ハイパーガジェットチャンネル

Ahamo、LINEMO、povoユーザーにお勧め!格安SIMを活かした『安』くて『快適』なコスパの高いスマホ運用術!

Pocket

DualSIMNTTdocomoの『ahamo』、Softbankの『LINEMO』、auの『povo』。通信キャリアが提供している格安通信サービスです。標準プランは月の通信容量がそれぞれ『20GB』で、20GBを超えると通信速度は『最大1Mbps』に制限されます。

月額利用料金はahamoが2,970円(税込)、LINEMOが2,728円(税込)、povoが2,728円(税込)。ahamoは5分かけ放題が込み。LINEMOとpovoに5分かけ放題を追加すると別途月額550円(税込)の料金が発生します。専用の通話アプリがなく、通話料金が22円/30秒とやや割高である事は契約する前に認識しておきましょう。

また、3サービスのもう一つの短所が『低速への手動切替が出来ない』こと。1Mbpsの速度が出ていれば十分なサービスであっても、20GB使い切るまではトップスピードを維持します。

20GBを使い切った後は550円/1GB通信容量の追加が可能(3社共通)。しかし基本料金を鑑みればこれはかなり割高です。3GB追加したら+1,650円ですからね。

今回はahamo、LINEMO、povoの短所を補いつつ、さらに利便性を高めてくれる格安SIM(MVNO)を紹介したいと思います!

ahamo、LINEMO、povoと格安SIM(MVNO)を組み合わせればこんなに便利!

月額780円~音声通話SIMを利用可能な格安SIM。通信容量に加えて電話番号も追加

2021年に音声対応SIMの利用料金を大幅に値下げしたMVNO各社。中でもOCNモバイルONE(780円/1GB~)とIIJmio(858円/2GB~)はダントツの安さ。『ahamo』『LINEMO』『povo』で容量を追加するより、他社の格安SIMを1枚追加した方がお得な場合もあるのです。

音声対応SIMなので電話番号が付与されるのもメリット。仕事とプライベートで分けたり、LINEやSNSのサブアカウントを認証する為の番号としても最適。より自由なスマホ環境が手に入ります。

通話料金が11円/30秒と激安。OCNモバイルONEなら専用アプリの使用も不要

ahamoには5分かけ放題が付帯しますが、LINEMOとpovoは別途550円の追加料金が必要に。かけ放題を追加したとしても、通話時間が5分をすぎれば22円/30秒の通話料金が発生します。

OCNモバイルONEIIJmioであれば、通話料金は3サービスの半額となる11円/30秒。IIJmioは専用アプリ『みおふぉんダイアルアプリ』を使用する必要がありますが、OCNモバイルONEでは専用アプリの利用が不要。『専用アプリの使い忘れ』を気にする必要が無くなりました。

『高速』『低速(節約)』の切り替えが可能。用途に合わせて通信量の節約が可能に

節約モード

高速通信と低速(節約)通信を切り替えられるのもOCNモバイルONEIIJmioを選ぶメリット。しかもIIJmioは低速時の速度が最大200kbpsから300kbpsに引き上げられました。

IIJmioでは『3日あたりの通信量が366MBを超えると最大300kbpsが適用されなくなる場合がある』、OCNモバイルONEでは『低速(節約モード)での通信量が基本通信容量の半分を超えると、さらに通信速度を200kbps以下に制限する場合がある』という条件はつきますが、通信容量が消費されない状態でスマートフォンを利用出来るのは間違いなく+の要素。

うまく使いこなせば『ahamo』『LINEMO』『povo』の高速通信をこれまで以上にうまく活用出来るはず。月末に容量を追加するといった事態も避けられるでしょう。

対象の音楽配信サービスが通信ノーカウントで聴き放題!ストレスフリーで好きなだけ音楽が聴けるMUSICカウントフリー

音声対応SIMを月額780円/1GB~利用可能なOCNモバイルONEは、独自の無料オプションを提供しています。その内容はというと、対象となる音楽配信サービスの通信がなんと『ノーカウント』に。

2021年7月27日現在で『Amazon Music』『ANiUTa』『AWA』『dヒッツ』『LINE MUSIC』『RecMusic』『Spotify』『ひかりTVミュージック』が含まれます。

Amazon MusicはOCNモバイルONEのMUSICカウントフリーに対応している

音楽配信サービスをすでに利用している人であれば分かると思いますが、大体の場合は音楽を流しっぱなしの状態になるので、気づけ通信量が凄い事に。『通信容量オーバー』の大きな原因に。

一度速度制限を経験すると、せっかく大好きな音楽を聴いていても頭の片隅から『通信量』が離れなくなります。それではストレスがたまる一方。MUSICカウントフリーストレスフリーな音楽鑑賞環境を手に入れましょう!

スマートフォンをMVNOで安く購入し、ahamo、LINEMO、povoでDual SIM運用するのが今のトレンド

dualsim

スマートフォンを市場販売価格より大幅に安く買えるのもMVNOの特長です。限定セール時であれば『1円』という信じられない安さで投げ売りされている事も。なぜそこまで安く販売しているのかと言えば、それがMVNOの『集客方法』だからです。

通信サービスはユーザーが増えなければ利益を上げる事は出来ません。つまり『ユーザーが全て』なのです。そのユーザーを一人でも多く獲得する為にしのぎを削り続けた結果が『端末激安販売』につながっています。

MVNOでスマートフォンを出来るだけ安く購入し、ahamo、LINEMO、povoとDual SIM運用するのがコストパフォーマンスと利便性を極限まで高めたマートフォン運用活用術。去年までは考えられなかった最高の組み合わせ。是非お試しください!

関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, iijmio, OCN モバイル ONE, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信