ハイパーガジェットチャンネル

大画面、電池大容量、防水対応したPixel 5a 5Gが51,700円で登場!現行モデルとの違いとは?コレ超お得かも!

Pocket

Pixel 5a(5G)

Googleより

Googleが最新スマートフォン『Google Pixel 5a(5G)』をリリースしました。8月18日から日本のGoogleストアでも予約を受付中。販売価格は51,700円(税込)。

Google Pixel 5a(5G)

Googleより

早速Pixel 5a(5G)と現行モデル『Pixel 5』『Pixel 4a(5G)』の価格、性能を比較してみましょう。

Pixel 5、Pixel 5a(5G)、Pixel 4a(5G)のスペック

Pixel 5Pixel 5a(5G)Pixel 4a(5G)
SocSnapdragon 765G 5GSnapdragon 765G 5GSnapdragon 765G 5G
容量8GB/128GB6GB/128GB6GB/128GB
サイズ144.7×71.1×8.0mm154.9×73.7mm153.9×74×8.2mm
重量151g183g168g
画面種類:有機EL
サイズ:6.0インチ
解像度:FHD+
リフレッシュレート:90Hz
コントラスト比:1000000:1
HDR:対応
素材:ゴリラガラス6
常時表示:対応
 種類:有機EL
サイズ:6.34インチ
解像度:FHD+
リフレッシュレート:60Hz
コントラスト比:1000000:1
HDR:対応
素材:ゴリラガラス3
常時表示:対応
 種類:有機EL
サイズ:6.24インチ
解像度:FHD+
リフレッシュレート:60Hz
コントラスト比:1000000:1
HDR:対応
素材:ゴリラガラス3
常時表示:対応
電池容量4,000mAh4,680mAh3,800mAh
充電有線:最大18W
無線:最大12W
有線:最大18W有線:最大18W
リアカメラ【メインカメラ】
F値:1.7
視野:77度
解像度:1,220万画素
画素サイズ:1.4 μm
オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
手ブレ補正:光学式【超広角カメラ】F値:2.2
視野:117度
解像度:1,600万画素
画素サイズ:1.0 μm
【メインカメラ】
F値:1.7
視野:77度
解像度:1,220万画素
画素サイズ:1.4 μm
オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
手ブレ補正:光学式【超広角カメラ】
F値:2.2
視野:118.7度
解像度:1,600万画素
画素サイズ:1.0 μm
【メインカメラ】
F値:1.7
視野:77度
解像度:1,220万画素
画素サイズ:1.4 μm
オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
手ブレ補正:光学式【超広角カメラ】F値:2.2
視野:117度
解像度:1,600万画素
画素サイズ:1.0 μm
スピーカーステレオステレオステレオ
オーディオジャック非搭載搭載搭載
カラーJust Black
Sorta Sage
Mostly BlackJust Black
Barely Blue
素材リサイクルアルミニウムプレミアム金属(アルミニウム)製ユニボディポリカーボネート製ユニボディ
防水防塵IP68IP67不明
おサイフケータイ対応対応対応
Googleフォト対応非対応対応
5G Sub-6対応対応対応
価格74,800円51,700円60,500円

Pixel 5、Pixel 5a(5G)、Pixel 4a(5G)の共通点

SocにはSnapdragon 765G 5Gを使用

スマートフォンの性能を決めるSocには3モデル共通で『Snapdragon 765G 5G』が使用されています。国内で同Socを搭載しているスマートフォンは『OPPO Reno5 A 5G』『Xiaomi Mi 10 Lite 5G』など。グレード的にはミドルクラスで、Antutuのベンチマークスコアは37万程度。一般的なブラウジングからゲームまでソツ無くこなします。

高画質な『夜景』『ポートレートモード』でお馴染みのカメラ

カメラの解像度、F値、画素サイズ、オートフォーカス、手ブレ補正に関してスペックが共通なので、同じカメラを搭載している可能性が高いです。

画像

Google Pixel 5a(5G)で撮影した画像(Googleより)

最近Androidは高解像度撮影に対応するスマートフォンが増えているので、1,200万画素だと低解像度に感じる人がいるかもしれません。しかし紙に印刷するなどぜず、ディスプレイで確認するのであれば解像度は1,200万画素で十分。それに高解像度をウリとしているスマートフォンも、標準モードでは解像度が1,200万画素程度の場合が実は多いのです。

夜景ポートレート

Google Pixel 5a(5G)で撮影した画像(Googleより)

Pixelシリーズの場合は解像度云々より、アルゴリズム処理技術の高さが最大の魅力。『夜景モード』『ポートレートモード』『超解像ズーム』のクオリティに魅了されPixelを使用しているユーザーは多数。その最新カメラが5万円ちょっとで使えるというのはお買い得ですね。

夜景ポートレート

Googleより

FeliCaチップ搭載でおサイフケータイ機能が使える

Pixelシリーズではお馴染みとなったFeliCaチップを搭載。日本では必須機能の一つとなる『おサイフケータイ』に対応します。もっとも、最近ではFeliCaチップを搭載するモデルが増えてきたので、今はあまり大きな差別化にはならないかもしれません。

