ハイパーガジェットチャンネル

格安SIMで1円のスマホ!OPPO A73は有機ELディスプレイでプライムビデオの『HD画質』を堪能出来る。最高かよ!

Pocket

プライムビデオをHD画質で見れるスマホOPPO A73

OPPOが2020年11月20日に発売を開始した『OPPO A73』は、今主流となっているフラットデザインをいち早く採用。背面をレザー調に仕上げるなど『見た目に対する拘り』が詰まったスマートフォンです。

ただし、あくまでスマートフォンは電化製品。しかもランプや置き時計の様にシンプルなものではなく、様々な要素が詰まった小さいコンピュータ。いくら見た目が良くても、使い勝手の悪いコンピュータに価値はありません。完全にアクセサリー感覚で使うなら別ですが。

OPPO A73

使い勝手が良い=高性能というわけでもありません。例えば、スマートフォンで動画を視聴する時間が一番長い場合は、処理能力の高いSocよりディスプレイに拘るべき。液晶を採用するハイエンドより、発色が美しく漆黒の黒を表示出来る、『有機ELディスプレイ』を備えるエントリーモデルを選んだ方がコスパは高いです。

OPPO A73 ディスプレイ

私はiPhone 13Find X3 ProZenfone 8といった最新ハイエンドを所有していますが、それらで動画を観る事は殆どありません。その理由は単純で『コスパが悪いから』。高度なグラフィック処理が必要となるゲームならともかく、動画視聴はエントリーモデルで十分。

ハイエンドモデル

動画視聴は電力の消費が増えるので、観る時間が長くなる程電池の寿命を短くします。折角ハイエンドを購入しても、合計利用時間の5割以上を『動画視聴』に費やしているようであれば、次に機種変する時は有機ELディスプレイを備えるミッドレンジをセレクトした方が良いかと。

スマートフォンでストリーミング動画視聴を快適に行う上で、注意しなければならないのが『セキュリティレベル』。端末にはそれぞれデジタル著作権管理法(DRM)に基づきセキュリティレベルが定められています。一般的には『Widevine L1』『Widevine L2』『Widevine L3』で区切られており、『Widevine L1』に対応する場合は、おおよその動画を高解像度設定で視聴可能になります。OPPO A73は『Widevine L1』。

Widevine L1

ただしAmazonプライムビデオは『Widevine L1』に対応している端末でも、低解像度でしか観られない場合があります。Xiaomiのスマートフォンは殆どが『Widevine L1』に対応していますが、10月9日時点でプライムビデオをHD(高解像度)で観る事が出来ません。今後アップデートで改善されるかもしれませんが、プライムビデオを日常的に観たいという人にはお勧め出来ない状態です。

OPPO A73は廉価モデルながらFHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載し、プライムビデオを『HD(高画質)1080p』設定で観る事が可能。138分の『トゥモロー・ウォー』をHD非対応の端末にダウンロードしようとすると、最高画質で容量が『1.06GB』。OPPO A73であれば『4.19GB』の大容量を選択出来ます。このレベルになるとスマートフォンの小さめなディスプレイでも画質差は歴然。HD非対応画質で2時間以上の作品を観るのは正直しんどい。何より没入感が低下して内容を楽しめません。

OPPO A73の有機ELディスプレイ

HD画質

ちなみにOPPO A73Micro SDカード(最大256GB)に対応。本体のストレージ容量は64GBと標準的ですが、動画などの大容量データは保存先をMicro SDカードに設定すれば問題なし。SIMスロット1つは排他的な扱いですが、eSIMをサポートするのでこの点に関して不便を感じる事はありません。プライムビデオは一つのアカウントで25作品までダウンロード可能です。

Micro SDカード対応

有機ELは液晶と比較して応答速度が圧倒的に速いので、素早い動きのシーンで『残像が発生しづらい』といった特徴を持ちます。コストが高いのでテレビサイズになると価格が数倍に跳ね上がりますが、それでも売れているのは有機ELの画質が価格を凌駕しているからでしょう。

OPPO A73はイヤフォンジャックを備えるので、手持ちのイヤフォン、ヘッドフォンで音声を聴く事が可能。ただし動画視聴中はケーブルに煩わしさを感じるかもしれません。その場合はaptXに対応するBluetoothイヤフォンを購入しましょう。より低遅延を求めるのであればaptX LLが理想ですが、廉価なaptX対応イヤフォンでも口の動きに合わせて違和感なく音声を聴く事が出来ました。

Bluetoothイヤフォン

有機ELディスプレイは動画視聴に優れるだけではありません。電子書籍を読むのにも最適です。ダークモードをONにすれば文字と背景の色が反転(Kindle電子書籍リーダーの場合)。つまり文字色が白もしくはグレー、背景が黒の状態に。黒はピクセルを消灯させるので読書中は低消費電力な環境を維持。電池の減りを気にせず作品に集中できます。

OPPO A73、OPPO Reno3 Aは電子書籍を読むのに最適な理由。紙も電気も節約してスマホでエコに読書を楽しもう

『OPPO A73』と『OPPO Reno3 A』の共通点はディスプレイが大きめで、かつ『有機EL』が採用されているという事。大きめなディスプレイは電子書籍を読むのに適しています。しかし文字がメインの ...

