10億の美しさを追求したOPPO Find X3 ProがOCNモバイルONEで16日から発売!乗り換えなら8万円台!

Pocket

find x3 pro

OPPOより

格安SIMOCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時からとある大手スマートフォンメーカーを代表するフラッグシップモデルの発売を開始。それが『OPPO Fine X3 Pro』です。

SamsungXiaomiと共にグローバル市場で大きなシェアを持つOPPOの最上位。つまり世界照準でもトップモデルという事です。静止画、動画の10bit(10億7千万色)撮影に対応するメインカメラを『2つ』。撮影した画像Fine X3 Pro10億7千万色対応ディスプレイ(LTPO)でそのままプレビュー・編集を行う事が出来ます。

デュアルフラッグシップカメラ

OPPOより

殆どのスマートフォンは8bit(1677万色)対応なので、数字だけ見てもFine X3 Proのカメラとディスプレイがどれだけ色表現に優れているかが分かります。ちょっとしたセミプロ気分を味わえるでしょう。

OPPOより

Socには勿論最高スペックの『Snapdragon 888』。メモリ容量『12GB』、充電最大速度『65W』の超フラッグシップモデル。防塵防水規格は最高ランクとなる『IP68』を取得しています。

最高クラスのスマートフォンだけあって、お値段はメーカー希望小売価格は118,000円(税込)。しかしOCNモバイルONEでは通常販売価格が99,812円(税込)2万円弱お得に販売。

さらに他社からの乗り換えであれば1万3千円割引が適用されて『86,812円(税込)』。iPhone 12 mini並の価格まで下がります。10億色で撮れるメインカメラが2台にiPhone 13 Proに採用が予定されているLTPOディスプレイ(10億色表示)まで搭載して9万ぎり。恐らく殆どの人が毎日使うスマートフォン。少しだけ奮発してみるのもアリかと。ちなみに私はAmazonで予約していたので、明日か明後日届きます。ワクワク!

美しさを追求したスマートフォンOPPO Find 3 Proが毎日の彩りを変える

Find X3 Pro

OPPOより

車の最上位クラスであれば余裕で数千万円。毎日使用するスマートフォンの最上位モデルは118,000円(税込)。もし本当に『最高』に相応しいスマートフォンなのであれば、ちょっと奮発して毎日に彩りを与える事はきっと人生にとってプラスのはず。

Find X3 Pro

OPPOより

Find X3 Proはスマートフォンのランボルギーニと呼べるのか。発売に先駆けて、スペックをしっかり検証していきたいと思います。

ランボルギーニ

Find X3 Proのカメラは『広角』『超広角』『望遠』『顕微鏡』といった4つの要素で構成。

OPPOより

広角カメラは5,000万画素の解像度に対応。レンズのF値は1.8。イメージセンサーにはOPPOがSONYと共同開発した1/1.56インチの『IMX 766』を採用し、階調豊かな10bit(10億色)による撮影を可能とします。

find x3 pro camera

OPPOより

10億色と聞くと保存容量が膨大になりそうですが、Find X3 ProAppleでお馴染みのHEIF(High Efficiency Image File Format)をサポート。10億色のデータを高画質、高圧縮率で保存します。

10億色写真

OPPOより

10bitによる撮影環境は静止画だけでなく動画にも適用。4K解像度と10億色の色数による圧倒的な描写を得られるのは世界屈指のフラッグシップモデルだからこそ。光学式手ブレ補正機能を備えるので、低照度な場所での撮影もバッチリです。

OPPOより

1/1.56インチの大型イメージセンサー』『静止画・動画どちらも10bit(10億色)撮影に対応』。間違いなく世界トップクラスのスマートフォンカメラ。Find X3 Proはこの仕様のカメラをなんと2つも搭載しているんです。

