ハイパーガジェットチャンネル

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

Pocket

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較

Antutu

OPPO Reno3 AのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

Antutu

OPPO Reno5 AのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

Antutu

OPPO Find X3 ProのAntutu(Ver.9)ベンチマークスコア

スマートフォンの性能をトータルでベンチマーク化してくれる『Antutu』。最上位モデルとなるFind X3 ProのスコアはOPPO Reno3 Aと比較して『約3.5倍』、OPPO Reno5 A 5Gと比較して『約2倍』。初っ端からいきなり規格外の強さを見せつけました。これがフラッグシップモデルの実力です。

中でもグラフィックの処理をメインに行うGPU性能のスコア差が特に顕著に。OPPO Reno5 5Gでもある程度快適にゲームで遊ぶ事は出来ますが、最高のグラフィック設定は選択不可能。Find X3 Proにしか見えない景色がゲームの中にあるのです。

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでGeekbench5のスコアを実測比較

geekbench5 OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 AのGeekbench5スコア

geekbench5 OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A 5GのGeekbench5スコア

geekbench5

OPPO Find X3 ProのGeekbench5スコア

スマートフォンの頭脳となるCPUの性能を数値化してくれる『Geekbench5』。CPUの性能が上がるほどアプリの実行速度やレスポンスが早くなるので、高性能なスマートフォン=CPU性能が高いという事になります。

重要になるのが複数の処理を同時にこなす『マルチコア』。Find X3 Proのマルチコアは『3,206』となりOPPO Reno3 Aの『約3倍』、OPPO Reno5 A 5Gの『約2倍』。デフォルトの状態ではOPPO Reno5 A 5Gも十分動きは軽いですが、複数のアプリを立ち上げてマルチタスクで利用すると徐々に動きは重くなります。

Find X3 Proを使っていて『動作が重くなった』と感じた事は今のところありません。これから5Gネットワークが普及すればオンライン環境においても益々動きが『軽くなる』Find X3 Pro。モッサリとおサラバしましょう。

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aで3DMarkのスコアを実測比較

OPPO Find X3 Proの3DMarkスコア

OPPO Reno5 A 5Gの3DMarkスコア

OPPO Reno3 Aの3DMarkスコア

かなり重い動画データを流して表示可能なフレームレートの検証を行う『3DMark』。3DMarkのスコアはGPU性能に直結しており、数値が高いスマートフォンほどグラフィックを処理する能力に秀でています。

Find X3 Proのスコアは『5,716』。OPPO Reno3 Aは『367』と10分の1以下。もはや別のデータで検証を行っているのかと思ってしまう大きな開き。アベレージフレームレートも『2.20』とかなり低いので、OPPO Reno3 Aはゲームプレイに向いていない端末と言えます。

GPU性能の差がしっかりと表れている動画がコチラ。OPPO Reno5 A 5Gに関しては比較的滑らかですが、OPPO Reno3 Aはカクつきがひどいです。Find X3 Proは一切カクつきなく高画質な映画を観ているような動き。没入感を極限まで高めています。

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aでストレージ・メモリ速度を実測比較(CPDT)

CPDT OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 AをCPDTで計測した結果

CPDT OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 AをCPDTで計測した結果

ストレージ速度

OPPO Find X3 ProをCPDTで計測した結果

速度のはやいストレージとメモリを採用しているスマートフォンは、アプリの起動やデータ移動をスムーズに行う事が出来ます。ストレージの書き込み、読み込み速度が一番速かったのはFind X3 Pro。OPPO Reno3 Aとの比較だと速度差は2倍以上。扱うデータ量が大きくなるほど、Find X3 Proを利用するメリットが増すという事です。

メモリ速度も爆速なFind X3 Pro。ミッドレンジ上位モデルのOPPO Reno5 A 5Gを3GB/s程度も上回ります。そして速いだけでなく容量は12GB。高いCPU、GPU性能に加え速度に優れる大容量メモリ搭載。全てがハイスペックなのは、世界を代表する大手スマートフォンメーカーOPPOの最上位モデルFind X3 Proだからこそ。

