ハイパーガジェットチャンネル

撮りたい時に撮る!Xiaomi Redmi Note 10 Proで今にも動き出しそうなペーパーアートの世界をパシャリ

Pocket

Redmi Note 10 Pro

日本国内市場で購入出来るスマートフォンの中で、3万円台という低価格帯ながらハイエンド並のカメラ画質を持つ『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。

Redmi Note 10 Pro

10万円を超えるスマートフォンで良い写真が撮れるのはある意味当然ですが、同端末の場合は『3万円台でここまで撮れるのか』と感動を与えてくれます。昼から夜の夜景まで撮れるシーンが幅広いのは、大型イメージセンサーを採用する高性能カメラ搭載モデルだからこそ。

藤蔓白い花夜景

先日外出先でペーパーアーティスト太田隆司氏の作品が無料展示されており、撮影OKだったのでRedmi Note 10 Proで撮りまくりました。今にも動き出しそうなとても魅力的な作品の数々。

学生

©太田 隆司

着物

©太田 隆司

犬

©太田 隆司

全て紙のカッティングのみで作られているのですが、陰影が精細に表現されており、かつそれぞれのオブジェクト同士の距離感が絶妙。撮影した画像から受ける臨場感が凄くて驚きました。ボケ味が大きめなRedmi Note 10 Proで撮影して大正解。

浴衣

©太田 隆司

電車

©太田 隆司

おばあさん

©太田 隆司

Redmi Note 10 Proは1億800万画素高解像度で撮影する事が可能。ただし高解像度で撮影する場合は画素サイズが小さくなるので、光の取得量が減少。結果ダイナミックレンジの幅が狭くなってしまいます。

陰影をしっかりと表現したかったり、画質をできるだけ落としたくない場合は標準モードでの撮影がお勧め。高解像度はあくまで大きく表示したり印刷する時に有効なのであって、『高画質に撮れる』のでは無い事を覚えておきましょう。

漁師

©太田 隆司

サクラ

©太田 隆司

雪

©太田 隆司

踏切

©太田 隆司

実際に生で観ても勿論楽しめますが、写真に撮って後から家でもじっくり堪能出来るペーパーアート。Redmi Note 10 Proで記録に残す事が出来て良かったです。残したい瞬間を高い確率でカメラにおさめられるスマートフォン。やはり画質は重要ですね!

Redmi Note 10 Proに関連するレビュー

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大33W急速充電)
重量193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proに関連する記事

motorola edge 20とRedmi Note 10 Proのカメラ画質比較
気になるはず!motorola edge 20とXiaomi Redmi Note 10 Proのカメラ画質を比較!

1億800万画素の解像度に対応するメインカメラを備える『motorola edge 20』。1億800万画素カメラは共通して大きなイメージセンサーを採用しています。イメージセンサーが大型化すると光の取 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

iPhone 13のカメラ画質を検証
カメラの画素サイズが拡大したiPhone 13とiPhone 12 mini、Pixel 5a、激安スマホを撮り比べ!

画素サイズが1.7µmに拡大し、光を47%多く取り込めるようになったとされるiPhone 13のメインカメラ。iPhone 12シリーズでは最上位モデルとなるiPhone 12 Pro Maxにのみ搭 ...

本家グーグルカメラ『Pixel 5a』とGCamを入れたXiaomi Redmi Note 10 Proを戦わせてみた

51,700円(税込)という手頃な価格で購入可能なグーグルの『Pixel 5a』。Pixelシリーズと言えば高画質な『Googleカメラ』の評価が高いスマートフォン。カメラを目的に購入している人は多い ...

Redmi Note 10 Pro
シャオミのRedmi Note 10 Proで楽しく節約!11月12日まで格安SIMで7,700円!買うなら今でしょ!

Xiaomiより 円安が一気に進み、スーパーや量販店に行くと毎回何かしらの商品が値上げされています。消耗品は一度購入して終わりでは無いので、年に換算すると恐ろしい出費に。例え数十円の値上げでも侮っては ...

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiRedmi Note 10 Pro格安SIM

格安SIMに関連する記事

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

真夏のドライブにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo。通信量を気にせず音楽を聴きまくろう!
車で音楽聴くのにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo!夏のドライブが最高に盛り上がる!

夏と言えば車でドライブ。その最高のお供になるのが『音楽』です。スマートフォンを使って車の中で音楽を聴く方法は、カーオーディオとBluetoothもしくは有線接続、Amazon Echo AutoやFM ...

IIJmioに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円
IIJmioギガプランに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円!さらに基本料金・かけ放題・初期費用も割引!

IIJmioでは6月23日(木)から『おサイフケータイ』『最高水準の防塵防水規格(IP68)』に対応する最新スマートフォン『OPPO Reno7 A』の取り扱いを開始。 OPPOより メーカー希望小売 ...

ホーダイホーダイ割でユーザーが増えたmineoの通信速度を実測
超お得な『ホーダイホーダイ割』を提供中の格安SIMmineo!ユーザーが増えて通信速度が低下してないか実測してみた。

2022年6月3日(金)から8月31日(水)まで、8周年を記念して『ホーダイホーダイ割』を提供している格安SIMのmineo。同キャンペーンでは契約から6ヶ月間『マイそく(スタンダード)』を月額990 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aの性能を比較
OPPO Reno7 AはReno5 Aを超えられたのか?処理能力に電池もち、画面の明るさを比較。買うべきはどっち!?

OPPO(オッポ)の最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『高い防塵防水性能(IP68)』に対応する日本特化シリーズの最新作です。 フラットデザインを取り入れ見た目を ...

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて持ちやすい

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採用した大人気シリーズ ...

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 10 Pro, カテゴリー, カメラ, カメラ, カメラネタ, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信