ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

Pocket

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合Review

記事に書かれている内容

Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン

これまで購入したXiaomiのスマートフォンは10台以上。どこかしら似た要素がありました。しかしMi 11 Lite 5Gは違います。こんなフラットなXiaomiのスマートフォン、見た事がありません。

Mi 11 Lite 5G

一歩間違えれば安っぽくなってしまうミニマムなデザイン。そしてポップなカラーリング。これ、相当攻めてると思います。実機に触れれば分かる事ですが、安っぽさは皆無。届くまでは『男性が持つとかわいらしくなりすぎるかも』と心配でしたがそれも杞憂。

ミニマムデザイン

形状がカッチリしているので、色で遊んでも可愛らしく、安っぽくならないのです。これなら女性男性どちらにもお勧め。ファッションへの適応力もかなり高めです。

クラッチバッグ

そしてMi 11 Lite 5Gは見た目だけのスマートフォンではありません。本当に凄いのはその中身。ついに日本SIMフリー市場でもこのレベルのスマートフォンが買えるようになったんです。

SIMフリースマホ

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの処理性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと徹底比較!

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの総合性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと実測比較(Antutu benchmark)

Mi 11 Lite 5Gの性能を比較

Mi 11 Lite 5G Antutu

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gで実測したAntutuベンチマークスコア

OPPO Reno5A 5Gで実測したAntutuベンチマークスコア

Antutu

Xiaomi Redmi Note 10 Proで実測したAntutuベンチマークスコア

スマートフォンの性能をトータルで数値化してくれるAntutu benchmark(Ver.9)。測定結果から、Snapdragon 765Gを搭載するOPPO Reno5 A 5GSnapdragon 732Gを搭載するRedmi Note 10 Proは近い性能である事が分かります。

大きく差をつけてフラッグシップモデル並みのハイスコアを記録したのがMi 11 Lite 5G。スマートフォンの要となるCPU・GPUのスコアがダントツに高いです。ミッドレンジカテゴリーでこれだけ高性能なスマートフォンは、2021年7月時点においては他にありません。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GのCPU性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと実測比較(Geekbench5)

cpu性能

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gで実測したGeekbench5のスコア

 

geekbench5

OPPO Reno5 A 5Gで実測したGeekbench5のスコア

geekbench

Redmi Note 10 Proで実測したGeekbench5のスコア

CPUの性能を計測するのに特化したアプリ『Geekbench5』。重要なのは複数のアプリを1度に処理する能力を示す『マルチコア』。Mi 11 Lite 5GはOPPO Reno5 A 5Gに1,000近い差をつけて『2,608』という驚異的なハイスコアを記録。

スマートフォンを操作していて動作が『遅い』と感じるのは、そのスマートフォンのCPU性能が低いから。データの処理が行っている操作に追いついていないのです。逆にCPU性能の高いスマートフォンを利用すると待ち時間が減り動。Mi 11 Lite 5Gは『薄い』『軽い』『速い』を兼ね揃えたiPhoneに近いスマートフォンですね。

Xiaomi Mi 11 Lite 5G のGPU性能をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと実測比較(3DMark)

gpu

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gで実測した3DMark(Wikd Life)のスコア

ゲーム性能

OPPO Reno5 A 5Gで実測したGeekbench5のスコア

gpu性能

Redmi Note 10 Proで実測したGeekbench5のスコア

スマートフォンのGPU(グラフィック処理)性能を計測する為のアプリ『3DMark』。かなり重いデータを使って測定するので、GPU性能の低いスマートフォンだとフレームレートが低いまま。フレームレートは1秒間に何回画面が切り替えられているかを示します。フレームレートの数値が高くなるほど表示は滑らかになるという事です。

平均的なフレームレートがOPPO Reno5 A 5Gの2倍程度、Redmi Note 10 Proの3倍程度となったMi 11 Lite 5G。GPU性能が高いのはAntutuのスコア結果ですでに分かっていましたが、まさかここまでとは。このフレームレート差が実際の表示にどの程度影響を与えるのか。気になる方はコチラの動画をご覧ください。かなりインパクトありますよ!

