ハイパーガジェットチャンネル

SONYだから買う!ahamoが支持される理由を見てXperia 10 IIIの人気に納得。築かれた信頼が価格を凌駕!

Pocket

SONY Xperia 10 III

SONYより

先日PR TIMESでとある記事を拝見しました。正モバイル株式会社が行った『ahamo』『povo2.0』『LINEMO』『donedone』の中で『一番良いと思う新ブランドはどれか』というアンケートの調査結果に関するもの。アンケートは2021年9月27日~10月4日の期間中に20代~60代の男女500名を対象として行われており、調査方法はインターネットを使用しています。

1位は『ahamo』で217人。2位は『povo2.0』で157人。3位は『LINEMO』で123人。4位は『donedone』でわずか3人となっています。もっともdonedoneはMVNOなので、なぜNNOの比較対象に加えられているのかはちょっと謎。

ahamoを選ぶ基準には『docomo回線なので他社より安定感がある』『信頼性と通信品質』『10年以上docomoを使っていて安心感がある』『企業として信頼出来る。世間の認知度も高い』などが挙げられています。

安心』や『信頼』といった言葉が用いられている事から、企業イメージありきでdocomoブランドのahamoを評価している人が多いのだなと感じました。利用料金の安さが第一優先事項では無いようです。

この『安心』や『信頼』はスマートフォン選びにも大きな影響を与えています。全国の主要家電量販店・ネットショップから実売データを収集・集計しているPOSデータを元に、株式会社BCNが提供している『BCNランキング』を参考にしてみましょう。

最新の『スマートフォン週間売れ筋ランキング(2021年9月27日~10月3日)』で1位から30位にランクインしているのは『Apple』『SONY』『Samsung』『OPPO』『SHARP』『京セラ』『富士通』と昔ながらのメーカーがズラリ。唯一『OPPO』が新参者として健闘しています。

AppleのiPhoneが上位を独占する中で、18位に食い込んでいるのがSONYのXperia 10 IIIXperia 1シリーズ、Xperia 5シリーズに続くお手頃モデルです。docomoブランドの中で言えば『ahamo』の様な存在。

スマートフォン売れ行きランキング

BCNランキングより

Xperia 10 III

SONYより

同等の価格でさらに高性能なスマートフォンは他にも沢山ありますが、『SONYだから』という理由でXperia 10 IIIを選んでいる人は沢山いるのでしょうね。

SONYから名ばかりの下位機種Xperia 10 III Lite登場!OPPO Reno5 Aと優れたポイントを比較

SONYから5G対応の最新スマートフォン『Xperia 10 III Lite』が登場しました。4月14日に既にリリースされている『Xperia 10 III』との違いとしては、まずストレージが128 ...

続きを見る

もっとも『SONYだから』という理由だけでXperia 10 IIIを購入するのはちょっとSONYに失礼です。Xperia 10 IIIは前世代からオーディオ機能が強化されており、ストリーミングやBluetooth環境でも手軽にハイレゾ音源を楽しめるようになりました。スマートフォンで音楽を頻繁に聴く人にこそお勧めしたい1台。

音楽環境が大きく改善されたXperia 10 III Lite
Xperia 10 IIユーザーがXperia 10 III Liteを欲しくなる理由。オーディオ拡張機能が最強進化!

SONYより SONYが2021年8月27日から発売を開始した『Xperia 10 III Lite』。『Xperia 10 III』との主な違いはストレージの容量。Xperia 10 IIIが128 ...

続きを見る

Soundcore Liberty Air 2 Pro
Soundcore Liberty Air 2 ProがLDAC対応!Xperia 10 III Liteの相棒に最適

Ankerは8月12日にANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWS『Soundcore Life P3』をリリースしました。上位モデルとなる『Soundcore Liberty Air 2 ...

