ハイパーガジェットチャンネル

シャオミがXiaomi 11T、11T Pro、Xiaomi Pad 5をグローバルリリース!ぜんぶ日本投入予定!

Pocket

日本リリース

Xiaomiより

Xiaomiが最新スマートフォン『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』に加え、タブレット『Xiaomi Pad 5』をグローバル市場に向けてリリースしました。そして『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi Pad 5』の3モデルに関しては、なんと日本市場にも投入が予定されているようです。Xiaomiのハイエンドとタブレットが一気にやってくる事に。これは完全に想定外!

グローバル市場に向けた各端末の販売価格は以下の通り。

Xiaomi 11T
  • 8GB/128GB 499ユーロ(64,500円程度)
  • 8GB/256GB 549ユーロ(71,000円程度)
Xiaomi 11T Pro
  • 8GB/128GB 649ユーロ(84,000円程度)
  • 8GB/256GB 699ユーロ(90,500円程度)
  • 12GB/256GB 749ユーロ(97,000円程度)
Xiaomi 11 Lite 5G NE
  • 6GB/128GB 369ユーロ(47,500円程度)
  • 8GB/128GB 399ユーロ(51,500円程度)
Xiaomi Pad 5
  • 6GB/128GB 349ユーロ(45,000円程度)
  • 6GB/256GB 399ユーロ(51,500円程度)

それでは早速、日本発売が予定されている『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi Pad 5』の詳細を追っていきましょう!

スペック

Xiaomiより

Xiaomi 11TXiaomi 11T Proのカメラは1億800万画素の高解像度撮影に対応する広角レンズ、800万画素の超広角レンズ、500万画素のマクロレンズといった3眼構成。

AIアルゴリズムを駆使した『Magic Zoom』はリアルタイムで被写体と背景を認識し、ハリウッド等でも使われている『ヒッチコック効果』を映像に加える事が出来ます。日常生活を芸術的に表現する『マクロスコープ』や、ズームアップに合わせて音声を拡大する『Audio Zoom』といった動画撮影に特化した機能が盛りだくさん。普段動画をあまり撮らない人でも、Xiaomi 11TXiaomi 11T Proを手にすれば思わず撮ってみたくなるはず。

マイクロスコープ

Xiaomiより

オーディオズーム

Xiaomiより

Xiaomi 11T Proは8K解像度、HDR10+規格による動画撮影をサポート。鮮やかな色、高いコントラスト比、最適な輝度レベルによるワンランク上のクオリティで撮影が可能です。

HDR10+

Xiaomiより

有機ELディスプレイは最大120Hzリフレッシュレート(Adaptive-Sync対応でコンテンツに合わせてフレームレートを自動切り替え)、最大480Hzタッチサンプリングレートに対応するゲーミング仕様。Xiaomi 11T Proに関しては有名ディスプレイ検証機関『DisplayMate』から『A+』の最高評価を受けており、最新鋭の映像技術となる『Dolby Vision』もサポートしています。

ディスプレイメイトの評価

Xiaomiより

ガラスにはコーニング社が『ゴリラガラス史上最高のタフさを誇る』と豪語するCorning® Gorilla® Glass Victus™を採用。表示から耐久性まで妥協の無い仕上がりに。

ゴリラガラス

Xiaomiより

Xiaomi 11T Proのスピーカーは一流のオーディオ機器ブランド『Harman Kardon』が独自に音をチューニング。立体音響技術『Dolby Atmos』にも対応し、『Dolby Vision』と組み合わせる事で臨場感溢れる上質な視聴体験を実現します。

Hamannカードン

Xiaomiより

ドルビーアトモス

Xiaomiより

電池容量は5,000mAhと大容量。Xiaomi 11T Proは独自充電技術、最大120W充電を可能とする『Xiaomi Hyper Charge』に対応。

120W充電

Xiaomiより

電圧と電流を最適な比率に調整する『デュアルチャージポンプ』。複数のタブを使用する事で短い電流経路と低い内部抵抗を可能とする『マルチプル・タブ・ワインディング(MTW)技術』。導電性に優れるグラフェンを用いた『デュアルセル構造』を採用することで、発熱を抑えつつ安定した高出力を実現。

5000mAh

Xiaomiより

通常はフル充電に近づくにつれて出力を落とすのに対し、独自開発したMi-FC技術を使用する事で充電完了まで高出力を維持。フル充電にかかる時間は僅か『17分』。

フル充電

Xiaomiより

Xiaomi Hyper Charge』は充電器、ケーブル、スマートフォン、ソフトウェアに関するまで合計『34』もの安全機能を備えています。さらにリアルタイムで温度を計測できるセンサーを『9つ』追加。熱を均一に分散させる『ベイパーチャンバー』も備えるので放熱性にも優れます。

使用している電池は『800回』のサイクルを終えても『80%』の容量を維持。通常のリチウム電池は500回のサイクルで『80%』まで容量が低下するので、300回分電池寿命が長い事になります。これらの充電技術は第三者認証機関となる『テュフラインランド』の認定を受けています。

テュフラインランド

Xiaomiより

SocはXiaomi 11T ProQualcommSnapdragon 888Xiaomi 11TMediaTekDimensity 1200 Ultra。Dimensity 1200 Ultraに関してはまだ情報が公開されていませんが、恐らくOnePlus Nord 2に採用されているDimensity 1200 AIと同じでDimensity 1200のカスタマイズモデルでしょう。公式画像では電力効率が『25%』向上しているとなっています。

