ハイパーガジェットチャンネル

OPPOの最上位スマホFind X3 ProとXiaomiの超コスパスマホRedmi Note 10 Proを撮り比べ

Pocket

Find X3 Pro Redmi Note 10 Pro

OPPOの最上位モデル『Find X3 Pro』。SocにSnapdragon 888を搭載し、Antutuのトータルベンチマークスコアは70万以上。処理能力については申し分ありません。

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

続きを見る

さらにカメラも特徴的。広角レンズと超広角レンズの両方に、1/1.56インチのメインカメラ用イメージセンサー『SONY IMX 766』を搭載。つまりFind X3 Proにはメインカメラが『2つ』あるという事です。

その2つのメインカメラと比較を行ったのは、3万円台で購入可能な奇跡のネオミッドレンジモデル『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。メインカメラには1/1.52インチの『Samsung ISOCELL HM2』を搭載。イメージセンサーのスペックではFind X3 Proと同等です。

Redmi Note 10 Proが搭載しているイメージセンサーサイズは1/1.52インチと大型

Find X3 Proのメーカー参考価格は118,000円(税込)。Redmi Note 10 Proは34,800円(税込)。OPPOの最上位スマホとXiaomiのコスパ最高なカメラスマホの撮り比べ。はたしてどんな結果になるのか!

OPPOの最上位モデルFind X3 ProとXiaomiのコスパモンスターRedmi Note 10 Proのカメラで撮り比べ!

AI、HDRはOFF、無加工です。WEB掲載用に幅を2,000pxに縮小。JPEGの圧縮率を上げています。画像を選択すると拡大表示。

【画質比較1】緑の多い青空の公園を広角カメラで撮影

晴天

OPPO Find X3 Pro(F値:1.8、シャッタースピード:1/5141秒、ISO:107、焦点距離:6mm)

青空

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:1.9、シャッタースピード:1/1228秒、ISO:50、焦点距離:6mm)

まずは広角カメラから。一見鮮やかに見えるのはFind X3 Proですが、芝生の色が人工色っぽい仕上がりに。青と黄色が強め。AIをONにしていてこの仕上がりなら分かるのですが、OFFでこれはやり過ぎ感。

Redmi Note 10 Proは全体的に落ち着いた仕上がり。芝生、空の色共に自然です。Xiaomiのスマートフォンも端末によっては色が微妙だなと感じる時があります(Redmi 9TにはGCamを入れています)。Redmi Note 10 Proはアップデートされる度に画質が上がっている印象。

【画質比較2】比較1と同じ場所を超広角カメラで撮影

超広角

OPPO Find X3 Pro(F値:2.2、シャッタースピード:1/3660秒、ISO:104、焦点距離:4mm)

芝生

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:2.2、シャッタースピード:1/3502秒、ISO:50、焦点距離:2mm)

比較1と同じ場所で超広角撮影。先程はやや明るすぎると感じたFind X3 Proですが、超広角ではRedmi Note 10 Proに近づいた色合いに。レンズのF値が大きくなっているので、そこでバランスがとれたのかもしれません。ただし雲が少し黒っぽいような。メインカメラが2つあるとソフトウェアの調整がかなり難しそうですね。

Redmi Note 10 Proは普段広角カメラばかり使っており、超広角カメラで撮るのは稀。解像感は明らかにFind X3 Proに軍配が上がりますが、バランスの良さは健在。極端に画質が劣化する訳ではありませんね。

【画質比較3】ひまわり畑を広角カメラで撮影

ひまわり

OPPO Find X3 Pro(F値:1.8、シャッタースピード:1/1204秒、ISO:139、焦点距離:6mm)

花

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:1.9、シャッタースピード:1/185秒、ISO:50、焦点距離:6mm)

Find X3 Proはまた色が少し微妙・・・。花びらの同じあたりの色をPhotoshopで調べると、Find X3 ProはR:237、G:214、B:19。Redmi Note 10 ProはR:255、G:221、B:6。この被写体の場合Find X3 Proは青が強く赤と緑が控えめである事が分かります。

今後ソフトウェアのアップデートで改善されるのか。それともこれを『OPPOの色』として突き通すのか。ユーザーからの声次第でしょうね。Redmi Note 10 Proはもう少し露出を落とした方が立体感が増したかも。

【画質比較4】比較3と同じ場所を超広角カメラで撮影

ヒマワリ畑超広角

OPPO Find X3 Pro(F値:2.2、シャッタースピード:1/860秒、ISO:101、焦点距離:4mm)

畑を広く撮る

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:2.2、シャッタースピード:1/753秒、ISO:50、焦点距離:2mm)

比較3と同じ場所で超広角カメラに切り替えて撮影。ひまわりが満開になってから撮影したら、また違った雰囲気を楽しめそうです。Find X3 Proの色合いは広角カメラとあまり変わらず。

Redmi Note 10 ProはF値が大きくなり、光の取得量が減った事で丁度いい露光量に。画像から受ける臨場感はFind X3 Proの方が上ですが、色は間違いなくRedmi Note 10 Pro。判断が難しい!