デュアルフラッグシップカメラ

OPPOより

本来は解像度と画質が落ちるのでサブ的な扱いの超広角カメラ。そこに広角カメラと同じ大型イメージセンサー『IMX 766』を採用。つまりFind X3 Proにはメインカメラが2つ

私は画質の劣化を避ける為、普段は広角(メイン)カメラのみで撮影を行っています。しかしFind X3 Proであれば、超広角で撮っても同等の画質が得られる。最高じゃないですか。

広角

OPPOより

超広角

OPPOより

超広角は撮影範囲が広いので、イメージセンサーの大型化や10bit対応により情報量が増えると画像のリアリティが格段に向上。『広く撮れればそれでいい』といった一般的なスマートフォンにおける超広角撮影の概念を、Find X3 Proが見事に消し去ります。

望遠カメラは光学とデジタルを融合させたハイブリッド5倍ズームに対応。マクロを超える『顕微鏡』カメラは最大60倍の大きさで撮影する事が可能。何を撮っているか分からないけどとっても綺麗。だから気になる!SNSに画像をアップすれば皆の興味が集中するはず。

顕微鏡カメラ

OPPOより

顕微鏡カメラ

OPPOより

10bitで撮影可能なFind X3 Proのカメラ。しかしせっかく10bitで撮っても、それを観る環境が無ければ意味がありません。iPhone 12 Pro Maxも10bitで撮る事は出来ますが、公式HPを確認したところ10bit表示に関する記載はありませんでした。Find X3 Proはディスプレイも10bit対応。6.7インチの流れるように美しい大画面で10億色の世界を好きなだけ堪能できます。

10億色ディスプレイ

OPPOより

ディスプレイの解像度はフルHD+を上回るQHD+(3216×1440ピクセル)。最大120Hzのリフレッシュレートに最大240Hzのタッチサンプリングレートをサポートします。しっかりとした最新のフラッグシップ仕様ですね。

120Hz

OPPOより

Find X3 Proのディスプレイにはもう一つ特別な技術が使用されています。それがiPhone 13 Proシリーズへの採用が噂されている『LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)』。Find X3 Proでは既に使えるんです。

LTPOディスプレイ

OPPOより

リフレッシュレートを利用用途に合わせて1~120Hzの間で自動調整。画面をスクロールした時は高いリフレッシュレートで滑らかに。電子書籍やニュースを読む時は低いリフレッシュレートで消費電力を最小限に抑えます。

OPPOの独自急速充電特許技術『65W SuperVOOCフラッシュチャージ』は、わずか10分間で約40%の充電を完了。65Wと聞くと出力が高すぎて安全面が少し心配になりますが、TÜV Rheinlandの認定を取得しているので無駄な心配は不要。第三者機関により安全はしっかりと担保されています。

OPPOより

Socには勿論QualcommのSnapdragon 888。低消費電力化を実現しつつ、CPU性能を25%、GPU性能も35%向上させています。フラッグシップモデルに関しては処理能力が高いのは当たり前なので、他の要素でどれだけ他モデルに性能差をつけているかを注意して見た方が良いですね。

Snapdragon888

OPPOより

各メーカーが『最高のスマートフォン』を目指し、最先端技術を惜しみなく使って開発を進めるフラッグシップモデル。世界的なグローバルメーカーOPPOの最高傑作はやはりただものではありません。

カメラ

OPPOより

たまにしか使わないものに10万円以上投資するのは間違いです。しかしスマートフォンは毎日使うもの。最高の瞬間を何度も味わえるフラッグシップモデル。あなたにとって118,000円(税込)は本当に高いのか。一度じっくり考えてみてはいかがでしょう。

