ハイパーガジェットチャンネル

Android 12にアップデートしたらCPU性能とアプリ動作速度が向上。廉価なスマートフォンの動作が改善されるかも?

Pocket

Android 12 アップデート

GoogleAndroid 12(正式版)の配信を、自社端末となるPixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 4、Pixel 4a、Pixel 5、Pixel 5aに開始しました。年内に『Xiaomi』『Realme』『Oppo』『OnePlus』『Vivo』『Tecno』の端末にも順次アップデートが提供される予定。

Android 12ではCPU使用率を22%削減XiaomiMIUI12.5へのアップデートによりCPUの使用率を同じく22%削減しています。先日2020年モデルとなるRedmi Note 9Sの日本版がMIUI 12.5にアップデート。ユーザーから『動作が軽くなった』という投稿が散見されました。

今後MIUIがAndroid 12ベースになればXiaomi端末はさらに軽量化される事になります。楽しみですね。今回はAndroid 12にアップデートしたPixel 5aを使用して、実際にどの程度性能がアップしているかをAntutuベンチマークで検証しました。

アンツツ

Pixel 5a(Android 11)のAntutuベンチマークスコア

まずはAndroid 11の計測結果から。CPUが『105583』、GPUが『99399』、MEMが『66767』、UXが『91660』となっています。続けてAndroid 12。

antutu

Pixel 5a(Android 12)のAntutuベンチマークスコア

なんとトータルスコアが『363409』から『359832』にダウンしています。

これはGPUの『Terracotta-ヴァルカン』がメモリ不足で測定不能となっているから。他の端末でも稀に起こる現象です。

Antutu

Pixel 5a(Android 12)のAntutuベンチマークスコア

再起動直後に計測するとメモリ不足を回避出来ます。これはAntutuの問題なのか、それとも端末側の問題なのか原因は不明。再起動後に計測すると、トータルスコアは『388614』まで上昇。CPUスコアが6千程度、さらにアプリの動作速度を示すUXスコアも9千程度アップしています。システムレベルでの性能アップとしては素晴らしい内容かと。

CPU使用率の削減は、高額なハイエンドより低価格なエントリーモデルの方が恩恵を受けやすい傾向にあります。ハイエンドは元々CPUの性能に余裕があり、使用率を削減しなくても十分動作速度が速いからですね。

Android 11ではギリギリのCPU使用率で動作していたスマートフォンが、Android 12にアップデートする事で動作が快適になる可能性も。そういった意味でもOSのアップデートというのはとても重要です。

Android 12の配信と共に予約の受付が開始された『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』は、米国Googleストアでの提供開始日から3年間(2024年10月まで)OSアップデート5年間(2026年10月まで)セキュリティアップデートが保証されています。

Pixel 6

Googleより

Androidはこれまで1年に1度のペースでメジャーアップデートを行っているので、Android12からAndroid15までは使えるという事になります。OSアップデート期間は2024年10月迄ですが、実質2025年までは最新のAndroid OSが使用可能。その頃には更に進化したPixelが登場している筈なので、期間としては十分ではないでしょうか。

Pixel 6 Pro

Googleより

今回はハイエンドのリリースとなりましたが、先述している通りOSのアップデートにより恩恵を受けやすいのはスペックが低いスマートフォン。Snapdragon 480 5Gを搭載するRedmi Note 10 JEOPPO A54 5GあたりはAndroid 12へのアップデートにより化けそうな予感!

Pixel 5、Pixel 5a(5G)のスペック&価格比較

Pixel 5Pixel 5a
SocSnapdragon 765G 5GSnapdragon 765G 5G
容量
  • 8GB:128GB
  • 6GB:128GB
電池4,000mAh(有線:最大18W充電、無線:最大12W充電)4,680mAh(有線:最大18W充電)
重量151g183g
画面
  • サイズ:6.0インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1000000:1
  • 素材:ゴリラガラス6
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.34インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1000000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1600万画素
  • 画角:水平117度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.0µm

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
メインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1600万画素
  • 画角:水平117度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.0µm

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
防水防塵IP68IP67
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:非搭載
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:搭載
おサイフケータイ対応対応
価格74,800円51,700円

Google Pixel 5a(5G)の対応周波数帯に関する情報

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Android 12, Gadget NEWS, Google Pixel 5a(5G), SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信