ハイパーガジェットチャンネル

格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

Pocket

格安SIMとMNO

MVNOMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので、ランニングコストを最低限に抑えられるのがMVNOのメリット。

しかしレンタルしている回線数は各MVNOによってバラバラ。ユーザー数に比例してレンタルする回線数を増やしていないと、アクセスが増えた時に『速度の急激な低下』を引き起こします。

折角利用料金が安くても、通信速度が遅すぎて使いものにならないとスマートフォンを利用する事自体がストレスに。『もう格安SIMは懲り懲りだ』と感じている人も中にはいるのではないでしょうか。

もっとも、ユーザー数と回線の管理がしっかりされているMVNOであれば利用するメリットは大。月々の通信ランニングコスト大幅に下がります。ただしMVNOは数が多いので、その中から相性の良い通信業者を見つけ出すのは一苦労。

通信環境を一気に改善する一番手っ取り早い方法は、レンタル式の『MVNO』から、直接回線を提供している『MNO』移行する事。

mno

ただしMNOでは基地局の維持や新規開設(今は5Gの促進に追われています)といったMVNOには必要ない膨大なコストが発生するので、通信料金はその分割高。

結局のところ『不安定な通信環境を受け入れて安い通信料金を払う』か『安定した通信環境を得る為に高めの通信料金を払う』の2択に。高品質なサービスを求めれば、価格が高くなるのはどこの業界も当たり前。特に不自然な事ではありません。

しかし、その自然の摂理を崩壊させる『ミニプラン』の提供を開始したのが、MVNOLINEモバイルからMNOに進化を遂げたLINEMOSoftbankと同一の回線を提供しつつ、通信量3GBに電話番号まで付与されて月額利用料金はなんと『990円(税込)』。これはMVNO並の安さです。

ミニプラン

LINEMOより

『1年間限定』や『◯◯とセット』で限定的に同等のサービスを提供しているMNOは他にもありますが、デフォルトで990(税込)はLINEMOのみ(※9月13日にpovoが3GB【30日間】990円のプランを追加)。ついに誰でも簡単にMNO品質の回線を低価格で使える時代に突入したのです。

しかもLINEMOのミニプランは『LINEギガフリー』という独自無料オプションに対応。LINE利用時に発生するデータ消費が基本的にゼロ。一般的な文字トークだけでなく、ファイルの送受信画面シェアビデオ電話音声通話ゼロに含まれるのがLINEギガフリーのすごいところ。

LINEギガフリー

LINEMOより

新型コロナウィルスの影響により、ビデオ通話を利用する機会が以前より確実に増えているはず。ただし話す時間が長くなるほど通常は通信量がかさみます。LINEMOであれば気が済むまで通信量を気にせず話し放題。月額990円(税込)の激安プランに付帯するオプションとは思えません。

ビデオ通話の通信量ゼロ

LINEMOより

3GBを使い切っても最大300kbpsの速度で通信が可能。MVNOは速度制限時の速度を最大200kbpsとしている場合が多いのでこの点も有利。実際に使ってみてあまりにLINEMOが気に入ってしまったら、月額2,728円のスマホプラン(データ量20GB、使い切っても最大1Mbpsで通信可能)への移行も可能です。

通信プラン

LINEMOより

さらに、今なら期間限定で2つのキャンペーンを実施中。5分以内国内通話定額オプション(月額550円)が1年間無料に。1年間はデータ量3GBに5分以内国内通話かけ放題がついて月額990円(税込)という事です。勿論強制加入では無いので、期間が終了したら同オプションだけ外すことが可能です。

5分通話かけ放題無料キャンペーン

LINEMOより

これまで節約を目的に低速のMVNOを無理して使い続けてきた人。通信量節約の為にLINEのビデオ通話を途中で切ってしまった事がある人。今すぐLINEMOに乗り換えましょう。きっと未来が明るくなります。

>>LINEMOへの申込みはコチラから

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
IIJmioが売り切れ注意スマホセール開始!OPPO Reno7 A、Xiaomi 11T Proが安い!
【売切注意】IIJmioがスマホ110円~SALE開始!Xiaomi 11T Pro、OPPO Reno7 Aが驚安

他社からギガプラン(音声SIM)への乗り換え時にスマートフォンを特別価格で購入出来る格安SIMの『IIJmio』。同様のサービスを提供している通信業者は他にもありますが、安さでは同社がダントツ。 II ...

続きを見る

『OCNモバイルONE』『NUROモバイル』『mineo』『IIJmio』『LINEMO』『楽天モバイル』の通信速度を実測
LINEMOがやや復活!OCNモバイルONE、NUROモバイル、楽天モバイル、IIJmio、mineo6社の速度実測!

外出先では主にモバイルネットワークを使用する事になるスマートフォン。通信業者は選り取り見取りですが、契約前に気になるのが『通信速度』。各社によって一度に送受信可能なデータ量の上限が異なるので、ユーザー ...

続きを見る

IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、LINEMO、nuroモバイル、UQモバイルで開催中のお得なキャンペーン2022年7月版
【7月版】LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、NUROモバイル、UQモバイルの得キャンペーン

MNOからMVNOまで様々な選択肢があるモバイル通信業者。ユーザーを奪い取るため、各社では様々なキャンペーンを開催しています。キャンペーン内容は『スマートフォンを信じられない安さで買える』『契約から数 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 Aの一押し便利機能3つ
OPPO Reno7 Aを買って良かったと思える3つの一押し機能。『ショートカット』『子供用』『カメラフィルタ』が優秀

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPOの日本向けシリーズとなる『OPPO Reno』。その最新モデルが『OPPO Reno7 A』です。 『最高水準の防塵防水性能(IP68)』と『おサイフケータ ...

Google Pixel 6aとZenfone 8をベンチマーク比較したら小型ハイエンドのベストな作り込みが分かった
Pixel 6aはギアチェンが絶妙!Zenfone 8とベンチマーク比較して分かった小型ハイエンドのベストな作り込み。

Googleが2022年7月28日(木)に発売を開始した『Google Pixel 6a』。Socに上位モデル『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』と同じ『Tensor』を採用しつつ、販売価格を ...

Motorola edge 30 Proは1台で2台分使える!パソコン要らずな時代がはじまる
Motorola edge 30 proのReady Forはスマホ1台完結時代を予感させる完成度。PC要らないじゃん

Motorolaがリリースしているスマートフォンの上位機種には、『Ready For』という外部ディスプレイ出力機能が備えられています。日本発売モデルでは『moto g100』『edge 20 fus ...

格安SIMのIIJmioでPOCO F4 GTが4万円台!
公式ストア限定だと思ってたPOCO F4 GTがIIJmioで買える!8月12日発売予定!乗り換えなら45,980円!

格安SIMのIIJmioが、新たに『POCO F4 GT』の取り扱いを発表。発売開始予定は2022年8月12日(金)午前10時から。8月31日(水)までは『MNP限定特価』が適用されます。販売価格は下 ...

OPPO Reno7 A総合レビュー。使って分かるこのスマートフォンの便利さ。見た目だけじゃなかった。
OPPO Reno7 A総合レビュー!デザイン、ディスプレイ、処理能力、電池もち、充電速度、カメラ画質、便利機能まとめ

大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO』は、2019年10月に日本特化モデルとなる『OPPO Reno』シリーズを初投入。SIMフリーながら『防水防塵』『おサイフケータイ(FeliCa)』に対 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, LINEMO, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信