Xiaomi Mi Band 6(日本版)レビュー!画面、酸素飽和度測定、運動自動検出をチェック!もはやウォッチだった

Pocket

Mi Band 6

Echo Show 5には9月6日到着と言われていたXiaomi Mi Band 6。なぜか今手元にあります。発売日当日に届きました。どうやら誤報だったようで・・・・こんな事初めてですね。お騒がせいたしました。

しかしAmazonのお陰でMi Band 6の早期到着は私にとって完全にサプライズに!早速開封していきたいと思います。パッケージはかなり豪華な質感。沢山売れてる証拠ですね。

箱

Xiaomi Mi Band 6のパッケージ

Xiaomi Mi Band 6を使用する為の準備

【準備1】Mi Band 6を充電する

充電はMi Band 5から採用されたマグネットタイプ。Mi Band 4まではわざわざバンドを取り外して充電する必要があったので・・・正直面倒でした。Mi Band 6はマグネットを本体裏面の端子にカチッと装着するだけなのでとても楽ちん。

マグネット充電

【準備2】アプリケーションをインストール

まずはXiaomi WearのアプリをスマートフォンにインストールしてMi Band 6とセットアップ。

アプリ

【準備3】アプリにMi Band 6を追加

Xiaomi Wearを開き、プロフィール項目の右上にある『+』マークから『デバイスを追加』。『Mi スマートバンド6』を選択します。

マイプロフィール

デバイス追加

Mi Band 6

ファームウェアの更新が来ていたので指示に従いアップデート。

アップデート

【準備4】表示言語を日本語に設定

追加設定』内にある『言語』を『日本語』に設定しないと、表示が『英語』のままになってしまうので注意しましょう。

追加設定

言語

日本語

【準備5】手を上げて時計を見た時に画面が自動点灯する様に設定

表示させるのに毎回ディスプレイをタッチするのは面倒です。手首を上げたら自動表示されるように設定します。『追加設定』内にある『持ち上げてスリープ解除』から自分の利用環境に合わせた設定を行います。

スリープ解除

スリープ解除を行う開始時刻と終了時刻を設定出来るので、寝ている間にディスプレイが何度も点灯して無駄に電力が消費される事はありません。反応速度も調整可能です。

Mi Band 5から進化した3つのポイントをチェック

Mi Band 5を所有する私がMi Band 6を購入した理由は『表示領域の拡大』『血中酸素飽和度の計測』『6種類のアクティビティを自動検出』の3つ。今回はこの『3つの進化』についてレビューをお届けします!

予想以上に見やすくなったディスプレイ(Mi Band 5と並べて比較)。操作性もアップ

比較

左:Mi Band 6 右:Mi Band 5

ディスプレイの進化は想像を超えていました。Mi Band 5(右)はこれが目一杯情報を表示した状態。下はホームボタン。上にはデッドスペースが存在します。Mi Band 6ではデッドスペースとホームボタンが無くなり、上から下まで全面ディスプレイ。

Mi Band 4からMi Band 5に世代交代した時は見やすくなったなぁと感動したものです。しかしMi Band 6はさらにさらにその上をいきます。ホームボタンは無くなりましたが、スマートフォンのスワイプ操作になれていれば何の問題もありません。プロセッサが変わったのか、動きの滑らかさも格段に向上。交互に操作するとMi Band 5の旧型感半端ないです。

Mi Band 6

表示領域が拡大したので1画面に表示出来る内容がさらに増えました。Xiaomi Wearで選択可能なこのフェイスデザインは、なんと『12種類』の情報をホーム画面に表示。これはもしかして、LINEのメッセージも普通に読めるレベルになっているのでは!?

LINEの通知(他のアプリ含む)をMi Band 6で受けられるように設定

LINEをMi Band 6で受信するには設定が必要です。Xiaomi Wearのプロフィール項目から『アプリの通知』を選択。

アプリ通知

一覧からXiaomi Wearを選択して『通知へのアクセスを許可』をON。続けて『アプリ通知』と『LINE』もONに。LINE以外にもMi Band 6で通知を受けたいアプリがあれば、ついでに設定してしまいましょう。

通知許可

通知へのアクセス

アプリ通知

LINEのメッセージが受信可能になったので、早速どの程度読みやすいかチェック。その結果がコチラ。このレベルでいけるのか。45文字までなら1画面に表示出来ます。読みやすい・・・。これもうスマートバンドじゃなくてスマートウォッチですね。