動画やゲームを盛り上げるステレオスピーカー

スピーカーは2チャンネルに分けて音を奏でるステレオ仕様。スマートフォンのスピーカーで音楽を聴く人はあまりいないかもしれませんが、ゲームをしたり動画を観る時はモノラルではなくステレオの方が確実に臨場感が高まります。

動画

Googleより

Pixel 5a(5G)とGoogle Pixel 5a(5G)Pixel 5、Pixel 4a(5G)はココが違う

同等性能ながら圧倒的に価格が安い

3モデルの中で唯一5万円台となるPixel 5a(5G)。スマートフォンを選ぶ時に一番気になるのは『処理能力』と『カメラ画質』。処理能力を決めるSocは3モデル共通。そしてカメラも同スペック。よって殆どの人にとってPixel 5a(5G)が『最もコスパの高いPixel』という事になります。

現行最大となる6.34インチの画面サイズ。ただしスペックはややダウン

Pixel 5にはXLモデルが登場しなかったので、Pixel 5a(5G)の『6.34インチ』は現行Pixelシリーズの中で最大の画面サイズ。ただし最大リフレッシュレートがPixel 5の90Hzから60Hzにダウンしているので、表示の『滑らかさ』ではやや劣ります。また、Pixel 5のゴリラガラス6からゴリラガラス3に変更されているので、耐久性が気になる人はガラスフィルムによる保護を忘れないようにしましょう。

大画面

Googleより

電池をスタミナスマートフォン並に増量

Pixel 5a(5G)の電池容量は4,680mAh。Pixel 4a(5G)からは880mAhも増量されています。今はまだ利用する機会が少ない5Gネットワーク。接続スピードは速くなりますが、その分消費電力がアップ。Pixel 4a(5G)の3,800mAhという電池容量は、5G接続を想定すると少し不安になります。5Gの一般的な普及まで長期的な利用を考えるのであれば、電池容量の大きいPixel 5a(5G)をセレクトすべきですね。

5G

Googleより

実用十分な高い防水防塵性能

防水防塵性能に最も優れるのはPixel 5。『IP68』という最高レベルの規格に準拠しています。Pixel 4a(5G)は『非公開』となるので、防水防塵については期待出来ません。Pixel 5a(5G)は実用的には十分な『IP67』。防塵はPixel 5と同じ最高レベル。防水に関してもIEC規格60529の『IPX7』に準拠しており、『一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)』 という高い防水性能を持ちます。

防水スマホ

Googleより

オーディオジャック搭載で手持ちのイヤフォンがそのまま使える

Pixel 5はオーディオジャックが非搭載。有線で音楽を聴くにはUSB Type-Cコポートに変換アダプタを接続する必要があります。Pixel 4a(5G)、Pixel 5a(5G)は従来通りオーディオジャックを搭載。手持ちのイヤフォンやヘッドフォンを利用して音楽を聴く事が可能です。

Googleフォトの無制限ストレージは使えない

2021年6月から、無制限に画像を保存出来ていたGoogleフォトが有料サービスへと切り替えられました。Pixelシリーズであれば通常無制限ストレージがそのまま使えるのですが、Pixel 5a(5G)は大幅な値下げの影響か無制限ストレージには非対応。もっとも、今の段階であればAmazonフォトに移行が終わった人が殆どだと思うので、あまり支障は無いかと。

ワイヤレス充電には非対応。充電は有線のみ

Pixel 5がワイヤレス充電をサポートするのに対し、Pixel 5a(5G)は有線充電(最大18W)のみ。

背面素材は樹脂からアルミニウムに

Pixel 4a(5G)ではコストダウンの為か、背面素材にポリカーボネート(樹脂)を使用していました。Pixel 5a(5G)では素材をアルミニウムに刷新。質感が向上するだけでなく、アルミニウムは放熱性にも優れるのでパフォーマンスが安定します。

Google Pixel 5a(5G)の対応周波数帯に関する情報

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『IIJmio』『OCNモバイルONE』『楽天モバイル』の通信速度を実測
UQモバイルが昼に100Mbps!LINEMO、NUROモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE等7社通信速度実測

スマートフォンの動作が遅くなる原因は『メモリ不足』『キャッシュがたまりすぎている』『ストレージの空き容量が少ない』などが考えられます。そしてもう一つが『通信速度の低下』。 通信速度の低下は基本的に『ユ ...

2022年8月に格安SIMで開催中のキャンペーン
mineoのホーダイ割は31日まで!LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONE、UQモバイル開催中キャンペーン!

2022年8月度も各通信業者がお得なキャンペーンを実施中!期間中はスマートフォン本体、基本料金、かけ放題料金などが大幅に割引。加えて○○円相当の大還元も!ただし殆どのキャンペーンには期限が定められてい ...

