ハイパーガジェットチャンネル

どこでも便利に使えるスマホ『OPPO Reno5 A 5G』が格安SIMで15,400円!スマホ選びに迷ったらコレ!

Pocket

どこでも使える防水スマホ OPPO Reno5 A 5G

家電製品は全般的に『高性能』を求めるとその分価格が上がります。スマートフォンも当然例外ではありません。総務省が公表している『情報通信白書のポイント(令和3年版)』によると、スマートフォンの世帯保有率はすでに『9割』に届きそうな勢い。スマートフォンを持たない世帯が殆ど無くなったという状況です。

スマホ保有率

情報通信白書のポイント(令和3年版)

スマートフォンは電話機ですが、基本的にはインターネットの利用がメインという人が殆どのはず。そのインターネットはどういった用途で使われているのでしょうか。『普段利用しているインターネットサービス』の詳細を見ていきましょう。

普段利用しているインターネットサービス』にありそうです

情報通信白書のポイント(令和3年版)

上位から『インターネットショッピング』『支払い・決済』『地図・ナビゲーション』『情報検索・ニュース』『動画』『QRコード決済』『メッセージングサービス』『SNS』など。これらの多くは『高性能』を必要としません。しかしだからと言って『価格』のみを優先してスマートフォンを選ぶと後で必ず後悔する事に。

『インターネットショッピング』『地図・ナビゲーション』『情報検索・ニュース』『QRコード決済』『メッセージングサービス』に関してはよほど処理能力の低いエントリーモデルを購入しない限り不便を感じる事は無いと思います。ただし『支払い・決済』『動画』『SNS』に関しては、端末によって使い勝手が違うのでしっかり吟味しなければなりません。

まず『支払い・決済(クレジットカード)』に関してはFeliCaチップの搭載が必須。これは『おサイフケータイ』や『Google Pay』を使用する為です。これらのアプリを使用すると、クレジットカードに加えて、各種電子マネーや会員証をスマートフォンの中に入れて持ち歩く事が可能。一度FeliCaチップ搭載端末を使用したら、あまりに便利すぎて非搭載端末には戻れないでしょう。よってこの部分はかなり重要。

次に『動画』。ディスプレイの解像度が『フルHD』に対応していればそれだけで満足できそうですが、問題は『動画を観る場所』です。キッチンで料理の作り方、お風呂で映画を観るのにスマートフォンを利用している人は大勢いるはず。そこで必要となるのが『防水機能』です。

水に対する保護性能はIPX0~IPX8の『IPコード』で管理されており、数値が大きくなるほど防水性能はハイレベルに。それぞれのIPコードには試験があり、高い防水規格の試験をクリアした端末が『防水機能搭載モデル』として販売されています。

防水

最高レベルの『IPX 8』を取得しているスマートフォンであれば、キッチンやお風呂で利用するのに最適。ただし防水試験は真水で行われているので、水没させてしまった場合はすぐに端末を拾って乾かすように心がけましょう。

お風呂

SNS』でワンランク上の投稿を行うのに必要なのは『伝わる文章』と『高画質な画像』。文章は一生懸命考えるよりほか無いですが、画質はカメラ性能にある程度左右されます。

OPPO Reno5 A カメラ

毎回一眼レフで撮影して投稿するは流石に面倒。拘るべきはSNSに直接画像を投稿出来るスマートフォンのカメラ』です。SNSではやや明るめに撮影した画像がうける傾向にあるので、レビューなどを参考にしてそういった特性のあるカメラを搭載している端末を選びましょう。

OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aを撮り比べ!あまりにもハッキリと分かれた明暗。買うべきスマホはこっち

記事に書かれている内容1 OPPO Reno3 Aからパフォーマンスを上げすぎたOPPO Reno5 A2 OPPO Reno5 AとOPPO Reno3 Aのカメラスペック3 OPPO Reno5 ...

続きを見る

FeliCaチップ搭載』で『おサイフケータイ』の利用が可能。最高レベル『IPX 8』の防水規格に準拠。前世代より驚くほど『明るく撮れる』ようになったカメラを備えるスマートフォン。それが『OPPO Reno5 A 5G』です。性能で言えば『Xiaomi Mi 11 Lite 5G』の方が上ですが、Mi 11 Lite 5Gは防水機能を備えないので水場での利用に適しません。つまり『どんな場所でどんな使い方をするか』を突き詰めれば、OPPO Reno 5A 5Gの方がコスパが高くなる人は沢山いるはず。

OPPO Reno5 A 5G

OPPO Reno5 Aの通常販売価格は43,800円(税込)ですが、Amazon楽天市場では3万円台まで価格が値下がりしています。また、格安SIMOCNモバイルONEでは10月8日(金)午前11時までの期間限定でOPPO Reno5 A 5Gを『15,400円(税込)』で販売中。

