ハイパーガジェットチャンネル

グーグルが一抜け?Pixel 6シリーズのカメラは高解像度で高画質に撮れるかも!iPhone、Xperiaを置き去りか

Pocket

Pixel 6 Pro カメラ

Googleが10月20日午前2時(日本時間)にリリースを予定している最新スマートフォンPixel 6Pixel 6 Pro。先日信頼度の高いリーカーである@evleakscarphonewarehouse.comのサイト上に掲載された同シリーズのランディングページをリーク(すでにページは削除済み)。発売を前にしてその全容が明らかに。

Pixel 6シリーズ

Googleより

ランディングページの内容を元にすると、Pixel 6、Pixel 6 Proにはどちらも独自Soc『Tensor』が搭載され、Pixel 5からは80%パフォーマンスが高速化。ちなみにPixel 5が搭載しているSocはPixel 5aと同じSnapdragon 765G。Pixel 5aのAntutuベンチマークスコアは以下の通り。

 

XDAはGeekbenchのデータなどからTensorの構成が下記の様になると予想。

CPU
  • 2コア Cortex-X1 @ 2.802GHz
  • 2コア Cortex-A76 @ 2.253GHz
  • 4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
GPU
  • ARM Mali-G78

Cortex-X1 を2コア採用するという珍しい組み合わせ。高効率コアには世代の古いCortex-A55、GPUには昨年モデルとなるARM Mali-G78を採用(コア数不明)と、QualcommAppleの様に最高性能を追っているわけではないという事が分かります。もっとも、CPUの高性能コアに比重を置き、AIのTOPS数を増やした方がGoogleらしいSocに仕上がるのかと。

Tensor

Googleより

もうひとつの大きな注目ポイントとなるのがイメージセンサー。ランディングページの内容によると、光の取得量がPixel 5から150%拡大。また、イメージセンサーサイズの比較画像からはPixel 6シリーズのセンサーサイズがPixel 5から約1.85倍程度大きくなる事が分かります。

イメージセンサー

carphonewarehouse.comより

Pixel 5のメインカメラが使用しているイメージセンサーは1/2.55インチの『IMX363』。完全一致はしませんが、数値的に一番近いのは1/1.31インチの『Samsung GN1』。

GN1

Samsungより

GN1の採用はすでにカメラアプリコードからもリークされています。

センサーサイズが拡大すると光の取得量が増えるので、短いシャッタースピード&低ISOでノイズの少ない明瞭な画質を得る事が可能に。ボケ味が大きくなるのも特徴です。Pixelシリーズはこれまで、ソフトウェアの処理技術を高め活用する事で、小さいサイズのセンサーでもクリアな高画質、美しい背景ボケを実現してきました。

はじめてのグーグルスマホ!『Pixel 5a』を買ってみた。評判のカメラ画質を昼間~夜にかけて検証!これは・・・

初めてGoogleのスマートフォンを購入しました。8月26日から発売が開始されている最新モデル『Pixel 5a』です。SocにはSnapdragon 765G 5Gを搭載し価格は51,700円(税込 ...

続きを見る

イメージセンサーの拡大により、ソフトウェアに加えてハードウェアの部分でもカメラを強化。1,220万画素~1,230万画素で統一してきたメインカメラの解像度を、一気に『5,000万画素』に引き上げています。

Androidは1億画素など高い解像度に対応する端末が多数リリースされていますが、本来高解像度で撮影するには一眼レフカメラが採用している『フルサイズ』クラスの大型イメージセンサーが必要になります。

スマホのカメラは高解像度設定で撮らない方が高画質?画素サイズを優先すればデータ容量が下がって画質はアップする理由。

スマートフォンのカメラの高解像度化が年々進んでいます。日本でも発売されているXiaomi Mi Note 10、Mi Note 10 Pro、Galaxy S20 Ultra、S21Ultraは1億8 ...

続きを見る

小さいイメージセンサーで高解像度撮影するには、それに合わせて『画素サイズ』を小さくしなければなりません。画素サイズが小さくなると光の取得量が減るので画質は劣化に。さらに手ブレも起こしやすくなるので、明確な目的が無い限り高解像度による撮影はお勧めしていません。

高解像度撮影に対応するスマートフォンは『Pixel合成機能』を備えており、標準撮影モードではピクセルを統合させて画素サイズを拡大。光の取得量を増やしています。よって殆どの場合は高解像度より標準モードの方が高画質に撮れるのです。

Pixel 6 proで撮影

carphonewarehouse.comより

ただしPixel 6Pixel 6 Proはこれまでソフトウェア技術を磨き続けたGoogleのスマートフォン。恐らく5千万画素の高解像度でも、低ノイズかつ手ブレの少ない状態で撮影出来る様になるのではないかと予想しています。夜景撮影時に目立ったディテールの甘さも、イメージセンサーサイズの拡大で改善されるはず。

Pixel 6 Pro

Googleより

iPhone 13シリーズXperiaシリーズは未だに1,200万我画素台から抜け出せていません。今回のアップデートによりPixel 6シリーズのカメラは明確に両モデルを圧倒する事になるのか。5千万画素のGoogleカメラ。これを試したいがために私は絶対にPixel 6シリーズを購入します!

Pixel 6

Googleより

ちなみに、4,800万画素の高解像度望遠カメラ(光学4倍ズーム)は上位モデルとなる『Pixel 6 Pro』のみに搭載される予定。同様の望遠カメラを搭載するXiaomi Mi 11 Ultraとの画質差が気になりますね!

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, google, Pixel 6, Pixel 6 Pro, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信