ハイパーガジェットチャンネル

LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

Pocket

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平日のお昼時に速度を実測したところ、なんと下りで『69.8Mbps』。光回線でも集合住宅だとこんな速度出ませんよね。

ラインモの通信速度

平日の12時29分にLINEMOの通信速度を実測

回線を通信キャリアからレンタルしているMVNOの場合、平日のお昼時は5Mbps以下に速度が低下する場合が殆ど。お昼休みの時間帯は午後12時~1時と大体共通。よってスマートフォンでモバイル通信を行う時間帯が被ってしまうのはある意味仕方のない事。

混雑している時間帯にどれだけ快適に使えるかどうかが、SIMを選ぶ上で一番重要なポイント。LINEMOはお昼時に下りで69.8Mbps。これ以上のサービスを探す方が難しいかもしれません。

通信プラン

LINEMOより

月額2,728円スマホプランでは月に『20GB』の高速通信が可能。会社や学校にWi-Fi環境が整備されている人であれば十分すぎる大容量です。さらに20GB使い切った後最大『1Mbps』の速度で通信出来るのがLINEMOスマホプランの特徴。しかし69.8Mbpsが1Mbpsに下がったら、『YouTubeが観られなくなるのでは!』と普通は心配になりますよね。

Youtube見放題オプション

確かに画像ベースのフリマアプリだったり、多くのデータ量を必要とするコンテンツの表示に若干時間がかかるようになるのは事実です。しかしYouTubeの場合、モバイル通信環境下では最初からある程度解像度を低く設定する必要があるので、最大『1Mbps』でも実質視聴環境が大きく変わることはありません。

ahamo、LINEMO、povo 2.0ではYouTubeの解像度指定必須な理由
デフォルトは危険!ahamo、LINEMO、povo 2.0ユーザーはYouTubeの解像度を絶対指定した方が良い理由

『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は、NTTドコモ、Softbank、KDDIが提供している格安プラン。通信キャリアが直接提供している『MNO』サービスに該当するので、混雑が想定される ...

続きを見る

通信品質だけとっても契約する価値ありなLINEMOは『LINEギガフリー』という独自無料オプションに対応。LINE利用時に発生するデータ消費基本的にゼロ。一般的な文字トークだけでなく、ファイルの送受信画面シェアビデオ電話音声通話ゼロに含まれるのがLINEギガフリーのすごいところ。

LINEギガフリー

LINEMOより

さらに、今なら『5分以内国内通話定額オプション(月額550円)が1年間無料』『新規番号での契約及び他社からの乗り換え(Softbankワイモバイルは対象外)時に10,000円相当(ミニプランは3,000円相当)のPayPayボーナスが付与(12月6日午後11時59分まで限定)』『LINEミュージック6ヶ月無料』『900万種類以上の対象クリエイターズスタンプ使い放題』といった4つのキャンペーンを実施中。LINEMOを契約するには最高のタイミングです。

10000円相当プレゼント

LINEMOより

弱点があるとすれば『通話』の部分でしょうか。今ならキャンペーンで5分以内のかけ放題が1年間無料。ただしキャンペーン期間を超えると月額550円の利用料金が発生。5分を超えた場合は22円/30秒の通話料がかかります。一部のMVNO(OCNモバイルONEIIJmioは11円/30秒)と比較するとやや割高。

通話の弱みを『基本料金無料』で解決してくれるのが『楽天モバイル』です。楽天モバイルは月のデータ通信1GBまで基本料金が『0円』。0円でもRakuten Linkのアプリを使用すれば『国内通話かけ放題』という神的サービスです。

povo2.0とRakuten Linkで作る0円のかけ放題スマホ

ただし楽天モバイルにも電波が入りづらいという弱点があります。その理由は楽天モバイルに割り当てられている4Gの周波数帯(通信バンド)が『3』に限定されているから。『バンド3』は通信速度に優れますが、建物内や山間部で電波がつながりづらいのです。

楽天回線エリア、パートナー回線エリア

楽天モバイルより

サービス開始当初はauの『バンド18』が楽天回線をしっかりサポート。しかし楽天回線の人口カバー率が70%を超えた地域では両社協議のもとパートナー回線の提供を段階的に打ち切り。楽天回線エリアが着実に広がる一方で、au回線が使えなくなり電波が入りづらい地域や場所が徐々に増加。

  • docomoが対応するバンド:1、3、16、19、21、26、28、42
  • Softbankが対応するバンド:1、3、8、11、28、41、42
  • auが対応するバンド:1、3、11、18、26、28、41、42
  • 楽天モバイルが対応するバンド:3
対応バンド

総務省より

電話をかけたい時に電波が入らなければ、いくら無料で『国内通話かけ放題』でも意味がありません。その『圏外』を回避してくれる新たなパートナーがLINEMOSoftbank回線

通話アプリRakuten Linkモバイル通信(Wi-Fiは非通知になる場合あり)さえ行えれば他社回線でも通話が可能。つまり通話用のSIMを『楽天モバイル』、データ通信用のSIMを『LINEMO』に設定しておけば、安定して『国内通話かけ放題』が維持され『電話が繋がらない』状況を回避出来ます。

楽天モバイルにmineoを組み合わせれば非通知や圏外の問題が全て解決

3千円以内でここまで優れた自由度の高い通信環境を得られるなんて夢みたいじゃないですか?楽天モバイルがMNOに参入して価格競争がはじまり、通信キャリアが利用料金の引き下げに動いたからこそ実現出来たこと。物価が一気に上がって生活コストの切り詰めが必要な昨今。まずは簡単に出来る通信料金の引き下げから始めましょう!

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

LINEMOと楽天モバイルの最強マッチング!
LINEMOと楽天モバイルのMNOマッチングが強烈!爆速20GB大容量通信&国内通話かけ放題で2,728円はお得すぎ!

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。通信キャリアの回線(Softbank)をユーザーが直接使える『MNO』なので通信品質が安定。回線のもっとも混雑が予想される平 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, LINEMO, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM, 楽天モバイル
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信