格安SIMのIIJmioでPOCO F4 GTが4万円台!
公式ストア限定だと思ってたPOCO F4 GTがIIJmioで買える!8月12日発売予定!乗り換えなら45,980円!

格安SIMのIIJmioが、新たに『POCO F4 GT』の取り扱いを発表。発売開始予定は2022年8月12日(金)午前10時から。8月31日(水)までは『MNP限定特価』が適用されます。販売価格は下 ...

povo2.0とLINEMOなら月額千円でデュアルMNO環境構築可能!通信障害にも強い!
povo2.0とLINEMOなら月額『千円』程度でデュアルMNO環境を構築出来る!突発的な通信障害対策にもお勧め。

人々の生活に無くてはならないアイテムの一つとなった『スマートフォン』。『分からない事を調べる』『オンラインショップで買い物』『目的地までの案内』『外国語の通訳』『テレビ電話』『音声通話』『ストリーミン ...

mineならデータ通信し放題、10分かけ放題がセットで6ヶ月間660円!安すぎだろ!
試さずにはいられない!mineoなら『データ通信し放題』『10分かけ放題』がセットで6ヶ月間月額660円!8月31日迄

格安SIMのmineoでは、8周年を記念して2022年8月31日(水)まで『ホーダイホーダイ割』を実施中。その内容が凄いんです。 まず月額『990円(税込)』のマイそく(スタンダード)が6ヶ月間330 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
IIJmioが売り切れ注意スマホセール開始!OPPO Reno7 A、Xiaomi 11T Proが安い!
【売切注意】IIJmioがスマホ110円~SALE開始!Xiaomi 11T Pro、OPPO Reno7 Aが驚安

他社からギガプラン(音声SIM)への乗り換え時にスマートフォンを特別価格で購入出来る格安SIMの『IIJmio』。同様のサービスを提供している通信業者は他にもありますが、安さでは同社がダントツ。 II ...

続きを見る

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『IIJmio』『OCNモバイルONE』『楽天モバイル』の通信速度を実測
UQモバイルが昼に100Mbps!LINEMO、NUROモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE等7社通信速度実測

スマートフォンの動作が遅くなる原因は『メモリ不足』『キャッシュがたまりすぎている』『ストレージの空き容量が少ない』などが考えられます。そしてもう一つが『通信速度の低下』。 通信速度の低下は基本的に『ユ ...

続きを見る

2022年8月に格安SIMで開催中のキャンペーン
mineoのホーダイ割は31日まで!LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONE、UQモバイル開催中キャンペーン!

2022年8月度も各通信業者がお得なキャンペーンを実施中!期間中はスマートフォン本体、基本料金、かけ放題料金などが大幅に割引。加えて○○円相当の大還元も!ただし殆どのキャンペーンには期限が定められてい ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Nothing Phone (1)を安く買えるお店はここ!超お洒落なハイミッドレンジスマホが激安
Nothing Phone (1)を安く買える店は?光るスケルトンハイミッドレンジが乗換で4万円台!センスの塊的スマホ

2022年8月19日(金)、新進気鋭のテクノロジーブランド『Nothing』が日本市場に向けてスマートフォン『Nothing Phone (1)』の発売を開始しました。 Nothingより Nothi ...

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『IIJmio』『OCNモバイルONE』『楽天モバイル』の通信速度を実測
UQモバイルが昼に100Mbps!LINEMO、NUROモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE等7社通信速度実測

スマートフォンの動作が遅くなる原因は『メモリ不足』『キャッシュがたまりすぎている』『ストレージの空き容量が少ない』などが考えられます。そしてもう一つが『通信速度の低下』。 通信速度の低下は基本的に『ユ ...

Redmi Note 11は弱点を知るほど欲しくなる不思議なスマホ
Xiaomi Redmi Note 11は『弱点』を知ると益々欲しくなる不思議なスマホ。バランスと安さで選ぶならコレ。

2022年第1四半期において、世界第3位のシェア(Counterpoint調べ)を持つ大手スマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)。Xiaomiが2022年3月10日に日本市場で発売を開始したの ...

Motorola moto g52j 5Gは大画面なのに防塵防水・おサイフケータイに対応する超実用的なファブレット
Motorola moto g52j 5Gは『防塵防水』と『おサイフ』がついたタブレット+スマホ÷2的な大画面端末!

タブレットとスマートフォンの違いは『画面サイズ』。一般的には7インチ以下が『スマートフォン』、7インチ以上は『タブレット』と定義されています。 タブレットは『16:9』程度のアスペクト比に対応するモデ ...

2022年8月に格安SIMで開催中のキャンペーン
mineoのホーダイ割は31日まで!LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONE、UQモバイル開催中キャンペーン!

2022年8月度も各通信業者がお得なキャンペーンを実施中!期間中はスマートフォン本体、基本料金、かけ放題料金などが大幅に割引。加えて○○円相当の大還元も!ただし殆どのキャンペーンには期限が定められてい ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, google, Google Pixel 5a(5G), SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, ,

© 2022 ハイパーガジェット通信