ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 10 ProがAmazonタイムセール祭りに登場!1万4千円~!

Pocket

Amazonでは8月19日(木)の23時59分まで月イチの超お得なセールイベント『タイムセール祭り』を開催中。対象商品にはXiaomiの大人気スマートフォン『Redmi 9T』と『Redmi Note 10 Pro』が含まれています!

スマホ

Xiaomi Redmi 9T(Xiaomiより)

Redmi 9Tは『1万円台』で購入可能なエントリーモデル。しかしエントリーモデルながらディスプレイの解像度は『フルHD』。さらに6,000mAhの大容量電池を備えるスタミナスマホとしての一面も。docomo・Softbank・auの回線に幅広く対応するので、Wi-Fiルーターとしても活躍してくれます。

スタミナスマホ

Xiaomiより

そしてカメラはしっかり4,800万画素。GCam(Google Playには非対応の無料アプリ)との相性が抜群で、インストールすれば一段とカメラ画質が向上。写真を撮るのが好きな人は是非挑戦してみてください!

【神アプリ】シャオミのRedmi 9TにGCam入れたらカメラ画質が別次元に向上。オートフォーカス、夜景、露出、低ノイズ

Rakuten Handにインストールしたら劇的にカメラ画質が向上したGCam。 Rakuten Hand以外のスマートフォンにもインストールして、どの程度画質が違うのか試しています。今回検証を行った ...

続きを見る

エントリーモデル以上に活用出来るRedmi 9Tがセール期間中はなんと『13,890円』に。新たに追加リリースされた128GBモデルも『18,530円』1万円台でまともに動くスマートフォン、少し前までは買えませんでしたよね!

Redmi Note 10 Proはフラッグシップ並みの『カメラ』と『ディスプレイ』を備えるネオミッドレンジ。5Gには対応していませんが、その分価格が安く高性能なので、日本市場で利用するにはまさにピッタリなスマートフォン。

カメラスマホ

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(Xiaomiより)

メインカメラには1/1.52インチサイズの大型イメージセンサーを搭載。これまでに『iPhone 12 mini』『Mi 11』『Find X3 Pro』といったフラッグシップモデルと撮り比べを行いましたが遜色の無い画質。毎度そのポテンシャルの高さに驚かされます。

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

続きを見る

ディスプレイは有機ELで『120Hz』のリフレッシュレートと『240Hz』のタッチサンプリングレートに対応。これはフラッグシップモデルでも上位に入るスペックの高さです。

Bluetoothハイレゾコーデック『LDAC』をサポートし、アップデートにより『Dolby Atmos』にも対応。つまりオーディオプレーヤーとしても優秀だという事。『カメラ』『ディスプレイ』『オーディオ』の部分だけとっても長く使えるスマートフォンです。

5Gネットワーク非対応のXiaomi Redmi Note 10 Proが『長く使えるスマートフォン』である5つの理由

現在発売されているスマートフォンは『4G対応』『5G対応』に分かれます。日本では未だ5Gネットワークが広く普及していないので、5Gに対応するスマートフォンを購入しても4G接続で利用している人が殆どの状 ...

続きを見る

通常販売価格となる34,800円が安すぎると常感じているハイコスパモデルが、Amazonタイムセール祭りでは『28,600円』に。衝撃です。

安くてそれなりに使えるスマートフォン、カメラ画質とディスプレイ、オーディオに拘ったスマートフォンを探していた人。今回のセールは大チャンス!品切れにはくれぐれもご注意を。

Amazon8月のタイムセール祭りでお得に買い物をする方法

最大5,000ポイントの還元が受けられるポイントアップキャンペーン

セール期間中は『最大5,000ポイント』の還元が受けられる『ポイントアップキャンペーン』が実施されます。エントリーはコチラから。

ポイントアップ

Amazonより

対象者:キャンペーンにエントリーし、イベント期間中に合計10,000 (税込) 円以上買い物をした人

期間:2021年8月17日 [火] 9:00 ~ 2021年8月19日 [木] 23:59

ポイントアップに関する条件

チャージする度に最大2.5%の還元が受けられるAmazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージが一番お得

