁気センサー / 近接センサー / 光センサー / 加速度センサー / ジャイロセンサー / ステップカウント機能対応
サウンドシステムモノラルスピーカー / 3.5mm イヤホンジャック
生体認証側面指紋認証・顔認証
本体付属品SIM取出し用ピン×1 / 保護ケース×1 /
保護フィルム(貼付済み)×1 /
安全ガイド×1 / クイックガイド×1

OPPO A54 5Gにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

OPPO Reno5 Aの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 765G 5G(7nm)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
電池4,000mAh(最大18W急速充電)
重量182g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • HDR10+:対応
  • 色彩深度:1677万色(8ビット)
  • 色域::96%
  • NTSC:100%
  • DCI-P3
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • 焦点距離:4.73
  • センサーサイズ:1/1.97
  • レンズ枚数:6
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2
  • 焦点距離:1.66
  • レンズ枚数:5
  • 単焦点

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:1.77
  • レンズ枚数:3
  • 単焦点
おサイフケータイ対応
防水防塵IP68
センサー地磁気センサー、環境光センサー、色温度センサー、近接センサー、加速度センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、歩数計
対応周波数
  • 5G:n3/n28/n77/n78 (NSA)
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
    TDD-LTE 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:850/900/1800/1900
OSColorOS 11 based on Android™ 11

OPPO Reno5 Aにお勧めな格安SIM

OPPO Reno5 Aが対応する周波数帯

  • 5G:n3/n28/n77/n78 (NSA)
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
    TDD-LTE 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:850/900/1800/1900
docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

月額550円のDAPかけ放題スマホの作り方
格安SIMのOCNモバイルONEと楽天モバイルなら月額550円で音楽聴き放題&国内通話かけ放題な激安DAPスマホ完成!

通信業者はそれぞれ異なるオプションサービスを提供し、基本料金以外の部分で他社と差別化を図っています。殆どが有料ですが、中には『無料』で使えるものも。 OCNモバイルONEより 無料で使えるオプションサ ...

povo2.0とRakuten Linkで作る0円のかけ放題スマホ
povo2.0と楽天モバイルで作る基本料金『0円』のかけ放題スマホ。Rakuten Linkは他社回線でも通話可能!

月額基本料金『0円』で利用可能な通信サービス『povo 2.0』と『楽天モバイル』。申し込み手数料や解約手数料も『0円』。さらに従来の物理的なSIMカードに加えて『eSIM』まで選択出来る。控えめに言 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

AQUOS sense6を一番安く買えるお店は?
IGZOが有機ELに超進化!10億色表示対応のAQUOS sense6を安く買えるのは?格安SIMなら期間限定2万円

SHARPは2021年11月26日(金)に、大人気シリーズとなるAQUOS senseの最新モデル『AQUOS sense6』のSIMフリー版を発売開始しました。『ライトカッパー』『シルバー』『ブラッ ...

通勤通学で動画観るなら8インチタブレットFire HD 8が最適
動画視聴・音楽鑑賞目的でタブレット買うならAmazonのFire HD 8が正解な理由。通勤通学が毎日楽しみになるはず

家でも通勤通学中でも2WAYで使えるタブレットのギリギリサイズが『8インチ』。8インチを超えると体積的に混雑する場所での使用が難しくなり、しかも10インチ程度だと重さが500g近くなるので持っている手 ...

Xiaomi 11T Pro日本モデルがMIUI 12.5 Enhancedにアップデート
Xiaomi 11T ProがMIUI 12.5 Enhancedにアップデート!日本モデル初。軽量最適化が止まらない

Xiaomiが提供しているファームウェア『MIUI』の最新バージョンは『12.5』です。MIUI12.5ではMIUI 12からCPU使用率を22%削減して15%の低消費電力化を実現。スペックが低いスマ ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO A54 5G, OPPO Reno5 A, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信