5G世代のエントリーモデルOPPO A54 5Gの実力を徹底検証!スナドラ400シリーズってポンコツじゃないの?

Pocket

OPPO A54 5G

5G世代のエントリーモデルとなるOPPO A54 5G。Socには『Snapdragon 480 5G』を採用しています。Snapdragon 400シリーズ搭載モデルと言えば、少し前まではおサイフや防水といった特化ポイントが他に無い場合は、人にお勧め出来るスマートフォンではありませんでした。あくまでOSが動作すれば良い程度のもの。

しかしアップグレードが進み、前世代となるSnapdragon 460でようやくそれなりに使えるようになり、Snapdragon 480 5Gではついに実用レベルに到達した印象。初の5G対応モデルとなる最新Snapdragon 400シリーズの実力を、実測データと共に解説していきたいと思います!

Snapdragon 480 5Gを搭載するOPPO A54 5Gの実力を他のスマートフォンと比較検証

Snapdragon 480 5GとSnapdragon 460のCPU/GPU性能を比較

Snapdragon 480 5GSnapdragon 460
CPU

  • 2コア(2GHz):Kryo 460 Gold
  • 6コア(1.8 GHz): Kryo 460 Silver

GPU

  • Adreno 619L
CPU

  • 4コア(1.8 GHz): Kryo 240 Silver
  • 4コア(1.8 GHz): Kryo 240 Silver

GPU

  • Adreno 610

Snapdragon 480 5Gは400シリーズではじめて最大動作周波数2GHzKryo 460 Goldを採用。AntutuやGeekbench5のスコアがどの程度になるかは見ものです。

GPUはAdreno 619の軽量版となるAdreno 619Lを採用。これはSnapdragon 665の上位モデルとなるSnapdragon 690 5Gに搭載しているGPUと同じものなので、ライトながらそれなりの実力を期待できます。後ほどAsphalt 9をプレイしてどの程度のものかを試してみましょう。

OPPO A54 5G、OPPO Reno3 A、OPPO A73のAntutuベンチマークスコアを比較

Antutu

OPPO A54 5GのAntutuベンチマークスコア

Antutu

OPPO Reno3 AのAntutuベンチマークスコア

Antutu

OPPO A73のAntutuベンチマークスコア

Antutu Ver.9では、Snapdragon 480 5GとSnapdragon 662のGPU計測が今のところはLite版のみに対応。Snapdragon 662とSnapdragon 665をAntutu Ver.8で計測した時両モデルのスコアに大きな差は無かったので、Snapdragon 480 5GとSnapdragon 662の数値は本来もう少し高めである事が想定されます。

それでいて30万弱のスコアを記録したOPPO A54 5G。上位モデルとなる600シリーズを軽々と抜き去っています。CPUのスコアは10万程度。もう400シリーズの面影はありません。これが5G世代の実力か。

OPPO A54 5G、OPPO A73、OPPO Reno3 AのCPU性能をGeekbench5で比較

Geekbench5

OPPO A54 5GのGeekbench5ベンチマークスコア

Geekbench5

OPPO Reno3 AのGeekbench5ベンチマークスコア

Geekbench5

OPPO A73のGeekbench5ベンチマークスコア

CPUの性能をメインに計測してくれるベンチマークアプリGeekbench5。シングルコア、マルチコアともにOPPO A54 5Gが最高値を記録。シングルコアでは特に大きく差が開いています。本当に400シリーズなのでしょうか。

CPUは頭脳として様々な演算を行う最も重要な部品。頭が良くなると効率化が進み動作が高速化。OPPO A54 5GとOPPO A73の比較動画をご覧いただくと、両モデルの性能差をはっきり認識する事が出来ると思います。

OPPO A54 5G、OPPO A73、OPPO Reno3 Aのストレージ/メモリデータ読み書き速度をCPDTで比較

CPDT

OPPOA54 5GをのCPDTで計測した結果

CPDT

OPPO Reno3 AをのCPDTで計測した結果

CPDT

OPPO A73をのCPDTで計測した結果

OPPO A54 5G、OPPO Reno3 A、OPPO A73はメモリにLPDDR4X、ストレージにUFS2.1を採用しています。同じ規格ですが、読み書きスピードはそれぞれ異なるので注意が必要。

CPDTの計測が一番早く終わったのはOPPO A54 5G。結果の詳細を見ていくと、ストレージの読み込みとメモリ速度においてOPPO A54 5Gは特に優秀。パソコンと同様に体感速度に影響を及ぼすメモリとストレージ性能。OPPO A54 5Gが優秀なのは、Socだけではありませんでした。

OPPO A54 5GとOPPO Reno3 Aのゲーム性能を比較

Antutuのベンチマーク測定で、GPUカテゴリーがLite版のみの対応となるSnapdragon 480 5G。もしかするとレンダリング能力が著しく劣るのではないかと不安に思うところも。そこで検証を兼ねてOPPO A54 5GとOPPO Reno3 Aで動作の重いAsphalt 9をプレイ。