Xiaomi Mi 11 Liteのタッチサンプリングレートを複数のスマートフォンと実測比較(Touch MultiTest)

端末タッチサンプリングレート
moto g8 power115~120Hz
OPPO Reno A150~155Hz
Rakuten Hand155~160Hz
TCL 10 Lite165~170Hz
Xiaomi Mi Note 10 Lite165~170Hz
Xiaomi Mi Note 10170~175Hz
OPPO A5 2020170~175Hz
SONY Xperia 10 II175~180Hz
SHARP AQUOS sense4175~180Hz
Xiaomi Redmi 9T175~180Hz
Xiaomi Redmi Note 9S175~180Hz
Xiaomi Redmi Note 9T175~180Hz
ASUS ZenFone 7175~180Hz
OPPO A73190~195Hz
OPPO Reno3 A190~195Hz
OnePlus 7T215~220Hz
Xaomi Mi 10215~220Hz
OPPO Reno5 A 5G250~260Hz
Xiaomi Mi 10 Lite220~225Hz
Xiaomi Mi 11 Lite 5G310~320Hz
Xiaomi Mi 11320~325Hz
Xiaomi POCO X3330~340Hz
Xiaomi Redmi Note 10 Pro330~340Hz

1秒間にディスプレイがタッチに反応する回数を示すタッチサンプリングレートMi 11 Lite 5Gは最上位モデルMi 11に迫る『310Hz~320Hz』というゲーミングスマートフォン並の高い数値を記録。

私はディスプレイタッチが正直苦手なのですが、Mi 11 Lite 5Gでは比較的文字が打ちやすいと感じます。高いタッチサンプリングレートに加え、フラットディスプレイの採用も影響しているのかもしれません。

GPU性能がフラッグシップ並みに高いMi 11 Lite 5G。今後GPUが最適化されれば、今よりさらに快適な環境で遊べるゲームがどんどん増えます。タッチサンプリングレートの高いスマートフォンは、操作性に優れるのでゲームプレイ向き。軽量なので手が疲れないのもメリットです。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gのディスプレイ表示をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと比較

カラーグラデーション

左からMi 11 Lite 5G、Redmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5G

3モデルの中で唯一10bit(10億7千色)表示に対応するMi 11 Lite 5G。色の広がり方が精細かつ滑らかです。フラッグシップ級のディスプレイを備えるRedmi Note 10 Proと比較しても遜色の無い鮮やかさ。OPPO Reno5 A 5Gは有機ELではなく液晶を採用しているので少し色がくすんでいる印象。

HDR

奥からMi 11 Lite 5G、Redmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5G

液晶と有機ELでは発色が異なるので、HDRコンテンツを表示するのであれば有機EL一択。OPPO Reno5 A 5Gは影になっているわけではなく、これがMAXの明るさです。Mi 11 Lite 5Gはピーク輝度が800nit、Redmi Note 10 Proは1,200nitですが、数値ほど明るさに差は感じません。どちらのディスプレイもうっとりする美しさです。

Xiaomi Mi 11 Lite 5G のストレージ・メモリ速度をRedmi Note 10 Pro、OPPO Reno5 A 5Gと実測比較(CPDT)

CPDT

Mi 11 Lite 5Gで実測したCPDTのスコア

メモリ速度

OPPO Reno5 A 5Gで実測したCPDTのスコア

メモリ・ストレージ速度

Redmi Note 10 Proで実測したCPDTのスコア

ストレージ、メモリに関するデータの読み書き速度をどちらも測定してくれるアプリ『CPDT』。これまで実測したミッドレンジの中で、最も速かったのがOPPO Reno5 A 5G。同じメモリ・ストレージ規格を採用する端末の中でも頭ひとつ抜き出ていました。

そのOPPO Reno5 A 5Gを軽々と抜いてしまったのがMi 11 Lite 5G。メモリの速度は同程度ですが、ストレージは明らかにワンランク上。MIUI12.5にアップデート後、さらに速度が向上しました。ストレージの読み書き速度が上がるとアプリの起動やデータの移動が高速に。ミッドレンジカテゴリー上位モデルとの比較により、Mi 11 Lite 5Gの持つ『Soc』『ディスプレイ』『ストレージ』性能の圧倒的高さが実証されました。

Mi 11 Lite 5G MIUI12.5
軽いスマホXiaomi Mi 11 Lite 5Gが更に軽量化!MIUI 12.5へのアップデートで電池もち改善!

