ハイパーガジェットチャンネル

OPPO Reno5 A 5Gを買うべきか?まずはOPPO Reno A、OPPO Reno3 Aからの進化を知ろう。

Pocket

OPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno 5A 5Gは一体何が変わったのか?買う前に知っておいた方が良い事実とは

日本のSIMフリースマートフォン市場を活性化させたOPPO Reno A

OPPOが日本市場向けに開発した初のスマートフォン『OPPO Reno A』。IP67の高い防塵防水性能に加え、Socにハイミッドレンジ向けのSnapdragon 710を搭載。メモリを6GBに増量した事でサクサク快適な動作を実現しました。さらにFeliCaチップの採用によりおサイフケータイに対応。大ヒット商品となりOPPOブランドを日本で一気に浸透させました。

スマホ

OPPO Reno A

OPPO Reno Aの後継モデルOPPO Reno3 Aは処理能力が弱点だった

後継モデルとなるOPPO Reno3 AではOPPO Reno Aからカメラ機能を強化し、防塵防水性能も最高レベルとなるIP68にアップグレード。ストレージ容量も2倍の128GBに(OPPO Reno Aは楽天モデルのみが128GB)引き上げられました。

しかしSocがSnapdragon 710からSnapdragon 665にダウングレードされ、処理能力においては退化。この部分に納得がいかず、OPPO Reno3 Aの購入を見送ったという人は大勢いるのでは。

スマートフォン

OPPO Reno3 A

良い所どりで全てのスペックを一気に引き上げたOPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno AOPPO Reno3 A良いところを全て取り入れ、さらにワンランク上に性能をアップさせた最強モデルが『OPPO Reno5 A 5G』です。

OPPO Reno5 A

OPPO Reno3 Aの不満点となったSocはSnapdragon 665からSnapdragon 765Gに3段飛び的なアップグレード。スマートフォンの性能をトータルで示すAntutuのベンチマークスコアは1.5倍程度向上。

Antutu

OPPO Reno3 AのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

OPPO Reno AのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

Antutu

OPPO Reno5 AのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

これは明らかに1世代分の差ではありません。処理能力の高さが魅力となるOPPO Reno Aにも10万程度のスコア差をつける圧倒的高性能。ゲーム環境も体感出来るレベルで大きく改善されました。

滑らか表示に対応。操作もしやすくなったOPPO Reno5 A 5Gのディスプレイ

1秒の間に画面を切り替え可能な回数を示すリフレッシュレート60Hzから最大90Hzにアップ。スクロールした時の表示が30コマ分滑らかになりました。1秒間に画面がタッチに反応する回数を示すタッチサンプリングレート最大180Hzとなり、操作性が向上したのも実用的進化の一つ。

容量はそのままだけど速度が格段に上がったOPPO Reno5 A 5Gのメモリとストレージ。RAMの拡張機能も追加

メモリとストレージ容量はOPPO Reno3 Aと同じ6GB128GBですが、速度を実測してみると中身は完全に別物。データの読み書きが早くなった事で、アプリの起動やデータの移動がさらに高速化しています。

 

しかもOPPO Reno5 A 5Gにはアップデートで『RAM(メモリ)の拡張』機能が追加されました。これはメモリが足りなくなった時にストレージの一部をメモリとして代用出来るもの。拡張可能な容量は5GBまで。合計11GBとなり、複数のアプリを同時に利用してもメモリ容量不足を心配する必要が無くなります。

OPPO Reno5 A 仮想メモリ
OPPO Reno5 Aがアップデートで『仮想メモリ』に対応!最大11GBまで拡張可能に。サクサクな環境がさらに快適に

パソコンでは一般的な『仮想メモリ』。メモリが不足した時にストレージの一部をメモリとして仮想的に使う機能です。ストレージの速度はメモリと比較して遅いので単純に『メモリを増やせる』と認識するのは間違いです ...

続きを見る

撮った瞬間に違いが分かるカメラ。マクロの追加で撮る事が更に楽しく

カメラはOPPO Reno3 Aの4,800万画素からOPPO Reno5 A 5Gでは6,400万画素へ。単純に解像度が高くなっただけではありません。これは実際に撮り比べを行ってみたから言える事です。また、OPPO Reno3 Aでは非搭載だった『マクロカメラ』も加わり、撮る楽しみが更に増えました!

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aを撮り比べ!あまりにもハッキリと分かれた明暗。買うべきスマホはこっち

記事に書かれている内容1 OPPO Reno3 Aからパフォーマンスを上げすぎたOPPO Reno5 A2 OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラスペック3 OPPO Reno5 ...

