ハイパーガジェットチャンネル

Pixel 6シリーズにはahamo、LINEMO、povo2.0が最適な理由。eSIM対応と高速通信が肝となる!

Pocket

Pixel 6シリーズに最適なSIM

Googleの最新スマートフォン『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』には、同社初の独自Soc『Tensor』が搭載されています。バランスとAI性能を重視したソコソコ高性能なSocになるだろう程度に予想していたのですが、それは完全に間違いでした。

あんつつスコア

OPPO Find X3 ProをAntutu Benchmark(Ver.9)で測定

ベンチマークスコア

Google Pixel 6をAntutu Benchmark(Ver.9)で測定

スマートフォンの性能をトータルで示すAntutuのベンチマークスコアは『Snapdragon 888』を搭載するOPPOの代表モデルFind X3 Proとほぼ互角。CPUはともかく、GPU性能の高さが一番意外でした。iPhoneの牙城すら崩しにきている事が分かります。

GPU性能

OPPO Find X3 Proを3DMark(Wild Life)で測定

ゲーム性能

Google Pixel 6を3DMark(Wild Life)で測定

3DMark(Wild Life)のスコアはFind X3 Proを完全に凌駕。GPU性能を知る上でもっとも参考になるアベレージフレームレートは、私がこれまで計測したAndroid端末の中で最も高い数値。iPhone以外で40FPSを超えた端末は見た事がありません。ゲーミングスマートフォンでも難しいでしょう。

Black Shark 4 Pro

UL Benchmarksが公開しているBlack Shark 4 Proのアベレージフレームレートは34FPS(3DMark Wild Life)

それだけPixel 6シリーズののGPU性能は優れているという事です。ただしゲーム側が最適化されていない場合があるので、その点は注意が必要。GPU性能に差はありますが、当面はSnapdragon搭載モデルの方が快適に遊べると思います。それかやはりiPhoneですね。

原神

Android最高クラスのスペックを持つPixel 6シリーズ。せっかくであれば通信速度にも拘りたいところ。お勧めなのは『eSIM』に対応する通信キャリアの格安プラン『ahamo(5Gはアップデートで対応)』『LINEMO』『povo 2.0』。Pixel 6シリーズは物理的なSIMスロットが1スロットのみ。よってDual SIM運用する事を想定すれば、片方は必ず『eSIM対応』である必要があります。

eSIM

ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は通信キャリアの回線を直接利用出来る『MNO』。回線をレンタルしてユーザーに提供している『MVNO』との大きな違いは速度の安定です。せっかく端末が高性能でも、通信速度が遅くてデータの読み込みに時間がかかっては意味がありません。高性能なハイエンドにこそ『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』が適していると言えます。

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

通信量を気にせずMNO回線を使いまくりたいのであれば、楽天モバイル(同社の適合表には11月3日時点でPixel 5aまでしか記載されていないので、心配な方は更新を待ちましょう。5Gに関してはアップデートで対応との事。)。

楽天モバイル4GLTEエリア

楽天モバイルより

ただし楽天モバイルは現状で通信エリアにやや不安があるので、こちらは最初の段階からDual SIMでの運用を大前提にした方が無難。『povo 2.0』は基本料金月額0円(データは都度トッピング。なしの状態では最大128Kbps)、『LINEMO』は月額990円(3GB)のミニプランが用意されているので、サブSIMとして利用するにも最適です。最適なSIMを選択して、Google史上最高スペックのハイエンドをとことん使い倒しましょう!

ahamo1万ポイントプレゼントキャンペーン
今ahamoに乗り換えればdポイントが1万ポイントもらえる!Amazonやメルカリで1万円相当の買い物が出来るぞ!

通信キャリアNTTドコモの格安プラン『ahamo』。回線をレンタルしてサービス提供しているMVNOとは異なり、docomo回線を直接使えるので通信品質が安定。通勤通学、お昼休みといった混雑時でも速い通 ...

続きを見る

Pixel 6とiPhone 13のカメラ画質比較
これがグーグルカメラの完成形!Pixel 6の物理的進化が魅せた新境地。イメージセンサー拡大でiPhone 13を圧倒

Googleの最新スマートフォン『Pixel 6』。Pixel 5から光の取り込み量が150%向上。これまではソフトウェアによる処理を重視してきたPixelが、イメージセンサーサイズの拡大(1/1.3 ...

続きを見る

Pixel 5、Pixel 6のスペック&価格比較

Pixel 5Pixel 6
SocSnapdragon 765G 5GGoogle Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

容量
  • 8GB/128GB
  • 8GB/128GB
  • 8GB/256GB
電池4,000mAh(有線:最大18W充電、無線:最大12W充電)4,614mAh(有線:最大30W充電)
重量151g207g
画面
  • サイズ:6.0インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1000000:1
  • 素材:ゴリラガラス6
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.4インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • 素材:Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1600万画素
  • 画角:水平117度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.0µm

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
メインカメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.85
  • 視野:82度
  • 画素サイズ:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 超解像ズーム:7倍
  • 手ブレ補正:光学式
  • オートフォーカス:LDAF

超広角カメラ

  • 解像度:1200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:83度
  • ピクセル幅:1.12µm
防水防塵IP68IP68
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:非搭載
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
おサイフケータイ対応対応
SIM デュアル SIM(nano SIM+eSIM)デュアル SIM(nano SIM+eSIM)
価格74,800円74,800円、85,800円

Google Pixel 6にお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド  1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

真夏のドライブにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo。通信量を気にせず音楽を聴きまくろう!
車で音楽聴くのにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo!夏のドライブが最高に盛り上がる!

夏と言えば車でドライブ。その最高のお供になるのが『音楽』です。スマートフォンを使って車の中で音楽を聴く方法は、カーオーディオとBluetoothもしくは有線接続、Amazon Echo AutoやFM ...

IIJmioに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円
IIJmioギガプランに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円!さらに基本料金・かけ放題・初期費用も割引!

IIJmioでは6月23日(木)から『おサイフケータイ』『最高水準の防塵防水規格(IP68)』に対応する最新スマートフォン『OPPO Reno7 A』の取り扱いを開始。 OPPOより メーカー希望小売 ...

ホーダイホーダイ割でユーザーが増えたmineoの通信速度を実測
超お得な『ホーダイホーダイ割』を提供中の格安SIMmineo!ユーザーが増えて通信速度が低下してないか実測してみた。

2022年6月3日(金)から8月31日(水)まで、8周年を記念して『ホーダイホーダイ割』を提供している格安SIMのmineo。同キャンペーンでは契約から6ヶ月間『マイそく(スタンダード)』を月額990 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aの性能を比較
OPPO Reno7 AはReno5 Aを超えられたのか?処理能力に電池もち、画面の明るさを比較。買うべきはどっち!?

OPPO(オッポ)の最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『高い防塵防水性能(IP68)』に対応する日本特化シリーズの最新作です。 フラットデザインを取り入れ見た目を ...

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて持ちやすい

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採用した大人気シリーズ ...

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Google Pixel 6, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信