ハイパーガジェットチャンネル

シャオミが100ドル台のエントリースマホ『Redmi 10』を海外投入!格安でも画面書換90Hz、カメラは5千万画素!

Pocket

エントリースマホ

Xiaomiより

Xiaomiはマレーシア市場向けに最新エントリーモデル『Redmi 10』をリリースしました。マレーシアにおける販売価格は4GB/64GBモデルが153ドル(16,800円程度)、6GB/128GBモデルが177ドル(19,500円程度)。

Redmi 10

Xiaomiより

Redmi 10はエントリーモデルらしく背面に樹脂素材を使用。カラーはカーボングレー、ペブルホワイト、シーブルーの3色展開。サイズは161.95×75.53×8.92mmで重量が181g。

6.5インチの液晶ディスプレイはフルHD+(2400×1080px)解像度。Redmi Note 10 JEの様なAdaptiveSyncリフレッシュレートを採用し、コンテンツに合わせて45Hz、60Hz、90Hzに自動調整。ブルーライトを軽減する読書モード3.0や屋外での表示を見やすくするサンライトモードに対応します。

90Hz

Xiaomiより

SocはMediaTek社のHelio G88。同じSocを搭載しているRealme Narzo 30AのAntutuベンチマークは21万程度(GameER参照)。Redmi 9TのAntutuベンチマークスコアは20万弱なので、処理能力でRedmi 10がやや上回る事になります。ただしHelioと比較してSnapdragonは安定しているイメージなので、単純にRedmi 10の方が優れているとは言い切れません。

Soc

Xiaomiより

カメラは5,000万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度測定カメラといった4眼構成。フロントカメラはノッチではなくパンチホール式となり、解像度は800万画素。

5,000万画素に対応するイメージセンサーはIMX 700やIMX 766といった高性能なものが多いですが、notebookcheckなど主要メディアの情報によると『Samsung ISOCELL JN1』の搭載が濃厚(公式情報は非公開)。

カメラ

Xiaomiより

ISOCELL JN1は1/2.76 インチの小型センサーで、画素サイズは0.64μm。4つのピクセルを1つに統合するビニング機能を備えます。小型化は光の取得量が減るので物理的にはマイナスの要素。

小型化の目的はフロントカメラへの搭載やカメラモジュールを薄くする事なので、画質に関しては正直あまり期待出来ない・・・と思っていたのですが、Xiaomiの公式ツイッターに中々クオリティの高い撮影サンプルを発見。ただし低照度はやはりやや厳しい印象かと。

女性

Xiaomiより

風景

Xiaomiより

マクロ

Xiaomiより

 

Samsung ISOCELL JN1はフロントカメラへの採用も可能な超小型5千万画素イメージセンサー!4Kも撮れる!

Samsungが5,000万画素の解像度に対応する超小型イメージセンサーISOCELL JN1を発表しました。 ISOCELL JN1はISOCELL 2.0 テクノロジーを採用する事で光感度を約16 ...

続きを見る

電池容量は5,000mAhで最大18Wの充電に対応。9W出力の逆充電を行えるので、モバイルバッテリーとしての利用も可能です。ファームウェアにはAndroid11ベースのMIUI12.5を採用。エントリーモデルながらスピーカーはモノラルデュアルステレオ。グローバルの公式アカウントがTweetを行っているので、Redmi 10は今後世界各国に向けて展開されるでしょう。

ステレオスピーカー

Xiaomiより

Xiaomi Redmi 10の主な仕様

Redmi 10
SocMediaTek Helio G88(12nm)
容量4GB/64GB、6GB/128GB
電池5,000mAh(最大18W充電、最大9W逆充電)
重量181g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:90Hz(AdaptiveSync:45/60 / 90Hz)
  • 素材:ゴリラガラス3
カメラメインカメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵非対応
オーディオステレオスピーカー、オーディオジャック
センサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、電子コンパス、振動モーター、IRブラスター
Bluetooth5.1

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi 10, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信