ハイパーガジェットチャンネル

povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

Pocket

povo2.0

povoより

KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が手に入ります。対象店で買い物する事で通信量が付与される『#ギガ活』にも興味があり、遅ればせながらpovo2.0を契約。

povo2.0

KDDIより

eSIM』で申し込みを行ったのですが、契約までにかかる時間はすんなりいけば15分~20分足らずかと。私の場合は『クレジットカード認証』と『本人確認書類』でエラーが発生。クレジットカードは同じ情報を3回入力したら3回めで通りました。本人確認書類は『マイナンバーカード』を『免許証』に変えたらクリア。審査にかかった時間はわずか2分LINEMOでは審査落ちしましたが、povo2.0は同じクレジットカードで特に問題ありませんでした。

審査が終わったらまずpovo2.0のアプリをダウンロードしてSIMの『有効化』を行います。するとpovo2.0マイページもしくはアプリから『eSIM設定用のQRコード』を発行出来るように。複数台端末がある場合はアプリの利用、無い場合はパソコンからマイページを開いてQRコードを表示させましょう。どちらも無い場合はアクティベーションコードをコピーし、eSIMの設定画面に直接貼り付ける必要があるのでちょっと面倒です。

今回は1万円台で購入出来る激安スマホ『OPPO A73』にpovo2.0のeSIMを設定する事に。他の端末でも大体似た様なやり方になるので、参考になれば幸いです。

  1. 『設定』から『SIMカードおよびモバイルデータ』を選択
  2. 『eSIM』から『eSIMの追加』を選択
  3. 『SIMのダウンロード』画面が表示されるので次へ
  4. QRコード読み取り画面でpovo2.0のeSIM設定用QRコードをスキャン(QRコードが無い場合は『ヘルプ』から『自分で入力』)
  5. 『SIMカードおよびモバイルデータ』に戻り『KDDI(povo2.0のSIM)』を選択
  6. 『アクセスポイント名』を開き右上の『+』マークを選択して下記情報を入力(下記以外は入力不要)し、右上のチェックマークを選択して保存
  • [名前] povo2.0
  • [APN] povo.jp
  • [APNプロトコル] IPv4 / IPv6

※通信が始まらない場合は再起動してください。

これでpovo2.0を使用する準備は完了。クーポンをチャージしない状態だと最大速度は『128kbps』に制限されるので、利用用途はかなり限られます。試しに通信速度を計測(19時25分~30分)してみると、下り『57kbps』『58kbps』、上り『2.9Mbps』『4.7Mbps』という結果に。上りは驚く程早いです。

ブラウジング』は画像が多いサイトだと読み込みに時間がかかるので用途としては不向き。『楽天ペイ』などの決済系アプリも開いてから少し待つ事にはなりますが、例えばデュアルSIM運用していてメインのSIMが『外』もしくは『通信障害』を起こしている状態だとそもそも決済が出来ません。よって『通信出来る環境』をpovo2.0で確保しておくというのは大いに意味があります。

LINEは『音声通話』と『メッセージのやりとり』であれば問題なし。ビデオ通話は音声が遅れたり映像がカクつきますが、それらを我慢すれば辛うじて使える程度。Twitterも忍耐力があればなんとか。Google Mapsはマップを表示する前に途切れてしまいました。Amazon Musicも不可です。

電話番号を利用した通話は『au回線』なので勿論バッチリ!データをチャージしない状態で『決済機能』や『LINE』が使えてしまうpovo2.0。ランニングコストは実質『0円』(180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合あり)なので契約しない理由なくないですか?シングルSIM運用でこれまでトラブルに見舞われた事がある人。いざという時はpovo2.0が最強の救世主になってくれますよ!

最強のサブ端末Rakuten Handが実質0円
ahamo、LINEMOユーザーが楽天モバイルを契約しない理由が分からない。今なら最強の薄型軽量サブ機が実質0円に!

私が現在『通話専用』に使用しているスマートフォン、それが楽天モバイルのRakuten Handです。楽天回線のeSIMに最適化されているので他の通信キャリアで利用するには適していませんが、『129g』 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM, 格安SIMレビュー, 総合レビュー
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信