7月15日、Xiaomi Mi 11 Lite 5G日本モデルに対し、MIUI 12からMIUI 12.5へのアップデートが提供されました。バージョンは『MIUI V12.5.2.0.RKIJPXM』 ...

続きを見る

超人気スマホ2強!Xiaomi Mi 11 LiteとOPPO Reno5 Aのカメラ画質を比較!

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aのメインカメラ画質比較1(あじさい)

あじさい

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/100秒、ISO:359、焦点距離:5mm)

花

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/50秒、ISO:141、焦点距離:5mm)

花びらの同じ辺りをスポイトで抽出すると、Mi 11 Lite 5GはR:177、G:200、B:244。OPPO Reno5 A 5GはR:161、G:191、B:217。Mi 11 Lite 5Gは青が強く、全体的に彩度高めでくっきり透明感のあるイメージ。OPPO Reno5 Aは暖色よりで優しい雰囲気ですね。

Mi 11 Lite 5GはISOが359まで上がっていますが、画質の劣化はみられないので許容範囲内。ISOが高い分シャッタースピードが早くなり手ブレが抑えられています。OPPO Reno 5A 5GはISOが低いのでシャッタースピードは2倍。しかしこちらも問題なし。1/50秒程度では手ブレの心配は無用です。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aのメインカメラ画質比較2(ひまわり)

ひまわり

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/586秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

黄色い花

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/1706秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

撮影時は天気が悪かったので、せめて明るい雰囲気の花が撮りたいと思い・・・似合わない曇り空をバックにひまわりを撮影しました。ぱっと見はかなり近い雰囲気。細かい部分を見ていくと、Mi 11 Lite 5Gの方が花びらの陰影が深く立体的。どちらもひまわりの特徴を捉えた良い描写だと思います。晴れた日であれば小暑を伝えられたのに!

Mi 11 Lite 5GはISOをやや高めに撮る傾向にあるのかと思いきや、比較2では数値を50まで落としています。シーンによってしっかりISOが切り替わるのはナイス。OPPO Reno5 A 5GもISO100、シャッタースピード1/1706と余裕たっぷりの撮影環境。曇り空もお構いなしです。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aのメインカメラ画質比較3(ムラサキツメクサ)

小さな花

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/100秒、ISO:102、焦点距離:5mm)

ツメクサ

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/158秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

比較3も両端末の描写は似ています。OPPO Reno5 A 5Gと前モデルOPPO Reno3 Aを比較した時は、全てにおいてOPPO Reno5 A 5Gの圧勝でした。しかしMi 11 Lite 5Gとの比較は違いを見つける方が難しいレベル。

背景と被写体の区別がよりしっかりとされていて、立体的に見えるのはMi 11 Lite 5Gでしょうか。ポートレートモードは使用していませんが、レンズのF値が小さいのである程度被写体に近づく事でご覧の通りの背景ボケ。出来るだけ自然にボカしたい場合は被写体に寄るべし。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aのメインカメラ比較4(広角)

サッカーグラウンド

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/399秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

人工芝

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/1161秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

緑地

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/649秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

公園

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/1867秒、ISO:101、焦点距離:5mm)

広角撮影は2枚同時に比較。Mi 11 Lite 5Gは暖色系、OPPO Reno5 Aは寒色系に。比較1とは逆ですね。色合いが気に入らない場合は、Mi 11 Lite 5GはProモード、OPPO Reno5 A 5Gはエキスパートモードからホワイトバランスの調整が可能。寒色、暖色自由自在です。後はHDRをONにすると木々のディテールがさらにはっきりすると思います。