動画をご覧いただくとわかるのですが、ドリフトした時の砂煙、光源など高精細な表現がOPPO A54 5GはOPPO Reno3 Aより明らかに優れています。フレームレートも安定している印象。この結果には一安心。OPPO A54 5G、ゲームもそこそこいけちゃうという事ですね。

OPPO A54 5GとXiaomi Redmi 9Tのディスプレイ性能を比較

OPPO A54 5Gのディスプレイは最大90Hzのリフレッシュレート、最大180Hzのタッチサンプリングレート(公式が公開している数値)に対応しています。Redmi 9Tは最大60Hzのリフレッシュレート、最大180Hzのタッチサンプリングレート(実測)に対応。

リフレッシュレートは1秒間に表示可能な画面の切り替え回数を示します。よって数値が大きくなる程スクロールした時の滑らかさが向上。タッチサンプリングレートは1秒間にディスプレイがタッチに反応する回数。数値が上がる程レスポンスが良くなるという事です。

OPPO A54 5Gのタッチサンプリングレートを実測したところ、公式発表数値を上回る250Hz~260Hz程度の数値を記録。映像が暗くて申し訳ないのですが、指の動きに素早く追従しているのは間違いなくOPPO A54 5Gの。表示、操作性共に滑らかかつ俊敏で快適です。エントリーモデル特有のゆったりとした動きではなくなりました。

OPPO A54 5Gはエントリーモデルとしてどう進化したのか?

性能の進化は全て数字として表れていました。体感的にはSnapdragon 720Gを搭載するRedmi Note 9Sの画面が滑らかになり、さらに5Gネットワークに対応した様なイメージ。一時期Snapdragon 450を搭載するarrows M05(2019年12月発売)を所有していましたが完全に別もの。

Snapdragonは400、600、700、800シリーズとランクが存在しますが、性能が一番底上げされたのは間違いなく400シリーズでしょう。600シリーズでもSnapdragon 480 5Gを上回るモデルは少ないです。

5Gネットワークが一般流通したらルーター代わりのサブ機としても長く使い続けられそうなOPPO A54 5G。悪くないと思います。

Antutu

OPPO A54 5Gの主な仕様

重量約190g
サイズ(mm)約75mm×163mm×8.4mm
連続通話時間約2,700分
連続待受時間約400時間
電池容量5,000mAh
充電時間約136分(18W(9V/2A)のUSB PD/ACアダプター使用時)
充電Qualcomm®Quick Charge™ 2.0(18W)
USB Power Dellvery2.0(18W)
OSColorOS 11 (Based on Android™ 11)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
オクタコアCPU:2.0GHz×2+1.8GHz×6
内部メモリRAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC™ 最大1TB
SIMカードスロットトリプルスロット
nanoSIM×2+microSD×1
SIMタイプnanoSIM
ディスプレイ約6.5インチ/フルHD+(2400×1080)/TFT-LCD/90Hz
アウトカメラ【メイン】約4,800万画素(F値1.7)
【超広角】約800万画素(F値2.2/画角119°)
【モノクロ】約200万画素(F値2.4)
【マクロ】約200万画素(F値2.4)
インカメラ約1,600万画素(f/2.0 絞り値)
対応周波数GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41/42
5G NR: n3/n28/n77/n78
無線通信方法Wi-Fi®:2.4/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
テザリング対応
BluetoothVer.5.1
位置情報GPS / Beidou / GLONASS / QZSS
USBポートUSB Type-C™ / USB 2.0対応 / OTG対応
センサー磁気センサー / 近接センサー / 光センサー / 加速度センサー / ジャイロセンサー / ステップカウント機能対応
サウンドシステムモノラルスピーカー / 3.5mm イヤホンジャック
生体認証側面指紋認証・顔認証
本体付属品SIM取出し用ピン×1 / 保護ケース×1 /
保護フィルム(貼付済み)×1 /
安全ガイド×1 / クイックガイド×1

OPPO A54 5Gにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

超豪華!格安SIMスマホセールにOPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Pro登場

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

Mi 11 Lite 5G
IIJmioでMi 11 Lite 5Gが次回入荷未定。OCNモバイルONEも品切れ。セールでの購入が難しい状況に・・

格安SIMの『OCNモバイルONE』『IIJmio』で開催されているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの期間限定キャンペーン。 OCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時まで2万円(新規 ...

mi 11 lite 5g
OCNモバイルONEでMi 11 Lite 5Gを2万円で買えるのは7月16日まで!駆け込み需要の品切れに気をつけろ!

OCNモバイルONEが7月16日(金)午前11時まで行っているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの発売記念特価SALE。セール期間中であればメーカー参考価格43,800円(税込)のMi 11 L ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO A54 5G, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信