ハイパーガジェットチャンネル

レンズカバーガラス『Gorilla® Glass with DX』と『EDレンズ』がスマホカメラの画質をワンランク上に

Pocket

レンズカバーとEDレンズ

スマートフォンのディスプレイに使われているガラスで最も代表的なのはコーニング社の『Gorilla® Glass』。7月22日、同社は2018年にリリースしたガラス複合材『Gorilla® Glass with DX』、耐擦傷性レベルを強化モデル『Gorilla® Glass with DX+』を、モバイルデバイスのカメラレンズカバー向けに最適化したと発表しました。

Gorilla® Glass with DX

コーニング社より

コーニング社は2010年に年間3,500億枚だった写真の撮影枚数が今後1兆4,000億枚に増加すると予測。スマートフォンなどのモバイルデバイスに搭載されているカメラの画質は、端末を購入する上で比較される最重要スペックの一つに。

今後さらに画質を引き上げるには、光の取得量を最大化し、かつカメラシステム内の光反射を最小限に抑える事が重要になると考えるコーニング社。

同社の副社長兼ゼネラルマネージャーを務める『Jaymin Amin』によると、『Gorilla® Glass with DX』『Gorilla® Glass with DX+』は耐擦傷性耐久性に優れるだけでなく周囲光の約98%を取り込めると主張。従来の反射防止コーティングを施したレンズカバーは光の取得が約95%に留まるとの事。

『Gorilla® Glass with DX』『Gorilla® Glass with DX+』は反射をしっかりと抑えながら集められる光の量を最大化。これは画質の向上がかなり高い確率で期待出来るでしょう。レンズカバーに目をつけるとは流石コーニング社ですね。

同社の最新ガラスはSamsungの端末がはじめて採用するとの事。8月11日に『Galaxy Unpacked』で最新端末のリリースを行うSamsung。タイミング的に『Gorilla® Glass with DX』『Gorilla® Glass with DX+』の採用はほぼ確定でしょう。

7月24日にリリースが行われたXiaomiの『POCO F3 GT』にも新しいカメラ技術が採用されています。POCO F3 GTのメインカメラは合計6枚構成。5枚のプラスチックレンズに加え、1枚は『EDレンズ』と呼ばれるガラスレンズを採用しています。

6枚レンズ

POCO Indiaより

光はそれぞれ異なる波長で構成されており、レンズで取り込む際には『色収差』が発生します。スマートフォンで撮影した画像を拡大すると、手ブレはしてないけど画像がズレて見える時はありませんか?それが『色収差』です。EDレンズはその色収差を抑える特殊レンズ。色収差を軽減させる事でよりクリアでシャープな画質を得られるように。これ、いち早くPOCO F3 GT以外のスマートフォンにも採用してほしい!

色収差

POCO Indiaより

イメージセンサーのサイズやカメラメーカーとの提携に注目が集まりがちですが、『Gorilla® Glass with DX』『Gorilla® Glass with DX+』と『EDレンズ』を組み合わせれば、間違いなく現状よりスマートフォンのカメラ画質、上がると思いませんか?コストもそこまでかからなそうですし、やったもん勝ちでは!

この記事に関連するカテゴリー

カメラ

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, POCO F3 GT, SIMフリー, カテゴリー, カメラ, カメラ, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信