ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 10 JEはとんでもなく電池持ちの良い5Gスマホだった!24時間を超える実測結果。

Pocket

スタミナスマホRedmi Note 10 JE

Xiaomiより

最近スマートフォンに関する調査結果を2つ参考にさせていただきました。1つ目は大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO』が、『OPPO Reno5 A』の発売に関連して20代後半~40代前半の男女800名を対象に行った『スマートフォンを選ぶ際、一番重視するポイントは何ですか?』という内容のアンケート(掲載はPR TIMES)。

アンケート

PR TIMESより

そしてもう1つは株式会社ショーケースが運営するスマートフォン情報メディア『bitWave』が日本在住の10~60代の男女500名に対して2021年8月6日に行った『iPhone 13に期待すること』というアンケート調査。

株式会社ショーケースより

この2つのアンケートの『1位』と『2位』の内容は同じ。大部分のスマートフォンユーザーは『価格の安さ』と『電池もちの良さ』を求めているという事です。

電池もちを長くするには、2つの要素が重要になります。それが『電池容量』と『Soc』です。電池容量が大きくなれば連続駆動時間が長くなるというのは皆さんご存知でしょう。

次に重要になるのがSoc。Socは基本的にプロセスルール(最小加工寸法)が小さくなるほど、微細化により電力効率が上がるとされています。

ハイエンドモデルはプロセスルールを小さくしつつ、最大クロック周波数を高めている(クロック周波数が上がるほど処理速度が速くなる)ので、処理能力が向上しても電池の持ちが極端に悪くなる事は無いのです。

あらゆる面での素早い動作が魅力のハイエンドモデルですが、クロック周波数が低いスマートフォンと比較すると、電池の持ちは短くなります。スマートフォンでゲームをする人にとって処理能力の高さは必須性能ですが、それ以外の人にとってはオーバースペックという事に。

Googleより

かといって電池持ちと価格だけを優先して処理能力の低いスマートフォンを選んでしまうと、全体的に動きが『モッサリ』としてしまい、日常的にストレスを感じる事になります。それでは安物買いの銭失いに。

価格が安い』『大容量電池搭載』『Socのプロセスルールが小さめ』『処理能力がある程度高い』がスマートフォンを選ぶ上で理想の条件。これらに『おサイフケータイ対応』『最高レベルの防塵防水(IP68)』という日本2大人気機能を加えたのがXiaomiの『Redmi Note 10 JE』です。

防水おサイフスマホ

Redmi Note 10 JE(Xiaomiより)

auUQモバイル(2021年8月24日時点ではauのみ)でしか購入する事は出来ませんが、価格は『28,765円(auでの販売価格)』。電池容量は4,800mAhと大きめ。SocにはSnapdragon 480 5Gを搭載し、プロセスルールは8nmと一桁台。

Snapdragon 480 5G

Xiaomiより

更にスマートフォンの処理能力を総合的に示すAntutuのベンチマークスコアは30万程度。下位モデルとなるRedmi 9T(Snapdragon 662搭載)のスコアは20万弱程度なのでそれを遥かに上回ります。

処理能力

Xiaomi Redmi 9TのAntutuベンチマークスコア

駆動時間

Xiaomi Redmi Note 10 JEのAntutuベンチマークスコア

連続駆動時間を計測する上で最も適しているのはPC Markbattery life。『Webブラウジング』『動画編集』『文字打ち』『画像編集』『データ編集』といった作業を仮想的に繰り返し、電池容量が100%から20%まで減る時間を計測してくれます。

データ編集

PCMarkより

動画編集

PCMarkより

ブラウジング

PCMarkより

これまで実測した中で一番電池持ちが良かったのはXiaomiの『Redmi Note 9S』で25時間31分を記録。色々な作業を行い続けても1日以上電池が持つという事です。25時間以上経過して、まだ電池は20%残ってますからね。

Xiaomi Redmi Note 9Sバッテリー持続時間

Xiaomi Redmi Note 9Sをbattery lifeで実測した結果(輝度25~30%程度、リフレッシュレート60Hz)

Redmi Note 10 JEはなんとRedmi Note 9Sの記録を更新して『25時間42分』を記録。battery lifeのバージョンが新しくなっている事や、Redmi Note 10 JEは輝度を最低(Redmi Note 9Sの時は25~30%程度)にして計測を行っているので厳密には同じ環境ではありませんが、それでも十分すぎる電池持ち。

電池持ち

Xiaomi Redmi Note 10 JEをbattery lifeで実測した結果(最低輝度設定、リフレッシュレート60Hz)

Redmi Note 10 JEは5Gネットワークに対応しているので将来的に超高速通信が可能。5Gのネックは消費電力の高さですが、これだけ連続駆動時間に余裕があれば安定した環境で5G通信が行えるでしょう。

Redmi Note 10 JE auショップ
Xiaomi Redmi Note 10 JEの端末だけをauショップで購入する方法。SIMはUQモバイルがお勧め!

Xiaomi初の日本特化モデルとしてリリースされた『Redmi Note 10 JE』。FeliCaチップを搭載し『おサイフケータイ』に対応。最高レベルの防塵防水規格となる『IP68』にRedmiブラ ...

続きを見る

Redmi Note 10  JEで利用するのにお勧めなSIMカード

UQモバイルなら高速・節約(低速)の切り替えが可能

Redmi Note 10 JEauの回線に最適化されています。わたしがお勧めしたいSIMはauのサブブランドとなる『UQモバイル』のくりこしプラン(M・L)。

UQモバイルは『高速モード/節約(低速)モード』の切り替えが可能ahamoLINEMOpovoには低速への切り替えが用意されていません。節約モード設定時は通信がノーカウントに。通信速度も最大1Mbps程度(くりこしプランM・Lの場合)と実用的。

UQモバイル節約モード

UQモバイルより

UQモバイルの節約モードで一体何が出来るのかを実際に試してみましたが、『YouTubeの視聴』『ストリーミング音楽鑑賞』『オンラインゲーム』など様々。

大きなデータを短時間で一度にダウンロードするといった利用には不向きですが、動画や音楽は再生と読み込みを徐々に行うので、最大1Mbpsという通信速度でも問題なし。後は気づけば通信量が膨大になっているフリマアプリの閲覧などにも向いていますね。

節約したデータは翌月にくりこし出来る!うまく使いこなして月末の低速化を回避

くりこしプランはその名の通り、節約した容量を翌月に繰り越す事が可能。節約モードとデータ繰り越しをうまく活用すれば、『使いすぎて月末にはいつも低速』といった状況を回避出来ます。バランスを重視したスマートフォンRedmi Note 10 JEUQモバイルの組み合わせ。安定性抜群です。

Redmi Note 10 JEの主な仕様

Redmi Note 10 JE
SocSnapdragon 480 5G(8nm)
容量4GB/64GB

  • ストレージ:UFS2.2
電池4,800mAh(最大18W急速充電)
重量200g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:90Hz(アダプティブ)
  • 360度周囲光センサー
カメラメインカメラ

  • 解像度:4,800万画素

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
防水防塵IP68(IPX8/IP6X)
おサイフケータイ対応
指紋認証側面
外部メモリー最大1TB

Redmi Note 10 JEにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(×)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(×)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi格安SIM

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 10 JE, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信