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aのディスプレイに60fps、90fps、120fpsの動画を表示して比較

Find X3 ProOPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aのディスプレイに『60fps』『90fps』『120fps』の動画を表示しています。Find X3 Proは120Hz、OPPO Reno5 A 5Gは90Hz、OPPO Reno3 Aは60Hzのリフレッシュレートに対応。Hzは1秒間に可能な画面の切り替え回数を示します。

OPPO Reno5 A 5Gは液晶ディスプレイを採用しているので、有機ELと比較して応答速度が遅く残像が多め。OPPO Reno3 Aは90fpsからカクつきが見られます。60fpsから120fpsまで残像、カクつきもなく表示出来るのはFind X3 Proのみ。難しい表示環境でこそ最上位モデルの真価を発揮します。

OPPO Find X3 Proのディスプレイタッチサンプリングレートを複数のスマートフォンと実測比較(Touch MultiTest)

端末タッチサンプリングレート
moto g8 power115~120Hz
OPPO Reno A150~155Hz
Rakuten Hand155~160Hz
TCL 10 Lite165~170Hz
Xiaomi Mi Note 10 Lite165~170Hz
Xiaomi Mi Note 10170~175Hz
OPPO A5 2020170~175Hz
SONY Xperia 10 II175~180Hz
SHARP AQUOS sense4175~180Hz
Xiaomi Redmi 9T175~180Hz
Xiaomi Redmi Note 9S175~180Hz
Xiaomi Redmi Note 9T175~180Hz
ASUS ZenFone 7175~180Hz
OPPO A73190~195Hz
OPPO Reno3 A190~195Hz
OnePlus 7T215~220Hz
Xaomi Mi 10215~220Hz
Xiaomi Mi 10 Lite220~225Hz
OPPO Find X3 Pro240~245Hz
OPPO Reno5 A 5G250~260Hz
Xiaomi Mi 11 Lite 5G310~320Hz
Xiaomi Mi 11320~325Hz
Xiaomi POCO X3330~340Hz
Xiaomi Redmi Note 10 Pro330~340Hz

1秒間にディスプレイがタッチに何回反応するかを示す『タッチサンプリングレート』。公表値より高い数値を記録する端末が多い中、Find X3 Proはほぼ一致で240Hz~245Hz。下位モデルとなるOPPO Reno5 A 5Gからわずかに下回ります。

ただし240Hzというタッチサンプリングレートはそもそもゲーミングスマートフォン並みの高さ。操作性はもちろん抜群です。体感的には数値で僅かに上回るOPPO Reno5 A 5Gより『手に吸い付くような動き』を実現していると感じます。120Hzのリフレッシュレートが関係しているのかと。

OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AのディスプレイにカラーグラデーションとHDRコンテンツを表示して比較

グラデーション

左からOPPO Reno3 A、OPPO Reno5 A 5G、Find X3 Pro

階調が最も滑らかなのは10bit表示に対応するFind X3 Pro。デフォルトのままだと少し分かりづらいですが、拡大すると色表現の精細さが伝わるかと。本当はこういった比較はマクロで撮影した方が良いのかもしれませんね。

HDR

左からFind X3 Pro、OPPO Reno3 A、OPPO Reno5 A 5G

一瞬『あれ?』と思ったのがHDRコンテンツの表示。どうみても真ん中のOPPO Reno3 Aが一番明るくクッキリと表示されてますよね。輝度は3端末とも一番明るい状態です。

全体的に明るく見えるのはOPPO Reno3 Aですが、じっくり見ると色や質感の表現が丁寧なのはFind X3 Pro。実物に近い(実物を見たわけではありませんが)といった表現が適切でしょうか。玄人受けしそうなディスプレイだなと感じました。

