ハイパーガジェットチャンネル

はじめてのグーグルスマホ!『Pixel 5a』を買ってみた。評判のカメラ画質を昼間~夜にかけて検証!これは・・・

Pocket

初めてGoogleのスマートフォンを購入しました。8月26日から発売が開始されている最新モデル『Pixel 5a』です。SocにはSnapdragon 765G 5Gを搭載し価格は51,700円(税込)

Googleスマホ

Pixelシリーズの中ではダントツの安さですが、同じSocを搭載するOPPO Reno5A 5Gや上位モデルとなるSnapdragon 780G 5Gを採用するXiaomi Mi 11 Lite 5Gと比較すると正直やや割高。処理能力を求めるならどちらかの端末を購入した方がコストパフォーマンスは高いです。

Pixel 5a

私がPixel 5aを購入した目的は処理能力ではなく『カメラ』です。私はこれまでGCam(Google Cameraを他のスマートフォン用にカスタムしたもの。Google Playは非認証)を色々なスマートフォンにインストールして、擬似的にPixelの描写を堪能してきました。その画質がどれも素晴らしかったので、本家の画質を確認したくなったのです。

Redmi Note 10 Proのカメラ画質に大満足してる人はGCamを使って欲しい!AF性能向上で更に化けます。

記事に書かれている内容1 最新フラッグシップモデルとカメラ画質を比較したら同等の画質だったRedmi Note 10 Pro2 これまでの画像比較はデフォルトのカメラアプリを使用。GCamを入れるとど ...

続きを見る

【超進化】大型カメラセンサー搭載!Xiaomi Mi Note 10 LiteにGCamを入れたら弱点無しの神カメラに!

ZenFone 7シリーズと同じカメラセンサー、SONYのIMX 686を搭載するXiaomi Mi Note 10 Lite。一般的なミッドレンジモデルが採用しているカメラセンサーのサイズは、大きい ...

続きを見る

見た目は正直微妙な『Pixel 5a』。AQUOS sense4に近い質感。これはケース必須ですね。人気ケースメーカーSpigenTORRASを含め、複数のメーカーから対応ケースが発売されているので『お気に入りのケースがない』といった状況は回避出来るでしょう。

Pixel 5a Spigen ラギッドアーマー
ケース映えするスマホ!グーグルのPixel 5aをSpigenのラギッドアーマーでイメチェン!使い勝手まで良くなった!

私にとってはじめてのGoogleスマートフォン『Pixel 5a』。目当てとしていた『カメラ』の画質は概ね満足。昼間の画質に関して言えば、ハイエンドでもあのクオリティで撮れる端末は少ないと思います。 ...

続きを見る

ピクセル5a

最近は大型イメージセンサーを採用して画質アップを図るスマートフォンメーカーが殆どですが、Pixel 5aの場合は違います。アルゴリズムを駆使した合成加工技術を強化。あくまでもソフトウェアベースでのさらなる画質向上を目指しています。

メインカメラの解像度は1,220万画素と最近のスマートフォンにしては控えめですが、最大解像度を低く設定する事によって、イメージセンサーのサイズを大きくしなくても適正な明るさを確保出来るのがPixelシリーズです。

レンズのF値を1.7と明るめにしたり、光学式手ブレ補正機能を備える事で手ブレの発生を防ぐ配慮も。要所をしっかりと抑えているので、素人にも使いやすいカメラといった印象。

35度の炎天下でしたが、いざPixel 5aを持って撮影に出かけてきました。実際に撮影してみて真っ先に感じたのはオートフォーカス精度の高さ、そしてディテール表現の細かさ。

小さなひまわり

F値:1.7、シャッタースピード:1/7812、ISO:50、焦点距離:4mm

これらはGCamのアプリですでに体験済みでしたが、本物はやはり一味違う気がします。かなり小さい被写体にもしっかりとピントを合わせてくれるので、撮っていて気持ちがいいですね。

