ハイパーガジェットチャンネル

iPhone 13に指紋認証が搭載されなくて『もう我慢出来ない』人にお勧めなAndroidスマホはZenfone 8。

Pocket

iPhoneからの機種変にお勧めなAndroidスマホ

9月15日、日本時間午前2時から行われた新製品発表会において、Appleが満を持して『iPhone 13』シリーズをリリースしました。iPhone 12シリーズ時はイベントの開催が10月に延期されていたので、時間軸的には1年を待たずしてのアップデートに。

iPhone 13シリーズ

Appleより

また、今回のアップデートはiPhone 13 Proシリーズがメインとなり、iPhone 13 miniiPhone 13 はポイントでの性能アップや機能追加にとどまりました。機種変を検討していた人からするとややガッカリする内容だったはず。

120Hz

Appleより

今回もっとも熱望されていたのが『Touch ID(指紋認証)』の復活。iPhone SE(第二世代)以外の現行モデルはロック解除に『Face ID(顔認証)』を採用しており、顔が隠れてしまうマスク着用時はApple Watchが無いとロックの解除がかなり面倒。iPhoneユーザーからは不満の声が続出していました。しかし今回のリリースでTouch IDの復活はなく、Face IDに関しては機能の説明すら行わないというまさかの事態に。

がっかり

マスク着用がほぼ義務化された日常はまだしばらく続く見通し。流石にストレスが限界を迎えているというiPhoneユーザーは多いでしょう。Androidは『指紋認証』を搭載していない端末の方が圧倒的に少ないです。通常は『顔認証』と『指紋認証』の2通りに対応。外出時に指紋認証、家では顔認証でロック解除するというのがベーシックな使い方。

ただし『指紋認証に対応しているから』という理由だけでAndroidに機種変更すると、高い確率で『失敗』します。なぜならiPhoneは基本高性能』だから。『ハイエンド』から『エントリー』『ミッドレンジ』に移行したら、『動作が遅い』と感じるのは当然のこと。

スマホ

それはAndroid自体が悪いのではなく、単純に選んだ端末の性能の低さが原因です。A12 Bionicを搭載する『iPhone XS』より前に発売された端末であれば、ギリギリAndroidの最新ミッドレンジで違和感を感じないかもしれません。

ミッドレンジ

Snapdragon 765G 5Gを搭載するOPPO Reno5 A 5G

A13 Bionicを搭載する『iPhone 11』以降からの機種変であれば、『ハイエンド』の購入が無難です。あくまで指紋認証の為に機種変するのではなく、『しっかりストレスなく使えるスマートフォンに機種変する』ことを目的としましょう。

今回登場したiPhoneの中で、一番売れると予想するiPhone 13はディスプレイサイズが6.1インチで重量は173g。価格は128GBモデルが『98,800円(税込)』。ここを基準として、機種変するのにベストなAndroidスマートフォンを探していきます。

iPhone 13

Appleより

まずは価格から。日本で発売されているAndroidの中で、最も高性能となるSnapdragon 888を搭載するハイエンドモデルの一覧がコチラ。

ご覧の通りメーカーによって価格設定はバラバラ。通信キャリアでの取り扱いも多く、『ハイエンドを買いづらい』のがAndroidの現状です。ただしASUSOPPOSIMフリーモデルを量販店向けにリリースした事で、『iPhoneから機種変しやすい土壌』がようやく整備されました。

ハイエンド

OPPO Find X3 Pro

『価格』『性能』『大きさ』トータルでお勧めしたいのは、ASUSの『Zenfone 8』。ディスプレイは5.9インチとiPhone 13より0.2インチ小さいですが、ノッチではなくパンチホールを採用しているのでその分表示領域が広いです。重量は約169gでiPhone 13より4g軽量。

Zenfone 8は小型ながらSnapdragon 888を搭載する生粋のハイエンドモデル。GPU性能に関してはA15 Bionicの方が間違いなく高いですが、実際にゲームをしてみてどこまで体感差を感じられるかは微妙なところ。

Zenfone 8 実機検証
小さな巨人Zenfone 8の実力を検証!処理能力はヘビー級。スピーカーの音はスマホ離れ。濃厚なハイエンドモデルだった

片手にスッポリと収まる5.9インチサイズのスマートフォン『Zenfone 8』。前モデルとなるZenfone 7の6.67インチから0.77インチ小さくなりました。画面が小さくなった分重量は約235g ...

続きを見る

カメラは『広角(6,400万画素』と『超広角(1,200万画素』の2眼構成。メインカメラはiPhone 13と同様に光学式手ブレ補正を備えます。光学2ズームは非対応となりますが、Zenfone 8はデジタルズームの画質が高い(3倍までは実用レベルを確認)ので、その部分に関してはマイナスの要素とならないでしょう。

Zenfone 8のカメラ画質
『小さい』Zenfone 8のカメラで撮れるからこそ『大きな』意味がある。Zenfone 7との撮り比べで画質を検証

ASUSの最新フラッグシップモデルとなる『Zenfone 8』。ディスプレイサイズを5.9インチに小型化しつつ、最大リフレッシュレートは120Hzに向上。SocはをSnapdragon 888へとアッ ...

