Xiaomi Mi 11 Lite 5Gではゲームが遊べない!?MIUIが原因って本当ですか!?落ち着いてください。

Mi 11 Lite 5G ゲーム

最近『Mi 11 Lite 5Gではゲームが遊べない(一部のゲームで動きがカクつく?)!』というようなややヒステリックな内容のレビューを拝見しました。何でもXiaomiMIUIが原因でゲームがまともに動かないのだとか!?大変ですねそれは・・・

MIUIは確かにややリソース過多な状況になっており、アップデートにより改善が行われている最中。私が所有するMi 11は、最新のアップデートにより発熱がかなり抑えられるようになりました。MIUI 13ではリソースの改善が命題となっているので、さらなる軽量化が勧められるでしょう。

MIUI

Mi 11 Lite 5Gでゲームが遊べない』問題に話を戻すと、直接的な原因になっているのはMIUIではありません。ゲームの動作にもっとも影響を与えるのはGPU。そのGPUのドライバによるものです。

最大手半導体メーカーのQualcommは、2019年に『Qualcomm Snapdragon Elite Gaming』というブランドを立ち上げました。Elite Gamingに対応するSocはモデル名の後に『G』がつけられており、この『G』がついたモデルはGPUドライバ単体でのアップデート(Playストア経由も可能)に対応しています。

エリートゲーミング

Qualcommより

Mi 11 Lite 5Gが搭載しているSocは『Snapdragon 780G』。GがついているのでElite Gamingブランドに準拠しています。ゲーム環境が改善されないというのはこのブランド自体を否定する事になるので到底考えづらいのです。

Snapdragon 780G

Qualcommより

OSの更新をして『ゲームが快適に動くようになった』というのは、GPUドライバが同時に更新されているからであって、OS云々の影響ではありません。そもそも、ドライバを提供しているのはスマートフォンメーカーではなくSnapdragon 780Gに関してはQualcomm(GPUはQualcommのAdreno 642)。文句を言うべき相手は本来コチラ。

GPUドライバの件はアップデートにより改善されるにしても、GPU性能の低いスマートフォンを買ってしまっては後からパソコンの様にカスタマイズする事が出来ません。『Qualcomm Snapdragon Elite Gaming』に対応するSocを搭載しつつ、GPU性能の高い端末こそが『ゲームに適したスマートフォン』の第一基準と言えるでしょう。


Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関連する記事

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,250mAh(最大33W急速充電)
重量159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC対応
オーディオデュアルスピーカー
OSMIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Qualcomm, SIMフリー, Snapdragon 780G 5G, XIAOMI, Xiaomi Mi 11 Lite 5G, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,