OPPO Find X3 Proを購入可能な店舗

OPPO Find X3 Proの主な仕様

OPPO Find X3 Pro
Soc
Qualcomm Snapdragon 888 5G(5nm)
  • CPU:Kryo™680
    1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
    3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 660
容量12GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5 @ 3200 MHz 4 x 16 bit
  • ストレージ:UFS3.1 @ 2Lanes HS-Gear4
電池
  • 4500mAh(2250mAh x 2)(最大65W急速充電)
サイズ
  • 約163.6×約74×約8.26(mm)
重量
  • 193g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+(3216 x 1440)
  • 表示色:10億7000万色
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:800nits(標準)、1,300nits(HDR再生時)
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • ダイナミックコントラスト比: 12,000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 輝度調整: 8192段階
カメラリアカメラ

  • 広角:約5000万画素(f/1.8絞り値)、ソニーIMX766、1/1.56インチ センサーサイズ、OIS、全画素全方位 PDAF
  • 超広角:約5000万画素 ソニーIMX766 1/1.56インチ センサーサイズ、全画素全方位 PDAF
  • 望遠:約1300万画素(f/2.4絞り値)、ハイブリット5倍光学ズーム、20倍デジタルズーム
  • 顕微鏡:約300万画素(f/3.0絞り値)、60倍の拡大、FHD動画撮影

フロントカメラ

  • 約3200万画素(f/2.4絞り値) /画角 81° /5枚レンズ
センサー
  • 地磁気センサー
  • 環境光センサー
  • 色温度センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 歩数計
SIM
  • nanoSIM×2
NFC
  • 対応
防水
  • IP68
OS
  • ColorOS 11 based on Android ™ 11

OPPO Find X3 Proの対応周波数帯に関する情報

  • 2G: GSM, 850/900/1800/1900 MHz
  • 3G: UMTS (WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
  • 4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(194Mhz: 2496MHz—2690MHz)/42
  • 4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66
  • 4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B42C/B40D/B41D/等
  • 4G+: LTE FDD: B1C/B3C/B7C/B1A+B3A/B1A+B3A+B5A/B1A+B5A/B3A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B1A+B3C/B3A+B41A/B8A+B41A/等
  • 5G NR: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n79

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

格安SIMのIIJmioでPOCO F4 GTが4万円台!
公式ストア限定だと思ってたPOCO F4 GTがIIJmioで買える!8月12日発売予定!乗り換えなら45,980円!

格安SIMのIIJmioが、新たに『POCO F4 GT』の取り扱いを発表。発売開始予定は2022年8月12日(金)午前10時から。8月31日(水)までは『MNP限定特価』が適用されます。販売価格は下 ...

povo2.0とLINEMOなら月額千円でデュアルMNO環境構築可能!通信障害にも強い!
povo2.0とLINEMOなら月額『千円』程度でデュアルMNO環境を構築出来る!突発的な通信障害対策にもお勧め。

人々の生活に無くてはならないアイテムの一つとなった『スマートフォン』。『分からない事を調べる』『オンラインショップで買い物』『目的地までの案内』『外国語の通訳』『テレビ電話』『音声通話』『ストリーミン ...

mineならデータ通信し放題、10分かけ放題がセットで6ヶ月間660円!安すぎだろ!
試さずにはいられない!mineoなら『データ通信し放題』『10分かけ放題』がセットで6ヶ月間月額660円!8月31日迄

格安SIMのmineoでは、8周年を記念して2022年8月31日(水)まで『ホーダイホーダイ割』を実施中。その内容が凄いんです。 まず月額『990円(税込)』のマイそく(スタンダード)が6ヶ月間330 ...

電池もちが良くなったOCNモバイルONEでシャオミ、Motorola、オッポのスマホが安い
電池持ちが改善したOCNモバイルONEでMotorola、OPPO、XiaomiのSIMフリースマホがサマーSALE!

格安SIMのOCNモバイルONEでは2022年8月19日金曜日午前11時までの期間限定で『人気のスマホSALE』を開催中。特別価格で購入可能なSIMフリーAndroidスマートフォンは下記の通り(記事 ...