Amazonより

Amazonで最もお得に商品を購入する方法の一つ『Amazonチャージ(現金払い)』。Amazonタイムセール祭り以外でも日常的にAmazonを利用している人であれば、チャージ分の消費はあっと言う間。プライム会員が1度に9万円以上のチャージを行えば、還元率はMAXの『2.5%』。Amazonタイムセール祭りの激安価格からさらに『2,250円』割引になると考えればかなりお得ですね!ポイントバックの詳細がコチラ

Amazonチャージを利用すれば最大2.5%還元を受けられる

Amazon8月のタイムセール祭りに登場予定のお勧め商品

AmazonプライムビデオをフルHD解像度で見られるFire HD 10。Amazon Photosで写真を見るのにも最適

Fire HD 10

Amazonより

唯一フルHDの高解像度ディスプレイを採用するのがFire HD 10。実際に使ってみると分かりますが、10.1インチの大画面は価格からは想像出来ない美しさ。AmazonのプライムビデオをフルHD解像度で楽しめるのはFire HD 10のみ。Dolby Atmosによる美しい音色が、美しい映像をさらに盛り上げてくれます。映画鑑賞がメイン用途であればFire HD 10一択かと。

Fire HD 10

Amazonより

また、Googleフォトの有料化に伴い、Amazon Photosに移行した人にもFire HD 10は超お勧め。スマートフォンの画面サイズで写真を見るのと、10.1インチの大画面で写真を見るのとでは受ける印象が全く異なります。Amazon Photosを利用すれば、スマートフォンとFire HD 10間の画像移動がシームレス。手間をかけずに大画面でスマートフォンで撮影した写真・動画を楽しめます。

Fire HD 10 Plus開封レビュー
Fire HD 10 Pro開封レビュー!旧モデルと比較しながら進化したポイントをチェック!予想以上に良くなってて驚き

Fire HD 10シリーズの最上位モデルとなるFire HD 10 Plus。発売日に在庫ありだったので我慢出来ずに購入。実機が届いたので、旧モデルと比較しながら開封レビューを行いたいと思います! ...

続きを見る

お家のテレビがインターネットテレビに早変わり!4Kコンテンツにも対応するFire TV Stick 4K

Fire TV Stick 4K

Amazonより

8月10日時点でAmazon家電&カメラカテゴリーにおいて『欲しいものランキング第3位』にランクインしているFire TV Stick 4K。『4K Ultra HD』『HDR 10+』『Dolby Vision』といった最新規格をサポートするので、臨場感溢れるコンテンツを大画面で思う存分堪能出来ます。

HDR

Amazonより

Fire TV Stick 4Kを実際に使ってみて驚かされるのがその快適な操作性。前世代から処理能力が80%向上した事で、画面の切り替えがとてもスムーズに。付属のリモコンはAlexaによる音声操作にも対応しています。

Alexa

Amazonより

また、同社が発売しているEchoシリーズと組み合われば簡単にホームシアターシステムを構築可能。Dolbyの技術が採用されているので、小さめなスピーカーでも音はしっかりと立体的。自分だけの映画鑑賞環境をFire TV Stick 4Kで充実させてみては。

Fire TV Stick(第3世代)とEchoを買ったら絶対にやるべき『ホームシアター』設定。映画館の音が手に入る!

続きを見る

iPhoneにマグネットでピタッと吸着するモバイルバッテリーAnker PowerCore Magnetic 5000

マグネティック充電器

Ankerより

マグネット接続によるワイヤレス充電に対応する、iPhone 12 / 12 Mini / 12 Pro / 12 Pro Max用のモバイルバッテリー『Anker PowerCore Magnetic 5000』。Anker製なので品質は保証済み。多くの充電器メーカーが『サクラ』疑惑でAmazonに削除される中生き残ったAnker。以前より益々信頼度は上がりました。

anker

Ankerより

Appleが先日PowerCore Magnetic 5000と同様の『MagSafeバッテリーパック』をリリースしましたが、お値段は3倍程度となる『11,800円』。高額なのに電池容量が不明というやや不親切な内容。

親和性が高いのは間違いなく純正ですが、出力はどちらも5W出力なので使い勝手は大きく変わらないはず。もしかしたらPowerCore Magnetic 5000の方が沢山充電出来るかもしれません。

Ankerより

関連カテゴリー

Amazon

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi 9T, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, ,

© 2021 ハイパーガジェット通信