Mi 11 Lite 5GはどちらもISO50に設定されていますが、この被写体の場合はISO100まで上げた方が良さそう。そうすると全体の明るさがOPPO Reno5 A 5Gに近づきます。白飛びしない程度にシャッタースピードを遅くするのもアリですね(パソコンのディスプレイで見た場合はそう感じましたが、スマートフォンのディスプレイだとMi 11 Lite 5Gの明るさは適正。むしろ明るく見えました。つまりISO50のままでOKですね)。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aのメインカメラ画質比較5(超高解像度)

電波塔

Mi 11 Lite 5G(F値:1.8、シャッタースピード:1/1161秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

タワー

OPPO Reno5 A 5G(F値:1.7、シャッタースピード:1/1783秒、ISO:101、焦点距離:5mm)

Mi 11 Lite 5Gは6,400万画素モード、OPPO Reno5 Aは超高解像度モードに設定して撮影したものをトリミング。近い画質になるかと思いきや大分違いますね。Mi 11 Lite 5Gは少しモヤっとしつつ写真らしい仕上がり。OPPO Reno5 Aは絵に近い雰囲気ですが輪郭はしっかり。

高解像度モードは画素サイズが標準モードより小さくなり画質が劣化しやすいので、あまりお勧めはしません。光がしっかりと確保された環境で、トリミングする事が決まっている時にあ限定して利用した方が良いかと!

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 Aの超広角・メインカメラ画質比較6(望遠)

超広角

Mi 11 Lite 5G 超広角(F値:2.2、シャッタースピード:1/982秒、ISO:50、焦点距離:2mm)

超広角画像

OPPO Reno5 A 5G 超広角(F値:2.2、シャッタースピード:1/1191秒、ISO:100、焦点距離:2mm)

等倍画像

Mi 11 Lite 5G 等倍(F値:1.8、シャッタースピード:1/536秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

倍率100%

OPPO Reno5 A 5G 等倍(F値:1.7、シャッタースピード:1/1450秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

倍率2倍

Mi 11 Lite 5G 2倍ズーム(F値:1.8、シャッタースピード:1/455秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

2倍に拡大

OPPO Reno5 A 5G 2倍ズーム(F値:1.7、シャッタースピード:1/814秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

倍率10倍

Mi 11 Lite 5G 10倍ズーム(F値:1.8、シャッタースピード:1/483秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

10倍に拡大

OPPO Reno5 A 5G 10倍ズーム(F値:1.7、シャッタースピード:1/917秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

倍率20倍

Mi 11 Lite 5G 20倍ズーム(F値:1.8、シャッタースピード:1/498秒、ISO:50、焦点距離:5mm)

20倍に拡大

OPPO Reno5 A 5G 20倍ズーム(F値:1.7、シャッタースピード:1/767秒、ISO:100、焦点距離:5mm)

1枚めは超広角カメラで撮影。それなりに画質差が出ましたね。Mi 11 Lite 5Gの方が明らかに明瞭。イメージセンサーの影響でしょうか。ISO50でこの明るさは優秀です。超広角撮影を多用する人は参考にしてください!

デジタルズームは高解像度モードと同じく画質が劣化しやすいので、普段あまり使っていません。しかし両モデルとも10倍程度までは実用レベル。10倍にしてディテールがここまで高精細とは侮れない。20倍はさすがにかなり粗いですが、鳥がとまっている程度は十分認識出来るでしょう。

Xiaomiの最強カメラスマホRedmi Note 10 ProとMi 11 Liteのカメラ画質を比較!