Snapdragon 888

Xiaomiより

Dimensity 1200 Ultra

Xiaomiより

カラー展開は両モデル共通で『Meteorite Glay』『Moolight White』『Celestial Blue』の3色。

黒

Xiaomiより

白

Xiaomiより

ブルー

Xiaomiより

続いてタブレット。Xiaomi Pad 5のディスプレイサイズは11インチ。ピーク輝度500nit、コントラスト比1500:1のLCDを採用し、10億色表示2.5K(2560×1600ピクセル)の高解像度に対応。TrueToneテクノロジーにより、周囲の光に合わせて色と明るさが自動的に切り替わります。

ディスプレイ

Xiaomiより

リフレッシュレートiPad Proと同じ最大120Hz。HDR10に加え、Xiaomi 11T Proと同じく最新鋭の映像技術Dolby Visionをサポート。滑らかかつ高精細で、明暗の広い迫力ある映像表示を可能に。

Dolbyビジョン

Xiaomiより

4つのスピーカー

Xiaomiより

加えてDolby Atmosの立体音響にも対応。16×20mmサイズのスピーカーを合計4つ(iPad AirやiPadのスピーカーは2つ)備え、映画やストリーミング音楽をスマートフォンとは一味違った迫力で盛り上げます。

SocにはSnapdragon 855 Plusと同等の性能を持つ『Snapdragon 860』を搭載。

Snapdragon 860

Xiaomiより

Snapdragon 855 Plusは『ROG Phone 2』『Red Magic 3S』『Galaxy Z Flip』といった高性能スマートフォンに搭載されている少し前のハイエンド向けSoc。タブレット用途としては十分かもしれません。

Fold

Samsungより

背面カメラはシングルレンズで解像度は1,300万画素。風景や食べ物を撮影する以外に、ドキュメントスキャンといった用途にも対応します。

カメラ

Xiaomiより

電池は8,720mAhで最大充電速度は33W。Mi Pad 5より大きな12.9インチのディスプレイを備えるiPad Pro(12.9インチ)の最大充電速度が40Wなので、実用的な速度と言えるでしょう。コネクタは汎用的なUSB Type-C。

電池容量

Xiaomiより

タブレットのサイズを活かし、Mi Pad 5は表面積27067m㎡の大型放熱構造を採用。長時間の使用でも安定したパフォーマンスを維持します。

専用アクセサリーとなるスマートペンの重さは僅か12.2g。4096レベルの筆圧感知と240Hzのタッチサンプリングレートに対応。連続駆動時間は最大8時間。

スタイラスペン

Xiaomiより

タブレットの側面にはスマートペンの充電機能(マグネット式)が備えられており、約60秒の充電で最大20分の使用が可能。急速充電に対応しているので18分であっという間にフル充電。

急速充電

Xiaomiより

カラー展開は『Cosmic Glay』『Perl White』の2色。中国市場でリリースされているキーボード付きケースの取り扱いなどは今のところ不明です。日本市場にはおいくらで投入されるのか注目ですね!

Spec

Xiaomiより

3万円台ありうるかも!Xiaomi 11T、11T Pro、Xiaomi Pad 5の日本販売価格を予想。これは売れる

Xiaomiより 先日Xiaomiがグローバル市場に向けて『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』『Xiaomi Pad 5』をリリースしま ...

続きを見る

Xiaomi 11Tの主な仕様

Xiaomi 11T
SocDimensity 1200 Ultra(6nm)
容量8GB/128GB、8GB/256GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh(最大67W急速充電)
重量203g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:800ニト(HBM)、1,000ニト(ピーク)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
カメラメインカメラ

  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.75
  • 画素サイズ:2.1μm(9-in-1 Super Pixel)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス(3cm~7cm)

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.45
NFC対応
センサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ|、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、バロメーター、色温度センサー
オーディオデュアルスピーカー(Dolby Atmos対応)
SIMnano SIM×2スロット
OSMIUI 12.5、android 11

Xiaomi 11T Proの主な仕様

Xiaomi 11T Pro
SocSnapdragon 888(5nm)
容量8GB/128GB、8GB/256GB、12GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh(最大120W急速充電)
重量204g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:800ニト(HBM)、1,000ニト(ピーク)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • 10億色表示:対応
  • Dolby Vision:対応
  • MEMC:24fps to 48fps, 25fps to 50fps, 30fps to 60fps
  • HDR10+:対応
  • DisplayMate評価:A+
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
カメラメインカメラ

  • 解像度:1億800万画素(動画は8K/30fps)
  • F値:1.75
  • 画素サイズ:2.1μm(9-in-1 Super Pixel)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス(3cm~7cm)

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.45
NFC対応
センサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ|、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、バロメーター、色温度センサー
オーディオデュアルスピーカー(Harman Kardon監修、Dolby Atmos対応)
SIMnano SIM×2スロット
OSMIUI 12.5、android 11

Xiaomi Pad 5の主な仕様

Xiaomi Pad 5
Soc
Qualcomm Snapdragon 860(7nm)
  • CPU:Kryo™485
    1コア Cortex-A76 @ 2.96GHz
    3コア Cortex-A76 @ 2.42GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 640
  • AI Engine:Hexagon 690
容量6GB/128GB、6GB/256GB

ストレージ:UFS 3.1

充電最大33W
電池8,720mAh
サイズ254.7×166.3×6.9mm
重量511g
画面
  • サイズ:11インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2.5K(2560×1600ピクセル)
  • 色深度:10bit
  • コントラスト比:1,500:1
  • HDR10:対応
  • Dolby Vision:対応
  • True Tone: 対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,300万画素
  • F値:2.0

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
カラーCosmic Glay、Perl White
NFC非対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, Wi-Fi Direct, hotspot
スピーカーMi Pad 5:ステレオ(4スピーカー)、Dolby Atmos対応
OSMIUI for Pad(MIUI 12.5 based on Android ™ 11)

Xiaomiに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi 11T Pro, Xiaomi Pad 5, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信