Motorola Edge 20シリーズをゴチャまぜにした感じのEdge(2021)が米国向けにリリース!画面は液晶に

Motorolaが米国市場向けにMotorola Edge(2021)をリリース。発売は9月2日からBestBuy、B&H Photo、Amazon.com、Motorola.comにて順次行われます。価格は8GB/256GBが699.99ドル(76,500円程度)。

スマホ

Motorolaより

ディスプレイは6.7インチで144Hzのリフレッシュレートと576Hzのタッチサンプリングレートに対応。解像度はFHD+(2460×1080px)でHDR10コンテンツの表示に対応。ただしEdge 20シリーズは10bitカラー表示が可能な有機ELを採用しているのに対し、Motorola Edge(2021)では8bit表示の液晶へとダウングレードしています。

ディスプレイ

Motorolaより

カメラデザインはEdge 20と同じですが、レンズの構成は下位モデルとなるEdge 20 Lite。メインカメラには1/1.52インチの大型イメージセンサーを採用し、1億800万画素の高解像度撮影に対応。さらに800万画素の超広角カメラ(視野水平119度)と200万画素の深度測定カメラを備えます。

SocはEdge 20と同じSnapdragon 778G。電池容量は5,000mAhで、最大充電速度は30W。オーディオジャックは非搭載。Wi-Fiは6Eに対応し5Gネットワークはミリ波をサポート。本格的な防水性能は持ちませんが、IP52規格に準拠し撥水性能を備えます。

重量が200gとなりEdge 20から47g重くなっていますが、5Gネットワークへの接続、最大リフレッシュレートが144Hzである事を考慮すると5,000mAhの電池容量は妥当。Edge 20は軽量な分電池容量が4,000mAhにおさえられているので、連続駆動時間に不安が残ります。

いいとこ取りをしようとするとやはり最上位モデルのEdge 20 Proがベスト。狙ってやっているのか、いないのか。

Motorola Edge(2021)の主な仕様

Motorola Edge(2021)
SocSnapdragon 778G(6nm)
容量8GB/256GB
電池5,000mAh(最大30W急速充電)
重量200g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:144Hz
  • タッチサンプリングレート:576Hz
  • HDR10:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.2
防水防塵IP52
オーディオモノラルスピーカー

この記事に関連するカテゴリー

Motorola

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, MOTOROLA, Motorola Edge(2021), SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, ,