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較1

光が差し込む木陰の葉っぱを撮影。難しいシーンでも健闘するMi 11 Lite 5G

葉っぱ

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/100秒、ISO:301、焦点距離:5mm

みどり

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/100秒、ISO:70、焦点距離:6mm

葉に光が差し込むやや逆光気味のかなり難しい描写から。今回の画質比較はRedmi Note 10 Proの圧勝だと思っていたのですが、並べてみたらMi 11 Lite 5Gも負けてない。拡大しても大きな遜色はありません。

ただしMi 11 Lite 5GはISOが301まで上がっている点に注目。Redmi Note 10 ProはISO70に抑えられています。ISOは高くなりすぎるとノイズが発生しやすくなり画質が落ちます。今回大きな画質の劣化は見られないので、Mi 11 Lite 5GにとってISO301程度は常用レベルという事になりますね。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較2

日陰で紫のあじさいを撮影。低照度でも自然に明るく撮れるRedmi Note 10 Pro

あじさい

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/100秒、ISO:177、焦点距離:5mm

むらさきの花

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/50秒、ISO:68、焦点距離:6mm

比較2は光の少ない日陰で撮影しているので、イメージセンサーサイズの大きいRedmi Note 10 Proの方が撮影環境は優位。被写体を明るくとらえています。Mi 11 Lite 5Gはフォーカスがしっかりされていてディテールがクッキリ。ややHDRっぽい仕上がりに。

Redmi Note 10 Proは低照度な環境ながらISO68とかなり低め。当然ながら画質に劣化はありません。Mi 11 Lite 5GはISO177まで上がっていますが、比較1と同じくこちらも十分な画質。もう少しだけ明るく撮れていれば尚良かったかなという印象。シャッタースピードで調整出来ますね。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較3

日陰の白い花を撮影。見た目の良さではMi 11 Lite 5G。ありのままに近いのはRedmi Note 10 Pro

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/100秒、ISO:152、焦点距離:5mm

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/50秒、ISO:70、焦点距離:6mm

比較3は・・・Mi 11 Lite 5Gの方が明るく美しく見えますね。数値を見るとRedmi Note 10 Proの方がやはり優れているのですが、ISPやソフトウェアの微妙な違いが出ているという事なのか。ややiPhoneぽい仕上がりです。

Redmi Note 10 Proはかなり余裕のある設定で撮影しているので、これより明るく撮影する事は容易。しかし見方を変えれば自然な雰囲気では撮れているので、このままが良いという人あ実際は多いのかもしれません。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較4

やや日が陰った時間帯に黄色い花を撮影。Mi 11 Lite 5Gはやや露出オーバー。Redmi Note 10 Proは適正

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/218秒、ISO:50、焦点距離:5mm

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/194秒、ISO:50、焦点距離:6mm

比較4はMi 11 Lite 5Gがやや露出オーバー。花びらのディテールが飛んでいます。ISOを50に抑えてこれだけ明るく撮れるのは素晴らしい事ですが、Proモードでシャッタースピードをもう少し早めに設定した方が良いですね。

Redmi Note 10 Proはしっとり落ち着いた雰囲気。適正露出です。また、背景が奥に向かって綺麗にボケているので、被写体が引き立ち立体的な描写に。カメラ性能の高さが実感出来る一枚と言えるでしょう。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較5

晴天の元ひまわりを撮影。Mi 11 Lite 5Gは素晴らしい仕上がり。今後はRedmi Note 10 Proが露出オーバー気味

ひまわり

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/436秒、ISO:50、焦点距離:5mm

ひまわり

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/595秒、ISO:50、焦点距離:6mm

やはりヒマワリを撮影するなら晴天に限りますね!比較4では明るすぎたMi 11 Lite 5Gですが今回は適正露出。逆にRedmi Note 10 Proは明るすぎで花びらのディテールが少し消えてしまっています。しかし夏らしさは感じられるので評価は人によりけりかと。

明るい被写体、光の多い場所だとイメージセンサーが大きいRedmi Note 10 Proは光量過多な傾向に注意。場合によってはシャッタースピードを速めに調整した方が良さそうです。高性能故に必要な減光調整。数年前に発売されたスマートフォンでは到底考えられませんでした。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較6