LINE

血中酸素飽和度を実際に測ってみた

続いて『血中酸素飽和度』の測定。ホーム画面を縦にスクロールするとアイコンが表示。手首の骨部分から1cm程度間隔をあけて、バンドをややきつめにしめます。

バンド装着

心拍数も同時に計測が行われ、30秒かからない程度で終了します。

血中酸素濃度を測定

測定中

血中酸素飽和度測定結果私の測定結果は血中酸素飽和度『98%』。心拍『88』でした。ちゃんと計測出来るのか少し心配でしたが、数値を見る限り問題無さそう。

新型コロナウィルスの重症化を防ぐ上で重要な指標とされている血中酸素飽和度。厚労省は重症度の分類を以下の様に定義しています。

  • 軽症:血中飽和酸素度96%以上
  • 中等症I(心不全なし):血中飽和酸素度93%~96%以上
  • 中等症II(心不全あり):血中飽和酸素度93%以下

また、血中酸素飽和度は睡眠の質を測る上でも有効。通常睡眠時は95%程度の飽和度を維持。しかし無呼吸が続くと90%以下に低下します。しっかり睡眠時間をとっても疲れが中々ぬけない場合は、一度Mi Band 6で無呼吸状態の有無をチェックしてみましょう(『健康モニタリング』から『呼吸スコア』をON)。

呼吸スコア

アクティビティ自動検知は設定がやや難解だった

最後は『アクティビティの自動検出』です!実はこれ、かなり手間取りました。デフォルトの状態で自動的に検出してくれるのだと思い、Mi Band 6を着けて試しに外を走ってみました。その結果・・・何の通知もなく、当然ログもなし。・・・ただ運動しただけでした。

Xiaomi Wear側に何か設定があるのだと思い隈なく探しましたが見当たらず。という事はMi Band 6側に何かあるのか?しかし『ワークアウト』の項目内には何もなし。アップデートで追加されるのだろうか。最後に念の為『設定』を開いたら・・・見つけました!『アクティビティを検出』という求めていた文字を。

アクティビティ検出

アクティビティの検出内にある『ウォーキング』『ランニング』『サイクリング』『楕円形のトレーナー(?)』『ローイングマシン』から、検出したい運動にチェックを入れると、はじめて自動検出機能が動作します。これちょっと・・・分かりづらいですよね。

検出するスポーツ

チェックを入れた状態で該当する運動を5分~10分程度行うと、Mi Band 6がそれを検知してお知らせしてくれる様になりました。画面をタッチするとワークアウト開始。これは楽ちん。検出の精度を上げる為には、Xiaomi Wearの健康モニタリング内にある『アクティビティ検出』をONにします。ここで自動検出の設定を全部出来るようにした方が間違いなく分かりやすいですね。

Mi Band 6を買って良かった?

個人的にはディスプレイ一つとってもお勧めです。Mi Band 5からの変更でこのレベルの感動なので、3や4からだったら一体どんな感覚になるのか?ただし完成度が高いので、ここからの進化は本当に難しそうですね。

血中酸素飽和度は睡眠のモニタリングでどういった効果を発揮するのかとても楽しみ。新型コロナウィルスに関しては、これまで通りしっかり予防してかからない事が大前提。あくまでもしもの時の予防機能として備えておきます。

設定までの道のりが険しかったアクティビティの自動検出。折角なのでどんどん使っていきたいと思います。Apple Watchなどに搭載されている便利機能が、Mi Watchでも使えるとはちょっと感動。

一通り設定が終わったので、後はお気に入りのウォッチフェイスを探すだけ。お楽しみは続きます!Mi Band 5所有者ですが、本当に買って良かったです。

Xiaomi Mi Band 6を購入可能な店舗

7月9日から順次発売開始。

MVNO

IIJmioBIGLOBEモバイル

オンラインストア

Amazon、ひかりTVショッピング、Softbankコレクション、ムラウチ.COM

量販店

エディオン、ケーズデンキ、ビックコジマ、ジョウシン、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ

Xiaomi Mi Band 5とMi Band 6の仕様

Mi Band 5Mi Band 6
画面サイズ:1.56インチ
タイプ:有機 EL
解像度:152×486(Pixel)
最大輝度:450 nit
サイズ:1.1インチ
タイプ:有機 EL
解像度:126×294(Pixel)
最大輝度:450 nit
センサー高精度6軸センサー
3軸ジャイロスコープ
3軸加速度計
PPG心拍数センサー
高精度6軸センサー
3軸ジャイロスコープ
3軸加速度計
PPG心拍数センサー
電池容量125mAh125mAh
最大連続駆動時間最大14日間最大14日間
対応スポーツ11種類30種類
アクティビティ自動検出なし6種類
血中酸素飽和度(レベル)測定×
月経周期
睡眠モニタリング
ストレスチェック
24時間心拍数測定
PAI活力指数評価
サイズ46.95 × 18.15 × 12.45 mm47.4 × 18.6 × 12.7 mm
重量11.9g12.8g
防水5ATM5ATM
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBluetooth 5.0
follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Gadget NEWS, XIAOMI, Xiaomi Mi Band 6, Xiaomi スマートウォッチ, カテゴリー, スマートウォッチ, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, 家電実機レビュー, 総合レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信