小さい花

F値:1.7、シャッタースピード:1/1799、ISO:50、焦点距離:4mm

Pixel 5aはF値1.7の明るいレンズを使用しているので、光の多い場所では白飛びが発生してもおかしくありません。調整しなくても露出を適正に抑え、空の色などをはっきりと残してくれるのもPixel 5aの魅力です。

花と蝶々

F値:1.7、シャッタースピード:1/7812、ISO:50、焦点距離:4mm

F値:1.7、シャッタースピード:1/3344、ISO:50、焦点距離:4mm

日陰など低照度な場所でも光学式手ブレ補正機能を備えるので昼間なら手ブレの心配は皆無。iPhoneで撮るとこういったシーンをもう少し明るく描写されるのですが、Pixel 5aはその場の雰囲気を維持する傾向。

日陰

F値:1.7、シャッタースピード:1/2597、ISO:64、焦点距離:4mm

広角撮影は木々のディテールなどが細かくしっかりと表現されています。HDRの効果だと思いますが、Pixel 5aはiPhone 12シリーズと同じくHDRのON/OFF設定がありません。シーンに合わせて自動的にHDRをかけているのかと。

公園の日陰

F値:1.7、シャッタースピード:1/3906、ISO:60、焦点距離:4mm

HDRをかけると空や芝生の色が濃くなりすぎる場合があるのですが、Pixel 5aは自然な色合いを維持。アルゴリズム処理のうまさが伝わってきます。

昼間の公園

F値:1.7、シャッタースピード:1/4673、ISO:63、焦点距離:4mm

表現するのがとてもむずかしい濃いピンク。撮る端末によってはケミカルな雰囲気が強くなります。Pixel 5aは派手に仕上げようという画像の作り込みでは無いので、ハッキリとした色の被写体を撮影するのにも向いていると言えるでしょう。

F値:1.7、シャッタースピード:1/3096、ISO:39、焦点距離:4mm

Pixelシリーズの代名詞とも言える夜景。本来夜景を綺麗に撮るには大型のイメージセンサーが必要になりますが、Pixel 5aは合成技術を駆使する事でご覧の通り低ノイズ。空の表現が特に美しいですね。

線路夜景

Pixel 5aで撮影した夜景

夜

Pixel 5aで撮影した夜景

階段

Pixel 5aで撮影した夜景

ただしところどころ画質が劣化し、ディテールの甘さが確認できます。この辺りはやはりソフトウェア処理の限界か。以前同じ場所で撮影した1/1.52インチの大型イメージセンサー搭載端末Redmi Note 10 Proの画像と比較するとシャープさに欠けます。

次期モデルとなるPixel 6シリーズでは大型イメージセンサーを採用予定。昼間の画質は申し分無しのPixel。夜景画質も同等レベルに向上する事でしょう。今回はポートレートモードを試せなかったので、近々別記事で紹介したいと思います!

線路の夜

Redmi Note 10 Proで撮影した夜景

夜の建物

Redmi Note 10 Proで撮影した夜景

Pixel 5、Pixel 5a(5G)のスペック&価格比較

Pixel 5Pixel 5a
SocSnapdragon 765G 5GSnapdragon 765G 5G
容量
  • 8GB:128GB
  • 6GB:128GB
電池4,000mAh(有線:最大18W充電、無線:最大12W充電)4,680mAh(有線:最大18W充電)
重量151g183g
画面
  • サイズ:6.0インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1000000:1
  • 素材:ゴリラガラス6
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.34インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1000000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1600万画素
  • 画角:水平117度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.0µm

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
メインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1600万画素
  • 画角:水平117度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.0µm

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
防水防塵IP68IP67
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:非搭載
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:搭載
おサイフケータイ対応対応
価格74,800円51,700円

Google Pixel 5a(5G)の対応周波数帯に関する情報

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, google, Google Pixel 5a(5G), SIMフリー, カテゴリー, カメラ, カメラ, カメラネタ, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信