OPPO Find X3 Proを購入可能な店舗

OPPO Find X3 Proの主な仕様

OPPO Find X3 Pro
Soc
Qualcomm Snapdragon 888 5G(5nm)
  • CPU:Kryo™680
    1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
    3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 660
容量12GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5 @ 3200 MHz 4 x 16 bit
  • ストレージ:UFS3.1 @ 2Lanes HS-Gear4
電池
  • 4500mAh(2250mAh x 2)(最大65W急速充電)
サイズ
  • 約163.6×約74×約8.26(mm)
重量
  • 193g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+(3216 x 1440)
  • 表示色:10億7000万色
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:800nits(標準)、1,300nits(HDR再生時)
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • ダイナミックコントラスト比: 12,000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 輝度調整: 8192段階
カメラリアカメラ

  • 広角:約5000万画素(f/1.8絞り値)、ソニーIMX766、1/1.56インチ センサーサイズ、OIS、全画素全方位 PDAF
  • 超広角:約5000万画素 ソニーIMX766 1/1.56インチ センサーサイズ、全画素全方位 PDAF
  • 望遠:約1300万画素(f/2.4絞り値)、ハイブリット5倍光学ズーム、20倍デジタルズーム
  • 顕微鏡:約300万画素(f/3.0絞り値)、60倍の拡大、FHD動画撮影

フロントカメラ

  • 約3200万画素(f/2.4絞り値) /画角 81° /5枚レンズ
センサー
  • 地磁気センサー
  • 環境光センサー
  • 色温度センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 歩数計
SIM
  • nanoSIM×2
NFC
  • 対応
防水
  • IP68
OS
  • ColorOS 11 based on Android ™ 11

OPPO Find X3 Proの対応周波数帯に関する情報

  • 2G: GSM, 850/900/1800/1900 MHz
  • 3G: UMTS (WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
  • 4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(194Mhz: 2496MHz—2690MHz)/42
  • 4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66
  • 4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B42C/B40D/B41D/等
  • 4G+: LTE FDD: B1C/B3C/B7C/B1A+B3A/B1A+B3A+B5A/B1A+B5A/B3A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B1A+B3C/B3A+B41A/B8A+B41A/等
  • 5G NR: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n79

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

超豪華!格安SIMスマホセールにOPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Pro登場

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

Mi 11 Lite 5G
IIJmioでMi 11 Lite 5Gが次回入荷未定。OCNモバイルONEも品切れ。セールでの購入が難しい状況に・・

格安SIMの『OCNモバイルONE』『IIJmio』で開催されているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの期間限定キャンペーン。 OCNモバイルONEでは7月16日(金)午前11時まで2万円(新規 ...

mi 11 lite 5g
OCNモバイルONEでMi 11 Lite 5Gを2万円で買えるのは7月16日まで!駆け込み需要の品切れに気をつけろ!

OCNモバイルONEが7月16日(金)午前11時まで行っているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの発売記念特価SALE。セール期間中であればメーカー参考価格43,800円(税込)のMi 11 L ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Apple Music Android Lossless
Apple MusicがAndroidへのロスレス配信対応!それでもAmazon Music HDがお勧めな4つの理由

記事に書かれている内容1 Apple Musicは2021年6月からハイレゾロスレス音源の配信を開始2 Android端末でApple Musicのロスレスハイレゾ音源を聴く為の設定方法3 Apple ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

記事に書かれている内容1 Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン2 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A ...

レンズカバーガラスとEDレンズがスマホの画質を上げる
レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass ...

Xiaomi MIUI 13ではRAMを3GB拡張出来るらしい!仮想メモリを快適に使えるスマホはどれかを検証してみた!

先日weiboで人気の情報提供者『Panda is bald』が、Xiaomiの次期ファームウェア『MIUI 13』に関する情報を投稿しました。その内容は下記の通り。 weiboより フローティングウ ...

Honorタブレット
Honorがタブレット本格復帰?Honor Tab V7 Proの公式動画公開!Dimensity 1300T搭載か

2020年11月にHuaweiから完全に独立した『Honor』。2021年8月12日にはSnapdragon 888+を搭載する最新フラッグシップモデル『Honor Magic 3 Pro 5G』をグ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Find X3 Pro, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信