OPPO Reno5 A 5Gセール

OCNモバイルONEより

セール価格で購入するには音声対応SIMを契約する必要がありますが、OCNモバイルONE月額770円(税込)~という激安価格で電話番号つきのSIMを提供しています。さらに通話料金が特定のアプリなし11円/30秒と一般的な料金の半額。無料オプションMUSICカウントフリー』を利用すれば『Amazon Music』『ANiuta』『AWA』『dヒッツ』『LINE MUSIC』『Rec Music』『Spotify』『ひかりTVミュージック』といった音楽配信サービスの通信ノーカウントに。月額770円~でここまで使えるって凄くないですか?

>>OPPO Reno5 A 5Gを15,400円で購入するにはコチラから

格安SIM スマホ お得
スマホを安く買うなら格安SIMのIIJmioかOCNモバイルONEがお勧めな理由。音声対応SIMの値下がりを有効活用!

キャンペーン期間中であれば、格安SIMのOCNモバイルONEでは『1円~』、IIJmioでも『110円~』というコンビニで売ってるお菓子より安い価格で『スマートフォン本体』を購入する事が出来ます。しか ...

続きを見る

docomo、Softbank、au、楽天回線フル対応なので、ahamoLINEMOといった通信キャリアの格安プランでの運用も勿論可能。『使える』が詰まっったハイコスパモデル。スマートフォン選びに迷ったらコレで間違いありません。

SONYから名ばかりの下位機種Xperia 10 III Lite登場!OPPO Reno5 Aと優れたポイントを比較

SONYから5G対応の最新スマートフォン『Xperia 10 III Lite』が登場しました。4月14日に既にリリースされている『Xperia 10 III』との違いとしては、まずストレージが128 ...

続きを見る

OPPO Reno5 Aレビュー
【OPPO Reno5 A総合レビュー】デザイン、処理能力、ディスプレイ性能、カメラ(夜景有)画質、防水性能など

記事に書かれている内容1 OPPO Reno5 Aはこんなスマートフォン2 OPPO Reno5 Aのデザインについて2.1 派手さを抑えつつガラスの質感を活かした上品な見た目2.2 持ち安さを考慮し ...

続きを見る

OPPO Reno5 A 5G(SIMフリーモデル)の主な仕様

OPPO Reno5 A 5G
SocSnapdragon 765G 5G(7nm)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
電池4,000mAh(最大18W急速充電)
重量182g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • HDR10+:対応
  • 色彩深度:1677万色(8ビット)
  • 色域::96%
  • NTSC:100%
  • DCI-P3
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.7
  • オートフォーカス:クローズドループAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.0
  • 画角:79度
おサイフケータイ対応
防水防塵IP68
センサー地磁気センサー、環境光センサー、色温度センサー、近接センサー、加速度センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、歩数計
OSColorOS 11 based on Android™ 11

OPPO Reno5 Aにお勧めな格安SIM

OPPO Reno5 Aが対応する周波数帯

  • 5G:n3/n28/n77/n78 (NSA)
  • 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
    TDD-LTE 38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:850/900/1800/1900

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

OPPO Reno5 Aに関連する記事

どこでも便利に使えるスマホ『OPPO Reno5 A 5G』が格安SIMで15,400円!スマホ選びに迷ったらコレ!

家電製品は全般的に『高性能』を求めるとその分価格が上がります。スマートフォンも当然例外ではありません。総務省が公表している『情報通信白書のポイント(令和3年版)』によると、スマートフォンの世帯保有率は ...

SONYから名ばかりの下位機種Xperia 10 III Lite登場!OPPO Reno5 Aと優れたポイントを比較

SONYから5G対応の最新スマートフォン『Xperia 10 III Lite』が登場しました。4月14日に既にリリースされている『Xperia 10 III』との違いとしては、まずストレージが128 ...

OCNモバイルONEでスマホセール第二弾開始!OPPOが超安!Reno 5A 5Gが1万7千!Reno Aは1円に!

格安SIMのOCNモバイルONEが、スマホSALEの第二弾をスタート。期間は8月20日(金)午前11時から9月3日(金)の午前11時まで。セールの対象となっているスマートフォンとセール特別価格は下記の ...

すっかり人気が定着!OPPOが前年比+81%で2021年第2四半期は日本スマートフォン市場でも第4位のメーカーに躍進!

大手グローバルスマートフォンメーカーの『OPPO』は、日本スマートフォン市場において、2021年度第四半期に前年比で出荷台数+81%を達成(調査会社Canalysが発表した2021年第2四半期スマート ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, OPPO, OPPO Reno5 A, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信