IIJmioが売り切れ注意スマホセール開始!OPPO Reno7 A、Xiaomi 11T Proが安い!
【売切注意】IIJmioがスマホ110円~SALE開始!Xiaomi 11T Pro、OPPO Reno7 Aが驚安

他社からギガプラン(音声SIM)への乗り換え時にスマートフォンを特別価格で購入出来る格安SIMの『IIJmio』。同様のサービスを提供している通信業者は他にもありますが、安さでは同社がダントツ。 II ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
IIJmioが売り切れ注意スマホセール開始!OPPO Reno7 A、Xiaomi 11T Proが安い!
【売切注意】IIJmioがスマホ110円~SALE開始!Xiaomi 11T Pro、OPPO Reno7 Aが驚安

他社からギガプラン(音声SIM)への乗り換え時にスマートフォンを特別価格で購入出来る格安SIMの『IIJmio』。同様のサービスを提供している通信業者は他にもありますが、安さでは同社がダントツ。 II ...

続きを見る

『OCNモバイルONE』『NUROモバイル』『mineo』『IIJmio』『LINEMO』『楽天モバイル』の通信速度を実測
LINEMOがやや復活!OCNモバイルONE、NUROモバイル、楽天モバイル、IIJmio、mineo6社の速度実測!

外出先では主にモバイルネットワークを使用する事になるスマートフォン。通信業者は選り取り見取りですが、契約前に気になるのが『通信速度』。各社によって一度に送受信可能なデータ量の上限が異なるので、ユーザー ...

続きを見る

IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、LINEMO、nuroモバイル、UQモバイルで開催中のお得なキャンペーン2022年7月版
【7月版】LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、NUROモバイル、UQモバイルの得キャンペーン

MNOからMVNOまで様々な選択肢があるモバイル通信業者。ユーザーを奪い取るため、各社では様々なキャンペーンを開催しています。キャンペーン内容は『スマートフォンを信じられない安さで買える』『契約から数 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Google Pixel 6aとZenfone 8をベンチマーク比較したら小型ハイエンドのベストな作り込みが分かった
Pixel 6aはギアチェンが絶妙!Zenfone 8とベンチマーク比較して分かった小型ハイエンドのベストな作り込み。

Googleが2022年7月28日(木)に発売を開始した『Google Pixel 6a』。Socに上位モデル『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』と同じ『Tensor』を採用しつつ、販売価格を ...

Motorola edge 30 Proは1台で2台分使える!パソコン要らずな時代がはじまる
Motorola edge 30 proのReady Forはスマホ1台完結時代を予感させる完成度。PC要らないじゃん

Motorolaがリリースしているスマートフォンの上位機種には、『Ready For』という外部ディスプレイ出力機能が備えられています。日本発売モデルでは『moto g100』『edge 20 fus ...

格安SIMのIIJmioでPOCO F4 GTが4万円台!
公式ストア限定だと思ってたPOCO F4 GTがIIJmioで買える!8月12日発売予定!乗り換えなら45,980円!

格安SIMのIIJmioが、新たに『POCO F4 GT』の取り扱いを発表。発売開始予定は2022年8月12日(金)午前10時から。8月31日(水)までは『MNP限定特価』が適用されます。販売価格は下 ...

OPPO Reno7 A総合レビュー。使って分かるこのスマートフォンの便利さ。見た目だけじゃなかった。
OPPO Reno7 A総合レビュー!デザイン、ディスプレイ、処理能力、電池もち、充電速度、カメラ画質、便利機能まとめ

大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO』は、2019年10月に日本特化モデルとなる『OPPO Reno』シリーズを初投入。SIMフリーながら『防水防塵』『おサイフケータイ(FeliCa)』に対 ...

Fire TV Stick、ECho Show、Ringシリーズが最大45%OFF
プライムデーでFire TV Stick、Echo Show、Ringシリーズを買い逃した人!最大45%OFFやってる

Amazonが2022年7月12日~13日に開催した最大級のセールイベント『プライムデー』。あまりに割引対象製品が多すぎて、『どれを買うべきか決めかねる』まま13日を過ぎていたという人、意外と多いので ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Find X3 Pro, OPPO Reno3 A, OPPO Reno5 A, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信