公園の風景を広角撮影。暗い箇所まで明るく明瞭に撮れるRedmi Note 10 Pro

公園

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/1464秒、ISO:50、焦点距離:5mm

青空

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/1303秒、ISO:50、焦点距離:6mm

比較5は広角撮影。両端末とも青空が美しい。光が強いのでシャッタースピードが速めに設定されています。Mi 11 Lite 5Gは空以外をもう少し明るく撮った方が良かったですね。Redmi Note 10 Proは大型イメージセンサーの特性が活かされ、シャッタースピードを速めつつ広い景色を細部まで明瞭に描写。

どちらもISO50でシャッタースピードが1/1000を超えているので、明るさの調整はかなり余裕をもって行えます。HDRをONにして撮影したら、木の葉のディテールがさらにクッキリと描写されたかもしれません。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較7

線路や町並みを広角撮影。細かい部分まで明るく高精細に描写するRedmi Note 10 Pro

線路

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/689秒、ISO:50、焦点距離:5mm

一望

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/641秒、ISO:50、焦点距離:6mm

 

比較7も広角撮影。Redmi Note 10 Proの方が明るく撮影出来ています。また、拡大しないと分からない程度ですが、細かい部分を高精細に解像出来ているのもRedmi Note 10 Pro。取り込むべき情報量が多い難しい被写体で、高性能カメラが強み発揮しました。

もっとも、Redmi Note 10 Proにはやや劣る画質ですが、Mi 11 Lite 5Gも十分な仕上がり。シャッタースピードにかなり余裕があるので、明るさの調整も画質を落とさず可能です。青空の階調表現が細かく美しいのも特徴かと。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較8

画質が劣化しやすい高解像度設定。明るい場所ではどちらも十分な画質

線路

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/517秒、ISO:50、焦点距離:5mm、6,400万画素(等倍)

電車

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/424秒、ISO:50、焦点距離:6mm、1億800万画素(等倍)

2倍

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/552秒、ISO:50、焦点距離:5mm、6,400万画素(デジタルズーム2倍)

拡大

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/456秒、ISO:50、焦点距離:6mm、1億800万画素(デジタルズーム2倍)

画素サイズが小さくなるので、光の少ない場所ではあまり撮る事をお勧め出来ない超高解像度モード。ただし今回のように光量が十分な晴天下であれば低ISO、速いシャッタースピードで撮れているので問題なし。Redmi Note 10 Pro1億800万画素Mi 11 Lite 5G6,400万画素で撮影可能です。

さらにどちらの端末も高解像度撮影時の2倍ズームに対応。基本的に高解像度画像はトリミングして使う場合が多いと思うので、この機能はとても便利。ちなみに、Redmi Note 9SやRedmi 9Tといった下位モデルは、高解像度撮影時のズームに非対応です。

高解像度撮影は光の取得量が重要になるので、イメージセンサーサイズが大きいRedmi Note 10 Proの撮影環境が優位なのは間違いなし。光のやや少ない場所で撮影すると、画質差は広がると思います。もっとも、低照度環境ではRedmi Note 10 Proであっても高解像度で撮らない方が良いのですけどね。

Xiaomi Mi 11 Lite 5GとRedmi Note 10 Proのメインカメラ画質比較9

デジタルズーム10倍と超高解像度画像のトリミングはどちらが精細か。Mi 11 Lite 5Gのデジタルズームが優秀すぎた

ビル

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/577秒、ISO:50、焦点距離:5mm、デジタルズーム10倍

建物

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/613秒、ISO:50、焦点距離:6mm、デジタルズーム10倍

高解像度

【Mi 11 Lite 5G】F値:1.79、シャッタースピード:1/517秒、ISO:50、焦点距離:5mm、6,400万画素(トリミング)

トリミング

【Redmi Note 10 Pro】F値:1.9、シャッタースピード:1/424秒、ISO:50、焦点距離:6mm、1億800万画素(トリミング)

比較9はデジタル10倍ズームで撮影した画像と、高解像度モードで撮影した画像を同サイズにトリミングした画質を比較。かなり興味深い結果となりました。画質順に並べるとRedmi Note 10 Pro(高解像度)→Mi 11 Lite 5G(10倍ズーム)→Mi 11 Lite 5G(高解像度)→Redmi Note 10 Pro(10倍ズーム)。

