ハイパーガジェットチャンネル

色々と『ラク』になったMi Band 6が国内リリース!Mi Band 5との違いとは?画面が大きくなっただけじゃない

Pocket

Xiaomiは6月24日、最新スマートフォンMi 11 Lite 5Gと同時にMi Band 6をリリースしました。販売予想価格は5,990円(税込)で発売開始は7月9日から。

Mi Band 6

Xiaomiより

Mi Bandシリーズは世界で最も売れているスマートバンド。日本中にXiaomiの名前を知らしめる立役者にもなりました。最新モデルとなるMi Band 6は前モデルMi Band 5からどの部分が進化したのか。スペックの違いをチェックしてみましょう。

Xiaomi Mi Band 5とMi Band 6の仕様

Mi Band 5Mi Band 6
画面サイズ:1.56インチ
タイプ:有機 EL
解像度:152×486(Pixel)
最大輝度:450 nit
サイズ:1.1インチ
タイプ:有機 EL
解像度:126×294(Pixel)
最大輝度:450 nit
センサー高精度6軸センサー
3軸ジャイロスコープ
3軸加速度計
PPG心拍数センサー
高精度6軸センサー
3軸ジャイロスコープ
3軸加速度計
PPG心拍数センサー
電池容量125mAh125mAh
最大連続駆動時間最大14日間最大14日間
対応スポーツ11種類30種類
スポーツ自動認識なし6種類
血中酸素飽和度(レベル)測定×
月経周期
睡眠モニタリング
ストレスチェック
24時間心拍数測定
PAI活力指数評価
サイズ46.95 × 18.15 × 12.45 mm47.4 × 18.6 × 12.7 mm
重量11.9g12.8g
防水5ATM5ATM
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBluetooth 5.0

ディスプレイが1.56インチに。表示領域50%拡大

ホームボタンが廃止され、1.1インチ(152×486ピクセル)から1.56インチ(152×486ピクセル)に大きく拡大したディスプレイ。表示領域が50%広がりスマートバンドでは見づらかったテキストデータの視認性が向上。スマートバンドというよりスマートウォッチらしさが増したイメージですね。最初はモノクロ表示で時刻を確認出来ればそれで十分だったMi Band。ついにここまで来ましたか。

スマートバンド

Mi Band 6

スマートバンド

Mi Band 5

血中酸素飽和度(レベル)の測定が可能

新型コロナウィルスの重症化を防ぐ上で重要な指標とされている血中酸素飽和度。厚労省は重症度の分類を以下の様に定義しています。

  • 軽症:血中飽和酸素度96%以上
  • 中等症I(心不全なし):血中飽和酸素度93%~96%以上
  • 中等症II(心不全あり):血中飽和酸素度93%以下

血中酸素飽和度は睡眠の質を測る上でも有効です。通常睡眠時は95%程度の飽和度を維持。しかし無呼吸が続くと90%以下に低下します。しっかり睡眠時間をとっても疲れが中々とれないという場合は、一度Mi Band 6で無呼吸状態の有無をチェックしてみましょう。

血中酸素濃度測定

測定出来るスポーツの種類が11種類から30種類に。その内6種類は自動認識に対応

Mi Band 5では『屋外ランニング』『パワーウォーキング』『サイクリング』『屋内ランニング』『プールスイミング』『フリースタイル』『屋内サイクリング』『エリプティカル』『ジャンプロープ』『ヨガ』『ローイングマシン』といった11種類のスポーツに対応。

Mi Band 6ではそれが30種類に増え、『卓球』『キックボクシング』『ストリートダンス』『バレーボール』『バスケットボール』『アイススケート』といった様々なスポーツが追加。

30種類の測定が可能

さらに『アウトドアランニング』『トレッドミル』『ローイングマシン』『エリプティカル』『ウォーキング』『サイクリング』の6種類については自動検出され設定が不要に。より手間要らずな測定が可能となりました。自動検出に当てはまるトレーニングを日課としている人は、これだけで買う価値ありですね。

6種類のスポーツを自動認識

Xiaomi Mi Band 6を買う価値はあるのか?

スマートウォッチとスマートバンドの一番大きな違いはディスプレイのサイズ。しかしMi Watch Liteはベゼルが広いので無駄にサイズが大きくスタイリッシュとは言えません(実機を持っています)。着けていて違和感が無いのも間違いなくMi Band 5の方です。

そのMi Band 5から表示領域を広げてスマートバンドの弱点を減らし、かつ『ウォーキング』や『サイクリング』といったベーシックなスポーツの検出を自動的に行ってくれるようになったMi Band 6。実用面での機能向上があまりに魅力的。

血中酸素飽和度測定という今の時代に合わせた機能も追加され、より健康管理アイテムとしての価値が上がったスマートバンド。やる気を出させてくれる管理アプリXiaomi Wearが使えるのも大きなメリット。スマートウォッチを使ってたけど邪魔に感じてタンスの肥やしになってる人。そんな人にお勧めしたいですね。

Xiaomi Mi Band 6を購入可能な店舗

7月9日から順次発売開始。

MVNO

IIJmioBIGLOBEモバイル

オンラインストア

Amazon、ひかりTVショッピング、Softbankコレクション、ムラウチ.COM

量販店

エディオン、ケーズデンキ、ビックコジマ、ジョウシン、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Gadget NEWS, XIAOMI, Xiaomi Mi Band 5, Xiaomi Mi Band 6, カテゴリー, ハイガジェ注目トピックス
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信