ハイパーガジェットチャンネル

povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

Pocket

povo2.0

KDDIより

9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。現行プランの名称は『povo1.0』に変更され、2021年9月下旬新規の受付を停止する予定。

povo2.0

KDDIより

povo2.0では月額基本料金を『0円』とし、必要な容量をその都度課金する『トッピング』方式に切り替え。各容量には『1GB/7日間』『3GB/30日間』とそれぞれ『使用期限』が定められており、期限を過ぎると容量は失効します。

povo2.0料金プラン

KDDIより

povo 2.0トッピング一覧(KDDIより)
カテゴリトッピング名料金/回
データトッピングデータ追加1GB (7日間)355円 (税込390円)
データ追加3GB (30日間)900円 (税込990円)
データ追加20GB (30日間)2,455円 (税込2,700円)
データ追加60GB (90日間)5,900円 (税込6,490円)
データ追加150GB (180日間)11,800円 (税込12,980円)
データ使い放題 (24時間)300円 (税込330円)
通話トッピング5分以内通話かけ放題月額500円 (税込550円)
通話かけ放題月額1,500円 (税込1,650円)
コンテンツトッピングDAZN使い放題パック (7日間)691円 (税込760円)
smash.使い放題パック (24時間)200円 (税込220円)

期限内に容量を使い切るか、使用期限を過ぎて高速通信出来る容量が『0』になった場合は注意が必要。povo1.0では速度制限時でも最大最大1Mbpsで通信が可能でした。しかしpovo2.0では『最大128kbps』へと大きく引き下げられてしまいました。

最大1Mbpsであれば動画を観たり音楽を聴く事が出来るので、速度制限がかかってもそこまで不自由を感じる人はいなかったはず。それが128kbpsになると出来る事は『ほぼありません』。あくまで『通信が繋がっている』程度の通信環境に。

実質的にインターネットが出来なくので、たとえ月の途中であれ容量が無くなった時点で『データトッピング』するしかありません。それを繰り返していると、月々の通信ランニングコストは確実に上がります。『基本料金0円』というのは一見魅力的ですが、最大『128kbps』の制限はあまりに使い勝手が悪い。

もっとも、『povo1.0』のサービス内容は同社のサブブランド『UQモバイル』とかぶる部分があったので、制限時にも最大1Mbpsを継続して利用したいのであれば、そっちを契約してくださいという事なのでしょう。

UQモバイル料金プラン

UQモバイルのくりこしプラン+5G(UQモバイルより)

データ容量3GB990円(税込)という料金設定は一見SoftbankLINEMOミニプランと同じに見えますが、こちらも内容は異なります。先述している通り、povo2.0は容量を使い切ると通信速度が最大128kbpsに制限されます。LINEMOのミニプランは最大300Kbpsと3倍以上の速度。インターネットを快適に使えるというレベルでは満たしませんが、我慢すれば月末までをやり過ごせる程度。

ミニプラン

LINEMOより

さらにLINEMOには独自の無料オプションLINEギガフリー』が用意されています。LINE利用時に発生するデータ消費は基本的にゼロ。一般的な文字トークだけでなく、ファイルの送受信画面シェアビデオ電話音声通話さえもゼロに。制限時の最大通信速度、無料オプションの有無を考慮するとpovo2.0を選択する理由はほぼ無くなってしまいます。

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ビデオ通話の通信量ゼロ

LINEMOより

ただし、povo2.0で新たに導入された『#ギガ活』はかなり魅力的なサービス。キャンペーンページにエントリーを行い、対象店舗で『au Pay』を使って条件以上の買い物(支払いから2周間前後でプロモコード送付)をするか、対象店舗で一定額以上の買い物(プロモコードを記載したカードを配布)をするとデータ容量がプレゼントされるというもの。

#ギガ活

KDDIより

0円運用しつつ、データ容量をもらった時だけpovo2.0を利用するといった使い方が出来るんです。通信の節約を目的としたサブSIMにピッタリ。ahamoLINEMOのサポート役としても活躍してくれるでしょう。#ギガ活にハマる人が続出しそうな予感!今後対象店舗はさらに拡大していくでしょう。楽しみですね!

#ギガ活対象店舗・サービス ※au Payで一定額以上の買い物(2021年9月13日時点)
店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
ウエルシア500円以上の購入300MB (3日間)
カインズ2,000円以上の購入1GB (7日間)
コナズ珈琲500円以上の購入300MB (3日間)
すき家500円以上の購入300MB (3日間)
ドトールコーヒー500円以上の購入300MB (3日間)
はま寿司500円以上の購入300MB (3日間)
ビッグエコー500円以上の購入300MB (3日間)
ヒマラヤ2,000円以上の購入1GB (7日間)
ベイシア2,000円以上の購入1GB (7日間))
丸亀製麺500円以上の購入300MB (3日間)
menu500円以上の購入300MB (3日間)
ローソン500円以上の購入300MB (3日間)
#ギガ活対象店舗・サービス ※一定額以上の買い物(2021年9月13日時点)
店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
銀座deフットサル500円以上の購入300MB (3日間)
ザファーム7,000円以上の購入3GB (30日間)
サロモン2,000円以上の購入1GB (7日間)
BANANA STAND500円以上の購入300MB (3日間)
Plywood2,000円以上の購入1GB (7日間)
Brooklyn Roasting Company500円以上の購入300MB (3日間)
三島スカイウォーク500円以上の購入300MB (3日間)
夢を語れ 札幌900円以上の購入300MB (3日間)
Reebok2,000円以上の購入1GB (7日間)

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, povo2.0, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信