Redmi Note 10 Proは高倍率のデジタルズーム時、画質がかなり低下する事が分かりました。ただし高解像度撮影時の画質は秀逸。画像を拡大して使いたい場合は出来るだけ高解像度モード(明るい場所)での撮影をお勧めします。

Mi 11 Lite 5Gのデジタル10倍ズームは劣化が抑えられた素晴らしい画質。高解像度モードで撮ってトリミングするより、デジタルズームを活用した方がデータ容量は少なく手間も省けるので効率的。Redmi Note 10 Proにここまで画質差をつけるとは。ISPとDSP性能の高さが影響しているのか。

Xiaomiが苦手な『夜景画質』をMi 11 Lite 5Gは克服出来たのか?OPPO Reno5 A 5Gと比較検証

Xiaomiのカメラアプリはどちらかと言えば夜景が『苦手』。これまではGCamを導入して誤魔化してきましたが、今のところMi 11 Lite 5Gと相性の合うGCamを見つけられていません。Mi 11 Lite 5Gは昼間の様に夜景でも高い描写を得る事は出来るのか。ミッドレンジでは上位の夜景画質を持つOPPO Reno5 A 5Gとの比較をご覧ください。

【OPPO Reno5 Aの夜景モード】

電車

【OPPO Reno5 Aの夜景モード】

線路

【Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの夜景モード】

前世代のOPPO Reno3 Aと比較を行った際には、圧倒的な格上画質だったOPPO Reno5 A 5G。Mi 11 Lite 5Gの完敗という結果になるのかと思いきや、画質は同等もしくはそれ以上。Mi 11 Lite 5Gはノイズの少なさが際立つ内容に。Xiaomiのカメラアプリ、短期間で間違いなく進化してますね。

続けて光源の扱いが難しいシーンでも比較してみましょう。

【OPPO Reno5 Aの夜景モード】

夜

【Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの夜景モード】

【OPPO Reno5 Aの夜景モード】

【Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの夜景モード】

以前行った夜景の試写では十分明るく撮れていたOPPO Reno5 A 5G。それより遥かに明るいMi 11 Lite 5G。光源を暴走させる事もなく、手前から奥まで明瞭にくっきりと描写。これはSnapdragon 780Gが搭載するトリプルISPQualcomm Spectra™ 570L』の影響が考えられます。

昼間は同等に感じた両モデルのカメラ画質ですが、夜景はMi 11 Lite 5Gの方が優位な印象。苦手分野には程遠い素晴らしい仕上がりでした。このレベルで撮れるならGCamは必要ありませんね。この検証を終えて、Mi 11 Lite 5Gでもっと沢山夜景が撮りたくなりました!

夜の線路

Mi 11 Lite 5G カメラ
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gのカメラは自分好みの彩度、コントラスト、シャープネスを記憶出来るって知ってた?

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが先日MIUI 12からMIUI 12.5にアップデートされました。そのアップデートで追加されたのか、それとも元々使えたのかは分かりませんが、今のところMi 1 ...

続きを見る

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gをお勧めしたいその他ポイント

190gを超えるラインナップの中に加わった159gのMi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5Gが発売されるまで、Xiaomiのスマートフォンはどれも『190g』を超えていました。スマートフォンは手に持って利用するものなので、軽いほど利便性が上がるのは間違い有りません。スマートフォンの利用時間が長すぎて『手が疲れた』という経験は誰もが一度はしているのでは。

Xiaomiが日本国内でリリースしたスマートフォンの重量一覧

端末重量
Mi 10 Lite193g
Mi Note 10 Lite204g
Mi Note 10/10 Pro208g
Redmi Note 10 Pro193g
Redmi Note 9T199g
Redmi 9T198g
Redmi Note 9S209g
Mi 11 Lite 5G159g

190g超え』のラインナップに『159g』という階級違いの重さで登場したのがMi 11 Lite 5G。当然ですが、手に持った瞬間にはっきりと違いが分かります。Redmi Note 9SとMi 11 Lite 5Gの重量差はなんと50g。ヘビー級とフライ級ですね。

