ハイパーガジェットチャンネル

Soundcore Liberty Air 2 ProがLDAC対応!Xperia 10 III Liteの相棒に最適

Pocket

Soundcore Liberty Air 2 ProがLDACに対応

Ankerは8月12日にANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWS『Soundcore Life P3』をリリースしました。上位モデルとなる『Soundcore Liberty Air 2 Pro』より再生可能時間が長く(充電ケースの利用で最大35時間)なり、ドライバーサイズも同じで価格差は4千円。

TWS

8,990円で購入可能な Anker Soundcore Life P3

 

聴力テストを行い独自のプロファイルを作成してくれるHearID 2.0ノイズキャンセルの細かいレベル調整には非対応ですが、お買い得感は抜群。『Soundcore Liberty Air 2 Pro』は上位モデルとしての存在意義がやや薄れていました。

TWS上位モデル

12,980円で購入可能なAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro

しかし『Soundcore Life P3』との明確な差をつけるべく、『Soundcore Liberty Air 2 Pro』はアップデート(Soundcoreのアプリから)によりハイレゾBluetoothコーデック『LDAC』に対応。上位モデルとしての大きな進化を遂げました。

アップデートが行われるまで対応していたコーデックは『Soundcore Life P3』と同じで『SBC』と『AAC』のみ。これらはサンプリングレート/bit深度が最大48kHz/16bitサンプリングレート1秒間に行える音をどれだけ細かく取り込む事が出来るのかを示します。48kHzだと48,000回。サンプリングレートが上がるほど音は細かく精細に。

bit深度分割した1つのデータにどれだけの情報量を保存出来るか。数値が大きくなるほどデータ量の大きい高解像度な音質で聴けるという事になります。

LDACはサンプリングレートが『96kHz』でbit深度は『24bit』。最大96,000回に分けて音を取り込む事が可能となり、加えてSBC、AACより8bit分解像度が向上。ちなみに『聴こえなかった音が聴こえるようになる』というのは、再生データに合わせてサンプリングレートとbit深度が上がった時に発生します。

Amazon Music HDApple Musicは最大24bit/192bitのロスレス音源配信に対応。通信環境により転送されるデータ量が変動するBluetooth接続時に関しての明確なサンプリングレート、bit深度は公開されていませんが、LDACに対応する機器で両サービスを聴くと、ハッキリと音の違いを体感する事ができます。

Snapdragon Musicプレイリスト

Amazon Music HDより

Redmi Buds 3 Pro(AAC)とアップデートを行ったSoundcore Liberty Air 2 Pro(LDAC)でAmazon Music HDの聴き比べを行いましたが、後者は歌声の余韻や音の反響といった生音に近い部分が聴こえやすくなり高解像度化。Amazon Music HDを聴くのに適したTWSに。

聴き比べ

ANC対応のTWSはノイズキャンセル機能に重点を置かれがちですが、Soundcore Liberty Air 2 Proはこれで『音楽を聴きたいTWS』へと進化しました。高解像度音源を聴く時は、ANCをOFFにした状態で聴いた方が音質が高まります。電車の中など騒音のある場所ではON、家ではOFFにといったカタチで使い分けを行うと良いでしょう。

アクティブノイズキャンセル設定

LDACはとても優れたコーデックですが、Bluetooth通信である以上データの圧縮は避けられません。よってどれだけ原音に近い状態でデータを再現するかが重要に。

SONYがWALKMAN用に開発した『DSEE』は圧縮音源の再現性を高める技術。Xperia 10 III Liteに搭載されたDSEE Ultimateでは同技術がストリーミング音楽Bluetooth接続をサポート(前世代となるXperia 10 IIは非対応)。『Soundcore Liberty Air 2 Pro』でAmazon Music HDApple Musicを聴くのであれば、Xperia 10 III Liteとの組み合わせがイチオシですね!

音楽環境が大きく改善されたXperia 10 III Lite
Xperia 10 IIユーザーがXperia 10 III Liteを欲しくなる理由。オーディオ拡張機能が最強進化!

SONYより SONYが2021年8月27日から発売を開始した『Xperia 10 III Lite』。『Xperia 10 III』との主な違いはストレージの容量。Xperia 10 IIIが128 ...

続きを見る

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proに関するレビュー

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

続きを見る

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの仕様

製品仕様
再生可能時間・通常モード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大26時間 (充電ケース使用時)
・ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大21時間 (充電ケース使用時)
・外音取り込みモード:最大6.5時間 (イヤホン本体のみ) / 最大23時間 (充電ケース使用時)
充電端子USB Type-C
充電時間約1時間 (イヤホン) / 約1.5時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 約2.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
重さ約62g (充電ケース含む)
防水規格IPX4
通信方式Bluetooth 5
BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC / AAC

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー動画

この記事に関連するカテゴリー

BluetoothイヤフォンAnker

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, ANKER, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, SIMフリー, Soundcore Liberty Air 2 Pro, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信