続きを見る

スピーカーにはDirac HD Sound(音響補正技術)を採用。さらにCirrusLogic社のスマートアンプ CS35L45』まで内蔵する徹底ぶり。動画鑑賞やゲームプレイ時の臨場感は、私が所有するiPhone 12 miniより2ランク程度上だと感じます。

また、Zenfone 8の有機ELディスプレイははiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxと同じ最大『120Hz』のリフレッシュレートをサポート。リフレッシュレートは1秒間に画面を切り替え可能な回数を示します。iPhone 13が対応するリフレッシュレートは従来通りで最大60Hz。縦長なコンテンツをスクロールした時などに得られる滑らかさは、残念ながらiPhone 13 ProZenfone 8に劣ります。

Zenfone 8のディスプレイ

ASUSより

耐久性の高い強化ガラス『Ceramic Shiel』を使用しているのもiPhone 13の特徴の一つ。しかしZenfone 8が採用するCorning® Gorilla® Glass Victus™も『ゴリラガラス史上最高のタフさを誇る』とコーニング社が豪語する代物。よって耐久性に関しても不安を感じる必要はありません。

Zenfone 8

ASUSより

忘れてはならないのが『防水』と『FeliCaチップ』。Zenfone 8はiPhone 13と同等となる『IP68等級』の防水防塵規格に準拠。さらに同シリーズではじめてFeliCaチップを搭載。Androidの『おサイフケータイ』は『Apple Pay』より対応する電子マネーが豊富なので、機種変と同時に決済環境がより快適になるかもしれません。

zenfone8防水

ASUSより

小型なハイエンドであるからこそiPhoneからの機種変にお勧めしたい『小さな巨人Zenfone 8。勿論ロック解除は『指紋認証』と『顔認証』両対応です。

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

Zenfone 8 Flip
ゲームも製品レビューもコレ一台!Zenfone 8 Flipを安く買えるのはココ!格安SIMなら期間限定で6万円!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8 Flip』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが86,800円( ...

続きを見る

ASUS Zenfone 8を購入すべきポイント

Zenfone 8

ASUSより

  • SocにSnapdragon 888 5Gを搭載。圧倒的な処理能力により負荷の重い3Dゲームから編集作業までラクラクこなす。
  • 重量を約230gから約169gに軽量化。片手持ちも容易なスリム設計。片手持ちに最適化した片手モード搭載。
  • 1秒間に画面を切り替え可能な回数を示すリフレッシュレートは最大90Hzから120Hzに。流れる様な滑らか表示が可能に。
  • ディスプレイのガラス素材には2mからの耐落下性能2m(通常は80cm程度)、前世代から耐擦傷性を最大2倍に高めたCorning® Gorilla® Glass Victus™を採用。
  • ピーク輝度が700nit(HBM)から1,100nit(HBM)に向上。屋外など明るい場所でも画面に表示された情報が見やすい。
  • ダークモード設定時に低消費電力効果を得られる有機ELパネルを採用。応答速度が液晶と比較して速いので動画鑑賞やゲームプレイにも最適。HDR 10+コンテンツの再生にも対応。
  • 画面内指紋認証搭載。マスク着用時にもスタイリッシュに素早くロックを解除。
  • ストレージにUFS3.1、メモリにLPDDR5といった高速規格を採用。アプリの起動やデータの読み書きがより速く。
  • メインカメラのイメージセンサーにSONY IMX 686を使用。世界一有名な画像評価サイトDxOMarkにおいて写真スコア126の高評価を受ける。
  • 4軸光学式手ブレ補正を搭載。光の少ない場所や動画の撮影時に大きな効力を発揮。
  • Dirac HD Sound(音響補正技術)を採用したデュアルスピーカーがゲームプレイや動画鑑賞をとことん盛り上げる。
  • CirrusLogic社のスマートアンプ CS35L45』を内蔵。広いダイナミックレンジ、深い低音、優れたバランス、低ノイズによる大音量を実現。オーディオプレーヤーとしての性能も秀逸。
  • 最高水準となるIP68防塵防水規格に準拠。お風呂スマホユーザーにもお勧め。
  • FeliCaチップを搭載する事でおサイフケータイに対応。券売機に並ばずにSuicaやPASMOの定期券を発行する事も。
  • docomo、Softbank、au、楽天モバイルにフル対応。SIMカードを2枚同時に使用するDual SIM運用(nano SIM×2)も可能。
  • 高速通信ネットワーク5Gをサポート。回線が普及してからも機種変なくそのまま使える。

ASUS Zenfone 8の主な仕様

Zenfone 8
SocQualcomm Snapdragon 888 5G(5nm)

  • CPU:Kryo™680
    1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
    3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 660
容量8GB/128GB、8GB/256GB、16GB/256GB

  • ストレージ:UFS3.1
  • メモリ:LPDDR5
電池4,000mAh(最大30W(25分で60%充電完了)
重量169g
画面
  • サイズ:5.9インチ
  • 種類: AMOLED
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • ピーク輝度:1100nits(HDR時)
  • HDR10+
  • DCI-PC:112%
  • RGB色域:151.9%
  • NTSC:107%
  • Delta-E <1
  • Corning® Gorilla® Glass Victus™
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:6400万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 686
    F値:1.8
    画角:78.3度
    センサーサイズ:1 / 1.72
    焦点距離:26.6mm(35mm換算)
    画素サイズ:0.8µm(1.6µm【1600万画素】)
    オートフォーカス:OCL PDAF
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角カメラ
    解像度:1200万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 363
    F値:2.2
    焦点距離:14.3mm(35mm換算)
    センサーサイズ:1 / 2.55
    画素サイズ:1.4µm
    マクロ撮影:4cm
    オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
フロントカメラ
  • 解像度:1200万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 663
    画素サイズ:1.22µm
    オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
防水防塵IP68
オーディオデュアルスピーカー(Dirac)、スマートアンプ搭載
SIMnano SIM×2スロット
おサイフケータイ対応
OSZenUI 8(Android 11)

Zenfone 8の対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78
  • FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
  • TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42
    キャリアアグリゲーション :6CA(DL)/2CA(UL) 対応
  • W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
  • GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz)

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Apple, ASUS, Gadget NEWS, iPhone 13, iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max, SIMフリー, Zenfone 8, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信