Anker Soundcore Life Q35を真夏に外でも使いたい!イヤーパッドカバーで夏仕様に変えてみた結果。

ハイレゾBluetoothコーデック『LDAC』に対応しつつ、1万円ちょっとで購入出来るリーズナブルなヘッドフォン『Soundcore Life Q35』。ヘッドフォンはTWS等と違い耳全体を覆うので、最高気温が30度を超える炎天下に外で使用するには適していません。

私は元々クーラーをつけた室内で利用しようと考えていたのですが、思った以上にSoundcore Life Q35の音質を気に入り、外出時にも使いたくなってしまいました。

ヘッドフォン

熱がこもりやすいヘッドフォン。しかもSoundcore Life Q35のイヤーパッド部分は高級感のある『ソフトレザー』素材。明らかに春・秋・冬向けです。夏に外で使用すべきではありません。

イヤーパッド

でも使いたい。とりあえずイヤーパッド部分をどうにかしようとイヤーパッドカバーをAmazonで物色。よく分からないのでとりあえず『Amazon Choice』のマークが付いている商品を購入しました。価格は999円(税込)です。

Amazonチョイス

Amazonより

実際に届いたイヤーパッドカバーがコチラ。簡易的なビニールのパッケージに入っています。

イヤーパッドカバー

パッケージを開けるとイヤーパッドが2組。画像以外に滑り止めのようなものも入っていました。手触りはサラサラしていて伸縮性あり。イメージ画像ではややテカりがありますが実物はなし。ビーズクッションの表面に使われているような素材です。粗利益率高そう・・・

イヤーパッド素材

早速Soundcore Life Q35に装着してみました。8-11cm用なのでサイズはバッチリ。しかし見た目はハッキリ言って微妙・・・。明らかに装着前の方が格好いいです。しかし『真夏にヘッドフォンを外で使う』のが目的。見た目は我慢しなければなりません。

イヤーパッドカバー装着

Soundcore Life Q35にイヤーパッドを装着した状態で、実際に音楽を聴いてみました。耳に触れた感じは良好。これなら多少汗をかいても大丈夫そうです。しかし問題なのが『』。明らかに音質が落ちてしまいました。

ヘッドフォンとの間に1枚膜が出来たのと、耳の位置がイヤーパッドに押されて若干内側に寄るので、その事も影響しているのだと思います。

音質が落ちてしまっては本末転倒。外での使用は諦め、夏場は室内でのみ使用することに。イヤーパッドカバーはカバンに入れて持ち運ぶ時、ホコリや傷の防止用に使用します!

Anker Soundcore Life Q35
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。

続きを見る

Anker Soundcore Life Q35の仕様

製品仕様
再生可能時間
  • 最大38時間 (LDAC使用かつノイズキャンセリングモード使用時)
  • 最大40時間 (ノイズキャンセリングモード使用時)
  • 最大60時間 (通常再生時)
充電端子USB Type-C
充電時間約2時間
重さ約270g
ANC対応
通信方式Bluetooth 5.0
対応コーデックSBC / AAC / LDAC
BluetoothプロファイルAVRCP, A2DP, HFP, HSP

関連カテゴリー

BluetoothイヤフォンAnker

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-ANKER, Anker Soundcore Life Q35, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, LDAC, カテゴリー, ハイガジェ注目トピックス, ヘッドフォン, 家電実機レビュー, 総合レビュー
-, , , , , , ,