続きを見る

SIMフリーモデルは『Xperia 10 III Lite』と名称が変更されており、ストレージの容量が64GBと半分に。ただしeSIMに対応するなど付加価値が加えられ、容量に関してもMicro SDカードが使えるので問題なし。購入のしやすさを考えればむしろXperia 10 III Liteの方がお勧めです。

防水

SONYより

Xperia 10 III Liteの価格は店舗により異なりますが、楽天モバイルでは46,800円(税込)で販売中。NTTdocomoの傘下となるNTTコミュニケーションズが運営するOCN モバイル ONEでは、10月25日(月)午前11時までXperia 10 III Liteの限定セールを開催中。セール価格は『24,000円(税込)』。

Xperia 10 III SALE

OCNモバイルONEより

セール価格で購入するには音声対応SIMを契約する必要がありますが、OCNモバイルONE月額770円(税込)~という激安価格で電話番号つきのSIMを提供しています。さらに通話料金が特定のアプリなし11円/30秒と一般的な料金の半額。ahamoLINEMOpovo2.0といった格安プランとの相性も抜群です。

無料オプションMUSICカウントフリー』を利用すれば『Amazon Music』『ANiuta』『AWA』『dヒッツ』『LINE MUSIC』『Rec Music』『Spotify』『ひかりTVミュージック』といった音楽配信サービスの通信ノーカウントに。Xperia 10 III Liteでこそ使いたい最高のオプションサービスですね。

セール商品は在庫に限りがあるので、品切れにはくれぐれもご注意ください。セール期間中は在庫が復活する場合もありますが、そのままセールが終わってしまう可能性も高いので!

Xperia 10 III Lite 最安値
eSIM対応の防水おサイフスマホ!Xperia 10 III Liteが安く買えるのは?格安SIMで激安セールラッシュ

SONYより SONYが2021年8月27日から『Xperia 10 III Lite』の発売を開始しました。カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラック、ピンクの4色展開。ただし格安SIM(MV ...

続きを見る

格安SIM スマホ お得
スマホを安く買うなら格安SIMのIIJmioかOCNモバイルONEがお勧めな理由。音声対応SIMの値下がりを有効活用!

キャンペーン期間中であれば、格安SIMのOCNモバイルONEでは『1円~』、IIJmioでも『110円~』というコンビニで売ってるお菓子より安い価格で『スマートフォン本体』を購入する事が出来ます。しか ...

続きを見る

OCNモバイルONE新旧料金比較

格安SIMのOCNモバイルONEは月額770円でスマホが運用出来る!音楽聴き放題!Wi-Fiスポット使い放題!

旧料金プラン新料金プラン
1GB:1,298円1GB:770円
3GB:1,628円3GB:990円
6GB:2,178円6GB:1,320円
10GB:3,168円10GB:1,760円

格安SIMの音声対応SIM利用料金一覧(税込)

OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルmineo
1GB:770円2GB:858円1GB:1,078円1GB:1,298円
3GB:990円4GB:1,078円3GB:1,200円5GB:1,518円
6GB:1,320円8GB:1,518円6GB:1,870円10GB:1,958円
10GB:1,600円15GB:1,848円-20GB:2,178円
-20GB:2,068円--

OCNモバイルONEをお勧めしたいポイント

  • 音声対応SIMの利用料金が770円(1GB)~
  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 容量128GBで月額330円(税込)のオンラインストレージマイポケットの通信がカウントフリー
  • グローバルIP接続(動的)による安定した通信環境
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引を受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円

SONY Xperia 10 III Liteの主な仕様

Xperia 10 III Lite
SocSnapdragon 690 5G(8nm)
容量6GB:64GB(Xperia 10 III Lite)※Micro SD:対応(最大1TBまで)
電池4,500mAh(最大30W急速充電)
重量169g
画面
  • サイズ:6.0インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:1.8
  • 焦点距離:27mm
  • オートフォーカス:PDAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • 焦点距離:16mm
  • F値:2.2

望遠カメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:16mm
  • 望遠:光学2倍
  • オートフォーカス:PDAF

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 焦点距離:24mm
防水防塵IP68
オーディオ
  • スピーカー:モノラル
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:搭載
SIMnanoSIM/eSIM(Dual SIM運用、DSDV対応)
おサイフケータイ対応
OSAndroid™ 11

Xperia 10 III Liteにお勧めな格安SIM

Xperia 10 III Liteが対応する周波数帯

  • 5G:n77, n78
  • 4G:Band 1, 3, 4, 12, 18, 19, 38, 41
  • 3G:Band 1, 4
  • 2G:850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio、ahamo

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, SONY, Xperia 10 III Lite, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信