ハイパーガジェットチャンネル

iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Pocket

ipad mini 6 ゲーム

Appleより

スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『iPhone 13 Pro』『iPad mini 6』に関するCPUとGPUのスコア(9月17日時点の統計)を公開しました。

Apple端末ベンチマークスコア

Antutuより

CPUのスコアはiPhone 13が『213,070』でiPhone 13 Proが『21,9751』と近い数値。しかしiPad mini 6が『201,583』とやや離されています。Antutuの説明によると、『iPhone 13』『iPhone 13 Pro』はCPUの最大クロック周波数が『3.23GHz』なのに対し、iPad mini 6のみ『2.93GHz』とやや低めの数値。その事がスコアを低下させる原因になっているようです。GeekBench5の測定結果でも同様の結果となっています。

GeekBench

RealmlMEIZUより

A15

iPhone 13の表記(Appleより)

Bionic

iPhone 13 Proの表記(Appleより)

Apple

iPad mini(第6世代)の表記(Appleより)

iPhone13シリーズ、iPhone 13 ProシリーズとiPad mini 6では上画像の通りA15 Bionicの説明が異なるので、両モデルには何かしらの違いがあり、GPUのスコアも低くなるのではないかと予想していました。

iPad mini(第6世代)はA15 Bionicの説明がiPhoneと異なる。CPUだけじゃなくGPUも低速かも?

Appleより 『iPhone13 mini』『iPhone 13』『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』『iPad mini(第6世代)』には最新Soc『A15 Bio ...

続きを見る

しかしAntutuのGPUスコアを見ると、iPhone 13が『328,958』でiPhone 13 Proは『330,756』。CPUスコアでは劣勢だったiPad mini 6が『337,330』という最高の数値を記録しています。よって『違いがある』との私の予想は恐らく間違っているのでしょう。

最近は発熱により高い周波数を維持出来ないといった現象が見られるので、CPUの最大クロック周波数を落とし、GPUのパフォーマンスを優先させたというのであれば納得のいく部分も。

リフレッシュレートが120Hzであればさらに良かったと思う人がいるかもしれませんが、多くの3Dゲームは60FPSに対応するのがやっとで、グラフィッククオリティの高いゲームに関しては平均的に60FPSを出す事が出来ないのが現状。なのでゲーム用途であればiPad mini 6のディスプレイスペックで正直十分です。

GPU

Appleより

PlayStationやXboxのコントローラをペアリングして使えるというのも魅力的。

コントローラ

Appleより

ちなみにiPad miniやiPadは物理的に大きいので、放熱に関してiPhoneよりも有利。よってベンチマークスコアがiPhoneよりやや高めに出る傾向にあります。前世代となるA14 Bionic搭載端末の中で、最も高いAntutuベンチマークスコアを記録しているのはiPad Air(第4世代)。CPUスコアが『207,601』でGPUスコアは『306.596』。

ipad air 4

iPad Air(第4世代)Appleより

 

私が予約したiPad mini 6は9月25~27に到着予定。GPU性能の測定に関しては3DMarkやGFXBenchの方が優れているので、届き次第Antutu、GeekBenchも含めて一通り実測したいと思います。

現時点でiPhone 13、iPhone 13 Proシリーズを上回るGPUスコアが示され、Touch IDApple Pencil 2にも対応するiPad mini 6。それでいて価格はiPhone 13 Proの半額以下となる59,800円~。どう考えてもお得すぎ。ゲームが好きなAndroidユーザーにも超お勧めしたい同端末。Appleストアからの出荷は9月20日時点で4~6週間まで延びています。思い切って予約しておいて良かった・・・。

iPad mini 6予約状況

Appleより

 

A15 Bionicが使える最安端末『iPad mini』第6世代登場!縦長比率採用で持ち安さそのままに表示領域拡大!

9月15日(日本時間午前2時)、Appleが新製品のリリースイベントを開催。iPhone 13シリーズ、Apple Watch 7の投入に加え、iPadを第9世代に刷新。そしてiPad miniが2年 ...

続きを見る

iPad mini(第6世代)の販売価格(税込)

  • 【Wi-Fiモデル】64GB:59,800円、256GB:77,800円
  • 【Wi-Fi+Cellularモデル】64GB:77,800円、256GB:95,800円

iPad mini(第6世代)の主な仕様

iPad mini 第6世代
SocA15 Bionic
容量64GB、256GB
電池19.3Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー
充電20W USB-C電源アダプタ付属
重量Wi-Fiモデル:約293g、Wi-Fi+Cellularモデル:約297g
画面8.3インチ(Liquid Retina、液晶)
素材ディスプレイ:ガラス
フレーム:アルミニウム
カメラメインカメラ

  • 解像度:1200万画素
  • F値:1.8
  • ズーム:最大デジタル5倍
  • レンズ構成:5枚
  • オートフォーカス:Focus Pixels使用
  • 手ブレ補正:自動手ブレ補正
  • スマートHDR3:対応
センサーTouch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー、気圧計、環境光センサー
位置情報全モデル(デジタルコンパス、Wi-Fi、iBeaconマイクロロケーション)、Wi-Fi + Cellularモデル(Built‑in GPS/GNSS 携帯電話通信)
スピーカーステレオ(横向き)
Wi-Fi802.11ax Wi‑Fi 6、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
SIM(Wi-Fi+Cellularモデル)nano-SIM(Apple SIMに対応)、eSIM
対応バンド(Wi-Fi+Cellularモデル)
  • 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
  • FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
  • TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
  • UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)

iPad mini(第6世代)にお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

この記事に関連するカテゴリー

Apple

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Apple, Gadget NEWS, iPad mini 6, SIMフリー, カテゴリー, タブレット, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信