続きを見る

最近では200gを超える端末が増える中、OPPO A73の重量はわずか162g。軽さが話題となっているXiaomi Mi 11 Lite 5Gの159gとほぼ変わりません。動画視聴、読書中は長時間スマートフォンを手に持ちっぱなしの状態になるので、軽さの恩恵は大。

有機ELディスプレイを搭載し、薄くて軽い使い勝手最高なスマートフォンOPPO A73Amazon楽天市場では『1万円台』に値下がりしています。私が購入した当初は確か3万円台でした。ちょっとショックです。さらに格安SIMOCNモバイルONEでは10月25日(月)午前11時までOPPO A73の限定セールを開催中。セール価格はなんと『1円』です。

OPPO A73 1円セール

OCNモバイルONEより

セール価格で購入するには音声対応SIMを契約する必要がありますが、OCNモバイルONE月額770円(税込)~という激安価格で電話番号つきのSIMを提供しています。さらに通話料金が特定のアプリなし11円/30秒と一般的な料金の半額。ahamoLINEMOといったeSIM対応格安プランとの相性が抜群です。

無料オプションMUSICカウントフリー』を利用すれば『Amazon Music』『ANiuta』『AWA』『dヒッツ』『LINE MUSIC』『Rec Music』『Spotify』『ひかりTVミュージック』といった音楽配信サービスの通信ノーカウントに。音楽好きな人はたまりませんね!

ただしセール商品は在庫に限りがあるので、品切れにはくれぐれもご注意ください。セール期間中は在庫が復活する場合もありますが、そのままセールが終わってしまう事も多いので!

格安SIM スマホ お得
スマホを安く買うなら格安SIMのIIJmioかOCNモバイルONEがお勧めな理由。音声対応SIMの値下がりを有効活用!

キャンペーン期間中であれば、格安SIMのOCNモバイルONEでは『1円~』、IIJmioでも『110円~』というコンビニで売ってるお菓子より安い価格で『スマートフォン本体』を購入する事が出来ます。しか ...

続きを見る

OCNモバイルONE新旧料金比較

格安SIMのOCNモバイルONEは月額770円でスマホが運用出来る!音楽聴き放題!Wi-Fiスポット使い放題!

旧料金プラン新料金プラン
1GB:1,298円1GB:770円
3GB:1,628円3GB:990円
6GB:2,178円6GB:1,320円
10GB:3,168円10GB:1,760円

格安SIMの音声対応SIM利用料金一覧(税込)

OCNモバイルONEIIJmioBIGLOBEモバイルmineo
1GB:770円2GB:858円1GB:1,078円1GB:1,298円
3GB:990円4GB:1,078円3GB:1,200円5GB:1,518円
6GB:1,320円8GB:1,518円6GB:1,870円10GB:1,958円
10GB:1,600円15GB:1,848円-20GB:2,178円
-20GB:2,068円--

OCNモバイルONEをお勧めしたいポイント

  • 音声対応SIMの利用料金が770円(1GB)~
  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 容量128GBで月額330円(税込)のオンラインストレージマイポケットの通信がカウントフリー
  • グローバルIP接続(動的)による安定した通信環境
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引を受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円

OPPO A73の主な仕様

OPPO A73
SocSnapdragon 662
容量4GB/64GB(LPDDR4X/UFS 2.1)
電池4,025mAh
充電Quick Charge 2.0
重量約162g
画面6.44インチ(フルHD+、有機EL)
素材ディスプレイ:ゴリラガラス5
カメラ【メインカメラ】

解像度:1600万画素

F値:2.2

【超広角カメラ】

解像度:800万画素

視野角:水平119度

F値:2.2

【モノクロカメラ】

解像度:200万画素

F値:2.4

【深度測定カメラ】

解像度:200万画素

F値:2.4

センサー磁気センサー、近接センサー、光センサー、
加速度センサー、ジャイロセンサー、ステップカウント機能対応
ハイレゾ対応
eSIM対応
スピーカーモノラル
対応バンド

GSM: 850/900/1800/1900MHz

WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19

FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28

TD-LTE: Bands 38/41

OPPO A73の対応周波数帯に関する情報

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO A73, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, プライムビデオ, 格安SIM
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信