Xiaomiのスマートフォン

Mi 11 Lite 5G(手前)とRedmi Note 9S(奥)

軽量化に伴い厚みが削られわずか6.8mmに。さらにカメラ部分にはスケルトン素材を使用して圧迫感を軽減。シンプルなフラットデザインを保つため凹凸をしっかりと抑えられています。

女性に人気が出そう!色鮮やかなパステルカラーのラインナップ

Xiaomiのスマートフォンにしてはとても珍しい、女性からも注目が集まりそうな『ミントグリーン』『シトラスイエロー』の爽やかなパステルカラー。そこに『トリュフブラック』を加えたバランスのとれた3色展開。せっかくの軽量モデルなので、明るい色をセレクトして薄型クリアケースで使いたいですね。

スマートフォン

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

FeliCaチップ搭載によりおサイフケータイが使える

圧倒的な軽さながら、フラッグシップ並みの処理能力を持つMi 11 Lite 5G。『FeliCaチップ』まで搭載する無双ぶり。おサイフケータイアプリが使えるという事です。一度使ったら非対応端末には移れない日本を代表する超人気アプリ。Mi 11 Lite 5Gであれば問題なし。安心して機種変してください。

Mi Note 11 Lite 5G

聴力テスト付きの音量調整機能搭載。LDAC対応で無線でハイレゾが楽しめる!

Mi 11 Lite 5Gはハイレゾ音源の再生に対応。Bluetoothコーデック『LDAC』をサポートするので、無線でハイレゾを聴く事も可能です。さらにXiaomi独自の『音量調整機能』を備え、聴力テストを行う事で左右の耳に合わせたオリジナルプリセットを作成可能。音量もしっかりしているので、スマートフォンで音楽を聴いているのを忘れてしまいそうになります。

Mi 11 Lite 5Gで音楽

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関連する記事

CINEMAGIC
Xiaomi 11Tシリーズは『CINEMAGIC』で映画みたいな動画が撮れる!実は日本で売ってる超薄型軽量スマホでも

Xiaomiより 大手スマートフォンメーカーXiaomiが9月15日に新製品発表会を行い、『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』といったス ...

Mi 11 Lite 5G ナイスミドルスマホ
ナイスミドルなスマホ、Xiaomi Mi 11 Lite 5Gがお値段以上だと言える理由。ハイエンドの前に買うのはコレ

スマートフォンは価格と性能に合わせて『エントリー』『ミドルレンジ』『ハイエンド』に分けられます。最近だと1~2万円台がエントリー、3~5万円台がミドルレンジ、8~10万円以上がハイエンドといったところ ...

Wi-Fi 6対応スマホ
Fire TV Stick 4K Maxを買う人はスマホもWi-Fi 6対応機にしちゃう?ハイエンドじゃなくてもあるよ

9月9日にAmazonがリリースした『Fire TV Stick 4K Max』は、第6世代の新規格『Wi-Fi 6』に同シリーズで初対応。大きな話題となっています。 Amazonより Fire TV ...

お勧めスマホセール
色々と軽すぎる超お勧めスマホ、Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが格安SIMで15,400円に。流石に下げすぎ!

Xiaomiより スマートフォン選びで失敗したくないのであれば、まず搭載している『Soc』を確認する必要があります。Socにはデータを処理する装置やモデムが集積されているので、高性能なモデルを選べばス ...

軽いスマホMi 11 Lite 5G
シャオミのMi 11 Lite 5Gが売れてる理由は大画面で『軽い』から。持って操作した瞬間に最高を感じられるスマホ。

Xiaomiより Xiaomiが日本市場で発売している中で最も『軽い』スマートフォン、それが『Mi 11 Lite 5G』です。持って軽いだけのスマートフォンであれば他にも存在します。しかしMi 11 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,250mAh(最大33W急速充電)
重量159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC対応
オーディオデュアルスピーカー
OSMIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi 11 Lite 5G, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信