ハイパーガジェットチャンネル

色々と長く使える5Gスマホ『OPPO A54 5G』が格安SIMのセールで6,400円に!コスパ高すぎ警報発令中!

Pocket

OPPO A54 5G SALE

OPPOより

巷では『価格が安い』『電池持ちが良い』『カメラ画質が良い』スマートフォンが人気らしい。価格は販売価格を、カメラ画質は試し撮りを見れば分かります。しかし『電池持ち』は単純に電池容量が大きければ駆動時間が長いというわけではありません

電池もちを決めているのは『電池容量』と『Soc』です。大容量電池に加えて電力効率の高いSocを使用している事が『電池もちの良い』条件に。

電池容量

Xiaomiより

最近主流となっている高いリフレッシュレート5G通信に対応するスマートフォンは、高いリフレッシュレートでの動作時、5G通信時に電力消費量が増えます。よって電池もちの良さはこれまで以上に重視すべきポイントに。

5G

実際に使ってみて『電力効率がとても高い』と感じたSocは『Snapdragon 480 5G』。同Soc搭載モデルとなるRedmi Note 10 JEを使用して、PC Markというアプリのbattery lifeで電池もちを検証。

データ編集

PCMarkより

battery lifeは『Webブラウジング』『動画編集』『文字打ち』『画像編集』『データ編集』といった作業を仮想的に繰り返し、電池容量が100%から20%まで減る時間を計測してくれます。電池もちを検証する上での精度はかなり高め。

ブラウジング

PCMarkより

battery lifeの結果はなんと『25時間42分』。輝度を一番低く設定した状態で計測しているのであくまで最高値となりますが、それでも徹底して節電をすれば、1日以上操作し続けられるという結果に。この長さはこれまで私がbattery lifeで実際に検証を行った数あるスマートフォンの中で最長でした。

電池持ち

Xiaomi Redmi Note 10 JEをbattery lifeで実測した結果(最低輝度設定、リフレッシュレート60Hz)

Redmi Note 10 JEauUQモバイルの専売となり、購入出来るのはどちらかのショップのみ。また、au回線に最適化されているので、他の回線では十分な通信環境を得られない点がネックとなります。逆にau回線を使用している人にはかなりお勧めなスマートフォンです。

スタミナスマホRedmi Note 10 JE

Xiaomiより

ちなみに同端末の電池容量は4,800mAh。Redmi Note 10 JEと同じSnapdragon 480Gを搭載しつつ、さらに大きな5,000mAhの電池容量を持つSIMフリースマートフォンがOPPO A54 5Gです。

OPPO A54 5G

OPPO A54 5Gでも同様にbattery lifeの計測を行おうとしたのですが、アプリとの相性が悪く途中でエラーに。しかし実際に使ってみて電池もちが抜群に良いのは明らか。

先述している通り、電池もちの良さを主に決めるのは『電池容量』と『Soc』なので、Redmi Note 10 JEと同等もしくはそれ以上の電池もちと考えるのが妥当。別途行ったストレステストでも抜群の安定性を発揮したので間違いないでしょう。

Redmi Note 10 JEと同じSocを搭載するOPPO A54 5Gでストレステストしたらとんでもない結果に!

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 10 JEはSnapdragon 480 5Gを搭載するエントリーモデル2 Snapdragon 480 5Gを搭載するOPPO A54 ...

続きを見る

Snapdragon 480G 5Gはエントリークラス用のSocですが、5G世代ではエントリークラスの性能が大幅に向上。4G世代のミッドレンジレベルまで引き上げられました。

スマホ

OPPOより

スマートフォンの性能を数値化してくれるAntutuのベンチマークスコアは30万弱。GPU性能はやや低めなのでゲームプレイをメインに購入するには適していません。ただし日常的な使い方でもっとも重要となるのは演算処理を行うCPUの性能。OPPO A54 5GはCPUスコアが10万程度。日常使いには十分な処理能力を持つという事が数値で実証されています。

Antutu

OPPO A54 5GのAntutuベンチマークスコア

カメラに関しては、XiaomiOPPOといったグローバルメーカーを選べばそれなりの画質で撮れるのが当たり前。OPPO A54 5Gのカメラは超高解像度モードを備え、『1億画素相当』で撮影出来るのも特徴の一つ。夜景モードにも対応しているので、大部分の人は満足できるかと。

カーネーション

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

紫の花

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

白い花

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

綿毛

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

OPPO A54 5GdocomoSoftbankauと幅広い回線に対応。5Gネットワークもサポートしているので、通信が普及したら機種変なしですぐに高速回線が使えます。

スマホ

OPPOより

色々な意味で長く使えるスマートフォンOPPO A54 5Gのメーカー店舗価格は31,800円(税込)。5G対応のスマートフォンとしてはかなり控えめな設定。格安SIMOCNモバイルONEでは9月22日(水)の午前11時まで限定セールを開催中。期間中は『6,400円(税込)』で同端末を購入する事が可能です。

OPPO A54 5G SALE

OCNモバイルONEより

セール価格で購入するには音声対応SIMの契約が必要となりますが、OCNモバイルONEの場合は月額770円(税込)~とランニングコストが激安。しかも通話料金が11円/30秒アプリの使用必要なし)と他社の半額程度なので、ahamoLINEMOといった通信キャリアの格安プランと組み合わせ、通話用途のサブ回線として契約するのもお勧めです。人気端末は品切れになる可能性が高いのでくれぐれもご注意を。

OPPO A54 5Gの主な仕様

OPPO A54 5G
SocSnapdragon 480 5G(8nm)
容量4GB/64GB

  • ストレージ:UFS2.1
電池5,000mAh(最大18W急速充電)
重量190g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz(60Hz/90Hz※実測))
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • DCI-P3:100%
カメラメインカメラ

  • 解像度:4,800画素
  • F値:1.7

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

    • 解像度:1,600万画素
    • F値:2.0
指紋認証側面
外部メモリー最大1TB

OPPO A54 5Gにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, OPPO, OPPO A54 5G, SIMフリー, Snapdragon 480 5G, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信