続きを見る

eSIM、IP68の防塵防水、おサイフケータイ、5G対応など便利が全部入り

SIMフリーモデルはeSIMを内蔵(一時不具合でメニューが表示されていませんでしたが、ソフトウェアの更新で解決。YmobileモデルはeSIM非対応)しているので、オンライン上のやりとりのみでモバイル通信を行う準備は完了。SIMカードが到着するのを待つ必要はありません。

おサイフ

OPPOより

防塵防水性能は『IP68』の最高レベルを維持。『おサイフケータイ』もこれまで通り使えます。OPPO Reno A、OPPO Reno3 A以外のスマートフォンからの機種変でも十分満足出来る超充実モデル。5Gネットワークをサポートしているので、回線が普及したら買い替えなしで高速通信利用可能です。

OPPOより

日本SIMフリースマートフォン市場でトップのシェアを持つまでに成長したOPPO。OPPO Reno5 A 5Gでワンランク上の快適なスマホライフを手に入れましょう!

BCN

SIMフリースマートフォン販売台数シェア推移2020年6月~2021年6月(BCNランキングより)

 

OPPO Reno5 Aの主な仕様

OPPO Reno5 A 5G
SocSnapdragon 765G 5G(7nm)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
電池4,000mAh(最大18W急速充電)
重量182g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • HDR10+:対応
  • 色彩深度:1677万色(8ビット)
  • 色域::96%
  • NTSC:100%
  • DCI-P3
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.0
  • 画角:79度
おサイフケータイ対応
防水防塵IP68
センサー地磁気センサー、環境光センサー、色温度センサー、近接センサー、加速度センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、歩数計
OSColorOS 11 based on Android™ 11

OPPO Reno5 Aに関連するレビュー

OPPO Reno5 Aレビュー
【OPPO Reno5 A総合レビュー】デザイン、処理能力、ディスプレイ性能、カメラ(夜景有)画質、防水性能など

記事に書かれている内容1 OPPO Reno5 Aはこんなスマートフォン2 OPPO Reno5 Aのデザインについて2.1 派手さを抑えつつガラスの質感を活かした上品な見た目2.2 持ち安さを考慮し ...

続きを見る

OPPO Reno5 Aにお勧めな格安SIM

OPPO Reno5 Aが対応する周波数帯

  • 5G:n3/n28/n77/n78 (NSA)
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
    TDD-LTE 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:850/900/1800/1900

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

OPPO Reno5 Aに関連する記事

どこでも便利に使えるスマホ『OPPO Reno5 A 5G』が格安SIMで15,400円!スマホ選びに迷ったらコレ!

家電製品は全般的に『高性能』を求めるとその分価格が上がります。スマートフォンも当然例外ではありません。総務省が公表している『情報通信白書のポイント(令和3年版)』によると、スマートフォンの世帯保有率は ...

SONYから名ばかりの下位機種Xperia 10 III Lite登場!OPPO Reno5 Aと優れたポイントを比較

SONYから5G対応の最新スマートフォン『Xperia 10 III Lite』が登場しました。4月14日に既にリリースされている『Xperia 10 III』との違いとしては、まずストレージが128 ...

OCNモバイルONEでスマホセール第二弾開始!OPPOが超安!Reno 5A 5Gが1万7千!Reno Aは1円に!

格安SIMのOCNモバイルONEが、スマホSALEの第二弾をスタート。期間は8月20日(金)午前11時から9月3日(金)の午前11時まで。セールの対象となっているスマートフォンとセール特別価格は下記の ...

すっかり人気が定着!OPPOが前年比+81%で2021年第2四半期は日本スマートフォン市場でも第4位のメーカーに躍進!

大手グローバルスマートフォンメーカーの『OPPO』は、日本スマートフォン市場において、2021年度第四半期に前年比で出荷台数+81%を達成(調査会社Canalysが発表した2021年第2四半期スマート ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

普段着みたいに使えるスマホRedmi 9T
ガンガン遊べるラクなスマホ!『Xiaomi Redmi 9T』を普段着感覚で使い倒そう!25日まで格安SIMで1円!

家の中で着ている普段着に対して『生地を傷めるから着るのを控えよう』といった気遣いはしないですよね。気遣いしなくて良いからこそ楽に気持ちよく着れるのが『普段着』です。 そんな普段着の様に気兼ねなく使える ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Reno5 A, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信