IIJmioがMi 11 Lite 5Gの価格を発表!Redmi Note 10 ProはMNP特価を1万5千に値下げ

iijmio mi11 lite 5g

Mi 11 Lite 5G』取り扱い店舗の一つとなっていたIIJmioが、ついに販売価格と発売開始日を発表しました。通常販売価格は一括払いで38,000円(税込)。24回払いで1,595円/月(税込)。他社からギガプラン(音声通話機能付きSIM(音声SIM))への乗り換えの場合は一括払いが19,980円(税込)で24回払いが841円/月(税込)

さらに大人気モデル『Redmi Note 10 Pro』も合わせて値下げを敢行。通常販売価格は32,450円(税込)、24回払いが1,353円(税込)と変わらずですが、他社からギガプラン(音声通話機能付きSIM(音声SIM))への乗り換えの場合は一括払いが15,000円(税込)で24回払いが625円/月(税込)に。OCNモバイルONEとの値下げ戦争が激化しています。

Mi 11 Lite 5G』は7月9日(金)午前10時に発売開始予定。『Redmi Note 10 Pro』の割引キャンペーンは7月9日(金)から8月31日(火)23時59分まで適用されます。

ミッドレンジの壁をぶち抜くXiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に登場。絶対に買うべき理由とは

Xiaomiの最新スマートフォン『Mi 11 Lite 5G』。159gというiPhone 12を下回る軽さ、6.8mmの薄さは非力なイメージを連想させるでしょう。しかし実際は違います。

この薄さと軽さを実現出来たのは『Snapdragon 780G』という新型Socのお陰。700シリーズではじめてSnapdragon 888やAppleのA14 Bionicと同じ『5nm』のプロセスサイズを採用しています。

プロセスサイズに伴いトランジスタのサイズが小さくなり低消費電力での駆動が可能に。最近では電池容量5,000mAhを超えるスマートフォンが増えていますが、Mi 11 Lite 5Gは低消費電力化により4,250mAhに電池容量を削減。これが軽量化の第一要因となっています。

イメージセンサーについては非公表ですが、カメラの突起部分がわずか1.77mmである事から画素サイズを落としたセンサーを利用している可能性が大。通常画素サイズを小さくすると光の取得量が減り、低照度においては画質が低下。

それを補うのがISP『Qualcomm Spectra™ 570L』です。最上位モデルの800シリーズにと同様にISPを3つ備え、各レンズから一度に2,500万画素の解像度で3枚の画像を撮影する事が可能。低照度や夜景撮影時に強い効力を発揮します。

つまり『電池容量の削減』『画素サイズの縮小』という本来デメリットになりうる部分を、Mi 11 Lite 5Gは『5nmのプロセスサイズ』と『Qualcomm Spectra™ 570L』により解消。トレードオフが起こらない状況を計算して薄型・軽量化を行ったのは見事としか言いようがありません。

mi 11 lite 5g

Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは50万オーバーと処理能力も高いMi 11 Lite 5G。様々な進化を凝縮したSnapdragon 780Gがミッドレンジとフラッグシップの壁を破壊します。

格安SIMの音声対応SIM利用料金一覧(税込)

OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルmineo
1GB:770円2GB:858円1GB:1,078円1GB:1,298円
3GB:990円4GB:1,078円3GB:1,200円5GB:1,518円
6GB:1,320円8GB:1,518円6GB:1,870円10GB:1,958円
10GB:1,760円15GB:1,848円-20GB:2,178円
-20GB:2,068円--

IIJmioを選ぶメリット

  • 音声対応SIMの利用料金が850円(2GB)~
  • みおふぉんダイヤルアプリを使えば通話料金半額
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引が受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 高速/低速切り替えが可能
  • 低速時の速度が最大300kbps
  • 解約金及びMNP転出手数料0円
  • 無料で5Gオプションへの申込みが可能
  • 同一ID内でのデータ容量シェア、プレゼントに対応
  • 1GBの容量をを220円で追加出来る
  • 初期費用1円(8月31日まで)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,250mAh(最大33W急速充電)
重量159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC対応
オーディオデュアルスピーカー
OSMIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, IIJmio, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 10 Pro, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, , , , , , ,