【画質比較5】逆光のナツメグサを広角カメラで撮影

ナツメグサ

OPPO Find X3 Pro(F値:1.8、シャッタースピード:1/3111秒、ISO:106、焦点距離:6mm)

ピンクの花

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:1.9、シャッタースピード:1/1210秒、ISO:50、焦点距離:6mm)

逆光気味の被写体を撮影した比較5。両端末ともに光のとらえ方が絶妙。情緒のある一枚ですね。HDRがOFFでもダイナミックレンジの広さが伝わります。Find X3 Proはやはり青が強めだなと感じますが、この場合は『色が深い』という表現に置き変える事が出来るかもしれません。

【画質比較6】日が差し込む竹林を広角カメラで撮影

竹林

OPPO Find X3 Pro(F値:1.8、シャッタースピード:1/954秒、ISO:106、焦点距離:6mm)

竹やぶ

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:1.9、シャッタースピード:1/335秒、ISO:50、焦点距離:6mm)

比較5は日差しが入り込む竹林を撮影。竹の色はともかく、Find X3 Proは芝の色が青すぎます。再三になりますが、AIをONにしてこの色合いであれば特性なのだと理解出来るんです。しかしOFFでこの状態だと『不自然』と感じた人が困るはず。OFF時はRedmi Note 10 Pro程度にナチュラルな方が良いかと。

【画質比較7】カラフルな花畑を広角カメラで撮影

花畑

OPPO Find X3 Pro(F値:1.8、シャッタースピード:1/2567秒、ISO:102、焦点距離:6mm)

黄色い花

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(F値:1.9、シャッタースピード:1/641秒、ISO:50、焦点距離:6mm)

Find X3 Proは明らかに青と赤が強いですが、この様に華やかな被写体の場合は作品として成立している気がします(作り物っぽさは否めませんが)。Redmi Note 10 Proは近くで撮りすぎたせいかややフォーカスが甘いです。Find X3 Proの様な派手さは無く今回もナチュラル。背景ボケも美しく柔らかい雰囲気に仕上がっています。

色に関しては自分の好みに従えば良いと思うので、もしFind X3 Proの色が気に入れば迷わず購入すれば良いかと!Redmi Note 10 Proはこの画質で3万円台という最高のコストパフォーマンス。SNS投稿用のカメラ目的として買っても恐らく満足出来るでしょう!

OPPO Find X3 Proの主な仕様

OPPO Find X3 Pro
Soc
Qualcomm Snapdragon 888 5G(5nm)
  • CPU:Kryo™680
    1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
    3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 660
容量12GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5 @ 3200 MHz 4 x 16 bit
  • ストレージ:UFS3.1 @ 2Lanes HS-Gear4
電池
  • 4500mAh(2250mAh x 2)(最大65W急速充電)
サイズ
  • 約163.6×約74×約8.26(mm)
重量
  • 193g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+(3216 x 1440)
  • 表示色:10億7000万色
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:800nits(標準)、1,300nits(HDR再生時)
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • ダイナミックコントラスト比: 12,000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 輝度調整: 8192段階
カメラリアカメラ

  • 広角:約5000万画素(f/1.8絞り値)、ソニーIMX766、1/1.56インチ センサーサイズ、OIS、全画素全方位 PDAF
  • 超広角:約5000万画素 ソニーIMX766 1/1.56インチ センサーサイズ、全画素全方位 PDAF
  • 望遠:約1300万画素(f/2.4絞り値)、ハイブリット5倍光学ズーム、20倍デジタルズーム
  • 顕微鏡:約300万画素(f/3.0絞り値)、60倍の拡大、FHD動画撮影

フロントカメラ

  • 約3200万画素(f/2.4絞り値) /画角 81° /5枚レンズ
センサー
  • 地磁気センサー
  • 環境光センサー
  • 色温度センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 歩数計
SIM
  • nanoSIM×2
NFC
  • 対応
防水
  • IP68
OS
  • ColorOS 11 based on Android ™ 11

OPPO Find X3 Proの対応周波数帯に関する情報

  • 2G: GSM, 850/900/1800/1900 MHz
  • 3G: UMTS (WCDMA) bands 1/2/4/5/6/8/19
  • 4G: TD-LTE bands 34/38/39/40/41(194Mhz: 2496MHz—2690MHz)/42
  • 4G: LTE FDD bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66
  • 4G+: TD-LTE: B38C/B39C/B40C/B41C/B42C/B40D/B41D/等
  • 4G+: LTE FDD: B1C/B3C/B7C/B1A+B3A/B1A+B3A+B5A/B1A+B5A/B3A+B5A/B1A+B8A/B3A+B8A/B1A+B3C/B3A+B41A/B8A+B41A/等
  • 5G NR: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n79

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大33W急速充電)
重量193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPOXiaomi

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO Find X3 Pro, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, カメラ, カメラ, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信