ハイパーガジェットチャンネル

アップデート期間の延長だけじゃない?シャオミは素早く安全な充電技術と長く使える電池を開発中!長期で使えるスマホを目指す

Pocket

高速安全充電

Xiaomiより

大手スマートフォンメーカーXiaomiは、先日公式ブログにおいて9月15日にリリースを予定している『Xiaomi 11 T』『Xiaomi 11 T Pro』に対して『4年間のセキュリティアップデート』『3世代にわたるAndroid OSアップデート』の提供を実施すると発表。

アップデート保証
Xiaomi 11Tシリーズは4年間安心して使えるスマホに!フラッグシップは保証を手厚くして差別化するのが今のトレンド

大手スマートフォンメーカーXiaomiは9月9日に公式ブログを更新。9月15日にリリースが予定されている『Xiaomi 11 T』『Xiaomi 11 T Pro』に関して4年間のセキュリティアップデ ...

続きを見る

『4年経過する前に電池のもちが悪くなって機種変するはず』と考えている人も多いとは思いますが、Xiaomiはバッテリーや充電技術についても同時に開発を進めています。

2021年5月の末、同社は有線で最大200W、無線で最大120Wの速度で充電を行う新技術を公開しました。有線環境においては、4,000mAhの電池を3分で50%充電する事が可能に。フル充電にかかる時間も僅か8分。

発表のメインは高出力による短時間充電ですが、利用されているバッテリーと充電技術の安全性についても言及。

xiaomi 無線充電

中国の有名な情報メディアとithomeによると、10Cレート(約6分でフル充電出来る速度)においても安全に充電出来る事を想定した電池素材を使用し耐久性を強化。さらに放熱性を重視した構造を取り入れる事で発熱による電池へのダメージを軽減。

並列設計の導入により電力交換率をは98.6%まで向上。200Wの高出力で800回の充電サイクル行い、80%以上の蓄電容量維持を実現しました。一般的なリチウムイオン電池は500回の充電で60%程度まで蓄電容量が落ちるので、充電速度を高めつつ電池寿命を大きく延ばすという2つの難題を一度のクリア。

達成

充電器の基板には充電アルゴリズムと連携する独立したMCU(マイクロコントロールユニット)を採用。温度、電圧、電流、充電プロコトルといった4つに分けて管理。合計40の保護機能で安全を確保。

USB Type-Cコネクタには耐食性に優れるロジウム・ルテニウム合金を使用。充電ポートの温度を検出する過熱保護検出回路を備え、温度が上がりすぎた場合は給電が自動的にストップ。ここまでしっかりとした対策を行った上での最大200W充電なので、高速=危険、電池を劣化させるでは無いのです。

200WCharge

Xiaomiより

充電時間を出来るだけ短くしつつ電池の寿命を延ばす。そしてセキュリティやOSのアップデート期間を出来るだけ長くするというのが今のXiaomiが行っている施策です。

アップデート保証

Xiaomiより

Xiaomiはもともとスマートフォン事業だけで利益を出すというビジネスモデルではありません。スマートフォンで操作可能なIoT製品を関連会社からも多数リリースしており、様々な分野で包括的に売上を高めるというのが本来のスタイル。最近では自動運転電気自動車開発への本格参入を明らかにしています。

IoT

Xiaomiより

日本でもスマートフォン以外のにラインナップを徐々に拡大中。オンラインストアも開店した事ですし、さらに取り扱いアイテムを増やして欲しいですね。その段階でようやく軌道にのったと言えるでしょう。

Xiaomiに関連する記事

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

CINEMAGIC
Xiaomi 11Tシリーズは『CINEMAGIC』で映画みたいな動画が撮れる!実は日本で売ってる超薄型軽量スマホでも

Xiaomiより 大手スマートフォンメーカーXiaomiが9月15日に新製品発表会を行い、『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』といったス ...

Xiaomi Pad 5とiPad第9世代比較
Xiaomi Pad 5とiPad(第9世代)を比較するとシャオミの本気が分かる。遂にタブレットシェア争奪戦が始まる!

ついにXiaomiから待望のタブレット『Xiaomi Pad 5』がグローバルリリースされました。しかも驚いた事に日本市場に向けても発売予定。グローバルにおけるXiaomi Pad 5の販売価格は6G ...

3万円台ありうるかも!Xiaomi 11T、11T Pro、Xiaomi Pad 5の日本販売価格を予想。これは売れる

Xiaomiより 先日Xiaomiがグローバル市場に向けて『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』『Xiaomi Pad 5』をリリースしま ...

日本リリース
シャオミがXiaomi 11T、11T Pro、Xiaomi Pad 5をグローバルリリース!ぜんぶ日本投入予定!

Xiaomiより Xiaomiが最新スマートフォン『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』に加え、タブレット『Xiaomi Pad 5』をグ ...

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信